カードローン選びのポイントを紹介します!



このサイトでは、カードローンを選ぶ上で注意したい点、利用上の注意点、どのカードローンがオススメか等、カードローン初心者にも分かりやすく解説します。


銀行カードローン vs 消費者金融、どっちがいい?

カードローンと一口に言っても、銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類あるのはご存じかと思います。では、どちらがおススメなのでしょうか?

これは、どういう目的でキャッシングしたいかによって違ってきます。


消費者金融は審査スピードが早く、即日キャッシングに向いています。またネット(スマホ)での送金サービスも充実しています。一方で、金利はやや高めです。

銀行カードローンには、銀行ならではのブランド力・安心感があります。また金利も低めです。一方で、審査スピードがやや遅いのと、審査がやや厳しめです。


このように、消費者金融と銀行カードローンで、それぞれの強み・弱みがあります。以下では、消費者金融・銀行カードローンの、それぞれの強みを挙げました。

消費者金融の強み 銀行カードローンの強み
審査スピードが早い 世間のイメージがよい
即日キャッシングに便利 金利がやや低い
来店不要でキャッシングしやすい 100万程度の借り入れなら収入証明書が必要ない
ネット・スマホサービスが充実 家族・同僚にバレづらい
審査が厳しくない 収入に関係なくキャッシング可能

上の表の「収入に関係なくキャッシング可能」の箇所ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、(審査に通れば)収入に関係なくかなり高額な借り入れも可能です。

一方で消費者金融は総量規制の対象のため、年収の1/3までしかキャッシングできません。


つまり消費者金融は、少額の借り入れ(10万~50万)や、多少金利が高くてもよいから手早くキャッシングしたい人に向いてます

一方の銀行カードローンは、高額の借り入れ(100万以上)をしたい人、少しでも金利を抑えたい人、高収入のサラリーマンに向いています。

自分の目的に合わせて、カードローンを選ぶとよいでしょう。

少しでも早く借りたい人は消費者金融、少しでも低金利で借りたい人は銀行カードローンを選びましょう。

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!

銀行カードローンと消費者金融の違いって何?


カードローンの金利はどのくらい?

上でも説明した通り、大まかに言えば銀行カードローンが消費者金融カードローンよりも、金利がやや低めです。ただ、実際には各社によって金利条件が違います。

ここでは、大手カードローン各社の金利・借り入れ限度額を紹介します。まずは、大手消費者金融の4社です。

消費者金融 金利 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 3.0~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

次に、メガバンク3行で発行しているカードローンの金利・限度額の条件です。

銀行カードローン 金利 借入限度額
三井住友銀行 4.0~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8~14.6% 500万円
みずほ銀行(エクゼクティブプラン) 3.5~7.5% 1000万円
みずほ銀行(コンフォートプラン) 4.0~14.5% 1000万円

カードローン金利について知ってほしいことが、2点あります。

一つ目は、借入額が大きければ大きいほど、金利が下がります。借入額(与信枠)が少なければ、上限に近い金利になる可能性もありますし、100万円を超えると提示金利はある程度低くなります。


二つ目は、(一つ目とも関係しますが)初回の取引では多額の借り入れは難しいでしょう。そのため、初回の金利は上限に近い金利になる可能性が高いです。

つまり、カードローンの金利を比較するときは、下限金利ではなく上限金利で比較する必要があります


このほか、取引を長く続けていれば金利が下がることもあります。ただ、最初にカードローンを選ぶ時には関係ないので、各カードローンの上限金利を目印にするとよいでしょう。

カードローンの金利比較では、上限金利をチェックしましょう。

<関連記事>
【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!


即日でキャッシングしたい

申し込みをした当日にお金を借りる、即日キャッシング(即日融資とも言います)に向いてるのは、やはり消費者金融です。しかし、そうはいっても銀行カードローンで即日キャッシングしたい、という人もいるはずです。

ここでは、消費者金融・銀行カードローンで即日キャッシングの便利な2社について、それぞれ条件を紹介します。まずは、消費者金融です。

平日 土日祝日
プロミス 20時までにネット(スマホ)で申し込み
22時までに自動契約機で契約
20時までにネット(スマホ)で申し込み
22時までに自動契約機で契約
モビット 19時までにネット(スマホ)で申し込み
21時までに自動契約機で契約
19時までにネット(スマホ)で申し込み
21時までに自動契約機で契約

消費者金融で即日キャッシングに特に強いのが、プロミスとモビットの2社です。かなり遅い時間の申し込みでも即日融資に対応しています。


続いて、即日キャッシングに強い銀行カードローンです。

平日 土日祝日
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行)
19時までにネット(スマホ)で申し込み
21時までにテレビ窓口で契約
※銀行口座と免許証が必要
15時までにネット(スマホ)で申し込み
17時までにテレビ窓口で契約
※銀行口座と免許証が必要
三井住友銀行 19時までにネット(スマホ)で申し込み
※当行のキャッシュカードが必要
※借り入れは300万円まで
18時までにネット(スマホ)で申し込み
※当行のキャッシュカードが必要
※借り入れは300万円まで

一見すると、プロミス・モビットと比べて見劣りしないようにも見えます。ただし、銀行カードローンの場合、(即日キャッシングでは)その銀行の銀行口座を持っていることが条件になります。バンクイックの場合は、さらに運転免許証も必要になります。

三井住友銀行は即日キャッシングの条件が緩和され(2016年12月~)、キャッシュカードを持っていれば来店不要でキャッシングも可能になりました。その点は便利なのですが、300万円までしか借りられないなど、制約もあります。


以上見てきたように、即日キャッシングは消費者金融が有利です。ただし、特定の銀行口座を持っているなら銀行カードローンの利用を検討してもよいかもしれません。

イチオシはプロミスかモビットです。比較的遅い時間の申し込みでも、即日キャッシングに対応しています。

<関連記事>
【注意!】即日でカードローンでお金を借りる時に気を付けるべきことは?

カードローンで土日祝日に即日キャッシングするには?


家族・同僚にバレずにカードローンを利用したい

できるだけ、家族や会社の同僚に知られずにカードローンを利用したい人も多いはずです。では、カードローンの申し込み・利用が周囲にバレるのはどんな時でしょうか?

大きく言って、次の3つでしょう。

  • 会社(勤務先)への在籍確認の電話
  • 自動契約機に入るところを、偶然見られる
  • 自宅に届く郵便物

これらで周りから怪しまれないのは、やはり銀行カードローンです。会社への電話は銀行名(か担当者の個人名)で掛かってくるので怪しまれないし、自動契約機は銀行店舗内にあるし、自宅への郵便物も銀行名が書いてあるだけです。


周囲にバレたくない人は、まず銀行カードローンの利用を考えた方がいいでしょう。おススメなのは、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)か三井住友銀行カードローンです。

どちらも店舗数が多く、契約機に行きやすいのが利点です。


その一方で、手早くキャッシングしたい等の理由で消費者金融を選ぶ人もいるはずです。家族にバレずにキャッシングするには、どうすればよいでしょうか?

そういう方にオススメなのが、プロミスとモビットです。どちらも、ネット完結キャッシングに対応しているためです。


ネット完結サービスを使えば、自動契約機に行かずにキャッシングが可能で、しかも自宅への郵便物もありません。銀行カードローンの利用が難しい方は、プロミスかモビットの利用がおススメです。

家族や同僚にバレずにカードローンを利用したい方は、銀行カードローンがおすすめです。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?


カードローンのおすすめランキング

プロミス
プロミス
三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。WEB契約なら来店不要・即日融資も可能で、使い勝手には定評があります(即日融資は平日14時までに契約完了が必要)。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、遅い時間での振り込みにも対応してくれます。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~17.8% 500万円 30日間の無利息サービス※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
モビット
三井住友銀行グループのモビットです。勤務先への電話連絡なし・郵便物なし・店頭に行く必要なしの「WEB完結申込」は特に人気で、申込み時間帯によっては当日融資も可能です。審査や対応が早いのが高ポイントですね。

・当日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 勤務先への電話連絡なし可
バンクイック
バンクイック
大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行のカードローンです。高い知名度と、低金利(最低1.8%)が魅力のカードローンです。

ネットから申し込みを済ませ、平日午後5時までにテレビ窓口に行けば、即日でのキャッシングも可能です。ただし、三菱東京UFJ銀行を持っている必要があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
1.8~14.6% 500万円 低金利
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
ご存じ、大手メガバンクの三井住友銀行のカードローンです。銀行カードローンに珍しく、(三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら)ネット完結でのキャッシングが可能です。

三井住友銀行の口座がなくても利用が可能で、審査後にローン契約機でカードを受け取れば即日融資にも対応しています。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.0~14.5% 800万円 ネット完結取引も可
アコム
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループの、消費者金融大手です。お持ちの銀行口座によっては平日夕方申込みでも、来店不要で即日融資に対応可能です。

特に楽天銀行なら土日祝日でも即日融資が可能で、すぐの出費にも対応しやすいのが特徴です。初回に限り、翌日から30日間無利息なのも魅力です。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 30日間無利息キャンペーン

カードローンの選び方の注意点は?



カードローンを利用したいと思っても、違いなどが分からず、どのカードローンを選べば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?

一口にカードローンと言っても、消費者金融や銀行で扱うカードローンが全て同じわけではありません。

今回は、カードローンを選ぶ際に知っておきたい注意点を紹介します。


カードローンについて

まず、カードローンとは何か説明します。カードローンは、カードを使用しATMや窓口などで借入が出来る金融商品のことで、消費者金融や銀行で取り扱っています。

カードローンの特徴としてまず挙げられるのが、無担保・保証人無しでキャッシング出来る点です。利用者側からすると融資を受けることになるため、カードローンを利用するには審査に通過する必要があります。


特徴の2番目として、カードローンでは限度額の範囲内であれば何度でも借りることが可能です。一方で、通常のローン(例えば住宅ローン)なら一度借入をしたらそのローンを返済すると取引が終了します。


3番目の特徴として、資金使途が制限されているローン(自動車ローンなど)とは違い、資金使途は自由となっています。そのため、借りたお金を自由に使えるところが魅力です。

カードローンの返済方法は、ATM、振込、口座振替などさまざまな方法があるので、借主にとって便利なサービスです。


カードローンを選ぶ時の注意点は?



カードローンは、消費者金融系か銀行系でも違いますし、各社で条件が細かく違います。ここでは、カードローンを選ぶ際のポイントについて見ていきます。

金利はどのくらい?

カードローンの商品紹介で金利部分は、「5%~18%」というように表示されています。これは、借入金額や借り手の信用力で金利が変わるためです。

借入先の会社によって多少の違いはありますが、借入金額が10万円以下など低い金額の場合は、上限金額に近い金利が適用されます。それに対し、100万円を超えるような高額な借入額であれば、金利は下がります。


消費者金融に較べて、銀行カードローンの金利はやや低めです。消費者金融だと金利はおよそ5%~18%で、銀行カードローンではおよそ3%~15%です。

借入できる額

消費者金融と銀行では、カードローンでキャッシング出来る額に差があります。消費者金融では年収の3分の1までしか借りられません。

というのも、消費者金融では総量規制という法律により、借入出来る額が制限されているからです。また、一定以上の借入だと収入証明書の提出も義務づけられています。


一方、銀行では総量規制が適用されないため、年収による借入額の制限はありません。

利用限度額

利用限度額は、その会社のカードローンで最高でも借りられる金額です。これも消費者金融と銀行で違います。

消費者金融での利用限度額は、500万円~800万円程度です。銀行ではさらに多い800万円~1000万円程度となっています。より多い金額を借りたい場合は銀行カードローンが適しています。

審査の厳しさ

カードローンは無担保・保証人無しで借入が出来るため、消費者金融や銀行は借入希望者に対し、返済能力や信用力を適切に審査します。審査では借入希望者の年収・勤務先・住居・信用情報などから融資可能か判断します。

過去にキャッシング経験がある方は、信用情報機関に借り手に借り手に関する情報、つまり信用情報が保管されています。


信用情報から、過去に返済を延滞したことがあったり、複数の会社に借入の申し込みをしていることなど分かり、内容次第では審査が不利になります。

消費者金融と銀行の比較で言うと、消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査はやや厳しめです。消費者金融の審査に通っても、銀行での審査に落ちるケースが多いです。


ですので、高収入のサラリーマンでしたら、銀行のカードローンを申し込むと良いでしょう。

借入までの早さ

消費者金融は審査が最短で30~40分で終わるため、借入までのスピードが早いです。一方、銀行の審査は消費者金融に較べて時間が掛かります。銀行の審査は早ければ1時間、遅いと1週間の場合さえあります。

即日キャッシングをしたい方は、消費者金融のカードローンを申し込む方が良いでしょう。


以上、カードローンを選ぶ時の注意点について説明しました。次に、カードローンで他人に気づかれず借入したり、当日中にキャッシングする方法について紹介します。


カードローンでこんなキャッシングできる?



家族や職場の同僚に気づかれないよう借入したり、すぐに借りられる即日キャッシングを行うことは可能なのでしょうか?

家族にバレずに借りるには?

家族に気づかれずにカードローンを利用したい人は、自分宛てに掛かってくる電話連絡や、送られてくる郵送物に注意する必要があります。

担当者から借入希望者への電話連絡は、在籍確認と個人宛ての2種類あります。在籍確認は借入希望者の職場へ電話を掛けるため、家族に気づかれる心配はないでしょう。


しかし個人宛ての連絡では、連絡先を携帯電話ではなく自宅の電話に設定してしまうと、家族にバレてしまう恐れがあります。担当者からの電話連絡は、携帯電話を選択するようにしましょう。


また、家族と同居しているなら、カードや必要書類を自宅へ郵送する方法はなるべく避けた方が良いでしょう。

銀行はそのまま銀行の名前を差出人名にして郵送します。消費者金融では、郵送物の差出人名が「〇○サービスセンター」や「〇○事務センター」のように書かれているため、家族に気づかれにくいはずです。

しかし、家族に中身の書類を確認されるとキャッシングしたことが発覚してしまいます。


そのため、借入していることを絶対に知られたくない場合は、カードや必要書類の受け取りを郵送ではなく自動契約機や店舗で行うようにしましょう。

外出せずにキャッシングを済ませたい方は、全てネットで手続きが出来るネット完結取引を利用すれば、カード・契約書類の受け取りを省略出来ます。ただし、この取引が出来るのはプロミスやモビットなど限られた会社のみです。

会社の同僚にバレずに借りるには?

消費者金融や銀行など、どの会社で借入する際も在籍確認が必要になります。在籍確認では借入申込者の職場へ電話で連絡がいくため、同僚などに借入していることがバレるのではと心配するかもしれません。

しかし、消費者金融の担当者は、電話口では個人名のみ名乗ります。銀行の担当者は、借入申込者の希望がない限り、銀行名で電話を掛けてきます。希望があれば、銀行名ではなく担当者の個人名で電話を掛けてもらえます。


消費者金融も銀行も、在籍確認では電話先の相手に気づかれないように配慮します。しかし、どうしても職場への電話連絡を避けたいのであれば、消費者金融を選ぶと良いでしょう。

消費者金融では相談次第、収入証明書を提出することで対応してくれる場合があります。ただし、電話による連絡を避けられないケースもあるので注意しましょう。

即日で借りるには

即日キャッシングがしたい方は、借入までのスピードが早い消費者金融のカードローンを申し込むと良いでしょう。銀行カードローンでも即日融資に対応していますが、審査が早く終わる消費者金融の方が即日キャッシングでは有利です。

即日キャッシングで大事なのは、なるべく当日の早い時間に申し込みを完了させることです。出来れば午前中に、遅くとも午後2時までにはネット(スマホ)で申し込みを完了させるようにしましょう。


また、即日キャッシングには全てネットで手続きを行うWeb完結と、自動契約機を使う方法があります。Web完結は便利ですが、早めの時間に申し込まなければいけないケースが多いです。


しかし、自動契約機は遅めの時間の申し込みにも対応しやすいという特徴があります。


即日キャッシングでは、土日に即日融資が出来ない会社や銀行の指定口座が必要なケースがあります。即日キャッシングを申し込む前に、あらかじめ内容を確認するようにしましょう。


以上、他人にバレずにキャッシングをしたり、即日融資を受けるための方法について紹介しました。では次に、消費者金融と銀行のどちらがおすすめなのか見ていきたいと思います。


消費者金融と銀行、どちらを使うべき?



消費者金融か銀行、それぞれ適している人を見ていきたいと思います。

消費者金融の方が適している人

消費者金融をおすすめしたいのは、以下の方です。

・すぐに借入したい人

・家族・同僚にバレずにキャッシングしたい人

・ネット(スマホ)でキャッシングしたい人



急にまとまったお金が必要になった場合など、即日キャッシングを希望する方は融資までのスピードが早い消費者金融の方が適しているでしょう。

消費者金融では、遅めの時間に対応している会社や土日祝日でも即日借入が出来る会社が銀行よりも多めです。そのため、即日キャッシングを利用する人にとって消費者金融のカードローンは使いやすいと言えるでしょう。


また、家族や職場の人に借入してることを知られたくない場合は、消費者金融のカードローンがおすすめです。上でも述べましたが、家族と同居している方は、自宅に届くカード類の郵便物に注意した方が良いからです。

自宅に郵送ではなく、カード類を自動契約機や店舗で受け取るようにすると、家族に郵便物を見られずに済みます。


さらに、一部の消費者金融のネット完結サービスを使えば、カード類を受け取る手間もなく即日キャッシングが出来ます。ネットのみで済ませられるため、他人に借入がバレたくない方は消費者金融の利用が便利です。

また、ネット(スマホ)で取引が出来るネット(Web)完結をしたい方は、消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。銀行カードローンよりも消費者金融の方が、ネット完結を取り扱っているところが多いです。

銀行の方が適している人

銀行をおすすめしたいのは、以下の方です。

・低金利でキャッシングをしたい人

・高額な借入をしたい人

・高収入のサラリーマン



低金利でキャッシングをしたい方は、消費者金融よりも銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。消費者金融の金利はおよそ5%~18%ですが、銀行カードローンのではおよそ3%~15%と低めの金利で借入することが出来ます。

また、高額の借入をしたいと考えている方も、銀行カードローンの利用がおすすめです。銀行では総量規制の制限なしで借り入れすることが出来ます。


消費者金融では年収の3分の1までしか借りられませんが、銀行はそれ以上の金額で借入が可能です。


加えて、高収入のサラリーマンの方も銀行カードローンの利用がおすすめです。銀行カードローンの審査はやや厳しめですが、高収入の方であれば過去に返済の延滞などがない限り、審査に通過することが出来るでしょう。

銀行カードローンであれば高額の借入も低めの金利で行うことが可能なため、銀行を選択すると良いでしょう。



今回は、カードローンを選ぶ際の注意点について紹介しました。カードローンは消費者金融や銀行で取り扱っているため、どれを選ぶべきか分かりにくいため、申し込む前に違いを知っておいた方が良いでしょう。

それぞれの特徴を理解して、自分に合ったキャッシングが出来るようにしましょう。

銀行で今日中に即日融資で借りるのに大事なポイントは? まとめ

  • 消費者金融のカードローンでは金利が5%~18%程度、銀行カードローンでは3%~15%程度と異なっている
  • 消費者金融は総量規制により年収の3分の1までしか借りられないが、銀行では高額の融資を受けられる
  • 消費者金融よりも銀行の審査のほうがやや厳しめで、審査のスピードは消費者金融の方が早めである
  • 家族に借入がバレないために、電話連絡は携帯にするよう選択し、カード類を自動契約機などで受け取る
  • 即日融資を受けたいのであれば、借入までのスピードが早い消費者金融のカードローンが適している
  • 他人に借入をバレたくない方やネット完結をしたい方は消費者金融、低金利で高額の借入をしたい方は銀行がおすすめ

 銀行系カードローンに強い会社は?




【当社運営サイト】
【元銀行員が教える!】初めての消費者金融~おすすめ一覧!
消費者金融って何となく恐い、と思っていませんか?実は消費者金融は、誤解されがちですけど、とても便利なサービスなんです。ここでは初めて消費者金融を利用する方のための、お役立ち情報を元銀行員が紹介してます。


キャッシング即日融資ガイド~元銀行員がおすすめを紹介!
できれば今日中にお金を借りたい、と思うときってありますよね。でも、どの会社を使えばよいか分かりませんし、各社によって当日中に借りるためには一定の条件があります。ここでは、急いでお金を借りたい人向けの情報を、元銀行員が紹介します。