【初めてカードローンを利用する人へ】元銀行員が解説します!

急にお金が必要になってカードローンでお金を借りることを思いついたものの、初めてのことなので不安に感じる人は少なくありません

例えば、クレジットカードとカードローンって何が違うのでしょうか?また、時々耳にする「キャッシング」とカードローンって何が違うのでしょうか?


また、カードローンの返済が少しでも遅れると、怖い人が家に来るようなイメージを持っている方も意外に多いのではないでしょうか?

今回は、初めてカードローンを利用する際に知っておくと役立つ情報を見ていきます。

目次


カードローンって何?



先ほどから「カードローン」という言葉を繰り返し使っていますが、そもそもカードローンって何でしょうか?クレジットカード、キャッシングとの違いから見ていきます。

カードローンの目的はお金を借りること

カードローンは銀行や消費者金融が取り扱う金融商品で、利用者がお金を借りることを目的としています。

住宅ローンが数千万円の借り入れをするための金融商品なのに対し、小口の借り入れをする金融商品と説明した方が分かりやすいかもしれません。

そのため、クレジットカードのように買い物の決済に使用することはできません。借りられるのはあくまでもお金だけです。

クレジットカードとの違いはショッピング枠が無いこと

一方でクレジットカードは、与えられたショッピング枠の範囲内で買い物をしたり、キャッシング枠を使って現金を借りることもできます。

ショッピング枠を使う時は目には見えない「枠」を使うイメージで、現金を手にすることはありません。

先でも書いたとおり、カードローンにはこの「ショッピング枠」がありません。

キャッシングとカードローンは、ほぼ同じもの

カードローンとキャッシングは、違いが分かりにくい言葉の一つです。実を言うとこの二つには、現在では明確な違いがないことがほとんどです。

本来は、ローンカードを使って借り入れを行うもの、分割で返済するものを「カードローン」、小口融資を行うものや一括返済するものを「キャッシング」と区別されてきました。


しかし最近では、小口の融資商品を「カードローン」、小口のお金を借りることを「キャッシング」という使われ方が増えています。

したがって、「カードローンでキャッシング」とか「クレジットカードでキャッシング」という表現も普通に使われます。細かい用語の区別を気にする必要はなさそうです。


知っておきたいカードローンの基礎知識



ここでは、カードローンを利用する前に知っておきたい基礎知識を確認します。

カードローンには銀行系と消費者金融系がある

カードローンには、銀行が扱うものと消費者金融が扱うものの二つがあります。

詳しくは後ほど書きますが、同じカードローンでも、銀行系か消費者金融系かによって審査の厳しさなどに違いがあります。

カードローンの「総量規制」について

「総量規制」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、カードローンを知るうえで重要な言葉の一つです。

総量規制は「貸金業法」という法律で定められている決まりの一つで、年収の3分の1を超える借入を禁止しています。消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠がその対象です。

また、1社からの借り入れが50万円を超えるか、2社以上の借り入れ合計が100万円を超える場合に、収入証明書の提出を義務づけています。

カードローンはいくらまで借りられる?

カードローンで借りられる金額(=借入上限枠)は、消費者金融では最大で500万円~800万円程度です。一方で、銀行では最大で800万円~1000万円程度と、消費者金融に比べ若干上限が高い傾向にあります。

とはいえ、借入上限枠は、申込者の収入・他社からの借入状況などを総合的に判断したうえで決められるため、誰でも最大限度額めいっぱいの借入ができる訳ではないことを覚えておきましょう。


特に初めてカードローンを利用する場合は、まだカードローン会社との間に信頼が築けていない状況ですから、たとえ高収入な方であっても最初から極端に高額な融資を受けることはできません。

また、先でも書いたとおり、消費者金融のカードローンは総量規制の対象であるため、上限枠が年収の3分の1を超えることはありません。

カードローンの金利ってどのくらい?

カードローンを利用するうえで気になるのが金利です。

金利は銀行カードローンでは最高でも15%程度の商品が多いです。一方、消費者金融カードローンでは最高で18%程度と、銀行カードローンよりも少し高めです。

下の表は、一部の大手銀行系カードローン・消費者金融系カードローンの金利と借入上限額をまとめたものです。ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融カードローン 金利 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 3.0~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円
銀行カードローン 金利 借入限度額
バンクイック 1.8~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 1000万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 800万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 500万円


カードローンの申込からお金を借りるまでの手順



カードローンを申し込む場合、ネット(スマホ)を使うと人目も気にならず、自宅から出る必要もないため気軽です。

ここでは、ネット申し込みの場合の手順を簡単に見ていきます。

(その1)ネット・スマホからカードローンを申し込む

利用したいカードローン会社のサイトへ行き、申し込みのページを開きます。

この時、金利などの利用条件にはしっかり目を通しておきましょう。

(その2)必要事項を入力、必要書類の送付

住所・氏名・勤務先など、必要な情報をすべて入力します。

省略したり、誤った情報を入力すると審査に落ちる可能性もあるので、正確な情報を入力するよう心がけましょう。

免許証、パスポート等の身分証明は必ず撮影して送信する必要があるので、手元に準備しておきましょう。

また、借入希望額によっては給与明細などの収入証明の提出を求められる場合もあります。

(その3)在籍確認の電話を受ける

勤務先にカードローン会社の担当から個人名で在籍を確認する電話がかかってきます。(一部の消費者金融に限り、収入証明を提出すれば電話確認をなしにできるケースもあり)

(その4)メールが来たら最寄りの自動契約機で契約を

必要な審査がすべて終わると、メールで審査結果が届きます。無事に審査を通過した場合は、メールを受け取った後でカードローンの利用契約手続きが必要です。

最寄りの自動契約機で契約をすれば、キャッシングに必要なカードや契約書類をその場で受け取ることができるため、家族に借金を知られる可能性を減らすことができます。

(その5)ネット完結の場合はネットで契約を

申込をネットで完結できる企業の場合は、審査に通過したことを知らせるメールが届いたら、ネット(スマホ)で契約を結びます。

ネット完結(WEB完結)の場合はローンカードが発行されないため、手続きはこれで完了となります。

振込対応の時間内であれば、その日中に口座への振込(つまりキャッシング)が可能です。

なお、審査結果のメールを受け取っただけではカードローンの契約したことにならないので、注意が必要です。

(その6)キャッシングをする

自動契約機で契約が完了すれば、あとは自由にお金を借りることができます。ローンカードを受け取っている場合はコンビニATMなど、自分の利用しやすい場所で借入を行いましょう。

WEB完結申込を利用してローンカードを持っていない場合は、ネット(スマホ)でカードローン会社の会員ページを開き、自分の口座に振込融資を行ってもらうよう簡単な手続きをします。


銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較してみた



銀行カードローンと消費者金融カードローンには、それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。以下ではその長所・短所を簡単に見ていきます。

銀行カードローンは低金利だが審査が厳しい

銀行カードローンのメリットは、総量規制の対象外であるため、申込者の条件によっては大口融資が見込める点に加え、金利が低いことです。

また、融資元が銀行ということで、イメージが良いことも長所のうちと言えます。

デメリットとしては、消費者金融に比べると審査が厳しく、場合によっては審査にかかる時間も若干長いことが挙げられます。

消費者金融カードローンは高金利だが審査が厳しくない

消費者金融のカードローンを利用するメリットには、銀行カードローンに比べ審査が厳しくないことが挙げられます。

また、審査・契約スピードが早いため即日キャッシングに向いてるほか、申し込みをWEBで完結できるサービスが充実していることも長所です。

デメリットとしては、銀行に比べると金利が高いこと、イメージがあまり良くないため、人にバレた場合のリスクが大きいことがあります。


以上、初めてカードローンを利用する場合に知っておきたいことを見てきました。より詳しい情報は下記に載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。


初めてカードローンを利用する 関連記事一覧


初めてのカードローン利用で押さえておきたいポイント



最後に、初めてカードローンを利用する人が覚えておきたいポイントをまとめて見ていきます。

大手の会社なら悪質な取り立ての心配はない

カードローンで借りたお金の返済が少しでも遅れると、怖い人が家まで取り立てに来るイメージを持っている方はいませんか?

実はこれは誤解で、大手のカードローン会社が悪質な取り立てを行うことは一切ありません。取り立てとして行える内容には法律で決められた制限があるためです。


返済が遅れないようにすることは基本ですが、もし返済が遅れた場合でも、こちらからきちんと連絡をしていれば、家まで取り立てに来ることはほぼありません。

アルバイトや派遣社員でも条件次第で審査を通過できる

正社員として働いていなければカードローンの審査を通過できないのでは?という心配を抱える方も少なくないようです。

しかし、アルバイトや派遣社員など、非正規の雇用条件で働く方でも、安定収入があれば審査を通過することは十分に可能です。

一つの勤務先に長く勤めており、毎月の出勤日数が多いと審査通過率がさらに上がるでしょう。

お金の借りすぎには注意を!

カードローンは気軽に利用できる分、借りすぎに注意しなければいけません。

特にまだカードローンを利用したことがない方にとって、この情報は「言われなくても分かる簡単なこと」に感じられるでしょう。


しかし、実際にカードローンの利用を始めると、借入できる額=自分の貯金というような錯覚に陥り、気付けば借り過ぎの状態になってしまうことも決して珍しいケースではないのです。

自分だけは大丈夫とは考えず、しっかりと計画的に利用することが非常に重要であることを覚えておきましょう。


検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング