【元銀行員が解説】カードローンとは?キャッシングとどう違うの?

お金を借りる方法を調べると、「カードローン」や「キャッシング」といった単語がよく出てきますよね。

それぞれの意味は何となく分かっても、2つの違いをきちんと説明できる人は少ないと思います。


今回は、知っているようで知らない、カードローンとキャッシングの違いについて解説します。


そもそも「カードローン」って何?

カードローンとは?

テレビCMや電車の車内広告などで、カードローンの宣伝を目にします。

ぐっと身近になったカードローンですが、実際どんなサービスなのでしょうか?

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融などから、個人が無担保でお金を借りられる融資商品です。

金融機関と契約するとカードが発行され、振込みやATMで借り入れをする事ができます。


カードローンは、貸主の業態によって以下の2種類に分けられます。


・消費者金融カードローン

・銀行カードローン



消費者金融カードローンは、消費者金融が提供するカードローンです。

総量規制の対象となるため、他の借り入れと合わせて、年収の3分の1までしか借りられません。


一方、銀行カードローンは、銀行が提供するカードローンです。

低金利である事と、銀行の安心感もあって、ここ数年で利用者を大幅に増やしました。

<関連記事>:【元銀行員が解説】銀行カードローンとは?メリット・デメリットは?

カードローンはどれくらい利用されてる?

以下のグラフは、銀行カードローンの残高の推移を表したものです。

銀行カードローン残高の推移
<出典>:銀行カードローンの実態調査結果について-金融庁

グラフから分かる通り、2012年以降、銀行カードローンの残高は右肩上がりです。

では、一体どれくらいの人が、銀行カードローンを利用しているのでしょうか?


次のグラフは、一般消費者のうち、銀行カードローンを利用した経験がある人の割合を示したものです。

銀行カードローン利用経験者の割合
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査 に関する報告から作成


グラフを見ると全体の約12%が、銀行カードローンの経験者である事が分かります。

しかし最近では、自主規制によって3分の1を超える貸付を行わない銀行が多くなっており、銀行カードローンならではのメリットは、小さくなっているのが現状です。

銀行カードローンの審査は、以前に較べて厳しくなっています

カードローンの3大メリット

(メリット1)保証人・担保なしで借りられる
銀行などでお金を借りる場合、保証人や担保が必要になるイメージがありますよね。

ですがカードローンなら、保証人や担保は不要です。

保証人になってくれる人を探したり、担保を用意する面倒がないので、気軽に借り入れができます。


(メリット2)限度額の枠内なら、何度でも借りられる

カードローンの仕組み

一般的なローン(たとえば住宅ローン)は、一つの契約で、決まった金額を一度だけ借りられます。

追加のお金が必要になったら、もう一度、審査を受ける必要があります。


それに対してカードローンは、借り入れの枠を設定する契約なので、限度額の枠内なら何度でも借り入れが可能です。

また自動車ローンや住宅ローンと違って、カードローンならお金の使い道を原則自由に決められます。


(メリット3)融資までのスピードが早い
他のローンと比べて融資スピードが早いのも、カードローンの特徴です。

銀行カードローンは最短翌日から2日程度、消費者金融は最短30分~1時間程度で審査結果が出ます。


さらに消費者金融のカードローンなら、申し込んだ当日の借り入れも可能です。

カードローンは、急いでお金を借りたい時に強い味方になります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融 vs 銀行カードローン!おすすめは?

デメリットは、金利がやや高いこと

他のローンと比較すると、金利は高めなのがカードローンのデメリットです。

以下の表では、銀行カードローンと、その他のローンの金利をまとめました。

ローンの種類 金利の相場
銀行カードローン 3.0%~15.0%
消費者金融カードローン 5.0%~18.0%
自動車ローン 2.0%~3.0%
フリーローン 6.0%~7.0%


自動車ローンの金利は、2~3%であるのに対して、カードローンの上限金利は、消費者金融が18%、銀行で15%程度と、高く設定されている事が分かります。


カードローンの金利が高くなる一番の要因は、貸し手側のリスクの高さです。

融資までのスピードが重要になるカードローンは、審査に時間をかけられません。


そのため、他のローンよりも審査が甘くなりがちです。

回収不能になるリスクも大きくなるので、その分だけ金利が高くなります。

<関連記事>:【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!

カードローンの金利は、「リスク料」と考えると分かりやすいですね


「キャッシング」とは?

キャッシングとは?

キャッシングとは、「短期の小口融資」を指す言葉です。

しかし最近では、単純に「お金を借りる」という意味で使う事が多くなっています。


以下、キャッシングの特徴を見ていきます。

キャッシングの特徴

数日~数か月の短期間、小さな金額を保証人不要で借りるのが、「キャッシング」です。

その種類は、貸主の業態によって3つに分けられます。


・銀行系キャッシング

・消費者金融系キャッシング

・クレジットカード系キャッシング



銀行系・消費者金融系は、先ほど説明したカードローンを利用した借り入れです。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードで使える限度額は、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つから成ります。

ショッピング枠は、買い物の商品代金をカード会社に立て替えてもらう、クレジットカードの基本サービスです。


クレジットカードの限度額と同じ金額が、ショッピング枠として利用できます。

一方キャッシング枠は、カード会社からの借り入れ枠で、ショッピング枠に含まれる形で上限金額が設定されます。


したがって、限度額のギリギリまでショッピングで利用すると、設定された上限金額に関わらず、キャッシングで使える金額は小さくなります。

キャッシング枠の考え方

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンとクレジットカードとの違いは?

「キャッシングする」なんていう使い方もしますよね


カードローンとキャッシング、5つの違い

違い

カードローンとキャッシングは似ている点がありますが、いくつか違う点もあります。

1.返済のタイミング

1つ目の違いは、返済のタイミングです。

カードローンは、分割して少しずつ返済する方法を採用しています。


それ対してキャッシングは、翌月の一括払いが基本なので、一度にかかる負担が重くなりがちです。

ですが最近は、キャッシングでもリボルビング払いが選択できるようになり、2つの違いは小さくなっています。

2.返済方法を選べるか

キャッシングの場合、繰り上げ返済は振込みやATMでも可能ですが、通常の返済は口座引落しです。

一方、引落し以外にも、振込みやATMでの返済方法を選べるのが、カードローンです。


カードローンなら、「忘れるのが不安なので引落し」、「通帳に記録を残したくないからATM」というように、自分に合った返済方法を選択する事が可能です。

3.金利

どちらも金利はやや高めですが、異なる点もあります。

キャッシングの金利は、15~18%でほぼ固定です。


しかしカードローンは、銀行で3~15%、消費者金融で5~18%と、金利の幅が広くなっています。

そのため、商品や審査状況によっては、カードローンの方が低い金利で借りられる場合があります。

4.借入限度額

カードローンの場合、10~500万円(多いところは800万円)の幅で限度額を設定されます。

キャッシングは、5~100万円(または200万円)の枠があり、50万円以内で設定されるケースが多いです。

まとまったお金を借りる場合は、カードローンの方が便利です

5.海外で利用できるか

クレジットカードの強みの一つが、「海外キャッシングサービス」です。

海外旅行中に急にお金が足りなくなった時など、海外キャッシングを利用すれば、駅や空港のATMから現地の通貨で借り入れできます。


一方カードローンは、海外では利用できません。

カードローンとキャッシングの違い、まとめてみた!

ここまで、カードローンとキャッシングの5つの違いを紹介しました。

カードローン キャッシング
返済のタイミング 分割払い 翌月一括払い
返済方法 口座引落し
振込み
ATM
口座引落し
金利 銀行:3.0%~15.0%
消費者金融:5.0%~18.0%
15.0%~18.0%
借入限度額 10~500万円程度 5~100万円程度
海外利用 ×

ただ最近は、クレジットカードのキャッシングでも分割払いが出来るなど、2つの意味は似てきています。

したがって、下図のようにイメージすると良いでしょう。

カードローンとキャッシングの関係

キャッシングは、最近では「手軽に借り入れをする」くらいの意味合いで使われることが多いですね

以上、カードローンとキャッシングの違いについて紹介しました。

お金を借りる時は、メリット・デメリットを見極めて、自分に合った方法を見つけてください。

 元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!

この記事のまとめ

  • カードローンとは、銀行や消費者金融から、無担保でお金を借りられるローン商品
  • キャッシングは、無担保で、短期の少額借り入れをすること
  • カードローン・キャッシングともに、保証人や担保は必要ないが、金利は高め
  • カードローンは分割払いだが、キャッシングは翌月一括払いが基本
  • カードローン会社や審査結果によっては、カードローンの方が金利が低くなる

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


おすすめランキング