キャッシングとは?元銀行員がカードローンとの違いを解説

お金を借りる方法を検索していると、「カードローン」や「キャッシング」といった単語をよく目にしますよね。

それぞれの意味は何となく分かっても、2つの違いをきちんと説明できる人は少ないでしょう。


今回は、知っているようで知らない、カードローンとキャッシングの違いについて解説します。

キャッシングとカードローンの基礎知識

キャッシングとは,カードローンとは,違い

そもそもキャッシングとカードローンは、どんなサービスなのでしょうか?

「キャッシング」とは?

キャッシングとは、「数日~数か月の短期間、小さな金額を保証人不要で借りること」を指します。

とは言え最近は、「キャッシング」を単純に「お金を借りる」という意味で使うことも多いです。


キャッシングも、貸主によって3種類に分けられます。


 ・銀行系キャッシング
 ・消費者金融系キャッシング
 ・クレジットカード系キャッシング



銀行系・消費者金融系は、先ほど説明したカードローンを利用した借り入れです。

そして最も一般的なのが、クレジットカードでのキャッシングです。


いつも利用しているクレジットカードを使って、ATMや銀行振込みで借り入れできます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンとクレジットカードとの違いは?

今回は、クレジットカードのキャッシング機能を中心に取り上げます

「カードローン」とは?

カードローンは、金融機関から無担保で融資を受けるためのローン商品です。

原則、ローンカードが発行され、銀行振込みATMを使って借り入れできます。


カードローンは、貸主の業態によって、以下の2種類に分けられます。


 ・消費者金融カードローン
 ・銀行カードローン



消費者金融カードローンは、消費者金融が提供するローン商品の一つです。

審査スピードがとても早く、申し込み当日の借り入れもできます。


銀行カードローンは、銀行が貸主となるカードローンです。

即日融資には対応していませんが、消費者金融よりも低金利で利用できます。

<関連記事>:カードローンとは?元銀行員がわかりやすく解説!

即日融資を受けたいなら消費者金融、金利重視なら銀行カードローンがピッタリですね

クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードで使える限度額は、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つから成ります。

ショッピング枠は、買い物の商品代金をカード会社に立て替えてもらう、クレジットカードの基本サービスです。


クレジットカードの限度額と同じ金額が、ショッピング枠として利用できます。

一方キャッシング枠は、カード会社からの借り入れ枠のことです。


ショッピング枠に含まれる形で、キャッシング枠の上限金額が設定されます。

そのため限度額のギリギリまでショッピングで利用すると、設定された上限金額に関わらず、キャッシングで使える金額は小さくなります

キャッシング枠の考え方

クレジットカードのキャッシング枠は、全員に付いている訳ではありません。基本的には、希望した場合のみキャッシング枠が設定されます

キャッシングとカードローン、5つの違い

キャッシングとカードローン、どちらもお金を借りる手段であることは共通してます。

では、どんな違いがあるのでしょうか?

1.返済のタイミング

キャッシング,カードローン,返済のタイミング

1つ目の違いは、返済のタイミングです。

カードローンは、分割して少しずつ返済する方法を採用しています。


毎月決まった金額を少しずつ返すので、返済計画を立てやすいでしょう。

それ対してキャッシングは、翌月の一括払いが基本なので、一度にかかる負担が重くなりがちです。

<関連記事>:知っておきたいカードローンの返済方式について

最近は、キャッシングでもリボルビング払い出来るようになり、2つの違いは小さくなっています

2.返済方法を選べるか

カードローンの場合、会社によって条件は異なりますが、引落し以外に振込みやATMが選べます。

「忘れるのが不安なので引落し」、「通帳に記録を残したくないからATM」というように、自分に合った返済方法を選択する事が可能です。


一方キャッシングの場合、通常の返済は口座引落しです。

ただし繰り上げ返済は、振込みやATMでも可能となっています。

3.金利

カードローンは、銀行で3~15%、消費者金融で5~18%と、金利の幅が広くなっています。

ですがキャッシングの金利は、15~18%でほぼ固定です。


借入先や審査状況によっては、カードローンの方が低い金利で借りられる場合があります。

カードローンの場合、限度額が大きくなればなるほど、金利は低くなります。ですがキャッシングでは、限度額が増えても金利は変わりません

4.借入限度額

キャッシング,カードローン,借入限度額

カードローンの場合、10~800万円(多いところは1000万円)の幅で限度額を設定されます。

キャッシングは、5~100万円(または200万円)の枠があり、50万円以内で設定されるケースが多いです。


まとまった金額を借りたいなら、カードローンの方が便利でしょう。

<関連記事>:カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?

5.海外で利用できるか

クレジットカードの強みの一つが、「海外キャッシングサービス」です。

海外旅行中に急にお金が足りなくなった時など、海外キャッシングを利用すれば、駅や空港のATMから現地の通貨で借り入れできます。


一方カードローンは、海外では利用できません。

上手に活用すれば、外貨両替で手数料を支払うよりお得に、外貨を手に入れられます!


どっちで借りる?キャッシングVSカードローン

どっち,カードローン,キャッシング

キャッシングとカードローンとには、それぞれ異なる特徴があります。

では結局のところ、どちらを選ぶのが正解なのでしょうか。

少額が今すぐ必要なら「キャッシング」

既にキャッシング機能付きのクレジットカードを持っていれば、審査なしで、すぐに借り入れが可能です。

ATMの操作をするだけなので、ものの数分で借り入れできます。


ただし、お使いのクレジットカードにキャッシング機能がない場合、新たに審査を受ける必要があり、借り入れまでに時間がかかります。

新しくクレジットカードを発行するには、1~4週間ほど待つことになります。


またクレジットカードの限度額は、大きくても100万円(200万円)です。

大きな金額は借りられませんが、買い物とは別に少額の現金が必要な場合は、便利なサービスです。

利は15~18%(固定)と高めなので、あくまでも短期間の借り入れ向きです

まとまったお金が必要なら「カードローン」

カードローンなら、限度額が最大800万円程度と、大口の借り入れにも対応しています。

まとまった金額が必要な場合は、カードローンを利用すると良いでしょう。


特に銀行カードローンを選べば、金利を低めに抑えられます。

利息の負担が小さくなり、総支払額も少なく済みます。


また消費者金融なら即日融資が可能なので、急ぎの借り入れにも対応できます。

キャッシングとカードローンの違い、まとめてみた!

最後に、キャッシングとカードローンの違いを、下の表にまとめました。

キャッシング カードローン
返済のタイミング 翌月一括払い 分割払い
返済方法 口座引落し 口座引落し
振込み
ATM
金利 15.0%~18.0% 銀行:3.0%~15.0%
消費者金融:5.0%~18.0%
借入限度額 5~100万円程度 10~800万円程度
海外利用 ×

先ほども書いた通り、それぞれに特徴があり、得意・不得意な点は異なります。

ですが最近は、クレジットカードのキャッシングでも分割払いが出来るなど、2つの意味は似てきています。


カードローンでの借り入れを、「キャッシング」と呼ぶ人もいます。

カードローンとキャッシングの違いを上の表で説明していますが、あまり違いにこだわらない方が良いかもしれません。


したがって、それぞれの用語は、下図のようにイメージすると良いでしょう。

カードローンとキャッシングの関係


以上、キャッシングとカードローンの違いを解説しました。

どちらで借りるべきかは、その人の状況によって変わるので、一概には言えません。


メリット・デメリットを見極めて、自分にピッタリの借り方を見つけてください。

 元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!

この記事のまとめ

  • キャッシングとは、小さな金額を短期間、保証人不要で借りること
  • カードローンは、金融機関から無担保で融資を受けるためのローン商品
  • カードローンの返済は分割払いなのに対し、キャッシングは翌月一括払い
  • 借入先や審査の状況によって、カードローンの方が金利が低くなるケースがある
  • 最近では「キャッシング」も「カードローン」も、同じような意味で使われている

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング

 

 

 

 

 

その他カテゴリー