カードローンって何?キャッシングとどう違うの?

「カードローン」も「キャッシング」も、お金を借りるときによく聞く言葉です。テレビCMや電車の広告でもよく目にするようになりましたよね。ですが、その違いについてよく知らないという人も多いはずです。


以下では、カードローンとキャッシングの違いについて説明します。まず、カードローンについて見ていきます。

カードローンとは

カードローンとは、銀行や消費者金融が扱っている融資商品のことを指します。


カードローンを使うことで、銀行やコンビニなど色々な場所に設置してあるATMで、お金を借りることができます。ATMに預け入れているお金を引き出すように、カードを利用して借り入れをするため、カードローンと呼ばれています。




カードローンには2種類ある

カードローンは、発行する会社で2タイプに分けることができます。銀行系と消費者金融系です。銀行系カードローン(銀行カードローン)は、銀行が発行しているカードを使って借入できるローン商品のことをいいます。


それに対して、消費者金融会社がカードを発行して融資を行うローン商品を、消費者金融(系)カードローンと呼びます。


どちらも申込みや借入の仕組みは同じです。ネットや店舗窓口・自動契約機で申込みをし、審査に通ればネット(スマホ)からの銀行振込みや提携ATMで借入ができます。


少額で手軽に借りやすいのが消費者金融、低金利で高額融資を受けたいなら銀行カードローン、というイメージを持たれています。

限度額内なら何度でも借りられる

融資と言うと、一定の金額を借入して時間をかけてコツコツ返していく、というイメージを持つ方も多いでしょう。ですが、カードローンでは限度額の枠内で借りる方式を取っています。


審査によって借入上限額(=限度額)が設定され、その枠内であれば何度でも自由にお金を借りることができます。





お金を借りるたびに審査が必要な通常の融資とは違い、手軽に借入できるのがカードローンの魅力です。


数万円といった少額でも借り入れができるため、少しお金に困ったという時にも便利なのがカードローンです。

無担保・保証人なしで利用できる

住宅ローンや自動車ローンですと保証人が必要になりますが、カードローンは無担保・保証人なしで借入することができます。その代わり、貸し倒れといったリスクを考えて金利を高めに設定しています。


誰かに保証人を頼むのは大変ですし、なるべく周囲に借金をしていることは知られたくないはずです。ですので、カードローンなら金利は高めになってしまうものの、無担保・保証人なしで利用できるのは、大変便利です。


キャッシングとは



キャッシングとは、金融機関(や貸金業者)から小口のお金を借りる、という意味で使われることが多いです。


その典型例がクレジットカードです。「クレジットカードでキャッシングする」といった会話を聞いた事があるといった方も多いかと思います。これは「クレジットカードで小口の借入をする」くらいの意味です。


しかし、キャッシングはクレジットカード以外にも借入先はあります。

キャッシングには3種類ある

キャッシングは、「どこから借りるか」で3種類に分けられます。消費者金融系・銀行系・クレジットカード系の3種類です。


・消費者金融系キャッシング
消費者金融は、個人向けの少額融資を中心としています。銀行やクレジットカードと較べると、審査は厳しくありません。


審査時間が早く、最短1時間でキャッシングが可能です。即日融資のサービスが充実しており、その日のうちにキャッシングしたい方に向いています。



・銀行系キャッシング
銀行系キャッシングは、銀行や信用金庫が提供しているカードローンを使って借入をします。銀行カードローンの1番のメリットは、金利です。


銀行カードローンの上限金利が15%程度なのに対し、消費者金融やクレジットカードは18%程度です。より低金利でキャッシングしたい人は、銀行カードローンがオススメです。


他に銀行系キャッシングは、総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の借入ができるといったメリットもあります。


銀行カードローンは、即日融資を行っている銀行もありますが、午前中までに手続きの完了が必要など条件が厳しく、消費者金融ほどスピーディな対応は期待できません。


また、低金利なため分消費者金融やクレジットカードに較べると、審査が厳しいです。



・クレジットカード系キャッシング
クレジットカード系キャッシングは、クレジットカード会社が行っているキャッシングサービスです。クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能の2つがあります。このキャッシング機能を使うことで、クレジットカードでキャッシングができます。


また、振り込みや代引きなどせずに、支払いができるショッピング機能は、ネットショッピングなどの場面で便利です。


クレジットカードのデメリットとして、金利の高さが挙げられます。銀行カードローンよりも高めです。その他、クレジットカードはキャッシングまでに時間がかかります。申込みから、カード発行・キャッシングまで早くても1週間程度です。


これは、消費者金融や銀行に較べて審査時間が長いのと、カードを郵送するためです。

無担保・保証人なしで借入ができる

先ほど上でも書いたように、カードローンは無担保・保証人なしで借入することができます。銀行カードローンの場合、利用者がお金を返せなくなった時「保証会社」が代わりに返済してくれます。


一方の消費者金融も無担保・保証人なしで借入ができますが、保証会社は付いていません。保証会社が付かない代わりに、金利を高く設定して利用者が返済できない場合のリスクを抑えています。


このように、無担保・保証人なしなら誰にもバレることなく借入ができます。

クレジットカードも貸金業法が適用される?

先ほども説明した通り、クレジットカードにはショッピング機能(枠)とキャッシング機能(枠)があります。「枠」とは、その範囲以内なら何度でも利用できる限度額のことです。


ショッピング枠は、総量規制の対象外になるので、年収に関係なく高額な買い物をすることができます。ですが、キャッシング枠は総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借りることができません。


また、クレジットカードのショッピング枠がクレジットカードの限度額であり、この中にキャッシング枠が含まれています。ですので、たとえキャッシングの上限額があっても、買い物に多く使ってしまうと、その分キャッシングに使える額が減ってしまいます。



以下の図は限度額とショッピング枠が50万円、キャッシング枠30万円の場合の例です。



キャッシング枠を付けると審査が厳しくなる?

上でも書きましたが、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類の機能が付いています。申込者の信用情報に大きな金融事故がなければ、ほとんどの人がショッピング枠での審査にカード通ります。


しかし、キャッシング枠は消費者金融と同じような審査が行われるので、審査に通らなかったというケースも多くあります。


キャッシング枠の審査では、信用情報から借入状況や返済状況、過去に金融事故がないかなどチェックします。つまり、クレジットカードは発行されてもキャッシングできるとは限らないので、その点はご注意下さい。


カードローンとキャッシングの違いとは?

今までの説明で、カードローンとキャッシングは、ほぼ同じに思う人も多いかと思います。確かにどちらもお金を借りることには変わりませんが、違いもあります。


どういった違いがあるのか、以下で見ていきましょう。

返済方法



一般的に、カードローンとキャッシングは返済方法が違うと言われています。カードローンは、大口融資となるため分割払いでの返済が一般的です。


分割払いは、毎月一定の金額を支払うので毎月の負担は減りますが、返済する期間が延びるので、トータルで払う利息も余計かかります。


一方のキャッシングは、小口融資なので翌月に一括払いをするのが基本となっています。
しかし、キャッシングもサービスが充実し、一括払いだけでなく分割払いでの支払いもできるようになっています。

金利

キャッシングとカードローンの違いに、金利も挙げられます。


キャッシングの金利は、だいたい18%程度と設定されています。それに較べてカードローンの金利は、幅広いです。銀行系なら低いもので8%、消費者金融系なら18%が上限金利となっています。

海外でも利用できるか

もし、海外旅行中に手持ちの現金がなくなった場合、クレジットカードのキャッシング機能が便利です。


クレジットカードには海外でも利用できるキャッシングサービスがあります。空港や駅などで、現地のお金を引き出すことができます。他にも、両替の手間が省けますし、大金を持ち歩く心配がないのでカードだけで全て済みます。


一方のカードローンは、海外に対応していないため利用できません。



以上を表にまとめたのが、以下になります。


カードローン キャッシング
返済方法 分割払い 一括払い
融資額 大口融資 小口融資
上限金利 15~18%程度 18%程度
海外での利用 対応してない 対応している

カードローンとキャッシングの意味合いは同じ

上で、「カードローン」と「キャッシング」について説明しました。


ですが最近では、カードローンは融資商品、キャッシングはお金を借りること、くらいの意味で使われることが多くなっています。ですので、「カードでキャッシングをする」という表現も普通に使われています。


先ほどの表を見ても、実際にはこの違いはなくなっています。クレジットカードのキャッシングでも分割払いに対応しているのは説明した通りですし、カードローンでも小口の借入に対応しています。


したがって、最近ではカードローンとキャッシングは、以下のような図をイメージした方が良いかもしれません。



以上、カードローンとキャッシングの違いについて見てきました。上で見てきたように、これまでは「カードローン」と「キャッシング」は別の意味で使われてきましたが、最近では似たような意味合いで使われることが多くなっています。


いずれにせよ、キャッシングをするにはクレジットカード・消費者金融・銀行カードローンと、3つの融資商品があり、それぞれメリット・デメリットがあります。ご自分のニーズに合わせて、融資商品を選ぶと良いでしょう。


カードローンって何?キャッシングとどう違うの?のまとめ

  • カードローンとは、消費者金融や銀行からお金を借りることを指す
  • カードローンには銀行系を消費者金融系の2種類があり、限度額内なら何度でも借入ができる
  • キャッシングとは、金融機関から小口のお金を借りることを指す
  • クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象になる
  • カードローンとクレジットカードの違いは、返済方法・金利・海外で利用である
  • どちらとも違いはあるが、無担保で融資することや「お金を借りる」という意味は同じ