総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?

カードローンに興味がある方の中には、総量規制についてよく分からないという人もいるのではないでしょうか?総量規制が適用されるカードローンを選ぶと、人によっては希望通りの借入ができない可能性があります

今回は、総量規制の対象外となるカードローンについて紹介します。


総量規制って何?

まず、総量規制について解説します。総量規制は、貸金業法という法律で定められている規則ですが、どのような内容なのでしょうか?

総量規制の対象となる会社

総量規制の対象となるのは、貸金業者と呼ばれる消費者金融やクレジットカード会社などです。消費者金融カードローンの借入は、総量規制が適用されることを覚えておくと良いでしょう。

消費者金融は、プロミス、アコム、モビット、アイフルなどが大手では有名です。

借入が年収で制限される



総量規制の対象となる借入では、年収の3分の1までしか借りられないという決まりがあります。そのため、多額の借入をしたくても、希望する額を借りられない場合があります。

例えば、年収600万円の方は借入できる額は200万円までになります。


また、複数の会社から借入をする場合、「借入額の合計」を年収の3分の1までにする必要があります。

例えば、年収600万円の人がA社から50万円、B社から100万円を借りており、さらにC社から新たに借入をするとします。その場合、C社から借りられるのは50万円となります。

収入証明書が必要である

カードローンを申し込む際、収入は基本的に自己申告です。しかし、総量規制により、収入証明書を提出しなくてはいけない場合があります。

それは、借入金額が1社で50万円を超える場合か、数社からの借入額が合計で100万円を超える場合です。例えば、1社から40万円のみ借りていたとしても、2社目から60万円以上を借りる場合は、収入証明書を提出する必要があります。


収入証明書となるのは、源泉徴収票・給料の支払い明細書(直近の2か月分)・確定申告書などです。


以上、総量規制について説明しました。では、総量規制の対象とならないカードローンとはどんなものでしょうか?


総量規制の対象外となるカードローンは?

総量規制の適用を受けずに、多額の借入をしたい方もいるはずです。ここでは総量規制の制限を受けないカードローンについて説明します。

銀行カードローンが総量規制の対象外

銀行カードローンでは、総量規制を気にすることなくキャッシングができます。なぜなら、銀行カードローンは総量規制が定められている貸金業法ではなく、銀行法が適用されるためです。

そのため、銀行カードローンのキャッシングでは、総量規制の「借入額は年収の3分の1まで」といったルールに従う必要がなく、多額の借入も可能です(審査に通ればですが)。


また、総量規制では一定以上の借入で収入証明書の提出が必要と先ほど説明しました。一方で銀行カードローンでは、これが適用されません。

このため、銀行カードローンなら200~300万円を超える借入でないと、収入証明書の提出を求められませんでした。

ところが最近は、銀行カードローンの審査が厳しくなったこともあり、(法律上の義務ではないものの)50万円を超える借り入れで収入証明書の提出を銀行から求められる場面が増えてきています


銀行カードローンの借入であっても、事前に収入証明書を用意しておくとよいでしょう。

<関連記事>
収入証明書が不要のカードローンってあるの?

即日融資は利用可能?

銀行カードローンは、消費者金融に較べて審査に時間が掛かるため、即日キャッシングがやや不利です。

しかし、一定の条件を満たせば、当日中に借りられる可能性は高くなります。



多くの銀行カードローンでは、午前中に申し込みを完了させたり、指定銀行の口座を持っていることが即日融資の条件となっています

また、ネット完結での即日キャッシングを扱っている銀行は少ないため、自動契約機を利用する場合が多いです。その際、申し込みは事前にネットで済ませておくと、スムーズに手続きが進み、より当日中に借りやすくなります。

専業主婦は利用できる?

収入のない専業主婦の方でも、一部の銀行カードローンであれば利用可能です。収入を得ていないと消費者金融ではキャッシングできないので、専業主婦でも申し込みができる銀行カードローンを選びましょう。


総量規制の対象外カードローンのメリットは?

総量規制の対象外である銀行カードローンでは、年収の制限を受けずに借入をすることができます。年収の3分の1以上の借入をしたい方は、銀行カードローンが適しています。

また、収入証明書をできるだけ提出したくない場合、銀行カードローンは魅力的です。銀行カードローンでは、消費者金融とは違い200~300万円など多額の借入をする場合に、収入証明書を求められることが多いです。


他にも、銀行カードローンでは、低い金利でキャッシングできるなどのメリットもあります。

総量規制の対象外カードローンのデメリットは?

銀行カードローンでは、審査スピードに時間が掛かる点がデメリットと言えるでしょう。人によっては、銀行の指定口座を作る必要もあるため、借入までに時間が掛かりやすくなっています。

また、銀行カードローンは審査に通るのが難しいと言われています。高収入のサラリーマンであれば、ほぼ問題ありませんが、バイトやパートの方は審査に通過するのが厳しいでしょう。

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!


今回は、総量規制の対象外のカードローンについて紹介しました。銀行カードローンであれば、総量規制を気にすることなくキャッシングすることができます。

銀行カードローンもいくつかあるので、自分に合ったものを調べてから借入すると良いでしょう。


総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?
 まとめ


  • 総量規制では、年収の3分の1までしか借入できないなど制限があり、消費者金融に適用される
  • 総量規制により、借入額が50万円を超えたり、数社から合計で100万円を超える場合は収入証明書の提出義務あり
  • 銀行カードローンは、総量規制の対象ではないので、年収により借入額が制限されない
  • 銀行カードローンでも、200~300万円を超える借入で、収入証明書を提出する必要あり
  • 銀行カードローンで即日キャッシングする場合、午前までに申し込みをするなど条件がある

 銀行カードローンのおすすめランキング!

人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。