【元銀行員が解説】総量規制対象外の即日カードローンは?

カードローンを申し込む際、まず気を付けたいのが「総量規制」です。

総量規制の対象となるカードローンだと、年収の3分の1を超える借り入れができません。


「他にも借り入れはあるけれど、急ぎで更に借りたい」という場合は、特に困ってしまいますよね。

今回は、総量規制対象外の即日カードローンについて解説します。

総量規制対象外のカードローンとは?

総量規制対象外のカードローンとは?

「総量規制」という言葉を知っていても、その意味を正確に説明できる人は少ないでしょう。

まずは総量規制の内容について、簡単に見ていきましょう。

総量規制とは?

「総量規制」とは、貸金業法で定められた、個人の借り入れを制限する規制です。

特に皆さんに関係するのは、以下の2点です。


(1) 借り入れは年収の3分の1まで

(2) 収入証明書の提出義務



では、一つずつ見ていきます。


(1) 借り入れは年収の3分の1まで
総量規制の対象となる借り入れでは、年収の3分の1までしか借りられません。


たとえば年収300万円の人が借り入れできる金額は、100万円までになります。

既に他の会社から借り入れがある場合は、借入額の合計を3分の1までに抑える必要があります。


(2) 収入証明書の提出義務
1つの貸金業者で50万円を超えて借りる場合、または他の貸金業者と合わせて100万円を超えて借りる場合、収入証明書の提出が必要になります。

貸主が申込者の年収を確認し、総量規制をオーバーしていないかチェックするためです。

<関連記事>:【知っておきたい】カードローンの総量規制について

複数の会社から借りている人や年収が少ない人にとって、総量規制は大きなハードルと言えます

消費者金融カードローンは総量規制の対象

総量規制の対象となる貸主は、「貸金業者」です。

貸金業者とは、財務局または都道府県に登録した上で、消費者にお金を貸す事業を行っている事業者を指します。


具体的には、消費者金融やクレジットカード会社などが貸金業者です。

消費者金融カードローンは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える借り入れができません。

銀行カードローンなら総量規制の対象外

一方、銀行は「貸金業者」ではないので、総量規制の対象外です。

つまり銀行カードローンなら、審査に通りさえすれば、年収に対する比率を気にせず借り入れできます。


しかし、ここに目を付けた銀行が積極的に貸し出した結果、銀行の過剰融資が問題となりました。

そのため最近では、自主規制によって、年収の3分の1を超える融資を行わない銀行が増えています。

とはいえ、銀行のブランド力もあって、銀行カードローンは今も一定の人気があります


総量規制対象外の即日カードローンはあるの?

総量規制対象外の即日カードローンはあるの?

ここまで、総量規制の内容と対象外のカードローンについて説明しました。

では総量規制対象外で、かつ即日融資を受けられるカードローンはあるのでしょうか?

銀行カードローンは即日キャッシングできない

2018年1月から、銀行カードローンでは即日融資を受けられなくなりました。

理由は、審査にかかる時間にあります。


銀行では、カードローンの申し込みが入ると、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会する決まりになっています。

審査の1項目として、申込者が反社会的勢力(いわゆる暴力団関係者)でない事のチェックを行うためです。


この照会の結果が出るのは最短で翌日、遅いと2週間程度の時間を要するので、審査結果の即日回答が不可能になったのです。

反社チェックの流れ

したがって現在は、「総量規制の対象外」かつ「即日融資に対応」のカードローンはありません。

<関連記事>:即日融資が銀行カードローンでNGになった理由とは?

「総量規制対象外」なら銀行カードローン、「即日融資」なら消費者金融を選ぶ必要がありますよ

総量規制対象外の銀行カードローン、メリットは?

総量規制の縛りを受けない銀行カードローンですが、他にもメリットがあります。


(1) 専業主婦でも可能性あり
消費者金融では、年収の3分の1までしか貸せないので、収入ゼロの専業主婦は申し込み対象外とされています。

一方、総量規制の対象外である銀行の場合、基本的には年収の縛りがありません。


そのため一部の銀行カードローンは、配偶者に安定的な収入があれば、専業主婦でも利用可能です。


(2) 消費者金融より金利が低い
多少低い金利で利用できるのも、銀行カードローンのメリットです。

消費者金融の上限金利が18.0%であるのに対して、銀行カードローンは15.0%が上限金利となっています。


金利が低いほど利息の負担が小さくなるので、総支払額を抑えられます。


(3) ブランドイメージが良い
一般的に銀行は、他のローン会社よりもイメージが良く、安心感があります。

また、郵便物の差出人や在籍確認の電話は銀行名義になります。


銀行からの連絡なら周囲に怪しまれる心配がなく、カードローンの利用がバレにくいのもメリットです。

消費者金融に抵抗がある人でも、銀行カードローンなら、安心して利用できるでしょう


「総量規制の対象外」と「即日」、どちらを取る?

「総量規制の対象外」と「即日」、どちらを取る?

先ほど述べた通り、現在は「総量規制対象外」と「即日融資」が両立するカードローンはありません。

どちらを重視するのかによって、採るべき選択肢は変わってきます。

消費者金融カードローンなら、即日融資が可能


「少ない額でも良いから、やっぱり今すぐお金が必要!」という場合もあると思います。

そんな時は、即日融資に対応した消費者金融カードローンを選びましょう。


消費者金融カードローンなら、最短30分~1時間程度で審査結果が出て、その日のうちに借り入れが可能です。


また消費者金融カードローンは、スマホ完結に対応した商品が充実しています。

スマホからなら、24時間どこからでも手続きできるので、わざわざ契約機やATMに行く手間が省けます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】土日に即日が可能なカードローンは?

急いでお金を借りたい人には、消費者金融カードローンがおすすめです

それでも銀行カードローンを選ぶなら

どうしても総量規制の対象となるカードローンが嫌な人は、銀行カードローンを選ぶ事になります。

総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶ場合、以下の点に注意しましょう。


(1) 借り入れまでに時間がかかる
上にも書きましたが、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

審査結果の回答は、最短でも翌日になります(土日を挟むと更に遅くなる)。


また銀行カードローンの中には、その銀行の口座が必要な場合があります。

口座を持っていないと、口座開設を同時に申し込むので余計に1~2週間かかってしまいます。

(2) 審査がやや厳しめ
銀行カードローンは金利が低い分、消費者金融よりも審査基準は厳しめです。

「消費者金融の審査には通ったのに、銀行カードローンは落ちてしまった」という声もあります。

パートやバイトで生計を立てている人は、銀行カードローンの審査に通るのは難しいかもしれません

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いをまとめてみた

ここまで解説した内容を、次の表にまとめてみました。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
総量規制 対象外 対象
即日融資 不可
審査の回答 最短翌日~2日後 最短30分~1時間
専業主婦の借り入れ 一部可 不可
金利 低め 高め

<関連記事>:【元銀行員が解説】消費者金融 vs 銀行カードローン!おすすめは?



以上、総量規制対象外の即日カードローンについて解説しました。

現時点では、総量規制の対象外で、かつ即日融資に対応したカードローンは存在しません。


「総量規制」か「即日融資」、どちらかの条件を満たそうとすれば、もう一方は諦めることになります。

自分の中で条件を整理して、今必要なカードローンを選びましょう。


この記事のまとめ

  • 総量規制は、個人の借り入れを年収の3分の1までに制限する規制
  • 総量規制対象外のカードローンとは、銀行カードローンのこと
  • 銀行カードローンなら、専業主婦でも審査に通る可能性あり
  • 総量規制対象外の銀行カードローンは、即日融資に対応していない
  • どうしても即日で借りたいなら、消費者金融カードローンを選ぶ

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング