家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

カードローンの利用を検討している方の中には、家族に内緒でお金を借りたいという人もいると思います。家族に内緒で借りることは可能ですが、注意するべきポイントがあるので、押さえておくと良いです。


以下では、家族に内緒でカードローンを借りる方法について、見ていきます。最後に、家族にバレづらいカードローンを紹介します。



家族にバレやすい場面とは?

カードローンを利用していると、家族にバレないようにと注意していても、バレやすい場面は色々あります。どういった時にバレやすくなるのでしょうか。

本人への電話確認



一部の銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもキャッシングができます。専業主婦の場合、働いていないので勤務先への在籍確認ではなく、本人に確認の電話がかかってきます。


本人確認は、申込者が本人であるかを確認するために、担当者から電話がかかってきます。利用者本人が出れば問題ありませんが、自宅への電話に家族の誰かが出てしまうと怪しまれて、バレてしまう可能性もあります。

カード・書類の郵送



審査に通りキャッシングが可能になると、カードや契約書類、利用明細書が自宅に郵送されます。


自宅に届くと、万が一家族に中身を見られてしまうと、借金をしていることが分かってしまいます。


ただし銀行の場合、銀行名で送られてくるので、見た目だけではカードローン関連のものだとは分かりません。消費者金融も会社名は書いてこないので、すぐにバレるということはまずないですが、注意は必要です。

借金の滞納

借金の滞納もバレる原因になります。返済が遅れると催促の電話が、携帯にかかってきます。


ここで電話に出れば、これ以上催促の電話がかかってくることはありませんが、連絡が取れないと次に催促のハガキが自宅に届いたり、自宅にも督促の電話が来ます。


そのたびに対処していれば問題ないかもしれませんが、あたなのソワソワした様子を家族が見ていれば、カードローンのことがバレても不思議ではありません。


また、督促のハガキが家で見つかれば、借金がバレてしまうでしょう。


家族にバレないために押さえておきたいポイント

家族にバレずに借入するにはどうしたらいいのでしょうか。以下では、バレないために押さえておきたいポイントについて紹介します。

連絡先を自分の携帯電話に



自宅に電話がかかってくるのが困る方は、連絡先を自宅の電話にしないことです。カードローンの申込みの際に、連絡先を自分の携帯電話にすることができます。


連絡先を携帯電話にすれば担当者と直接連絡が取れますし、自宅に電話がかかってくることもないので、家族にバレる心配もありません。

web完結取引を利用する



消費者金融や一部のカードローンでは、インターネット上で申込みからキャッシングまでできる「web完結取引」があります。


web完結取引を利用すれば、カードや契約書類を受け取らずにキャッシングができます。消費者金融も配慮してくれるため、会社名を載せて郵送してはきません。


しかし、万が一中身を見られてしまいバレた・・・という可能性もゼロではないので、注意したいところです。


web完結は利用者以外、誰にもキャッシングしているとは分からないので、安心してキャッシングができます。

返済の延滞はしないこと



カードローンの返済が遅れてしまうと、担当者から携帯に電話連絡がきます。そこで連絡がつかないと、次は自宅に電話がかかってきます。


それでも返済がない、連絡が取れないと今度は自宅に督促のハガキが届きます。


どこで家族にバレるかは人それぞれ違いますが、いずれにしても安心できる状況ではないですよね。返済が遅れそうな時、遅れることが分かった段階で担当者に連絡を入れましょう。


事前に連絡を入れとけば、向こうから催促の連絡が来ることはありません。


ただし、いくらこまめに連絡しても、長期に渡って滞納が続くと、会社側は法的整理に入り、家族にバレやすくなります。借金は滞納せず、地道に返していくのが一番です。

自動契約機を利用する



カードローンを利用していることを家族に知られたくない、と思いつつローンカードや契約書類が自宅に届くのは心配・・・と思う人も少なくないでしょう。


そこで便利なのが、自動契約機での受け取りです。自動契約機なら、その場でカードと契約書類の受け取りができるので、自宅に郵送物が届く心配もありません。


1つ注意したいのが、自動契約機に入る姿を知り合いに見られてしまう可能性もあります。そこから家族にバレるというケースもあるので、十分注意して下さい。

利用明細書を送付しない

利用明細書が自宅に届くと、家族に借金してることがバレるかもしれない・・・と心配ですよね。


そういった人は、銀行や消費者金融の公式HPで利用明細書を確認することができます。また、利用明細書の郵送をなしに設定すれば、自宅に届くことはないので、郵送物の心配もなくなります。


ネット(スマホ)からいつでも確認することができるので、便利で利用しやすくなります。

必要に応じて店頭で相談しよう

銀行カードローンは消費者金融に較べて審査が厳しいため、家族にバレずにキャッシングを行うには、事前の注意と確認が大切です。


また、申込む人それぞれの状況によって、出てくる不安もあります。こうした場合は、店舗窓口で担当者に相談してから申込んでみてはいかがでしょう。


焦って申込んでしまうと、良い結果にならない場合もあるので、慎重に申込みを進めるようにして下さい。


家族にバレづらいカードローンは?



上では、家族にバレないためのポイントについて見てきました。このポイントを踏まえて、家族にバレづらいカードローンについて紹介します。

プロミス

大手消費者金融のプロミスは、web完結取引に対応しているので家族に内緒でキャッシングすることができます。web上で全て完結でき、カードレスにも対応しているので自宅にカードが届くこともありません。もちろん契約書類などの郵送もなしにできます。


プロミスのweb完結を利用される場合は、指定の銀行口座で、口座振替にする必要があります。対応している銀行は、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行など数多くあります。大手銀行が多いので便利ですね。


 プロミスについて詳しくはこちら

モビット

モビットもweb完結取引に対応しているので、利用すれば家族にも誰にもバレずにキャッシングができます。


モビットの「web完結申込」も、指定の銀行口座を持っている必要があります。プロミスと違いモビットの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかの口座となります。


対応している銀行口座が少ないので、指定口座を持っていないとweb完結申込を利用することができません。また、社会保険証か組合保険証を持っているといった条件があります。


これは余談ですが、審査の際に電話での在籍確認が必ず行われます。カードローンの審査の中で一番ネックなのが在籍確認であり、嫌がる人も多くいます。


しかし、プロミスのweb完結取引場合、担当者とのやり取りをメールで済ませることができます。勤務先に電話連絡が来ないのは嬉しいですし、同僚に知られる心配もありません。


 モビットについて詳しくはこちら

アコム

アコムも来店不要でキャッシングできる会社です。


アコムのキャッシング方法は、ネットで申し込みをした後、審査・電話での在籍確認を行います。審査に通れば無事契約は完了となり、キャッシングができます。


ただし、ここで注意すべきなのが、カードと契約書類を自宅に郵送しない代わりに、自動契約機まで取りに行く必要があります。


自動契約機まで行くのは面倒かと思いますが、すぐにカードと契約書類の受け取りができます。受け取ってしまえば、自宅に郵送されることはありません。


郵便物で借入していることが絶対に分かるとは言えませんが、自宅に届けば本人以外でも受け取る事ができてしまうので、危険だということに違いはありません。


カードや契約書類以外にも、利用明細書など送付されてくるので、ネット上で確認できるweb明細に変更しておけば安心です


以上、家族に内緒でカードローンを借りるポイントなどについて、紹介しました。


カードローンを利用されている方で家族にバレやすいのが、郵送物や自宅への電話連絡です。事前に対応するなど注意を払っていれば、家族にバレる心配はありません。


上の内容を参考に、対策してみてください。


家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?のまとめ

  • 本人確認の電話や郵送物、借金の滞納があると家族にバレてしまう
  • 連絡先を自分の携帯電話にすれば、自宅にかかってくることはない
  • web完結取引を利用すれば、全てネット(スマホ)で完結できるので郵送物などの心配もない
  • 借金の延滞をすると家族にバレやすくなるので、きちんと返済すること
  • 利用明細書の送付をなしにすれば、ネット上で確認ができるので家族にバレずに済む
  • 家族にバレないオススメのカードローンは、プロミスかモビット