サラリーマンがカードローンを利用する際の注意点は?

サラリーマンをしている方は、審査が厳しいと言われているカードローン審査も、比較的通りやすいです。サラリーマンは毎月の安定収入が見込めるため、カードローン会社も予測が立てやすいためです。

しかし、サラリーマンがカードローンを利用する上で、気を付けるべきポイントがあります。以下で詳しく見ていきましょう。


カードローン審査で重要なのは?

カードローン審査では、会社側は何を重要視しているのでしょうか?

安定収入がある

カードローンの審査で重視される1つとして、安定収入が挙げられます。


カードローンは、無担保で融資を行うわけですから、利用者に返済能力があるのか見極める必要があります。


もし安定収入がない人にお金を貸し、そのまま返済がないと会社も困りますよね。ですので、カードローンの審査では収入について厳しくチェックします。

勤務形態・勤続年数

安定した収入があることはもちろんですが、勤務形態や勤続年数もカードローン審査では重要になります。

サラリーマンなどの会社員でしたら、安定収入もあり勤務形態も問題ないので、信用状況に問題ない限り審査に落ちることは普通ありません。


しかし、正社員でも職を転々としていて勤続年数が短い場合は、審査に通らない可能性もあります。

<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!

居住形態・居住年数

住居が持ち家なのか、賃貸なのかも審査に影響します。


持ち家を持っているという事は、経済的に安定していると判断できます。また、万が一返済ができなくなった時に、差押えができるため持ち家のある方が審査に有利となります。


しかし賃貸だからといって、不利なわけではありません。賃貸でも住居年数が長ければ、審査に有利です。ただし、居住期間が短く、すぐに引っ越しを繰り返す人は、「返済しないで逃げるかも」という疑いもあり借入できないケースもあります。


賃貸に住んでいる人は、短くても1年以上はその住居を使っていれば、カードローンの審査に問題はないです。

カードローンで気を付けるポイントは?



サラリーマンがカードローンを利用する際に、気を付けるポイントは何があるのでしょうか?

勤務先への在籍確認

カードローンを申込みすると、担当者から勤務先に在籍確認のために電話連絡が来ます。


消費者金融の場合、担当者は個人名を名乗って確認の電話をかけてきます。ですので、この電話で会社の同僚に消費者金融がバレることは普通ありません。


一方の銀行カードローンの場合は、担当者は銀行名を名乗りますが、個人名で電話をかけるようお願いできる銀行もあります。銀行でしたら、色んな商品を取り扱っているので、借金をしているとは分からないでしょう。



とはいえ、普段から自分宛に電話がかかってこない人や、外回りで外出が多く同僚が電話を取ることが人は怪しまれてしまうかもしれません。


どうしても心配な人は、自分が電話に出られる時間帯に電話連絡してもらうことも可能です。一度、担当者に相談してみて下さい。

借り過ぎに注意

基本的なことですが、カードローンは便利なため、つい借り過ぎてしまうことがあります。初めのうちは、「お金を借りた」という意識が強いので、「期限までにきちんと返済しないと」という意識があるので抑えることができます。


しかし、カードローンの利用が続くに連れて、借入に慣れて借り過ぎてしまうことがあります。



会社員で安定収入があるからといっても、借金が増えれば返済が苦しくなり、生活にも影響が出ます。


後ほど説明しますが、借り過ぎは住宅ローンの審査にも響きます。

毎月の返済額を把握する

上で書いたようにカードローンは便利な分、借り過ぎてしまう事もあります。そうならないように、毎月の返済額は正確に把握しておくといいでしょう。今の状況を把握しておく事で、知らず知らずのうちに借り過ぎてしまうという事がなくなります。


正確に自分の返済額を把握する事で、どこまで借入をしても大丈夫なのかというイメージが付きやすくなります。

信用情報に傷を作らない

返済の延滞をすると、信用情報に記録が残ってしまいます。数日程度でしたら記録に残ることはありません。ですが、3ヶ月以上滞納すると信用情報に記録されます。


この情報は、事故情報として5年間は信用情報機関に残ることになります。信用情報に事故情報が残ると、あとで説明する住宅ローンの審査に大きく影響します。



最近では、携帯電話の機種代を分割して払う事が多くなっていますが、これも支払いが延滞すると信用情報に残るので注意が必要です。

家族にバレないようにする

家族に内緒でお金を借りたいと考えている人が、数多くいます。カードローンであれば、家族に内緒で借入することは難しい事ではありません。

自分に電話連絡がある場合、申し込みの際に利用者の携帯電話を連絡先にすれば、家族が電話に出る心配もないです。


ただし、家族にバレやすいのが郵便物です。会社名が記載されて送られることはないので、簡単に借金しているとは分かりません。それでも心配な人は、カードローンの公式サイトから明細書の管理ができるので、web明細に変更すれば自宅に郵便物が届くことはありません。


しかし、利用者が返済を滞納し連絡が取れない状態になると、催促のハガキや電話・督促状が届く場合があります。


家族にカードローンのキャッシングを知られたくない人は、返済期間を守って返済しましょう。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

住宅ローンが不利になる

住宅ローンを組もうと考えている方は、注意が必要です。住宅ローンを組むと、数十年単位の返済計画を立てる方も多いです。しかし、こうした時にカードローンでの借入があると不利になり、場合によっては審査が通らない可能性があります。


銀行にもよりますが、カードローンの借入があると「お金に困っている」と判断されてしまいます。住宅ローンは大きな金額となるため、返済を確実に行えるかを念入りにチェックされます。


住宅ローンの審査は、カードローンの借入があるからと審査に通らないわけではありません。しかし、カードローンの借入枠を持っている方は、今後も借入する可能性があると見なされ審査に影響する可能性があるので注意して下さい。

新入社員でもカードローンは借りられる?



カードローン審査は、安定収入や勤続年数などが重要になりますが、新入社員の場合はどうなるのでしょうか?

新入社員でも問題く借りられる

新入社員でも正社員として雇われているので、安定した収入があることが見込まれるため、問題なく借入できます。


ただし、安定収入に関しては問題ありませんが、勤続年数が少ないため信用度が低く、借りられる金額が制限されてしまいます。

借入限度額が限られる

銀行や会社によりますが、新入社員が借りれる限度額は20~30万円とされています。きちんと返済し問題なく利用を続ければ、限度額を増やしてもらえます。

サラリーマンがカードローンを利用するなら?

サラリーマンは、自分の生活費や遊ぶ金のためにカードローンを利用する人が意外と多くいます。理由として、安定収入で年収もそれなりにあって返済できることから、手持ちがなかった時に気軽に利用できるからと考えられます。


ですが、具体的にどこのカードローンを利用するのが良いのでしょうか?

金利の低い銀行カードローンがオススメ

銀行カードローンは審査が厳しいため、比較的通りにくいというデメリットがあります。しかし、安定収入のあるサラリーマンの方なら、審査にクリアしやすいと言えます。


銀行カードローンは審査が多少厳しいですが、金利が低いのがメリットです。消費者金融よりも、毎月の返済負担が少なく借入を行う事ができるのは大きなポイントです。


また、銀行からの借入ということで消費者金融よりも信頼性があり、安心して借入する事ができます。


カードローン審査では年収はもちろんですが、勤続年数も評価の対象になります。ですので、長く勤めている人の方がカードローンの審査に有利になります。

<関連記事>
総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?

ポイントを押さえて計画的に利用しよう

以上、サラリーマンがカードローンを利用する上での注意点について見てきました。


上手く活用すればカードローンはとても便利で、毎月の生活などで役立ってくれます。


しかし、何度も言うように借り過ぎてしまうと、年収があっても常に借金があっては返済するのが大変です。また、返済が長引くほど利息がかかってしまい、さらに借金が増えることになります。


カードローンでお金を借りる際は、自分の可能な範囲で計画的に利用するようにして下さい。


サラリーマンがカードローンを利用する際の注意点は?のまとめ

  • カードローン審査では、安定収入・勤続形態・住居形態などが重要視される
  • カードローンの利用に当たって、借り過ぎないように気を付ける
  • カードローンの借入が多いと、住宅ローン審査に影響する
  • 新入社員も問題なくカードローンを利用できるが、限度額が限られる
  • サラリーマンは意外とカードローンを利用することが多い
  • 銀行カードローンは金利が低いメリットもあり、サラリーマンなら安定収入もあるので審査をクリアできる


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。