主婦でもカードローンでキャッシングできる?

家庭でのお金のやりくりに困った時、生活費を補えるという理由から、カードローンと利用する主婦が増えています。とはいえ、主婦でもキャッシングできる人、できない人がいます。


ここでは、主婦の方がカードローンを申し込む際に注意すべきポイントについて紹介します。

主婦でもキャッシングできる場合がある



先ほど書いたように、主婦でもカードローンの申込みはできます。しかし、主婦なら誰でも借りられるわけではありません。


審査に通過する主婦と、しない主婦の違いはなんでしょうか?

収入がない専業主婦はキャッシングができない

消費者金融も銀行カードローンも申込者に融資をする際に、貸したお金をきちんと返済できるのか審査します。その基準となるのが、安定した収入があることです。


一方で、専業主婦は自身の収入がないため、貸したお金が返ってこない可能性が高いと判断されます。つまり、収入のない主婦は、カードローンのキャッシングはできません。

安定収入があればキャッシングできる



専業主婦に対し、パートやアルバイトでも毎月安定した収入があるなら、主婦でもカードローンは作れます。


とはいえ、毎月一定の給与が入らないと借入申込みはできません。短期バイトや日勤のバイトなど、給与に波があると審査に通過しません。


このように、安定した収入があれば主婦でもキャッシングができます。これに対し、先ほど書いた通り専業主婦ですと、申込み資格すらありません。


では、どうしてもお金が必要な専業主婦は、どうしたらいいのでしょうか。例外的に、専業主婦でもキャッシングできるカードローンを紹介します。


専業主婦でも借りられるカードローンはある?



上で書いたように、安定収入がない専業主婦ですと、お金を借りることはできません。しかし、条件によっては専業主婦でもカードローンでキャッシングすることができます。


以下で、詳しく見ていきましょう。

配偶者に安定した収入があれば借りられる?

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制により年収の3分の1までしか借りることができません。ですので、収入が全くない専業主婦はお金を借りることができません。


ですが、配偶者貸付制度を利用すれば、専業主婦でも法的には消費者金融で借入が可能です。


配偶者貸付を利用される場合は、


・配偶者の収入証明書(給与明細・源泉徴収など)

・配偶者の同意書

・住民票・戸籍抄本


以上の書類を用意する必要があります。


必要書類を用意するのも大変ですし、審査に時間がかかります。このため、現実に配偶者貸付を取り扱っている消費者金融はほとんどいません。


配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも借りることは(法的には)可能ですが、実際は難しいと考えられます。

専業主婦でも利用可能なカードローンは?

消費者金融でのキャッシングは、総量規制の対象ですが、銀行カードローンなら法律が違うため、総量規制の対象外になります。


ですので、銀行カードローンでしたら専業主婦の方でも、キャッシングすることは法的に問題ありません。


ただし、銀行カードローンならどこでも借りられるわけではありません。銀行ごとに条件が違うため、本人に収入がないと借入できない銀行がほとんどです。


その中で数少ない例外なのが、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)とみずほ銀行カードローンです。


どちらも収入のない専業主婦でも借入申込みが可能です。どちらの銀行カードローンも、配偶者に安定収入があることが条件になっています。

専業主婦はいくらまで借りることができる?



三菱東京UFJ銀行カードローンもみずほ銀行カードローンも、借入限度額は30万円までとなっています。


銀行カードローンは、消費者金融に較べて低金利で借りることができます。ただし、借入金額によって金利も変わってくるため、借入金額が多いほど金利も低くなります。


バンクイックの金利は1.8~14.6%、みずほ銀行カードローンは4.0~14.0%となっています。どちらも借入限度額が30万円ですと、金利は上限の設定になります。


ただし、どちらも配偶者(=夫)がかなり高収入であるかを審査で見られるようです。専業主婦であれば、誰でも借りられるわけではないので、その点はご注意ください。


夫にも家族にもバレずに借りるには?

「お金は借りたいけど、夫や家族に借金していることがバレるのは困る」といった主婦の方も少なくないでしょう。


夫や家族にバレずにカードローンでキャッシングするのはどうしたらいいのでしょうか。

web(スマホ)完結を上手く使う



以前は、店舗まで足を運んで申込みしていましたが、現在ではネット(スマホ)で申込みからキャッシングまで、簡単にできる「web完結」があります。


web完結ならわざわざ店舗まで行かなくても、いつでもどこでもスマホから申込みができます。他にも、身分証明書などの必要書類をスマホで撮影し、メールに添付して提出できるなど、とても簡単で便利になっています。


このため、夫や家族にバレずにお金を借りることができます。


加えて、web完結なら郵送物もなしにできるので、利用明細書などの書類が自宅に届く心配もありません。


以下では、web完結に対応した一覧です。


web完結の条件 完全web完結
プロミス ・三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、
みずほ銀行、ゆうちょ銀行などを指定銀行にする
・平日午後2時までに契約を完了させる
対応
モビット ・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている
・社会保険証か組合保険証を持っている
・平日午後2時までに申込む
対応
アコム ・ネット申込み後、2時までに必要書類の提出を完了させる 一部対応
アイフル ・1時までにネット申込みをする
・2時10分までにサポートセンターに電話して、
指定口座への振り込み手続きを完了させる
一部対応


ここで一点注意したいことがあります。


プロミスとモビットは「完全web完結」なので、web完結を行えばカードや書類の受け取りは必要ありません。一方、アコムとアイフルは後日カードや書類の受け取りが必要になり、自動契約機まで取りに行くか書類を郵送してもらう必要があります。


家族にバレたくない方は、自動契約機まで行くことをオススメします。

自動契約機を使う


web完結が使えないけど、夫や家族にバレずに借りたい人は自動契約機で申込みができます。その場で審査・カードの受け取りができるのなどスピーディーに対応してくれます。


ただし、自動契約機まで行かないといけないので、誰かに姿を見られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

銀行系カードローンを上手く使う

主婦の方だけでなく、家族にカードローンを利用していることを知られたくない人も少なくないはずです。


カードローンを作るのにネックになるのが、自動契約機(や店舗)に行くことです。店舗に入る姿を知り合いに見られたら、そこから家族にバレる可能性もあります。


ところで銀行カードローンには、銀行の店舗内に「テレビ窓口」があることをご存知でしょうか。


最近テレビCMでも良く流れているので、一度は見たことがあるかと思います。このテレビ窓口を使えばその場で審査・カードの発行ができます。


銀行なら周りの目を気にせず、キャッシングできるのはいいですよね。テレビ窓口ではカードローン以外にも、口座開設や各種手続きなども扱っているので、キャッシングしていると思われることも少ないでしょう。


消費者金融と違い、銀行カードローンなら安心して借入ができますね。またプロミスなら、三井住友銀行の店舗で契約できるので、家族にバレる可能性も少ないでしょう。

絶対に延滞しない

消費者金融も銀行も、返済が遅れると申込者の携帯電話に連絡を入れます。この時点で電話に出れば、支払いが遅れていることやいつまでに返せるかといった用件だけで電話は終わります。


しかし、携帯にかかってきても電話に出ない、いつまでに返済すると約束したのに返済がされていないと、次は自宅にかかってきます。それでも出ない、返済がされない場合は自宅に書類が送付されます。


ここまで来ると、家族にバレる可能性が高くなり、隠すのが難しくなります。延滞をすれば、家族にバレるだけでなく生活まで苦しめることになるので、延滞は絶対にしないようにしましょう。


万が一返済が遅れる場合は、事前に担当者に連絡をしていつまでに返済できるか伝えれば、電話がかかってくることはありません。


主婦でもカードローンでキャッシングできる?のまとめ

  • 主婦でも安定した収入があればキャッシングできる
  • 専業主婦だと、安定収入がないのでキャッシングできない(例外あり)
  • 「配偶者貸付」を行えば専業主婦でも借入できるが、実際対応している消費者金融はない
  • 夫や家族にバレないでキャッシングするには、web完結や銀行系カードローンを利用する
  • 周りに借金していることがバレたくなければ、返済の延滞はしないこと