主婦でも借りられるカードローンはあるの?

家計費のやりくりに困った時、親や兄弟、友人にお金を借りるのは避けたいという方が多いでしょう。そんな理由から、カードローンを利用する主婦が増えています。

しかし、同じ主婦でもカードローンを利用できる人、利用できない人がいます。ここでは主婦がカードローンを利用できる条件や、利用上の注意点などを見ていきます。


主婦でもカードローンで借入できる?



主婦でも条件を満たしていればカードローンを利用できます。以下では、主婦がカードローン申し込みで、ありがちな疑問にお答えします。

安定収入があれば問題なし!


正社員はもちろん、派遣やアルバイトでも毎月の安定した収入があれば、主婦でもカードローンを申し込むことが可能です。

カードローンの審査では収入、勤務状態の安定性が重視されます。そのため、利用者本人に安定した収入があり、ひとつの勤務先での勤務期間が長いほど審査に通過しやすくなります。

現在の勤務先に勤め始めてまだ日が浅い場合は、最低でも半年は勤めてからカードローンに申し込むと良いでしょう。

また、最低でも週に3日程度は勤務している方が審査に有利です。週1日勤務だったり単発のバイトだと、カードローン審査では不利です。

主婦でもWeb完結は利用できるの?

Web完結キャッシングは、主婦でも利用できます。

借り入れ手続きをWebだけで完結できるカードローンは、時間や交通費の節約に役立ちます。また、カードローン会社に出入りする姿を人に見られずに済むメリットもあります。

消費者金融系カードローンで言うと、プロミスとモビットは完全にWeb完結でき、カードや書類の受け取りも必要ないので余計な手間がかかりません。


銀行カードローンで言えば、三井住友銀行カードローンがウェブ完結取引に対応しています。この点は、後ほど詳しく説明します。

<関連記事>
スマホ・ウェブ完結のカードローンを利用する際の注意点は?

専業主婦は利用できない

消費者金融で借り入れする場合、法律(総量規制)によって年収の3分の1までしかお金を借りられないことが決められています。

そのため、審査の対象となる安定収入がない「専業主婦」は、消費者金融系カードローンの申し込み資格自体がありません


その代わり、専業主婦がカードローンを利用できる方法として、夫の収入が審査対象となる「配偶者貸付制度」の利用があげられます。

これは、夫の収入を審査することにより、安定収入がない専業主婦でもカードローン利用が許可される制度です。

しかし、現実にはこの制度に対応しているカードローン会社はありません。そのことから、「配偶者貸付制度」は法律としては存在しても、それを実際に利用することは厳しいのが現状です。


専業主婦のカードローン利用は無理なの?



先にも書いたとおり、専業主婦は自分自身の安定収入がないため、特に消費者金融系ではカードローンの申し込み資格がない場合も少なくありません。

しかし、専業主婦でもカードローンを利用できる方法はあります。以下では、その方法を見ていきます。

一部の銀行カードローンなら対応可能

年収の3分の1までしか借入できないという「総量規制」は、消費者金融系のカードローンを利用する際に適用される法律です。

そのため、銀行カードローンなら総量規制の対象外となり、(法律的には)専業主婦でも申し込みが可能です。


ただし、銀行によってカードローンを利用できる条件は違うので、事前に確認が必要です。

一部の銀行カードローンでは専業主婦でも申し込みは可能ですが、主婦本人に安定収入がないと審査を受け付けない銀行がほとんどです。

また、専業主婦からの申し込みOKの銀行カードローンでも、配偶者に安定収入があることが求められます。配偶者が高収入であれば審査では有利になります。

30万までの借り入れなら可能かも


専業主婦が無事にカードローン審査を通過した場合、どのくらいの金額の借入ができるのか、気になる方は多いと思います。

通常、安定収入がある人がカードローンを利用する場合、上限枠は500万円から1000万円とされています。一方で専業主婦の場合、上限枠は30万円までと少額であるケースが一般的です。


また、配偶者の収入や他社からの借入状況などにより、最初は10万円の限度額からスタートすることも珍しいことではありません。

専業主婦の場合、30万円を超える大きな額の借入は難しい場合がほとんどなので、注意が必要です。

専業主婦のカードローン利用は厳しくなってる

2017年現在、専業主婦のカードローン利用は以前にも増して厳しくなっています。理由のひとつには、2016年に自己破産者が13年ぶりに増加に転じたことがあげられます。

多重債務が社会問題化したことを受け、2010年6月に「総量規制」が導入されるとともに、消費者金融系カードローンは貸出残高を減らしていきました。


一方で、銀行系カードローンは順調に利用者を増やし、それに伴って貸出残高も増えていきました。

自己破産と銀行カードローンに因果関係があるのか、現状、はっきり分かってはいません。

しかし、この頃を境に多重債務者の増加が問題視されるようになり、対策として各銀行は自主的にカードローン審査を厳格化しました。

年収による借入制限や収入証明の提出が厳しくなったのはもちろん、多重債務を防ぐため、収入のない専業主婦への貸出も厳しくなったのです。

<関連記事>
専業主婦でも借りられるカードローンの最新事情


主婦も嬉しい!電話がかかってこないカードローンは?

家族に秘密でカードローンを利用する場合、電話がかかってこないことは重要です。以下では、カードローン会社から電話がかかってこないためのポイントを解説します。

在籍確認の電話は原則必須

カードローンを申し込むと、申込者が書類に書いた通りの勤務先にきちんと在籍しているかの確認を取るため、在籍確認の電話が会社にかかって来ます。

パート主婦の場合、パートの勤務先に電話が掛かってくることになります。

これは原則として必須なので、カードローン会社側が求める場合、そのステップを飛ばして審査に通過することは出来ません。


専業主婦の場合は勤務先がないため、この電話が自宅にかかってきます。そのため、家族に知られたくない場合は自分の携帯番号を連絡先として登録しておくと安心です。

ただし、利用するカードローン会社によっては自宅固定電話への在籍確認が必須となる場合もあります。不安な場合は事前に確認しておきましょう。

<関連記事>
カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?

モビットの「WEB完結申込」を利用

在籍確認の電話を自分の携帯にもらうことができても、家族がそばにいると、会話の内容からカードローンの利用がバレてしまうのではないかと不安になる方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、モビットの「WEB完結申込」が便利です。


・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている
・社会保険証か組合保険証を持っている


という2つの条件を満たしていればモビットの「Web完結申込」の利用ができます。

「Web完結申込」を使うことで、在籍確認を電話ではなくメールで行ってもらうことができます。これは他社にはない、モビット独自のユニークなサービスです。

 モビットの公式HPはコチラ

追加で書類を提出すれば免除されることも・・

中には、どうしても在籍確認の電話が来ては困るという方もいると思います。

一部の消費者金融では担当者にお願いすれば、収入証明や社員証を提出することで、在籍確認を免除してくれる場合もあります。


ただし、先に書いた通りどの消費者金融でもこのような対応をしている訳ではありません。さらに、銀行系カードローンでは対応していません。

また、申し込み者の信用状況によっては、在籍確認の免除に応じてもらえない場合もあるので、その点もご注意ください。


家族にカードローン利用がバレないためには?

「お金が必要だけど、夫はもちろん、家族の誰にも借金は知られたくない」という主婦の方は少なくないでしょう。

以下では、家族にバレずにカードローンを利用する方法を説明します。

web(スマホ)完結を上手く使う


以前は、店舗まで足を運んで申込みしていましたが、現在ではネット(スマホ)で申込みからキャッシングまで、簡単にできる「web完結」があります。

web完結ならわざわざ店舗まで行かなくても、いつでもどこでもスマホから申込みができます。

他にも、身分証明書などの必要書類をスマホで撮影し、メールに添付して提出できるなど、とても簡単で便利になっています。


このため、夫や家族にバレずにお金を借りることができます。

加えて、web完結なら郵送物もなしにできるので、利用明細書などの書類が自宅に届く心配もありません。以下は、web完結に対応したカードローン一覧です。

web完結の条件 完全web完結
プロミス ・三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行などを振替口座にする
・即日融資を希望の人は、平日14時までに契約を完了させる
対応
モビット ・三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行を振替口座にする
・社会保険証か組合保険証を持っている
・即日融資を希望の人は、平日14時までに申込む
対応
三井住友銀行カードローン ・三井住友銀行の口座(キャッシュカード)を持っている 完全対応

ここで一点注意したいことがあります。

上の表で即日融資を希望する場合の条件を書いてますが、ウェブ完結で即日融資を希望する人の話です。

以下で紹介する自動契約機を使う方法なら、もう少し遅い時間や休日でも即日融資に対応できます。

自動契約機を使う


web完結が使えないけど、夫や家族にバレずに借りたい人は自動契約機の利用がおススメです。郵便物が自宅に送られずに、その場で審査・カードの受け取りができるので、家族にバレるリスクを減らせます

ただし自動契約機で申し込むと審査に時間がかかるので、事前にネットで申し込んでおいて審査通過後に自動契約機でローンカードと契約書類を受け取る形が良いでしょう。

また、自動契約機まで行かないといけないので、誰かに姿を見られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

銀行系カードローンを上手く使う

主婦の方だけでなく、家族にカードローンを利用していることを知られたくない人も少なくないはずです。

カードローンを作るのにネックになるのが、自動契約機(や店舗)に行くことです。店舗に入る姿を知り合いに見られたら、そこから家族にバレる可能性もあります。


ところで銀行カードローンには、銀行の店舗内にローン契約機や「テレビ窓口」があることをご存知でしょうか。

最近テレビCMでも良く流れているので、一度は見たことがあるかと思います。この契約機を使えばその場で審査・カードの発行ができます。


銀行なら周りの目を気にせず、キャッシングできるのはいいですよね。契約機ではカードローン以外にも、口座開設や各種手続きなども扱っているので、キャッシングしていると思われることも少ないでしょう。

また消費者金融の中でもプロミスなら、三井住友銀行の店舗で契約できるので、家族にバレる可能性も少ないでしょう。

絶対に延滞しない

消費者金融も銀行も、返済が遅れると申込者の携帯電話に連絡を入れます。この時点で電話に出れば、支払いが遅れていることやいつまでに返せるかといった用件だけで電話は終わります。


しかし、携帯にかかってきても電話に出ない、いつまでに返済すると約束したのに返済がされていないと、次は自宅にかかってきます。それでも出ない、返済がされない場合は自宅に書類が送付されます。


ここまで来ると家族にバレる可能性が高くなり、隠すのが難しくなります。延滞をすれば、家族にバレるだけでなく生活まで苦しめることになるので、延滞は絶対にしないようにしましょう。

万が一返済が遅れる場合は、事前に担当者に連絡をしていつまでに返済できるか伝えれば、電話がかかってくることはありません。


以上で、主婦のカードローン利用について見てきました。

上でも見た通り、パートでの安定収入があれば主婦でもカードローンの利用は可能です。ただ、家族に内緒で借りようと思ったら、ちょっとしたノウハウが必要になるので、上で紹介した方法を参考にして下さい。

主婦でもカードローンで借り入れできる? のまとめ

  • 主婦でも安定収入があればカードローンを利用できる
  • 専業主婦だと、一部の銀行カードローンしか対応していない
  • Web完結や銀行系カードローンを利用すれば家族にバレにくい
  • 自動契約機で書類・カードを受け取れば、自宅への郵送物をなしにできる
  • 「モビット」のWeb完結なら勤務先への電話連絡をなしにできる
  • 周りに借金していることがバレたくなければ、返済の延滞はしないこと


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。