カードローンでパート・バイトでもお金を借りるのは大丈夫?

カードローンに興味がある方の中には、パートやアルバイトの人もいるのではないでしょうか?正社員ではないからカードローンの審査に通らないのではと心配する方もいるはずです。

実際には、パートやバイトの方でもカードローンを利用することは可能です。しかし、パートやアルバイトの方は正社員に較べて審査がやや厳しくなります


今回は、パートやバイトの方がカードローンを利用するために気を付けたいことを紹介します。


パート・バイトはカードローンを利用できる?

まず、カードローンの申し込みについて説明します。また、審査の通りやすさについても見ていきます。

パート・バイトでも申し込み可能



パートやアルバイトの方でも、カードローン申し込みをすることは可能です。正社員でなくても、年齢が20歳以上で安定した収入があれば問題ありません(ただし55歳以上は審査が通りにくいです)。

消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通れば、借入できます。

パート・バイトは審査に通りにくい?

パートやバイトの場合は、正社員と較べると収入も少なく安定性が低いため、カードローンの審査ではやや不利になります。ですが、パートやバイトの方でも審査に通る人はいるため、必要以上に心配することはありません。

カードローンの審査では確かに年収も見られますが、それ以外に年収の安定性や多くの審査項目も見られます


後ほど詳しく述べますが、パートやバイトで審査に落ちる方は、収入の低さよりも過去の借入状況(返済の延滞など)や、すでに限度額ギリギリまで借入していることが原因で落とされるケースが多いです。


以上、パートやバイトでもカードローンに申し込めることや、審査では安定性が重視されることを紹介しました。では次に、申し込みの際に気を付けたい点を確認します。


パート・バイトが気を付けたい点は?

パートやバイトの方は正社員の方に較べると、審査でやや不利になります。そのため、申し込み時に気を付けたいポイントを押さえ、少しでも審査に通りやすくすることをおすすめします。

申し込みでウソの年収を申告をしない

カードローンの審査を通過するために、「年収」や「現在の借入状況」についてウソの申告をするのは絶対にしないで下さい。


年収の額も審査対象になるため、多めに申告した方が審査に有利だと思うかもしれません。しかし、収入が100万円未満でも審査に通過する人はいますし、収入の低さを気にする必要はありません

年収が低いからと、ウソの収入額で申告しないで下さい。後でウソがバレると、会社から信頼を失うことになり、最悪の場合、即時に全額返済を要求されるかもしれません。


実際、カードローンの審査では収入の高さよりも安定性が求められるため、少ない額でも継続して収入を得ていることが重要になることを理解しておきましょう。

他社の借入も正直に申告



現在すでにキャッシングしている方は、他社で借入していることをごまかさずに申告しましょう。審査が不利になるのを恐れ、「他社からの借入なし」と申告しても、会社側にすぐウソだとバレてしまいます

なぜなら消費者金融や銀行カードローンは、信用情報機関を通じてカードローン申込者の借入情報を得ることができるからです。ウソの申告をすれば申込者の印象が悪くなり、カードローンの審査に通るのも厳しくなります。

借入希望額は低めに設定すること

パートやアルバイトの方は、借入限度額が低めに設定されます。正社員に較べて安定性は低いと判断されるため、会社側は利用限度額に慎重になります。

パートやバイトの方で、初回から高額な借入をするのは難しいでしょう。ただし、パート・バイトの方でも、カードローンを延滞なく一定期間利用すれば、あなたに対する信用度も上がり、限度額を上げることができます。

<関連記事>
カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?

他社との借入合計で借入額が制限される

消費者金融などの貸金業者を利用する場合、総量規制といった法律により年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

そのため、新たにカードローンの申し込みをしても、すでに年収の3分の1近くの借入をしていれば、借りるのは不可能です。

例えば、年収300万円の方がすでに90万円を借りているとします。その上で新たにカードローンを申し込もうとしても、年収の3分の1(100万円)近くの90万円をすでに借入しているため、審査に通るのが難しくなります。


ただしこの総量規制は、消費者金融には適用されますが、銀行カードローンには適用されません。

<関連記事>
総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?

銀行カードローンは審査が厳しめ

カードローンを取り扱っているのは、消費者金融や銀行です。基本的にはどの会社を使っても構いませんが、銀行カードローンの審査はやや厳しめで、高収入のサラリーマン向けです。

そのため、パートやバイトの人は消費者金融のカードローンを申し込む方が審査に通過しやすいでしょう

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!


以上、パート・バイトの方が気を付けるべき点を説明しました。では、より審査が有利になる方法はあるのでしょうか?


審査に通りやすくするためには?



パートやバイトの方が審査に通るように、心がけたい点がいくつかあります。審査に落ちると、一定期間(半年以上)空けないと同じ会社の審査に通りづらいです。

半年以上の期間を空けてから申し込むことになるため、なるべく一度で審査に通るように意識しましょう。

複数の会社で申し込みをしない



カードローンの申し込みでは、一度に複数の会社へ申し込むと審査に落ちやすくなります。一見、数社に申し込みをすれば1つくらい通過するように思いますが、会社側はこの行為を警戒します。

「他の会社で審査に落ちそうだから、ウチにも申し込んできたのではないか」「一度に何社も申し込むのは、余裕がなくなっている状態だからでは」と悪い印象を会社に与えます。


他社の申し込み状況なんて分からないのでは、と思う方もいるかもしれませんが、会社側は信用情報機関を通じて、借入希望者の申し込み状況を確認できます。

そのため、カードローンの申し込みは多くても2社程度にしましょう。

1年以上働いてから申し込む

先にも述べた通り、カードローンの審査で求められるのは収入の高さよりも安定性です。そのため、同じ会社で1年以上勤めてから申し込むと審査に有利になります。

年収が数十万程度しかないなど、審査に通る自信がない方は出来るだけ長く働いてから申し込むと良いでしょう


また、パート・バイトの方で勤続年数が1年以内でも通るケースはありますが、少なくとも半年以上の期間が経ってから申し込む方が良いでしょう。

中には勤続期間が数か月で審査に通った方もいますが、融資額は極端に少なくなる傾向にあります。

健康保険は社会保険が有利

健康保険は、国民健康保険と社会保険の2種類あります。パートやバイトの方でも、働く期間が長いと社会保険が発行されるため、カードローンの審査は社会保険の方が有利になります。

ただし、国民健康保険だからといって審査に通過できないわけではありません。


転職を考えていてカードローンの利用をしたい方は、より審査に有利になるために、社会保険を発行してくれる職場を探すと良いでしょう。


以上、パートやバイトの方がカードローンの利用で気を付けたいことを紹介しました。何も知らずに申し込むと、内容次第で審査に落ちる可能性が高くなります。

しかし、パートやバイトだからといって審査に落ちやすいわけではありません。興味があればカードローンに申し込み、利用してみると良いでしょう。


カードローンはパート・バイトでも借りられる? まとめ

  • パートやバイトでもカードローンを利用出来るが、審査は正社員よりもやや不利になる
  • 申し込み時に年収や借入状況などをごまかしても、会社側にはバレるので嘘の申告は絶対NG
  • 借入限度額が低めに設定されるため、高額の借入は難しい
  • 銀行カードローンの審査は厳しめなので、消費者金融の方が使いやすい
  • 複数の会社に申し込みをせず多くても2社程度にし、同じ会社に1年以上勤めると審査に通りやすくなる

人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング