カードローンは派遣社員でもお金を借りるのは大丈夫?

カードローンを利用したいと考える方の中には、派遣社員の方もいると思います。正社員ではないため、審査に落ちるのではと心配している人も多いはずです

今回は、派遣社員のカードローン利用や、審査を通りやすくするポイントを説明します。



派遣でもカードローンを利用できる?

カードローンを使うためには審査に通らなければいけません。非正規雇用の派遣社員でも利用することはできるのでしょうか?

派遣社員でも借入可能



派遣社員の方でも、カードローンを利用することが可能です。カードローン各社とも、申し込み対象者をHP上で公表しています。一部例外はあるものの、年齢20歳以上で安定収入があることを条件に挙げています。


審査は正社員に較べてやや不利になりますが、実際には派遣やアルバイトでも、カードローン審査の申し込みは可能です

<関連記事>
カードローンはパート・バイトでも借りられる?

高額の融資は難しい



派遣でも借入することは可能ですが、300万円などの高額融資を受けることは難しいでしょう。派遣社員は正社員に較べて雇用に不安があるため、多額の融資に対しては審査が厳しくなります。

加えて、消費者金融では総量規制という法律により、年収の3分の1までしか借りられません。年収の3分の1というのは、法律の限度額であって、実際に審査におりた限度額はそれ以下だった、というケースも多いです。


また、初めての借入では、50万円以上の融資を受けることは難しいでしょう。

限度額の大きい銀行カードローンでも、初めての申し込みで、高額の借入は難しいです。派遣社員であれば審査が厳しめの銀行カードローンでは、低めの融資額になるでしょう。

<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?


以上、派遣の方でもカードローンが利用できることを説明しました。ですが、審査に通らなければ借入することができません。カードローン審査では何を見られるのでしょうか?


派遣がカードローン審査で重要視されるポイントは?

カードローン審査で、大事となるポイントはどこなのでしょうか?自分は審査に有利なのか確認してみましょう。

<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!

継続した収入

派遣であっても毎月安定した収入があれば、審査を心配する必要はありません。派遣社員の場合、正社員よりも収入が低い場合が多いため、カードローンの審査に通るか不安に感じるかもしれません。

しかし、審査で重要視されるのは、収入の多さよりも安定性です。


例えば、今月の収入が20万円・来月も20万円と継続的に収入がある方と、今月は収入50万円・来月は0円の方を比較した場合、審査では毎月20万円の人が有利になります。

この点、3か月ごとに契約更新のある派遣社員に不安要素はありますが、以下で述べるように、1年以上働いている方なら問題ないでしょう。

勤続年数



勤続年数は長い方が審査に有利になります。同じ職場で1年以上働いている方は審査に通りやすくなります。できる限り半年以上働いてから、カードローンの申し込みをすると良いでしょう。

逆に、長期の仕事ではなく、短期の派遣仕事ばかりだと審査はかなり不利になります。

社会保険

社会保険に加入している方は、ある程度の期間を働いていることが証明されているので、カードローンの審査にも通りやすくなります。

この点、週4~5で働く派遣社員なら、派遣会社から社会保険証を交付されるので、カードローン審査はかなり有利です。反面、週2~3の派遣なら、社保に加入できないため、審査は不利です。

年齢

派遣社員の場合、20~30代であればさほど審査に影響はありません。しかし、正社員に較べると不安定なため、年齢が上がると審査に通りにくくなります。50歳近くになると、審査に通るのが難しくなります。

また、20代でも23歳くらいまでは審査にやや不利ですが、それほど心配する必要はありません。

他社の借入

カードローンに申し込む際、すでに他の金融機関から借入している場合は、審査に不利になります。カードローンの会社側は、信用情報機関を通じて申込者の借入状況を知ることができます。

他社の借入をすでに返済している場合は、さほど審査に影響はありません。しかし、数社から借入をしていたり、借入残高が多い場合は審査が厳しくなります。


カードローンを申し込む際の注意点は?



派遣社員の場合、特に注意したいのは在籍確認です。それ以外にも審査に通りやすくするため気を付けたいポイントを紹介します。

在籍確認について

派遣社員のカードローン申し込みで一番ネックになるのが、在籍確認です。審査の段階で、申込者が申告通りの会社に本当に勤めているか、電話での在籍確認が行われます。

派遣社員は派遣元と派遣先企業の二つの会社に関係していますが、在籍確認では(所属先である)派遣元に電話を掛けることになっています


この時、派遣元会社は個人情報保護の関係で、在籍確認の電話が掛かってきても、あなたが派遣社員として働いていることをカードローン会社の担当者に教えないケースがあります。

ですので、カードローン申し込みを行った後は、派遣会社に在籍確認のことを必ず伝えましょう。


もし、カードローンの利用を知られたくない場合は、「クレジットカードの申し込みをしたので、本人確認の電話に対応してほしい」と派遣会社に伝えると良いでしょう。

また、派遣元だけではなくカードローン会社の担当にも、在籍確認について相談しておくと良いでしょう。

複数の申し込みをしない

カードローンの申し込みは、できるだけ1社のみにしましょう。一見、数社に申し込みをした方が審査に通りやすいと思うかもしれません。

しかし、複数の会社に申し込みをすると、会社側は他の会社に断られたのではないかと疑います。そのため、審査が通りにくくなります。

ウソの申告をしない



「派遣社員で収入が低いから、審査に通らないのでは?」と心配するかもしれません。しかし、年収が200万円程度でも、継続的に収入があれば審査に通ります。そのため、ウソの申告をする必要はありません。

むしろ、ウソの年収を申告して、後でウソの申告をしたと発覚すれば、借入自体が難しくなます。たとえ借入できても、ウソの申告がバレたら、借入の一括返済を要求されることもあります。ウソの申告は絶対にやめましょう。

審査が不安な場合

カードローンの審査に通るか不安な方は、できるだけ長く派遣先で働いてから申し込みをすると良いでしょう。上でも述べましたが、できるだけ半年以上は同じ職場に勤めてから申し込みを行うと、審査に通りやすくなります。

審査に通る可能性をより高めたいのであれば、1年以上働いてから申し込むことをおすすめします。

消費者金融がおすすめ

カードローンは消費者金融や銀行カードローンで申し込むことができます。しかし、銀行カードローンは審査が厳しめなので、高収入のサラリーマン向けです。

そのため、派遣社員の方は消費者金融のカードローンを申し込むと良いでしょう。消費者金融であれば、派遣やバイトの方でも利用しやすくなっています。


以上、派遣社員のカードローン借入について見てきました。正社員でなければ借入できないイメージがありますが、実際は安定収入があればカードローンを利用できます。

無理なく返済を行える範囲で、うまくカードローンを使って借入をしましょう。


カードローンは派遣でも借りられる? まとめ

  • 派遣社員でもカードローンを利用できるが、高額の借入は難しい
  • 継続した収入があれば、収入が低くても審査に通る
  • 週4~5の派遣なら審査に通りやすいが、単発、短期の派遣では難しい
  • 勤続年数は長い方が審査に通りやすい。できるだけ半年以上働いた方が良い
  • 在籍確認は派遣元に電話がいくので、派遣元に対応してもらうように頼んでおく
  • 銀行カードローンは審査が厳しめなので、派遣には消費者金融がおすすめ

人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。