おまとめローンで絶対NGな3つのことは?

毎月の利息支払いに苦しんでいる方が、負担を軽くするために役立つのが「おまとめローン」です。しかし、大まかなサービス内容は知っていても、細かいことはご存知でない方も多いのではないでしょうか。


おまとめローンはとても便利なサービスですが、使い方によっては利用者にデメリットになるケースもあるので注意が必要です。


ここでは「おまとめローンの利用時、絶対にやってはいけないNGなこと」を紹介したいと思います。おまとめローンの利用を検討中の方は、ぜひ参考にして下さい。


そもそも、おまとめローンって何?

ランキングを発表する前に、「おまとめローン」とは何なのかを簡単に説明します。以下は、おまとめローンの仕組みを簡単に示した図です。



おまとめローンとは、上の図にもある通り、複数社からの借入を一社に借り換え、債務を一本化するサービスです。


債務を一社にまとめることで返済を1社に限定でき、新規の借入先と交渉することで(上の場合ではD社)、返済時に支払う金利や手数料の負担を軽くすることができます。

おまとめローンを組む際、借入残高が多いほど金利が低くなる傾向にあります。その為おまとめローンは、金利負担で苦しんでいる方への救済措置としての側面も持っています。


おまとめローンで絶対NGな行動は?

これまでの説明で、おまとめローンは、返済に苦しんでいる方にはメリットしかないようなサービスと思えるかもしれません。しかし、使い方によってはデメリットが発生する事もあるので注意して下さい。


以下では、おまとめローンを利用する際に絶対NGなことをまとめました。おまとめローンの利用を考えている方は、自分がNG項目に触れていないかどうか、一度チェックしてみましょう。

3位 返済回数が多すぎる

返済回数を多くすれば、毎月の返済額が下がるため、一ヶ月あたりの負担は軽減されます。ですが返済回数を増やすということは、それだけ返済期間が伸びるということです。

返済期間が伸びた分だけ余分に利息を支払う必要があるので、結果的にはトータルの支払額が増えてしまうケースもあります。




生活が苦しくなるほど無理をして返済費用を用意するのは当然NGですが、毎月の返済額をあまりに少なく設定すると、返済が長引いて結局は損をすることになります。


ではどうすれば良いかと言うと、おまとめローンを組む時に毎月の返済額だけでなく、トータルの返済額を確認すべきです。

生活を圧迫しない程度に、効率よく借金残高を減らせる返済計画を立てるようにして下さい。

2位 借入が多すぎる

おまとめローンは複数社から借入のある方が対象です。しかし、借入先が多すぎると借り換えの審査をクリアする事が難しくなります。

例えば借入総額が同じ200万円でも、2社から100万円ずつ借りている人と、4社から50万円借入している人では、4社からキャッシングしているほうが審査で不利です。


借入先が多い人=信用力が低い人だと貸付側は判断し、審査が厳しくなります。ですので、おまとめローンに申し込む前に、可能な限り借入先を減らしたほうが良いでしょう。

ちなみに、借入先が4社以上あると、おまとめローンの審査が格段に厳しくなるので特に注意して下さい。

1位 契約後に新規で借入をする

おまとめローンの利用を検討している方は、すでに多額の借り入れがあるはずです。先ほども書いた通り、おまとめローンを利用すれば、金利負担を大幅に軽くすることも可能です。

ところが、利息負担が減ったのを良いことに、さらに借入を増やす方が時々います。おまとめローンを契約中にさらに借入をすると、返済不能に陥るリスクが高まります。



そのため、おまとめローン契約中は新規の借入を禁止している会社が多いです。もし新規で借入を行った場合、契約違反として借金の一括返済を求められるケースもあります。


ですが、仮に審査に通ったとしても、新規でキャッシングをするのは絶対に止めましょう。

返済に行き詰まっておまとめローンを組んだのに、さらに借入を増やして債務整理に追い込まれたら元も子もありません。おまとめローンの契約中は、今ある借金の返済に集中するようにしましょう。


おまとめローンは、どういう基準で選べばいいの?

おまとめローンを初めて利用する場合、どの会社を使えばいいか迷ってしまう方も多いでしょう。そんな方は、まずは「何を最優先にしたいのか」を考えると良いと思います。

では、以下の3点の内、自分の希望に一番近いものを一つ選んでみましょう。

利息を安く抑えたい
審査に通る確率を上げたい
とにかく早く債務をまとめたい


契約する会社を選ぶ際は、上で選んだ項目を軸にすると探しやすいかもしれません。ここからは上の3点について詳しく解説していきます。

利息を安く抑えたい人

おまとめローンは借入している会社よりも、金利が低い会社に債務を一本化することで、その効果が最大限に発揮されます。つまり金利の低い銀行カードローンが、おまとめローン契約するにはベストな金融機関です。


特に、消費者金融で多額の借入をしている方が銀行カードローンで債務をまとめると、利息を支払う負担が大幅に軽減されるのでおすすめです。

ただし、銀行カードローンを使ったおまとめローンは審査がやや厳しいことに加え、審査に時間がかかるのが難点です。

審査に通る確率を上げたい人

おまとめローンは利用者が多額の借入を抱えており、融資額も大きいため、通常のカードローンよりも厳正に審査が行われます。ですので、審査をクリアする難易度はやや高めです。


審査に通る確率を上げる為にまず必要なのは、安定した収入を得ることです。金利が低い銀行カードローンを希望するなら、年収が400万円以上ないと厳しいかもしれません。


ただ最近では、銀行カードローンでも柔軟な審査に応じる銀行も出てきたので、銀行に打診してみるのもアリだと思います。


一方で、審査の通りやすさという点で有利なのは消費者金融です。毎月決まった収入を得ていれば、年収400万円以下の人でも対応可能です。ですので、年収が低めの方は消費者金融を利用すると良いと思います。


それから消費者金融・銀行カードローン、どちらを利用するにせよ、出来る限り借入先・借入総額を減らしておきましょう。

上でも書きましたが、借入先が4件以上になると審査が非常に厳しくなりますし、5件以上となるとほぼ確実に審査に落ちます。ですから可能なら1~3件まで借入先を減らし、借入総額を抑えておきたいところです。

とにかく早く債務をまとめたい人

おまとめローンを利用する場合、金利の面から見ると、銀行カードローンで契約したほうがお得なのは確かです。

しかし、おまとめローンは融資金額が大きいため、通常のカードローンよりも審査に時間が掛かるのがネックです。中でも、銀行カードローンの審査は相応の時間が掛かる場合もあり、急いでおまとめローンを利用したい人にはおススメできません。


一方で、消費者金融は銀行カードローンに比べると審査が早いのが強みです。加えて、審査も銀行ほど厳しくないため、借入先が3~4件あっても審査に通ることは可能です。


まずは審査に通らない事にはどうにも出来ませんので、「とにかく債務をまとめたい」という方には、消費者金融を検討してもよいかもしれません。


消費者金融VS銀行カードローン

ここからは、消費者金融と銀行カードローンのサービス内容を比較し、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。まずは以下の表をご覧ください。

消費者金融 銀行カードローン
金利目安 12~15% 3~14%
審査スピード 早い(最短即日) やや遅い(1~3日)
審査の厳しさ 厳しくない やや厳しい
融資限度額 ~500万円 ~1000万円

表を見るとわかる通り、金利の面では銀行カードローンが圧倒的に有利ですね。おまとめローンの活用を考えるなら、銀行カードローンを真っ先に検討すべきです。


一方で消費者金融は、審査~融資までのスピードが早く、使い勝手が良いことがわかると思います。金利が高く付くので、おまとめローンで返済の負担を少しでも減らしたい方には不向きですが、スピードを重視する方にはオススメです。


ここまで読んで頂ければ、消費者金融と銀行カードローンのどちらが自分に合っているかは、何となく掴めたかと思います。



人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。