消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?

消費者金融で現在借入を行っている方には、銀行カードローンに乗り換えをしたいという方もいると思います。銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低い場合が多く、借り換えることで毎月の返済負担を軽くすることができます。


ですが、銀行カードローンへの借り換えには注意すべきポイントもあります。ここではその注意するべきポイントについて見ていきます。


まずは、借り換えの基礎知識から説明します。



借り換えって何?



そもそも「借り換え」って何?と思っている方も少なくないはずです。借り換えとは、現在利用している金融機関より金利の低い金融機関に乗り換えて借金を返すことです。


今利用している会社の返済金額が高い、複数の会社から借りていて返済に負担がかかる、といったローンを1つにまとめることができます。そうすることで、今よりも返済額の負担を減らすことができます。




借金が減らないと感じたら借り換えを検討しよう

今利用している消費者金融の借入がなかなか減らないと感じている方は、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?


金利が18%と言われても、数字だけ見てどの位なのかよく分からないですよね。実際に利用して返済してみないと、金利の重さは分かりません。利用してみてそこで、「利息ばかり返済して借金(元本)が減らない」と気付くわけです。


なかなか元金が減らないと感じているなら、消費者金融よりも低金利の銀行カードローンに借り換えがオススメです。借り換えをすれば(借金の額自体は分かりませんが)今よりも低金利で借入ができ、毎月の返済負担が減ります。

銀行カードローンに借り換えするメリットとは?

借り換えについては分かりましたが、消費者金融から銀行カードローンに借り換えするメリットとは何でしょうか?

その1 低金利で借りることができる

銀行カードローンへ借り換えるメリットの一つ目は、金利を下げられることです。


消費者金融は審査スピードが早く柔軟に対応してくれるので、初めての方でも利用しやすいカードローンです。しかし、銀行カードローンに較べると、金利が高いといったデメリットも持っています。


一方の銀行カードローンは、消費者金融に較べて審査は厳しいですが、低金利で借入ができます。金利が下がれば返済総額も少なくなるので、今よりも負担を減らせます。


以下は、300万円を4年間で返済する借入で、金利18%の借入を金利12%に借り換えした場合、どの位金額に差が出るのかシュミレーションした表になります。


現在(金利18%) 借り換え後(12%)
毎月の返済額 88,124円 79,001円
1年間の返済額 1,057,488円 948,012円
返済総額 4,229,952円 3,792,048円
4年間の差額合計 △ 437,904円

表を見て分かるように、借り換えをしたことにより437,904円も差額が出ました。返済総額が40万以上も変わるのは大きいですよね。このように、借り換えをすれば返済総額も大きく減り、かなりのメリットとなります。

その2 総量規制の対象外

銀行カードローンに借り換えするメリットは、金利だけではありません。銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上の借入をすることができます。


総量規制の対象である消費者金融ですと、300万円の借入をした場合100万円までしか借りることができません。ちなみに、利用者が一方的に有利な借り換えの場合は、「総量規制の例外」扱いになるので年収3分の1以上の借入が可能です。


ですが、銀行カードローンは元々総量規制の対象外なので、借り換え審査に通れば100万円以上の融資が可能になります。

その3 返済の手間をなくせる

借り換えをすることで、複数の会社から借入をしていた人は、借金を一つにまとめることができます。返済先が減れば、「返済日がバラバラでどこに返済したか分からない」といったこともなくなり、管理がしやすくなります。



銀行カードローンへ借り換えする場合の注意点は?

借り換えするには注意する点もあります。以下で詳しく見ていきましょう。


銀行カードローンへの借り換え審査が少し厳しい

銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しいことで知られています。銀行は消費者金融よりも低金利で融資を行う代わりに、返済が滞ることのない安心できる融資をしたいと考えています。


毎月の安定収入があり、期日通りの返済を行える人は問題なく審査に通過できます。しかし、収入面が安定しない人で、借入金額が数百万単位などの大きい金額の場合ですと、返済能力に不安があると判断され審査に通らない場合があります。

滞納経験がある方は注意



返済の滞納したことがある場合、借り換え審査に通るのは難しいです。借り換え審査では、返済履歴を入念にチェックしています。その他の金融機関でのローンなど信用情報は全て、信用情報機関によって共有されています。


ですので、消費者金融を利用していても、銀行がその支払い履歴をチェックすることが可能となっています。


3ヶ月以上返済が遅れると、信用情報に滞納の履歴が残ります。数日程度の遅れでしたら、配慮してくれる場合がありますが、極力ないに超したことはありません。

借り換え後の返済期間と返済総額を確認

審査が通って借り換えが可能になった場合、銀行カードローンでは金利を毎月の返済額が小さくなる場合が多いです。

ですが、これで楽になったと安心しがちですが、確認しておくべきポイントが2つあります。それは、返済期間とトータルの返済総額です。


借り換え後に返済期間が長くなると、返済総額の合計が増えていたというケースがあります。返済負担を減らすために借り換えしたのに、かえって返済負担が増えたのでは元も子もありませんよね。


そうならないよう、自分の考える返済期間で毎月の返済額や返済総額がどの位変わるのか、事前に確認しておくことが大事です。


以下の表は、借り換え後の返済期間を長くした場合、返済総額はどのくらいの差が出るのかシュミレーションしたものになります。


現在 借り換え後
借入金額 300万円 300万円
年利 18% 12%
返済期間 2年間 4年間
毎月の返済額 149,772円 79,001円
返済総額 3,594,528円 3,792,048円
差額 + 197,520円


借り換え後の金利は12%と借り換え前よりも6%下がり、毎月の返済額も下がりました。それなのに返済総額は19万円以上も多く支払っています。


なぜ返済総額が高くなっているのか、それは先ほども書いたように、返済期間を延ばしたためです。いくら金利が低く毎月の返済額も少ないからといっても、返済期間が長ければその分利息がかかります。


毎月の負担を考えれば、返済額が低い方が目先の返済は楽です。しかし、トータルの負担が大きくなっては意味がありません。ですので、返済期間は延ばさずできるだけ短い期間で返済するようにしましょう。

毎月の最低支払額に注意

上で書いたように返済期間と返済総額に注意が必要ですが、他にも毎月の最低支払額にも気を付けなければいけません。


毎月の返済額が低ければ、利用者にとって負担が軽くなるので嬉しいですよね。ですが、返済額が少ないと返済期間もその分長くなってしまいます。


先ほどの表をもう一度見て下さい。毎月の返済額が7万円も下がりましたが、それでも返済総額は増えています。


一方で、返済期間を少しでも短くしたいからと、返済額を大きく設定するのもよくありません。

確かに返済額が大きければ、返済期間はその分短くなります。しかし、毎月の負担が大きすぎて苦しくなり、返済に息詰まる可能性もあります。


自分にとって無理のない範囲の返済に抑えつつ、借り換えと較べて返済期間が延びることがないよう毎月の返済額を設定して下さい。

追加で借入できない場合がある

カードローンの借り換え後に特に注意したいことが、追加借入についてです。おまとめローンの融資商品で借り換えをした場合、追加の借入はできなくなります。


おまとめローンの借り換えは、今借金しているカードローンの返済をすることが契約条件になっており、それ以上の金額を貸してもらえません。


一方で、消費者金融の借入を通常の銀行カードローンで借り換えをすれば、(枠が残っている限り)追加の借入が可能です。

ただし、おまとめローンほど金利が低くならない場合があります。どちらが自分にとっていいか事前に確認しておくとよいでしょう。

完済済みのカードローンは解約する

借り換えで消費者金融の完済をしたら、すぐに消費者金融のカードローンを解約しましょう。完済しても契約は続いているので、借入枠が残っている状態になります。


借入枠が残っていると、お金を借りていることと同じ扱いになってしまいます。先ほども書いた通り、他社の完済を条件に借り換えのおまとめローンを出す金融機関もあります。


仮に完済が条件でない場合の借り換えとしても、消費者金融のカードローン枠が残っていると、何かの時につい使ってしまうかもしれません。これ以上借入を増やさないためにも、消費者金融のカードローン枠は一旦解約しましょう。






以上で消費者金融から銀行カードローンへの借り換えについて紹介しました。


銀行カードローンの審査は厳し目ですが、通れば今よりも返済負担が軽くなるので検討してみるのもオススメです。


消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?のまとめ

  • 借り換えとは、今利用している金融機関よりも低い金利の金融機関で借入をして借金を返す
  • 銀行カードローンに借り換えをすれば、金利を下げられるメリットがある
  • 借り換えは金利が下げられる分、審査が少し厳しくなる
  • 毎月の返済金額が低すぎると、トータルで返済総額が多くなってしまう場合がある
  • 元金がなかなか減らない人は、借り換えを検討してみるといいでしょう。


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング