【元銀行員が解説】カードローン借入があると住宅ローン審査に不利?

「カードローンを利用していると、住宅ローンの審査で不利になる」という話を聞いたことはありませんか?

住宅ローンを組もうと考えている時に、そんな話を聞いたら不安になりますよね。


今回はカードローンの利用による、住宅ローン審査への影響について詳しく解説します。


カードローンがあると住宅ローン審査にマイナス!

信用情報機関を通じて、借入情報は筒抜け

住宅ローンに限らず、カードローンやクレジットカードなどの「お金を貸す」取引の審査では、金融機関は必ず信用情報の照会をします。


信用情報にはそれらの利用履歴や返済状況が記載されており、これを元に「お金を貸しても大丈夫な人か」を金融機関は判断しているのです。

日本には3つの信用情報機関があります。

名称 加盟企業
シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード会社、信販会社、リース会社、保険会社、保証会社、銀行、消費者金融会社、携帯電話会社
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社など
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 金融機関、信用保証協会、保証会社、クレジットカード会社など

カードローンやクレジットカードを利用すると、その取引情報が信用情報機関に登録されます。

「カードローンの借入があっても、銀行の住宅ローン審査には影響しないのでは?」と考える人もいるかもしれません。


しかし信用情報機関はお互いに情報を共有しているため、銀行が申込者の信用情報を照会すると、カードローンの利用歴も全部分かってしまいます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンを利用すると信用情報にマイナス?

上の理由から、ローンやクレカのことで銀行にウソを付いても、すぐにウソがばれます。

信用情報機関には、どんな情報が記録されてる?

信用情報機関には、どんな情報が記録されてる?

信用情報機関には、どんな情報が登録されているのでしょうか?

たとえばカードローンを利用する場合なら、カードローンの契約内容(借入枠)や申し込み日、借入金額、返済日などが記録されています。


また延滞や債務整理などの金融事故を起こした場合は、その事故情報も記載されます。

事故情報が載ると一切の借入審査に通らなくなります。


延滞などが解消しても、一定期間は記録が残ります。

事故情報や登録期間については、のちほど詳しく解説します。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの審査に通らない人の特徴

返済負担率をチェックされている

「返済負担率」とは、収入の何%を借金の返済に充てているかを示したものです。

住宅ローンを利用する場合に、収入に対してローンの返済額が大きすぎないか、(予想される)返済負担率をチェックされます。


住宅ローン以外に借り入れがある場合は、その返済額も合わせて計算します。


計算式は次のようになります。

返済負担率=年間返済額(合計)÷年収


たとえば年収450万円の人が、住宅ローンの返済に年間150万円を返済に充てているとします。

するとこの人の返済負担率は、以下のようになります。

150万円(年間返済額)÷450万円(年収)=約33%(返済負担率)


返済負担率は20~25%が適正とされていますが、現状は30-35%程度の住宅ローンに応じる金融機関が一般的です。

とはいえ、負担率が40%を超えるような住宅ローンを組むのは難しいでしょう。

より厳密には、年収が高いほど高い返済負担率の住宅ローンにも応じてもらえます。詳しくは、住宅ローン担当者に相談してみてください。



カードローン利用歴で、住宅ローンにどこまで影響?

現在借入している場合はもちろんですが、過去のカードローン利用歴も住宅ローン審査に影響することがあります。

どのような使い方が審査に影響するのか、1つずつ見ていきましょう。

金融事故歴があると、借入は絶対不可

現在は借入がなくても、過去に延滞・債務整理・自己破産をした経験がある人は要注意です。

信用情報機関に金融事故の記録が残っていると、住宅ローンだけでなく、すべての借入審査に通らなくなります。


事故情報がどの程度の期間残っているかは、事故の種類や借入先によって異なります。

最も期間が短いのは、消費者金融で延滞した場合です。これは1年で記載がなくなります。


それ以外は事故情報が消えるまでに5年かかり、銀行カードローンで自己破産した場合は10年記録が残ります。

<関連記事>:クレジットカード・ローンの事故情報(ブラックリスト)が消える期間は?

どの地点から5年かは、借入先や事故の種類によります。債務整理の場合は、完済してから5年という場合が多いです

多額の(複数の)借入があると、大きなマイナス

現在も銀行カードローンや消費者金融で多額の借り入れがあると、住宅ローン審査ではかなり不利です。

複数の借入先がある場合も同様です。

カードローンの借入が住宅ローン審査で不利になるのには、2つ理由があります。


1つ目は、カードローン金利の高さです。

他のローンに比べるとカードローンの金利はかなり高いため、返済負担も大きくなります。


先ほども解説したように、住宅ローン以外に借り入れがある場合は、それも含めて返済負担率を計算します。

カードローンは金利が高く返済額が大きくなりやすいため、返済負担率を計算したときに30%を超えてしまう可能性が高くなります。


2つ目は、カードローン利用の目的です。

カードローンで借りたお金の使い道は自由ですが、利用目的を見てみると「生活費」が上位に挙がっています。


そのせいか「カードローン借入が大きい」=「生活に余裕がない(返済能力が乏しい)」と判断されて、審査で不利に働きます。

<外部の関連サイト>:銀行カードローンに関する消費者意識調査(全銀協)

借り入れゼロなら影響小さい?

借り入れゼロなら影響小さい?

カードローンで借金しているのに比べたら、借り入れゼロの方が圧倒的に有利なのは言うまでもありません。

ただし借り入れがなかったとしても、多額のカードローン枠がある場合は要注意です。


カードローンの枠があれば、カードローン枠の分だけすぐにお金を借りられます。

信用情報機関に照会すれば、カードローンの借入枠がいくらに設定されているかまで分かります。


借り入れがゼロだったにも関わらず、多額の借入枠があったことで、住宅ローン審査に落ちた人もいます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの限度額は?いくらまで借りられる?

他のローンに較べても、カードローンは金融機関からの印象は良くないんですよね。



住宅ローン審査に通るための、カードローン対策

住宅ローンの審査基準は、どの銀行も公表していません。

しかし正確な基準が分からなくても、審査に通る確率を少しでもアップさせることは可能です。

ここではカードローン関係の対策を3つ紹介します。

カードローンは解約して、信用力アップを!

カードローンは解約して、信用力アップを!

使っていないカードローンやクレジットカードは、確実に解約しましょう。

ここで注意してほしいのが、カードローンの完済と解約は別物だという点です。


返済が終わった段階で契約終了になると思っている人もいるかもしれませんが、それは誤りです。

解約するまでは借入枠がずっと残っており、信用情報機関にもカードローン契約の記録が残っています。


カードローンを解約するとその記載がなくなり、信用力が上がって審査にも通りやすくなります。

多少借り入れが残っていても、なるべく早く一括返済して解約しましょう。


解約するためには、借入残高ゼロにするのが絶対条件だからです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの解約方法や解約のメリットを教えます

なおカードローンの解約方法は会社によって違います。詳しくは、上のリンクをお読みください

解約が難しいなら、少しでも残高を減らすこと

カードローンの借入があっても、住宅ローンの審査に通ることがあります。

完済するのが難しい場合は、少しでも返済残高を減らしておきましょう。


どのくらいまで借金を減らすべきか、目安になるのが返済負担率です。

カードローンと住宅ローンを合わせた年間返済額が、年収の3割以下になるようにしましょう。

<関連記事>:【元銀行員が教える】カードローン返済の上手なコツは?

金融事故の記録がある場合は、消えるまで待つ

信用情報に金融事故の記録が載っている間は、どうやっても住宅ローン審査には通りません。

事故情報が消えるまで待ちましょう。


信用情報機関に情報開示の申し込みをすれば、自分の信用情報を見ることができます。

手数料として数百円かかりますが、金融事故の記載が消えたか正確に把握できるので便利です。

過去に金融事故を起こした人は、事故情報が消えてから住宅ローンの審査を申し込みましょう。

最近は、ネットから短時間での照会も可能です!


以上、カードローンが住宅ローン審査に与える影響について見てきました。

多額の借金がある場合はもちろん、借入枠が残っていることも審査に影響します。

使わないカードローンは解約して、審査に通る確率を少しでも挙げておきましょう。

この記事のまとめ

  • 信用情報機関を通じて、カードローンの利用履歴を銀行に知られる
  • 金融事故を起こした記録が残っている場合、住宅ローン審査は通らない
  • カードローンで多額の借入をしていたり、借入枠が残っていたりする場合は要注意
  • 使わないカードローンがあったら解約するのがベスト
  • 住宅ローン+他のローンの年間返済額は、なるべく年収の20~25%に収まるように


もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ

人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング