カードローンに担保や保証人は必要なの?

カードローンに興味がある方の中には、担保や保証人が必要なのか気になる方もいると思います。お金を借りたいと思っても、担保や保証人が必要となると、気後れしてしまうでしょう

保証人と言うと、友人や親に頼む方が多いと思いますが、保証人を喜んで引き受けてくれる人なんていませんよね。

今回は、カードローンを利用するには担保や保証人は必要なのか説明します。


担保・保証人て何?

まず、担保や保証人について説明します。

担保とは?



借入をする際に、担保を求められることがあります。担保とは、借主が返済できなかった場合に会社側に提供する物です。担保となるのは、土地や家などです。

住宅ローンや自動車ローンなどの高額な借入では、担保が必要になります。

保証人とは?

保証人は、借入した相手が返済をできなかった場合、代わりに返済を行う必要があります。自分が借入したわけではなくても、借主本人が返済しない場合代わりに支払うことになるので注意が必要です。

借主に保証人になるよう頼まれ、契約書にサイン・捺印をすれば保証人になります。


保証人には、一般的な保証人と連帯保証人の2種類があります。この2つには違いがあるので確認しましょう。

保証人は、金融機関から返済を求められても、断ることができます。借主本人に請求するように主張することが可能です。しかし、連帯保証人は返済を請求されると、断ることができません。


もし借主本人が返済できる余裕があったとしても、連帯保証人になると貸主の請求を受けなければいけません。


以上、担保や保証人について説明しました。担保や保証人が必要となると、借入のハードルも上がります。では、カードローンは担保や保証人は必要なのでしょうか?


カードローンに担保や保証人は必要ない?

まず、カードローンの利用にあたって、担保や保証人を用意しなくてはいけないのか見ていきます。

担保・保証人なしで利用可能

カードローンは担保・保証人なしで利用することが可能です。どの金融機関でも必ず審査があります。

審査はありますが、カードローンは担保や保証人が必要ないため、利用者からすれば、消費者金融や銀行カードローンで気軽にキャッシングができます。


一方で銀行や消費者金融は、担保・保証人がない分、慎重な審査を通じて借入申込者に返済能力があるか判断し、融資をするか決めます

担保・保証人が必要ないため、借入しやすい点や、スピーディーに借りられる点がカードローンのメリットと言えるでしょう。しかし、担保や保証人が不要な分、人によっては高額の借入ができない点がデメリットだと言えます。

なぜ担保・保証人なしで借りれる?

担保や保証人なしで借入できる理由として、金利の高さが挙げられます。カードローンの一般的な金利は5~18%程度ですが、家が担保となる住宅ローンでは1~2%程度です。

会社側はカードローンの金利を高めに設定し、得られる金額を増やすことで、借主の未払いに備えています。


また、会社側が「担保・保証人なし」というリスクを負っている分、金利を上乗せしているという意味合いもあります。

また、消費者金融では総量規制により借入額が制限されます。借主は年収の3分の1までしか借りられないため、会社側も大きなリスクを負わずに済みます。


では、カードローンの利用で、保証人が必要な場面は全くないのでしょうか?実は、保証人は必要ありませんが、保証会社を使う場面はあります。どんな場合に保証会社が必要なのか以下で詳しく見ていきます。

<関連記事>
カードローンって何?キャッシングとどう違うの?


カードローンにおける保証会社って?



一口にカードローンと言っても、取引先は消費者金融と銀行(カードローン)の2タイプあります。消費者金融では保証会社を使わずに借入ができますが、銀行カードローンでは保証会社も関係してきます。

<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?

銀行カードローンには保証会社がつく

銀行カードローンに担保や保証人は必要ありませんが、保証会社を利用することが条件になっています。借入利用者は銀行カードローンの返済ができない場合、保証会社が利用者の借金を肩代わりして払います。

保証会社となるのは、プロミスやアコムなどの消費者金融です。

こちらで保証会社を用意する必要はない

銀行カードローンの申し込みの時に、銀行側で保証会社を用意するため、自分で保証会社を手配する必要はありません。保証会社との交渉は必要ないですし、手数料などを支払う必要もありません。

保証会社に関しては、銀行カードローンの申し込みに一括で手続きを行います。

ただし保証会社の審査はある

また、銀行カードローンの審査についても知っておきたい点があります。それは、銀行カードローンの審査は銀行だけではなく、保証会社の審査も通過する必要があることです。

このように2つの審査が行われるため、銀行カードローンの審査は厳しめになっています。

返済できない時はどうなる?



先程説明した通り、借主が借入の返済をできなかった場合に備え、銀行は保証会社を用意しています。

そのため、「もし返済できなくても、保証会社が代わりに払ってくれるから、銀行カードローンの借入はチャラになるのでは?」と思うかもしれません。


保証会社が、借金の肩代わりをした場合、借主は保証会社に対して返済義務を負うことになります。銀行カードローンの返済が滞っていたということは、借入残高に加えてかなりの遅延損害金が発生していると思われます。

保証会社に返済額を支払う場合、最初にカードローンで借入をした時よりも高い金利が設定されているため、結果として返済額が増えることになります。


また、返済の滞納をしたということで、事故情報として記録され、今後カードローンやクレジットカードの申し込みも難しくなります。

保証会社があるからと言って安心せず、計画的に返済を行うようにしましょう。

<関連記事>
カードローンの代位弁済って何?



以上、カードローンに担保や保証人が必要なのか見てきました。

カードローンは担保や保証人が必要ないため、利用しやすいサービスと言えます。ただし、借入していることに変わりはないので、計画的に返済ができるようにしましょう。


カードローンに担保や保証人は必要なの? まとめ

  • カードローンの利用には、担保や保証人は必要ない
  • カードローンは担保や保証人なしで利用できるので金利は高めに設定されている
  • 銀行カードローンを利用するには、保証会社を利用する必要がある
  • 銀行カードローンでの保証会社は銀行が指定する
  • 保証会社が代わりに支払ったとしても、後に借主は保証会社に返済する義務がある
  • 銀行カードローンの審査は保証会社も行うため、厳しめになる

人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング