カードローンの代位弁済って何?

カードローンを利用していると返済が遅れたり、返済自体できなくなる人もいます。できれば遅れることなく返すのが一番ですが、自分は大丈夫と思っていても、絶対とは言い切れませんよね。


返済ができなくなり滞納してしまうと、保証会社による「代位弁済」が行われます。この代位弁済とは何か、以下で詳しく説明します。


代位弁済について

「代位弁済」とは、債務者がお金を返せなくなった場合、保証会社が代わりに返済することです。とはいえ、代わりに返済されたからといって、借主の借金がチャラになったわけではありません。

利用者からすれば金融機関に返済していたのが、保証会社に変わっただけなので借金自体は残っています。

保証会社とは?



上でも書きましたが、保証会社とは債務者が返済できなくなった時、代わりに借金を肩代わりして支払ってくれます。


カードローンでは、「保証人」が不要です。ですが、もし債務者が借金を返済できないと、金融機関は貸しているお金の分を損することになります。そうならないよう、金融機関は保証会社を保証人を立てています。


これで、金融機関側は安心して融資をすることができます。


保証会社が債務者の借金を肩代わりすることで、借入先が保証会社に変わります。それによって債務者は、保証会社が立て替えてくれた分の金額を、保証会社に返済することになるのです。

<関連記事>
カードローンに担保や保証人は必要なの?

保証会社を立てるのは銀行カードローン



先ほどカードローンの申込みで、金融機関は保証会社を立てると説明しました。ですが、全てのカードローンで保証会社を用意するわけではありません。保証会社を立てるのは、銀行カードローンの場合だけです。消費者金融では必要ありません。


銀行カードローンの審査では、保証会社も審査を行います。保証会社が審査を行うといっても、特別なことはありません。銀行だけでなく、保証会社が利用者の借金を肩代わりすることになった場合、利用者に返済能力があるのかチェックします。


そのため、銀行だけでなく保証会社も審査するので、銀行カードローンの審査は厳しいものになっています。


ちなみに保証会社は、消費者金融が行っていることがほとんどです。理由として、消費者金融のノウハウが役立つほか、貸金業者でしか共有できない信用情報を見ることができるからです。

このように、消費者金融が保証会社として付くことで、銀行にとってメリットになっています。

<関連記事>
総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?


代位弁済が実行された場合どうなる?

上でも書いたように代位弁済が実行された場合、保証会社が代わりに借金を支払ってくれますが、債務者の借金がなくなるわけではありません。

債務者は保証会社に返済することになるので、保証会社から請求が来ます。どういった請求が来るのでしょうか。

<関連記事>
カードローンにも取り立てってあるの?

保証会社から一括返済の請求が来る



一時的に返済が遅れてしまうのであれば、残りの借金に遅延損害金をプラスして返済すれば一括返済の請求は来ません。しかし、3ヶ月以上返済をしないと代位弁済通知書という書類が送られてきます。


代位弁済通知が届いてしまうと、代位弁済が行われてしまっているので、一括返済を求められることになります。原則として、保証会社からの請求が来たら、一括返済しなくてはなりません。

一括請求の請求が来たら・・・

一括返済するように保証会社から督促が届きますが、返済できないから滞納しているわけですし、一括返済できるなら滞納などせずに返済してますよね。


保証会社も、一括返済するのが難しいことは理解しているはずです。請求が来てしまったら、すぐに保証会社に相談しましょう。話合い次第では、分割返済に応じてくれる場合があります。

代位弁済通知が来たら弁護士に相談

請求が来たら、すぐに保証会社に相談すればいいのですが、一括返済できないからと何もせず放っておくと、さらに自分を苦しめることになります。裁判所から一括請求が届くほかに、法的手続きとして差押えや給与の差押えまでされることになります。


また保証会社に相談し、分割返済に変えてもらったとしても、返済期限を過ぎると遅延損害金が発生します。分割にしても、遅延損害金もプラスして返済することになるので、返済する金額が増え自己破産に追い込まれるケースもあります。


そういった最悪な事態にならないためにも、弁護士に相談して良い解決方法を見つけましょう。


代位弁済が行われるデメリット

代位弁済をすることで、私生活に支障が起きるほどのデメリットがあります。どのようなデメリットがあるのか、見ていきましょう。

事故情報が残る



代位弁済が行われると、債務者の信用情報に傷がつきます。これを「事故情報」といい、事故情報が付くと金融機関から信用を失うことになり、お金を借りることができません。


具体的には、住宅ローンやクレジットカードを新たに利用することができなくなります。


この信用情報は、3つの信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター、シー・アイ・シー、日本信用情報機構)で、共有し管理されています。カードローンの申込みがあれば、信用情報を調べることができるので、事故情報についてもすぐに分かります。


この事故情報はずっと残っているわけではなく、銀行の場合は契約終了日から5年、消費者金融は取引終了から5年となっています。その期間中は、新しく借入ができなくなります。

カードローンも利用できなくなる

事故情報があると、もちろんカードローンも利用できなくなります。利用していた会社がダメなら「他の会社で新しく借入すればいいのでは?」、と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらできません。


なぜなら、先ほど説明したように信用情報機関に事故情報が記録され、カードローンも利用できなくなります。一度信用情報に傷がついてしまうと、借入するのが難しくなり不便なことが増えます。

返済が困難ならすぐに連絡を

このように代位弁済を行うと、自分の生活にも支障が出ます。少しでも返済が可能なら、金融機関に連絡をしましょう。連絡もなく滞納しているのは、信用をなくしますし一番やってはいけないことです。


返済する意思があることをきちんと伝えれば、金融機関側も解決策など相談に乗ってくれます。そのままにしておくことが良くないので、返済が遅れる、困難となった時はすぐに連絡をすることが大切です。


カードローンの代位弁済って何?のまとめ

  • 代位弁済とは、債務者の代わりに保証会社が借金を肩代わりして返済する
  • カードローンは保証人不要なので、保証会社が保証人の代わりとなる
  • 銀行カードローンには、消費者金融が保証会社として付いている
  • 代位弁済が行われると、保証会社から肩代わりした借金の一括返済の請求が来る
  • 保証会社に相談すれば、分割返済にしてもらえることもあるが遅延損害金も発生する
  • 代位弁済すると、事故情報が残るため5年間は借入ができない


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。