代位弁済とは?元銀行員が分かりやすく解説!

代位弁済,仕組み

カードローン利用者の中には、うっかりミスや家計の悪化で、返済が遅れてしまった経験がある人がいるかもしれません。

数日の遅れなら、すぐに返済すれば大きな問題にはなりません。


しかし長期間の滞納が続くと、保証会社による「代位弁済」が行われるケースがあります。

今回は、この「代位弁済」について、特徴やリスクを解説します。

代位弁済ってどんな制度?仕組みは?

そもそも代位弁済とは、どんな制度なのでしょうか?

まず初めに、代位弁済の仕組みや特徴について見ていきます。

代位弁済とは?

代位弁済とは、万一、借主がお金を返せなくなった時に、保証会社が、借主に代わって貸主に返済する制度です。

とは言え、これによって借主の返済義務がなくなる訳ではありません。


代位弁済が行われると、貸主が持っていた債権は保証会社に移ります。

借主は、本来の貸主ではなく、保証会社に借金を返済する必要があります。

代位弁済,仕組み

返済先が保証会社に代わるだけで、借金そのものが減る事は一切ありません

保証会社とは?その役割は?

保証会社とは、返済が滞った場合に、借主に代わってに支払う会社のことです。

貸主側は、保証会社を利用することで、保証人なしでも安心してお金を貸す事が出来ます。


特にカードローンは、保証人なしで借りられるのが特徴のローン商品です。

貸主側としては、もし借主が借金を返済できなくなれば、元本が戻ってこない上に、利息として得られたはずの利益を失ってしまいます。


そのため銀行カードローンは、保証会社を利用する事で、貸し倒れリスクを抑えています。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行に加えて、保証会社の審査も行われているからです。


ちなみに保証会社は、大手の消費者金融や信販会社がほとんどです。

以下の表では、大手銀行カードローンの保証会社を一覧にまとめました。

カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
三菱UFJ銀行 バンクイック アコム株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
又は新生フィナンシャル株式会社(レイクALSA)
じぶん銀行 じぶんローン アコム株式会社


<関連記事>:カードローンに担保や保証人は必要なの?

審査のノウハウを持っており、貸金業者でしか共有できない信用情報を見る事もできるため、消費者金融や信販会社が保証会社となっています

カードローンの代位弁済、どんな流れで進むの?

では、カードローンの代位弁済は、どのように進むのでしょうか?

以下、代位弁済の流れを見ていきます。


<1.貸主から借主に対する督促>
借金の返済が滞ると、貸主は借主に対して、色々な手段を使って督促を行います。

最初は電話での督促から始まり、手紙や訪問での督促に進むのが一般的です。


<2.貸主から保証会社に対する一括請求>
督促を行っても借主から返済がない場合、代位弁済の手続きが始まります。

カードローン会社(=貸主)は「保証委託契約」に基づき、保証会社に対して、滞納された残高の一括返済を請求します。


なお代位弁済に移るタイミングは会社によって異なりますが、3か月以上の延滞が目安です。


<3.保証会社から借主へ、通知と支払請求>
保証会社から貸主への支払いが完了すると、残高の返済を求める権利(=求償権)は保証会社に移ります。

保証会社から、代位弁済が実施されたことを伝える「代位弁済通知」が借主に送られ、同時に残高の返済を求められます。

<関連記事>:カードローンにも取り立てってあるの?


カードローンの代位弁済、3つのリスク

代位弁済,リスク

代位弁済が行われても、借主にとってメリットはありません。

借主は代位弁済によって、以下のようなリスクを抱える事になります。

1.借金の一括返済を求められる

代位弁済の最大のリスクは、借金の一括返済を求められることです。

借主は、代位弁済が行われた段階で「期限の利益」を失っています。


期限の利益とは、返済期限までは借りたお金を返さなくて良い権利です。

返済期限はすでに過ぎているので、一括請求されても反論する事はできません。

<外部の関連サイト>:期限の利益の喪失ってなに?

家計が苦しくて延滞してしまった人には、一括返済のハードルはかなり高いですよね

2.信用情報に傷がつく

借金の返済遅れが発生すると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

代位弁済されるのは3か月以上の長期延滞であり、いわゆる「ブラックリスト」に入るのは間違いありません。


信用情報機関に登録された延滞の情報は、金融機関の間で共有され、原則5年間は消えません。

事故情報の記録が残っている間は、新たな借り入れは一切できない点に注意が必要です。

<関連記事>:カードローンの事故情報って何?いつ消える?

3.遅延損害金の負担が大きくなる

代位弁済が行われた後も、延滞している状態には変わりません。

そのため返済が遅れれば遅れるほど、さらに遅延損害金が膨らんでしまいます。


早く返済を終えなければ、借金の総額が増え続け、返済不能に陥る危険が高まります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】遅延損害金とは?上限利率はどのくらい?

代位弁済になってしまったら、すぐに行動を起こす事が大切です

代位弁済通知が届いた!対処方法は?

代位弁済,対処法

「代位弁済で一括請求されたけれど、返済できない!」という場合、どのように対応したら良いのでしょうか?

ここでは、代位弁済になった場合の対処方法を見ていきましょう。

もし代位弁済の請求を放置したらどうなる?

万が一、代位弁済の請求が届いたにも関わらず放置してしまったら、借金はどうなるのでしょうか?

借主が請求に応じない場合、保証会社は裁判所に申し立てを行い、法的な手続きを開始します。


最終的には強制執行によって、給料や預金、不動産などの財産が差し押さえられる恐れがあります。

代位弁済の請求が来たら、絶対に無視をしてはいけません。

保証会社からの請求を無視し続けても、借金を踏み倒すことはできません。遅延損害金の負担が大きくなり、余計に返済が苦しくなるだけです

保証会社の担当者に相談する

返済が苦しくて延滞しているのですから、保証会社も、一括返済が難しい事は分かっています。

代位弁済の請求が届いたら、できるだけ早く保証会社の担当者に相談しましょう。


会社によっては、一括返済ではなく、分割返済に変更してもらえるケースがあります。

分割返済で返済が楽になる一方、返済期間が長くなり、遅延損害金の負担が増えてしまいます

弁護士・司法書士に相談する

どうしても返済が厳しい場合は、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談しましょう。

保証会社との交渉や、債務整理の相談に乗ってもらう事ができます。


たとえば、債務整理の手続きの一つである「任意整理」を行うと、利息や遅延損害金をカットできる可能性があります。

しかし債務整理を行うと信用情報に記録が残り、一定期間は新たな借り入れが出来なくなる点に注意が必要です。



以上、代位弁済の特徴やリスクについて解説しました。

督促を無視して滞納することは、信用を無くすだけでなく、自分自信を苦しめる原因になります。


家計が悪化し返済が難しくなったら、少しでも早く金融機関や弁護士に相談しましょう。

きっと、より良い解決方法が見つかるはずです。

この記事のまとめ

  • 代位弁済とは、借主がお金を返せなくなった時に、保証会社が、借主に代わって貸主に返済する制度
  • 代位弁済が行われると、債権が保証会社に移るので、借主には保証会社に返済する義務が残る
  • 保証会社は、大手の消費者金融や信販会社であるケースがほとんど
  • 代位弁済が行われると、借主は、保証会社から一括返済を請求される
  • 代位弁済の請求が届いたら、絶対に無視せず、早めに保証会社や弁護士に相談する

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング