カードローンの口コミ体験談(3):ギャンブルのせいで複数のカードローンで借金

簡単な自己紹介

私は神奈川県に住む37歳男、サラリーマンです。妻、子供2人を持つ一般的な普通の家庭を持つ者です。ただ、他の人とは少し違うのは、色々とキャッシングを経験してきたという点でしょうか。これからキャッシングを利用しようとお考えの人に私の体験談を少しでも役に立ててもらえればと思います。


なぜお金を借りようと思ったのか

まず、私がお金を借りようと思った理由は、単刀直入に言いますと、ギャンブルに嵌ってしまった事による生活苦からです。


よく聞く事があるかと思いますが、ギャンブル依存症ってやつですね。私の場合はパチンコでした。社会人2,3年目でしょうか。25歳頃だったと思います。私は当時付合い出した人がいました。現在の妻です。


当時、妻からパチンコに行ってみない?という誘いを受けた事がそもそもの始まりです。私はそれまでギャンブルは競馬を少しかじった程度で、ギャンブルそのものにあまり手を付けた事がありませんでした。妻に遊び方を教わりつつ、遊び方も知らないパチンコをやってみました。その時、1万円程の勝ちを手に入れたのです。


これがそもそもの始まりです。私はこのパチンコに勝った事が楽しく、次は私1人で行くようになりました。会社帰りにはいつもパチンコに行くほど嵌ってしまったのです。当時は、ある程度の貯金もありましたが、結局パチンコに行く事で全てが破産。明日の生活をやっていくにも苦しい状況になりました。


そんな時、カードローンというお金を借りる事を思いついたのです。私が初めてカードローンを利用した金融会社はノーローンでした。当時は30万円までを限度額にして融資してもらう事が出来ました。


キャッシングの詳しい経緯

私の場合は、実はその後、3,4社とカードローンを利用し、最終的には35歳で債務整理(任意整理)を行う事になりました。現在はクレジットカード等を持たず、現金のみで生活を送る環境にあります。


では、私が初めてキャッシングを利用した時の心境や、その時にどうだったかについて、皆さんと共有したいと思います。


まず、第一に、私が当時ノーローンを選んだ理由です。今でこそアコムやプロミス等、様々な金融業者がサービスの一環として行っている金利0円期間サービス。私が25歳だった当時は、そんな金利0円サービスを展開していたのが、ノーローンでした。ノーローンでは、最初の1週間、無利息というサービスを展開していました。


お金を借りるなら、やはり金利が少しでも低くなるようにと考えた結果、ノーローンを選びました。当時の契約は、上限30万円(すべて利用しました)、利息は18%でした。そして、もう一つは、人目にあまり付きにくい無人契約機が私の住む家の近くにあった事です。やはりカードローンは借金。借金をする事に、当時は相当な抵抗がありました。


出来るだけ人の目に付かない方法で契約をしたい。そんな後ろめたさがあった中、人目につきにくい無人契約機は、私にとって救いの場所でした。初めて利用しようと考えている人は、少なからず私と同じ様な心境な人がいるでしょう。


現在ではインターネットが普及し、それこそ人の目を気にせず、契約から利用まで様々な手段があり、誰にもバレる事なく利用する事だって可能になりました。しかし、それでも自身の心情として、後ろめたさというものは払しょくできない点があると思います。


ですが、どんな時代も、そんな心情を察してくれているのがカードローンと言えます。先ほどお話しした通り、私はカードローンを3,4社利用した経験がありますが、どの金融業者も親切丁寧で、しかもこちらの心情も考慮してもらえながら契約をしてもらえたと思います。一番最初に契約を結んだノーローンでもそうでした。


当時はインターネットの普及は今ほどではなかったため、無人契約機で契約。その後、在籍確認のため、実家に電話がかかるといった確認方法を取られました。確か、借入理由についても聞かれたと思います。私はその理由に、友人の結婚式のための費用と話した覚えがあります。


初めて無人契約機に入る時は、正直心臓が破裂するのではないかと思うくらいドキドキしました。自分はこれからすごく悪い事に手を染めるのではないかという思いで一杯でした。でも、そんな心配は無人契約機で電話対応してくれるオペレータと話すと、直ぐに解消します。


やさしく、丁寧に契約方法について説明して頂け、誰にも知られない対応もしてくれる等、まずは申し込む人に安心を与えてくれます。契約完了から実際に融資金を受け取るまでは、約1時間程です。現在では、もっと早い対応を行ってくれると思いますが、それでも最短40~50分はかかると理解しておいた方がよいでしょう。


そして、契約時に持っておいて確実なものは、運転免許証、保険証、収入証明(源泉徴収書)です。身分を証明するものとして、確実に運転免許証か免許が無い人は、保険証が必要です。これらは確実に必要です。そして、収入証明です。


源泉徴収書が一番良いですが、ない場合は給料明細(直近2ヶ月分)を確実に用意しておきましょう。但し、しっかりとあなたが勤める会社の社名が記載している必要があります。略称等で記載されていたりすると、どこの会社か明確になりませんので、源泉徴収書や給料明細はあなたの会社名がしっかりと明記されている事が確認出来る必要があります。


後、気になる点といえば、会社への在籍確認です。在籍確認は、あなたの会社へあなたが本当にその会社に在籍しているかどうかを確認する手段です。


個人名で担当オペレータから会社に電話が入る事になりますが、その時はドキドキものです。実際、ローン会社名を名乗る事はありませんので、誰からの電話は分かりませんが、個人名で会社に電話がかかってくる事自体、通常ではありませんよね。


この在籍確認では、私が在籍している事をオペレータが確認出来さえすればよいのです。不在、席外し等、そういった回答でも問題ないのです。そんな回答でもその会社に在籍しているという事が分かります。


困るのは、「個人情報なので回答しかねます」や「どなたさまですか?」等という返答で、私がその会社にいるかどうか分からない回答をされた時です。私の場合、営業の身で、普段から電話がよくかかってくる職にあるため、そんな心配はありませんでしたが、内勤等で会社に電話がかかってくる事自体少ない人にとっては、少し心配になるでしょう。


カードローンの契約は、そんな不安な点が多くありましたが、背に腹は代えられない状況では、何とかお金を融資してもらいたいという考えになるものですよね。私の場合もそうでした。


借りたお金はその後どうなったか

結局、私はその様なカードローンを数社利用し、最終的には任意整理を行う身になってしまいました。借入時は毎月15,000円の返済を行っていました。借入金額が膨らむと、返済総額は少しずつしか減りません。借りれば借りるほど、返済は難しくなります。


ですが、初めてカードローンを利用した時に素直に思ったのは、非常に助かったという気持ちです。カードローンを利用し、一時的でも普段の生活を取り戻す事が出来ましたし、気持ちにも余裕が生まれました。借りても、20万円程度までに抑えておく事が一番です。それ以上借入が増えると、本当に返済出来ない状況に陥ってしまいます。


世の中、お金がすべてではありませんが、生活する上で心配する必要がない程度のお金は必要です。私が利用した金融業者は全部で4社ありますが、一度、4社すべての借金を返済しました。少しずつではなく、一括で返済しました。当時、私は運よく会社事由により一度退職をせざるを得ない状況になり、その結果、退職金が上乗せで支払われたのです。


このお金で借入を0円にしました。しかし、また再度借入をして、現在債務整理に至っている人間ですが、困った時は困った時。借りてしっかりと返せば、借りるという行為に後ろめたさを覚える必要はないと思います。


必要な時は、堂々と借りればよいと思います。住宅ローンや車ローンだって、お金を借りているという事に違いはありません。同じように借りていると思えばいいのです。


(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

これからキャッシングを利用しようとしている人へ、これだけはアドバイスさせてもらいます。キャッシングを利用し出すと、借りているお金であるにも関わらず、それが自分の自由に使えるお金だと勘違いしてしまいます。必ずそんな状況に陥ると思います。借りたけど、これくらいなら返せるといった心情では、どんどんと借金が増えてしまいます。


出来れば、借り入れたお金は来月でも、再来月でもすべて返済してしまうといった気持ちで借り、都度完済させるという事を心がけて下さい。借金はズルズル引っ張れば引っ張るほど、完済出来ない仕組みになっています。


借りたらすぐに返すという事を常に認識し借入を行う事で、私と同じ間違えは防ぐ事が出来ると思います。カードローンもうまく利用すれば、あなたに豊かな生活を与えてくれるものだと思います。この私の経験が、少しでも皆さんの役に立てばよいと思います。


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。