カードローンの口コミ体験談(5):商売のつなぎ資金としてアイフルからキャッシング

簡単な自己紹介

沖縄県在住 50歳 男です。 初めてキャッシングをしようと思ったのは5年ほど前の年末です。
現在那覇市において飲食関係の自営業を営んでおります。通常の店舗営業に加えて年末年始にはご贔屓のお客様からまとまったご注文をいただきます。個人経営のためやはり経営資金等は常々考えているつもりです。


なぜお金を借りようと思ったのか

当時、自営業をしていた私は借金をするわけでもなく、経営もほどほど上手くいっておりました。しかし、その年の年末10月頃からいつもご贔屓にしていただいているお客様から仕事の受注がかなり増えてきておりました。

喜ばしいことではあるわけですが、如何せん材料を仕入れし加工して販売するという職業柄で、当時から材料費の高騰が続いていましたので私としてもこの先どうなるかわかりませんのでそれなりの金融機関または協力会等から借り入れをするつもりでおりました。

やはりこの業界は突発的な発注が多ございますので、それに対応できる資金力はあるつもりでおりました。


少なからず従業員もおり、当店の一番の問題は支出をどれだけ減らし、クオリティを上げお客様に満足していただくかにかかっております。
そんな折、11月に多くのクライアント様から大量の発注をいただき、仕入れ額がかなりオーバーという状況に陥りました。

固定の支出は仕事の多い少ないに関係なく、また仕入れの支払いもあります。もちろん従業員の給与、光熱費その他諸々の支出合計で、この2ヶ月間で通常支出の4倍近くの出資を余儀なくされることとなりました。
 
私には親も親族もおりますが昔から疎遠な関係でおりまして、両方から借り入れするわけにもいかず銀行や商工会などからの借り入れだと日程的にも審査が入りますから間違いなく間に合わないということです。

このことは妻にも話しました、二人でどうするべきかかなり話し合いを持ちました。


クライアントからの支払いは2ヶ月先となっており、必ず入金があることは当初からわかっておりましたので、その時だけ一時金として不足の金額を用意する状態にありました。私の妻は堅実な人間で当初大反対しましたが、私の支払い状態を隅々まで見て一括で支払いするならと聞き入れてもらえました。


しかしながら現状は、掻き入れどきの正月も挟む目前でかなり焦った状況となっており。妻には承諾を得ましたのであとはどの金融社から借りるかということだけでした。

そこでこちらにある数ある消費者金融の中から私はアイフルを使うことにしました。理由は店の近くにも住居の近くにも無人店舗があったからです。

誰にも迷惑かけず、店の品位も落とさず、この2ヶ月だけなんとか乗り切ればいい。その後に収入は必ず入ってくるのだと思っていたからでした。


キャッシングの詳しい経緯

私は住居の近くのアイフル無人店舗を利用することを決意しました。
さすがにここにきてもあまり乗り気はしませんでした。ずっと車の中でどうしようかどうしようかと悩んだことを今でも覚えています。
それは誰かに見られはしないかとか知り合いに会ってしまったらなど、今思うとくだらない悩みでした。


意を決して入店しました。ATMの奥にすりガラスの部屋が一つありました。内心心臓はバクバクして今にも口から飛び出しそうな勢いでした。
もう前のことですので詳しい経緯は思い出せませんが、呼び出しのボタンだったかを押すと目の前の電話がかかってきます。

女性の方でかなり優しい話ぶりでした。申込書に一通り記入し、デスクの隣にある通信用ファックスで送ります。さらに身分証明書、その時は免許証でしたがそれを同じように通信ファックスで送るよう指示がありました。その後2~3分待つよう言われました。


在職が確認できますか?と担当の方から問われたので、職場の電話は営業時間以外については私自身の携帯に転送していますのでもちろん大丈夫ですと返答しました。 

すると、今から確認の電話をしますのでとってください、番号はーーです。するとすぐに電話がかかってきました。職場の確認が終わるとすぐにカード発行となります。

希望限度額の審査でどうしようか迷いましたがめいいっぱい50万を借りる決断をしました。理由としては同じようなことが今後二度とないとは限らないからです。個人事業主などの商売人は結局お金に振り回されるのかとその時思いました。


発行に関しては本当にあっけないものでした。目の前にあるブラックボックスみたいなところからすぐにカードが出てきました。あとは返済項目を確認して終了です。現金の引き出しも今すぐできますのでご利用くださいとのことでした。

私は個人事業をしているということもあって電話口で後日営業所から事業主様の借り入れ専用のサポートプランがあるので連絡していいかと確認がありました。 これは必要なかったので丁寧にお断りしましたが。


キャッシングについては本当にあっけないものです。隣のATMでその日のうちに必要額40万円を引き出しました。


借りたお金はどうなったか?

もちろん、全額返済しました。あれから2ヶ月後、無事ご贔屓のクライアントから入金があり、全額支払いしました。

その後、個々の支払いを済ませ無事その年は乗り越えることができました。そのことについては承諾してくれた妻に感謝しておりますし、周りにも大変感謝しております。

アイフルからは全額返済することはあまりお勧めしないので月額の返済にしてもらえませんかという連絡が後日ありましたが、そこはお断りしました。余計なお金は払いたくありませんので。


(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

実は、後日談がありましてそのあと、数人の個人事業者の方と話をする機会があり、支払いに首が回らずお店をたたんだとか今現在も支払いをしているという人がおりました。その方達は借りる時から支払い能力あるかわからなかったという、甘い考えの方達ばかりでした。

私は未だにアイフルのカードを持っています。今回のこの件で、次年度も同じようなことが起こる可能性を否定できないと思ったからです。

幸いなことにクライアントからは必ず2ヶ月後の入金があります。しかし、この業界どう転ぶかは全く先が見えません。


この不景気の中、私には自店と従業員を養っていく責任がありますから。最終的な補償としても使わないことを前提にしております。(今は妻が管理しておりますので)問題はその前に材料の大量発注に対して当店でできる範囲を超えた場合にどう対処したらいいのか考えるということを今回嫌という程知らされたことです。 


もちろん借りないに越したことはないです。自分でなんとかするというのが本当の経営であるかもしれません。

ただこの先、私の事業がうまくいくのか失敗するのかは誰にもわかりません。もし失敗した場合 損害を被るのが私一人なら何も困りませんが従業員のことを考えるとそういうわけにはいきません。


彼らにも家庭があり生活があります、仕事がなくなれば彼らも探せば済むことですが私も事業主としてなんとかしたいと思うことに異議を唱える方はいらっしゃらないと思います。


今回私が消費者金融を利用したのは遊びたくて借りたわけではありませんし、ギャンブルなどの賭け事に使ったわけでもありません。なんとか今の生活を維持し、事業を遂行し従業員を守るためと言い聞かせています。 

一概に消費者金融を使う人間はダメ人間であるという風評がありますが、短期で一時金という形でキャッシングしている自営業者の方は多いと思いますし、そういう方々はちゃんと支払い出来るめどがありその上で借り入れをするということであれば、個人的には問題はないと思います。