銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!

キャッシングに興味がある方の中には、銀行カードローンについて詳しく知りたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

銀行カードローンという言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような特徴があるのか知らない方も多いはずです。


今回は、銀行カードローンのメリットやデメリットについて説明したいと思います。


銀行カードローンのメリットは?

まず、銀行カードローンのメリットについて紹介します。同じく、キャッシング出来る消費者金融に較べて、どのような点が強みなのでしょうか?

メリット1:低い金利でキャッシング可能



銀行カードローンは、低めの金利でキャッシング出来る点が魅力です。銀行カードローンでは、消費者金融やクレカより低めの金利で借入をすることが可能です。

銀行カードローンの金利は、銀行によって違いますが、およそ3%~15%です。これは、消費者金融やクレジットカードより2~3%低い水準です。

メリット2:借入額を年収で制限されない

消費者金融では総量規制という法律により、年収の3分の1までしか借りられません。

そのため、年収に較べて高めの借入をすることが難しいと言えます。

しかし、銀行カードローンに総量規制は適用されないため、年収による制限を気にせず借入することが出来ます。

<関連記事>:a href=”/bank10/”>総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?

メリット3:利用限度額が大きい

キャッシング出来る限度額が大きいことも、銀行カードローンのメリットとして挙げられます。



銀行カードローンの限度額はおよそ800万円~1000万円で、これは消費者金融に較べてもかなり高めです。


高額な借入を考えている方は、銀行カードローンの方が適しているでしょう。

ただし、利用限度額とは「最高でも借りられる金額」のことで、誰でもキャッシング出来るわけではありません(審査があります)。その点はご注意下さい。

<関連記事>:銀行カードローンと消費者金融の違いって何?

メリット4:専業主婦も借入可能



通常、収入のない専業主婦はキャッシングを利用することが出来ません。

しかし、一部の銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも借入をすることが可能です。

ただし最近は銀行カードローンに対する金融庁の監視が強まっており、以前に較べて専業主婦のキャッシングが難しくなっています。


加えて、専業主婦が銀行カードローンを利用するのは審査が厳しめです。

まず、旦那さんにそれなりの収入があることです。また、専業主婦がキャッシングできる金額は30万円まです。

専業主婦の方は、本当に銀行カードローンを利用する必要があるのか、今一度ご確認いただければと思います。

メリット5:イメージが良い

銀行カードローンでのキャッシングは、消費者金融と較べて安心感があります。

消費者金融で借入をする場合は、周りの人に心配される可能性もありますが、銀行カードローンだと周囲の反応を気にする必要はないでしょう。


また、在籍確認で周りにバレる心配も、銀行カードローンの方が少ないでしょう。

消費者金融は、担当者の名前で申込者の職場へ電話連絡をします。


そのため、電話に対応した職場の同僚などに、消費者金融からの電話ではないかと怪しまれる可能性もあります。

しかし、銀行カードローンの在籍確認では、銀行名を名乗って職場に電話連絡をします。

銀行からの電話であれば、周囲に借入について勘付かれる可能性は低いでしょう。


また、カード類の受け取り等で店舗に行く場合、消費者金融の場合は周りの目を気にするかもしれませんが、銀行カードローンでは銀行の支店(やATM)に行くため、知人に見られても気にする必要はないでしょう。


以上、銀行カードローンのメリットについて見てきました。

一方で、銀行カードローンのデメリットはあるのでしょうか?



銀行カードローンのデメリットは?

さまざまなメリットがある銀行カードローンですが、デメリットもあります。

借入を利用する前に、デメリットも把握しておきましょう。

デメリット1:審査が厳しめ

銀行の審査は、厳しいというイメージを持っている方は多いと思いますが、銀行カードローンも同じです。

銀行カードローンは金利が低い分、消費者金融に較べて審査がやや厳しめです。

消費者金融の審査に通っても、銀行カードローンの審査は落ちたというケースが多いです。

そのため、銀行カードローンは高収入のサラリーマンにおすすめです。

デメリット2:審査が遅い

銀行カードローンは、審査にやや時間が掛かるのもデメリットと言えるでしょう。

審査のスピードが早い消費者金融では、早ければ30~40分、遅くても1時間程度で終わります。


一方、銀行カードローンは早くても翌日、遅ければ1週間程度の時間が掛かります。

即日キャッシングなど当日中にキャッシングを利用したいのであれば、銀行カードローンは止めた方がよいです。

デメリット3:指定口座が必要


銀行カードローンでキャッシングをする場合、多くの銀行でその口座を持っている必要があります。

すでに口座を持っている場合は問題ありませんが、口座を持っていない方は新たに口座を作る必要があるため、時間が掛かり面倒に感じるでしょう。


例外は三井住友銀行カードローンでして、三井住友銀行の口座を作らなくてもカードローンが利用出来ます。

デメリット4:即日融資ができない



先ほど説明した通り銀行カードローンの審査の回答は、最短でも翌日です。

つまり、銀行カードローンでは即日融資を受けることは、絶対にできません

詳細は以下で確認して欲しいのですが、2018年1月から、銀行カードローンの申し込み者は警察庁のデータベースに照会する、という審査手続きが導入されました。

これにより、銀行カードローンの審査は最短でも2日、遅いと2週間ほど掛かることになりました。

<関連記事>:即日融資が銀行カードローンでNGになった理由とは?


銀行カードローンのメリットやデメリットを表でまとめると、以下のようになります。

銀行カードローンのメリット銀行カードローンのデメリット
金利が3~15%と低め審査がやや厳しめ
安心感があり、イメージも良い審査にかかる時間が遅め
利用限度額が大きい銀行の指定口座が必要
専業主婦も借入が出来る(銀行もある)即日融資ができない

以上、銀行カードローンのデメリットについて紹介しました。

以下では、銀行カードローンをおすすめしたい人について述べたいと思います。


銀行カードローンが向いている人は?

銀行カードローンを選ぶ方が良いのはどのような人でしょうか?以下で説明します。

それなりの収入を得ている会社員の方



銀行カードローンの審査に通るのはやや難しいと言われています。

そのため、高収入のサラリーマンの方に銀行カードローンはおすすめです。

低金利で借入・高額の借入をしたい方

キャッシングは金利が高い印象がありますが、銀行カードローンでは低めの金利で借入できます。

金利が低ければその分、利息も低くなるので返済がしやすくなるでしょう。

また、高額の借入を考えている人にとっても銀行カードローンは魅力的です。

消費者金融のような総量規制による借入額の制限もなく、利用限度額が高めに設定されているので高額な借入も可能です。

収入のない専業主婦の方

専業主婦の方は消費者金融では借入をすることが出来ないため、専業主婦の方にもキャッシングを提供している銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

ただし先ほども書いた通り、専業主婦のキャッシングは以前より厳しくなっているので、その点はご注意ください。

収入証明書を提出したくない人

出来るだけ収入証明書を出したくない方は、銀行カードローンのキャッシングが適しているでしょう。

消費者金融であれば、総量規制といった法律により、借入金額が50万円を超える場合や、数社の借入合計額が100万円を超える場合に収入証明書の提出を求められます。


一方で銀行カードローンは総量規制に適用されないため、上の金額を超えても収入証明書を提出せずに済むケースが多いです。

銀行カードローンでは、収入証明書を提出する借入金額が銀行ごとでそれぞれ異なります。

ただし、こちらについても銀行カードローンの審査が厳しくなっています。

総量規制の対象外ではあるものの、50万円を超える借り入れでは収入証明書の提出を求める銀行が増えてきましたので、この点もご注意ください。



以上、銀行カードローンのメリットやデメリットについて紹介しました。

それぞれ良い点と悪い点を理解していれば、借入を利用した際に後悔することなくキャッシングすることが出来るでしょう。

 銀行カードローンのおすすめランキング!


この記事のまとめ

  • 銀行カードローンのメリットは、消費者金融に較べて低めの金利で借入できるところである
  • 銀行カードローンは総量規制に適用されないため、年収の3分の1以上の借入が出来る
  • 銀行カードローンの利用限度額は800万円~100万円なので、高額な借入に向いている
  • 銀行カードローンのデメリットとして、審査が厳しめで時間が掛かる点が挙げられる
  • 銀行カードローンは即日融資に、一切対応していない
  • 銀行カードローンがおすすめなのは、高収入の会社員や低金利でキャッシングしたい方

人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング