カードローンの口コミ体験談(10):30日無利息キャンペーンを利用してプロミスでキャッシング

簡単な自己紹介

私は愛知県在住の37歳、男性です。学生の頃から金銭の管理にやや問題があり、知人や友人に数万の借金をした経験もあります。

初めてキャッシングしたのは2016年11月です。給料の手取りは15万円/月程度でその中から毎月3万円は積み立て預金に充てています。積み立て預金は会社で管理しているため、私個人の意思では簡単に切り崩せません。

なぜお金を借りようと思ったのか

私は会社での役職が上がるに連れて飲みごとが多くなり、平日に1日、週末に1日は飲み会の対応をしています。

通常の飲み会であれば4000円程度/回で済むため、手取りのお金で充分賄えますが、2次会や3次会でスナックやキャバクラ、ガールズバーといった所へ行く機会も多く、私の手取りはほぼ飲みごとで消えています。


多少残った金額も車のメンテナンスや趣味であるゴルフやその他のスポーツ用品を購入する為、貯金などありませんでした。

そんな中、数年に渡り一緒に食事へ行く程度であった女性の友人と突然交際することになりました。私は飲みごとの回数を減らす様に努力し、週末に彼女と過ごす時間を大切にしていました。週に1度は近くの県外へ出掛けたりするなどして、交際は順調でした。


そんな中、彼女から週末に1泊2日で横浜旅行の提案がありました。彼女は私たちが友達だった時から横浜へ行くのが当面の夢だと私に話してくれたことがあり、私は絶対に連れていってあげたいと思いました。

普通であればとても嬉しい話なのですが、私はその時、全くお金の余裕がない金欠状態でした。どうやって旅行へ行くお金を用意しようかと様々なことを考えました。


まさか年金で生活している両親にお金を借りる訳にもいかない、新婚の妹にお願いする訳にもいかない・・・・。上司や同僚にお金を借りることも考えましたが、お金を貸して欲しいとお願い出来る様な関係の人間は私の周りにはいません。

結局解決案を見出すことが出来ず、私は消費者金融からお金を借りて旅行へ行くことを決心しました。勿論「借金をしてまで旅行へ行く必要があるのか?」と、何度も自問自答しましたが、私はキャッシングすることを決心しました。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?


キャッシングの詳しい経緯

消費者金融といっても最近は様々な消費者金融があります。私の近所だけでも消費者金融の店舗が4つもあります。

借り入れをする間際、私はどこから借りたら一番効率が良いかをインターネットで調査しました。11月の初旬にお金を借りて、約1ヶ月で完済するつもりでしたので、30日間無利息の特典があるプロミスから借りることに決めました。

プロミスの店舗は徒歩でも10分圏内にあり、最も近所に店舗があったのも理由の1つです。

<関連記事>
プロミスのカードローンでキャッシングしたい方


ずっとモヤモヤしたまま平日の仕事をこなし、ある週末に私は運転免許証と源泉徴収票を持ってプロミスの店舗へ行きました。

運転免許証と源泉徴収票を持っていった経緯はインターネットで必要な書類を調査したが、「店舗契約で必要な書類」と明記された記載を見付けることが出来なかった為、本人確認及び収入確認が出来るものを用意した為です。


店舗の中はATMが1台と無人契約機コーナーと書いてある閉ざされた部屋が1部屋あるだけで、とても静かで狭い空間でした。少し緊張しながら無人契約機のある部屋の扉を開けようとしたらロックが掛かっており、誰かが契約中の様でした。

30分ほど店の外で待った頃、プロミス店舗から中年の女性が出てきたので、私はすぐに店舗に入り、無人契約機が設置されている部屋に入りました。


私が部屋に入ると、オートロックシステムが起動し、「カチ」とロックの掛かる音がして、改めてとても緊張しました。

無人契約機の前には椅子が用意されており、私がその椅子に腰かけると女性オペレーターが「いらっしゃいませ。今日はどの様なご用件でしょうか?」と、問い掛けてきました。理由は分かりませんでしたがその時、私の手足は震えていて、唇や喉もとても乾燥していました。


私は新規契約に来た旨を伝えると、持参した書類などを確認されました。オペレーターは契約に必要な書類が揃っていることを確認出来た様で、初めに契約書を記載するように依頼されました。

依頼の中で今回の契約に当たり、いくら融資を希望しているかを聞かれた為、「私は10万円でお願いします。」と、答えました。


決して寒い訳では無いのに手が震えていてかなりいびつな文字で契約書を書いたのを良く覚えています。契約書を記載している最中、私はとても虚しい気持ちになりました。

「今更だけど、どうしてこんなことになったのだろう?お金を借りて本当に大丈夫なのか?」と、ここでも自問自答を繰り返していました。


契約書の記載が終わると、契約機に設置されたスキャナで読み込みを行う為、契約書をセットする様に指示されました。

私は指示通りに契約書をスキャナにセットしました。スキャンしている最中はスキャナの音が聞こえましたが、スキャンが終わると静かな空間で10分ほど待ちました。


すると「おきゃくさまー!」と元気の良いオペレーターの声が聞こえ、今度は免許証、源泉徴収証を順にスキャンする為、スキャナにセットする様に指示されました。

契約書のスキャンと同様、私は指示通りにセットし、スキャンが終わると再び10分ほど待ちました。


契約機に設置されたスピーカーから聞こえる女性オペレーターの指示や依頼に対して私は黙々と対応したことで、契約は着々と進んでいる様に感じましたが、書類や本人確認の際には10分前後の待ち時間があった為、時間がゆっくり、ゆっくりと進んでいる感じがしました。

どのくらいの時間が経った頃でしょうか?


私が無人契約機の前に腰かけてから1時間が経過したころようやくオペレーターから融資可能とのお話を頂けました。

契約書記載の際に初回の借り入れ希望金額は10万円で提示していたのですが、オペレーターから借入れ枠は50万まで可能との話を頂き、契約枠をいくらに設定するか質問されました。


私は特に何も考えずに、「では借入れ枠50万円でお願いします。」と答え、契約をしました。

この時点でようやく安堵感が出てきて、リラックス出来ていたと思います。契約後、私はオペレーターから受けた説明通り、店舗内のATMコーナーへ向かい10万円を引き出して帰宅しました。

借りたお金はその後どうなったか?

借りたお金は翌週、当初の計画通り旅行へ使いました。車のガソリン代、高速代、横浜での夕食、ホテル代、帰りのお土産代でほぼ全て使い切りました。そして翌月の冬の賞与(ボーナス)で一括完済しました。

<関連記事>
消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?


(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

キャッシングを利用するのは生活費の補填や事故をしてしまった際の保証費など急を要する際に限定するべきだと考えます。

この記事を読みながらこれからキャッシングをするか、しないかを悩んでいる方がいらっしゃれば、これだけははっきり申し上げます。急を要する場合を除き、キャッシングは絶対にしない方が良いです。


借りた後に強く感じたのですが、理由は下記2点です。利息(利子)の観点からレジャーやその他急を要さない理由でれば、我慢するもしくは先送りするべきです。年利18.0%での借り入れは利息を払うだけでも大変です。

どうしても借りたいのであれば無利息で親や親族、同僚から借りる方が効率的です。


理由の2つ目はそもそも消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど人に言えないような行動を取るべきではないです。

人に言えない行動を取ってしまうと、そこから心に闇の様な物が出来てしまい、完済までの期間中ずっと人として大切なものを失ってしまうのではないか?と私は考えます。


現に私は彼女の為にキャッシングをしたはずなのに、キャッシングのせいで私の心の中では彼女との微妙な隙間が生じてしまい、現在交際は順調とは言えません・・・。