カードローンの口コミ体験談(11):優遇金利でじぶん銀行カードローンでお金を借りる

簡単な自己紹介

私は26歳岩手県在住の男性会社員です。初めてカードローンを利用したのは、24歳の頃でした。当時は一人暮らしをしており、家賃が4万円、車のローン支払いが月2万ありました。

手取りは15万円ほどでした。ボーナスが年二回出る会社でしたが、車のローン支払いでほとんど無くなってしまうため、普段の生活は節約を意識していました。

なぜお金を借りようと思ったのか

当時は家賃やローンの支払いで手取りの半分近くが無くなることに加えて、職場の飲み会や取引先との付き合いが多く、交際費がかなりの出費になっていました。

日々の生活の中でなんとか貯金を心がけていましたが、なかなか貯まらず、ある日飲み会が連日続いた際に一通のメールが届きました。


それは口座を持っていたじぶん銀行からのカードローンの案内でした。内容は、どこにでもあるようなDMの文面でしたが、auを利用している方は金利を引き下げるという一文に目がいきました。

当時は金銭的にも厳しかったこともあり、早速じぶん銀行のサイトで検索することにしました。


キャッシングの詳しい経緯

もともとクレジットカードを持っていたこともあり、普段からちょっとした買い物で利用していたので、借入には大きな抵抗はありませんでしたが、クレジットカードのキャッシングの金利は14.5%と高く、利用には至ってはいませんでした。

しかし、じぶん銀行のサイトを確認してみると「auユーザーなら0.1%金利優遇」、「金利が2.2%~17.5%と幅広く設定されている」、「限度額300万円までなら収入証明書が不要」という点が分かりました。

また、利用可能なATMもほとんどのコンビニで利用可能であることもあり利用しやすいと思い、早速申込み手続きを行いました。

<関連記事>
カードローンの返済方法や返済金額の計算について


申込みはWEBで完了という案内の通り、スマホでじぶん銀行のサイトからauIDを入力した後、申込画面を開き、氏名、住所、生年月日、勤務先、年収などを入力していきました。


私は、当時じぶん銀行の普通預金口座を既に持っていたので本人確認資料が不要とのことで簡単に手続きができました。口座を持っていない方でも、免許証等の写真を送ることで口座開設と同時にカードローンの申込みができるようでした。

その後、申込画面の案内の通り、必要事項の入力が終わってしばらくすると申込みを受付けましたとのメールが届きました。


申込みの次の日には特に連絡がなく、まさか審査に落ちたのではと不安になりましたが、その次の日に申込時に入力した携帯電話にじぶん銀行から連絡がありました。内容は申込みの内容で審査をした結果、限度額と金利が決まりましたとの連絡でした。

当時は限度額150万円、金利8.6%で契約可能と案内を受けたため、保有していたクレジットカードのキャッシングよりも金利が安かったこともあり、すぐに契約することとしました。


その時電話で、すぐにじぶん銀行の預金口座に資金を振り込むことができるがどうしますかとの案内もありましたが、すぐにお金が必要でなかったことに加えて、カードは早ければ10日前後で届くとのことで、カードが届いてから利用することにしました

職場への連絡もあるようですが、私の場合はなかったと記憶しています。その後カードローンが郵送で自宅に届きました。中にはカードのほか、返済条件や利用方法が記載された説明書と規約などが封入されていました。


じぶん銀行のカードローンは、ATMを使って自分のタイミングで返済する方法とじぶん銀行の普通預金口座から自動的に引き落とされる方法のどちらの方法でも返済することができます。

また、自分で返済日を指定することのできる期日指定返済と35日ごと返済の2種類を選ぶことができます。私の場合は、なるべく給料日の後の余裕ができたタイミングで返済しようと考えていたので、給料日の5日後を指定しました。


返済額は利用している金利と借入額に応じて段階的に上がっていくことになるそうで、私はカードが届いてから10万円を早速利用したところ利用明細書に次回返済額1,500円と出ました。

その後、交際費や友達の結婚式などのお祝いなど出費が続き、半年で限度額150万円に対して50万円ほど利用することになりました。当時の月々の返済額は7,500円ほどでしたので、遅れもなく利用していくことができました。


契約してから1年ほど経った頃にじぶん銀行から電話がありました。返済に遅れがなかったので心当たりがありませんでしたが、電話に出てみると限度額の引き上げの審査をしてみないかとの案内でした。

電話で詳しい内容を聞いてみると、利用実績に問題がないとのことで、審査の結果によっては限度額の引き上げと金利の引き下げできるかもしれないとのことでした。


当時は8%台での利用でしたし、審査には特段申込みの手続きが必要ないとのことでお願いすることにしました。

限度額引き上げ審査の案内に返事をしてから翌日の朝、早速じぶん銀行から電話があり、限度額を200万、金利を7.8%にしますとの案内がありました。電話で契約内容が変更となる旨の案内の通り、後日書面でも契約内容の案内のお知らせが届きました。

<関連記事>
消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいこと


借りたお金はその後どうなったか?

なんとなく申込みをしてみたカードローンですが、現在でも生活費が足りない際には利用しており、現在の残高100万円ほどです。

返済額も10万円増えるごとに増加していく仕組みなのでそこまで毎月の支払いには困っていませんが、やはり100万円を超えてくるとフリーローンの方が金利面でも安いのではないのかと感じることもあります。


しかし、繰り返し使えるカードローンはいざという時に利用することができますし、コンビニATMで簡単に借入や返済が可能なのでとても利便性が高いと感じています。

今後も会社での飲み会や冠婚葬祭などが増えてくるので、引き続きカードローンのお世話になる機会が出てきそうです。

<関連記事>
カードローンの申し込みからキャッシングまでの手順


(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

キャッシングをする際にまず気を付けて頂きたいのが、しっかりと返済を続けていくことです。やはり融資は信頼が大切ですので、約束された通りの期日にしっかりと返済していくことが何より大切だと思います。

私の場合、限度額の引き上げの案内がありましたが、後日インターネットで調べてみると、しっかりとした返済実績を持っている人に案内をしているようでした。


もちろん、返済が滞るといわゆるブラックリストに載ってしまうので、新たな借入れをすることは難しくなると思います。

また、返済しやすい借入条件であるかどうかも大切になると思います。じぶん銀行のカードローンは、ほとんどのコンビニATMで返済可能ですが、他社の中にはまだまだ専用ATMや口座引き落としでしか対応していないものもあると聞きます。


自分のタイミングで借りたいだけではなく、返したいタイミングでしっかりと返済していくことが大切です。

カードローンを取り扱う金融機関はどんどん増えてきました。私もじぶん銀行のカードローンを契約してから参考として他社のカードローンと比較することもありますが、金利や限度額など多種多様です。


申し込みについても郵送でのやり取りが必要なものや店舗に赴いて手続きするものなどたくさんの商品があります。

その中から自分にあったカードを見つけることは大変だと思いますが、まとめサイトや比較サイトなども充実しているので、それぞれ比べてみるのも面白いと思います。


私の場合はじぶん銀行のカードローンを即決するような形で申込みをしましたが、借入をする前に情報収集をしっかりとして、融資を受けるとはどういうことかと考えることも大事だと思います。

自分のタイミングで利用ができるカードローンですが、簡単に借りられるということは、自分を信頼してもらっているという自覚を持って上手く付き合っていくことが大切だと思います。


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。