口コミ体験談(8):ガールズバーに行くのにバンクイックから借りる

東京都在住26歳。男性です。

初めて借り入れをしたのは、25歳。

IT企業のエンジニアから商社の営業職へ転職して、1か月目の時でした。

転職先のお給料は、月給25万円ほどでした。

なぜカードローンを利用しようと思ったのか

当時の私は、クレジットカードの返済ができなくなる寸前でした。

転職する前の私は、IT企業(東証マザーズ)に勤務するエンジニアでした。

東京から小田原まで、新幹線通勤を行っておりました。


交通費は会社もちで、月に約9万円だったと思います。

この金額は毎月振り込まれていました。

月収は22.5万円ほどで、ボーナスは年俸制のため支給されない会社でした。


交通費を含めた手取りだと26万円ほど月に振り込まれていました。

25歳で交通費を含めた手取りが26万円という金額は、周囲を見ても、なかなかいませんでした。

交通費をガールズバーに使ってしまう

9万円をすべて、交通費にまわせばよかったのですが。

25歳の遊び盛りで、新幹線通勤と長時間労働の反動で、都内のガールズバーや居酒屋で飲みつづける日々が続きました。

とうとう交通費を除いた、17万円以上の金額を月に使うようになりました。


その後、小田原勤務が終了するタイミングで、転職することが決定しました。

月2万円の給与アップ、そしてボーナスが年に2回支給されるという条件でした。

新幹線通勤終了と同時に、手取りは19万前後になりました。

しかし、「新しい会社に行くのだから」と、時計やバックなど身の回りのものを新しくしました。

転職する前の月も、19万円以上の金額を使っていました。

<関連記事>:口コミ(12):七十七銀行カードローン(77スマートネクスト)を使った

クレカの支払いが追い付かなくなりカードローンに

翌月になると、クレジットカードの支払いができなくなりそうでした。

どこからお金を得るか考えましたが、周囲に相談することもなく「カードローン」を選択しました。

年収も上がり、ボーナスも支給されるので、すぐに返済できるだろう、そんな安易な気持ちで契約しました。

しかし、転職先の会社は私の期待どおりにはなりませんでした。

<関連記事>:カードローンとクレジットカードの違いは?


バンクイックを利用した詳しい経緯

先にも申し上げましたが、転職後1か月目にカードローン契約を行いました。

借り入れを行うことは、やはり抵抗はありました。

会社の同僚に知られたくないと思った

「会社にバレたくない」、そんな気持ちが強かったのです。

面接を担当した上司も「借金はないか」と聞いてきたような人なので、内緒にする必要はありました。

しかしカードローンは、在籍確認はどうしても発生します。


在籍確認されても、問題ないような環境もあるとは思っておりました。

私は新規営業を担当することになったので、金融機関等にも電話テレアポを行っておりました。

また転職したので、金融機関の情報は変更していました。

<関連記事>:カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?

幸い、在籍確認が夜だった

上記の条件であれば「営業や転職した時の在籍確認だろう」と思われるかもしれない。

そう思って契約をすることにしました。

幸いにも在籍確認の電話は、夜遅い時間で社員は1名しか残っていない状況でした。


私の同じタイミングで入社した方がおり、その方がlineで銀行から連絡があったことを私に報告しました。

私はすぐに「今日、新規で営業をかけました」と切り返しました。

なので、バレることもありませんでした。


電話の後、借り入れ可能であることを担当の方から連絡がありました。

その日のうちに勤務先近くの銀行で、借り入れ手続きを行い、契約をしました。

借りたのは、三菱UFJ銀行のバンクイックというカードローンです。

<関連記事>:【利用者が投稿】バンクイック借り入れの口コミ一覧

限度額50万円で、23万円を借りた

限度額は50万円。すべてを使うつもりはありませんでした。

クレジット返済にあてて、残りは給与やボーナスでまとめて返そう。

そんな安易な考えで、23万円借りました。

しかし、そんな考えはすべて打ち砕けてしまうことになります。

<関連記事>:初めてのバンクイック(三菱UFJカードローン)、審査について
 

借りたお金はその後どうなったか?

毎月1万円ずつ返済はしていましたが、使ってしまうという状態でした。

転職先の勤務条件は、当初聞いていた話と全く違い、収入が想定より大きく下回りしました。

加えて、職場の人間関係が最悪で、仕事をひどいストレスを抱えるようになりました。

ガールズバー通いが止まらず、返済で苦労した

そうしたストレスを解消するため、ガールズバーに一層通うようになりました。

転職先でのストレスに負けて、これまで通りガールズバーや居酒屋でお金を使っていました。

早くカードローンを完済したかったのですが、収入も増えない状況で、難しかったのです。


転職先では、最後に上司と大喧嘩になり、会社を辞めました。

バンクイックの借り入れは、結局1年半続きましたが、最後は無事完済できました。


これからカードローンを利用する人へ

借り入れ自体は、計画を立てて行うことができれば、「カードローンは悪い」ということはないと思います。

むしろ生活のなかで、どうしても必要な時はあると思います。

お金が必要になった場合は、計画的に返済する予定を立てて、借り入れをすれば良いと思います。

ストレスをお金で発散する発想は危険

私は仕事のストレスをお金で飲食に発散するという、最悪なケースに陥ってしまいました。

アドバイスできる立場でもありません。

ですが、キャッシングを行う前に、自ら置かれている環境を考えてほしいと思います。


お金を使うことで、日々のストレスを発散している状況は要注意です。

まずは、自分が置かれている環境を変える行動をとるべきだと思います。

もし私と同じような境遇に置かれているような人がいるなら、すぐに環境を変える行動をとってほしいです。

それは新しいスタートです。

そのタイミングで、返済していけばよいともいます。


人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング