カードローンの口コミ体験談(15):離婚後の生活費のため三井住友銀行カードローンでお金を借りる

簡単な自己紹介

東京都在中43歳 男性です。 離婚を機に一人暮らしを始めたのですが、家の貯金は全て元妻が握っていたのでどのくらいの預金があったか明確ではありませんでした。

離婚はこちらから打診し、協議離婚をしたのですが、元妻より提示された預金総額を折半し、私の分与分は全て子供の養育費に充てる計算で、手持ちのお金が「0」の状態で離婚が成立しました。

なぜお金を借りようと思ったのか

半分ケンカ別れの様に家を飛び出しました。幸い実家が近くなのでしばらく世話になることを前提に、離婚が成立するまで実家で暮らし、勤務先も近くでしたのでとりあえずの生活はできていました。

別居状態の時も給与口座は妻が握っており、また子供も二人いますので生活費を脅かすつもりもありませんでしたので、そのままにしておりました。


実家にいることでお金もそれほどかからない生活を送っていました。別居して半年間、定期的に妻とは離婚について話し合いをし(メールで)ましたが、基の生活に戻りたくない私は、復縁を求める妻を頑なに拒み、やっと離婚が成立しました。

そして財産分与の話になり、向こうが提示してきた金額は月額15万円の養育費。今までの貯蓄を折半し、先に充当しても子供が成人するまでは毎月10万円の養育費を支払わなければならない提示を私は飲みました。


同時に仕事にも嫌気がさしていた私は転職もしましたが、しかし賃金は現状より低下してしまいました。なんとかなると、どんぶり勘定で転職をし、実家をでて一人暮らしを始めましたが、給料だけでは毎月のやりくりが火の車となってしまいました。

一人暮らしの場所は埼玉県さいたま市で家電付きの賃貸を借りました。間取りは1Kです。家賃は月65000円でしたが、+電気代、ガス代、水道代、今までは妻が全部管理しており自分でやるのは初めてでした。


そこに会社で使う交際費や昼飯代や食費などなど。養育費の10万円というのは大きく響き、毎月カツカツの生活を送っていました。

毎日財布とにらめっこし、昼飯代も節約、食べないときもあり、晩御飯もスーパーで買った冷凍食品やカップラーメンばかりで精神的に参り、酒やたばこは増える一方、新しい会社での責任の重圧も響き、心身ともにボロボロになってきました。


また、一人暮らしをするときの敷金、礼金、引っ越し費用も持ち合わせがなかったので恥ずかしながら親に10万円借金しました。それでもたらないので、もともと持っていたイオンのキャッシュカードで20万円キャッシングをしてその場を繋ぎました。

後からイオンキャッシングの請求明細を見た妻から連絡がきましたが、引っ越しのため使ったということでそちらは元の貯金から差し引くということで合意されました。


そして毎月の収入では食生活がまともに賄えない状態になり、副業を探し、クラウドワークスと言うネットビジネスで副収入を得ることができ初め、その分でなんとか毎月を凌いでいる状況となりましたがそれでも不安で、いざという時のためにお金を借りられる状況にしなければならないと思い、たまたまみていたTVCMに興味をもちました。それがカードローンでした。

離婚するまではお金の心配など全くしていなかったのでそんなCM興味もなかったのですが、そのCMが急に神様みたいな存在に思えました。そして、急場をしのぐ安心感を得るためにキャッシングでお金を借りようと決心しました。

キャッシングの詳しい経緯

正直、私は生活費の管理など今までやったことなく、銀行のATMすらまともに扱ったことがない人間でした。しかし、家を飛び出し、一人暮らしを決断してしまったからにはお金は待ったなしでした。どこでもいいからお金が借りられるところ・・・。

消費者金融は昔の不祥事で有名どころの消費者金融は殆ど銀行系に吸収されており、銀行がバックにいるなら変なことはされないだろうという安心感はありましたが、とても金利が高いのです。


しかしそんなことも言ってられず、お金を借りなければならない状況に陥っていました。そして私はたまたまTVCMで見た「三井住友カードローン」からキャッシングをすることにしました。

本来であれば複数のカードローン会社を調べ、金利など比較検討するべきなのですが、離婚と転職で精神的に参っており、深く考える気持ちの余裕がなく全く比較はしませんでした。


また、きっかけはそれだけではなく、会社の給与振り込みも先も会社指定で三井住友の口座を作らされていたので、全く関係ない銀行よりは多少信用してもらえるかな?と思い申し込みました。

申込方法は銀行の専用ATMで免許証などの身分証明書をスキャンする形で、対面する必要がない形でした。申し込み終了後2~3日で携帯電話に申し込み確認の電話がありました。


私は緊急時にお金が必要になった時のために私は限度額いっぱいに設定して申し込みましたのでその金額は400万円という高額申請をしていました。

しかし電話審査で400万円の使用目的を聞かれましたが、すぐに使用する目的ではないが限度額は高い方が安心すると伝えました。しかし400万円の限度となると、会社に在籍確認する必要があると言われました。


しかし新しい会社には入社したばかりで、カードローンを申し込むなんて会社に言うことができず、仕方なくカードローンを断ろうとしました。しかしカード会社も契約が欲しいのか、限度20万円なら会社に話を通さなくても大丈夫と言う話をしてきました。

当時の私からすると20万円でも助かる金額なのでそれでお願いし、すぐに借りる訳ではないですが、いざという時の多少の安堵感を得ることができました。


しばらくするとやはり20万円では不安でしたので電車の広告でみたモビットにも追加で申し込みを入れてみました。こちらはネットで申し込みをし、同様に携帯に申し込み確認の連絡がありましたが、会社に在籍確認をとらなければ契約できないと断られてしまいました。

毎月の多少の不足分をカバーするためにカードローンで借りた金額は当初8万円で毎月最低返済額の1万円を返済し、ちょうど完済するぐらいのときにさらに状況が変わってしまいました。


昨年11月にまた転職をし、東京に引っ越しをすることになりました。少しずつ貯金をして10万円ほどは貯めましたが、敷金礼金で40万円必要となり、新たに40万円の借金をしました。

借りたお金はその後どうなったか?

現在進行形で返済を行っています。現在まだ残高は38万円です。総額40万円までは毎月1万円の返済でOKなので最低限の金額を毎月収めています。

しかしお金に余裕のない状態は変わっていませんので、この状態を打破するにはやはり本業の収入を増やすしかありません。


不安を解消したいので、再度他の金融機関でカードローンを申し込もうともしましたが、返済能力がなければ同じことなのでやめました。このままのペースでは3年以上返済にかかってしまいますので早く完済できる様に努力するつもりです。

ネットでの副業ビジネスは毎月コンスタントに稼げるわけでなく、また仕事を探す作業も発生し時間を費やす必要がありますので実労働で収入が読める作業的な仕事が良いのですが、本業の仕事が終わってからとなると深夜など寝ずに働くことは年齢的に体力が持ちません。


安定した収入を得るまで現状の本業+ネット副業で頑張る予定です。

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

私の場合、貯金もない状態+毎月の10万円の養育費という責務を背負いながらも勢いで離婚をし、一人暮らしをスタートさせてしまいましたが、冷静に判断をすれば財力を蓄えるまでは離婚をするのは時期尚早だったと思います。

離婚問題、転職活用、どれもお金に関する問題を背負いながらも勢いや感情的に身を委ねてしまったことが大きな問題点でありました。


結果論としてタラレバになってしまいましが、当時の精神的苦痛はすぐにでもその環境から逃げたい一心でしたので自分の不甲斐なさは認めますが、致し方ない結果だと思います。

今金銭に困っている人で借りるか悩んでいる人にアドバイスとしては、窮地を凌ぐためにはカードローンと言う手は有効だとは思います。


しかし、高い金利を支払わなければならない状況なのは事実であり、無理せずとも返済能力があることが前提で、計画性を持った生活を全うに送れる人がやむなく借りるという場合にのみおススメします。

無計画で先行きの見通しが立っていない人は、むやみにカードローンを利用するべくではないと思います。


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。