カードローンの口コミ体験談(16):みちのく銀行カードローンでスキー用品のお金を借りる

簡単な自己紹介

青森県在住35歳の女です。お金を借り入れたのは28歳のころです。当時メーカーにOLとして勤務しており、手取りで月額15万円ほどいただいていました。

なぜお金を借りようと思ったのか

スキーが欲しかったため。スキーを購入する前にスノーボードや車のタイヤなども購入したため、スキーは分割で支払いたいというのが理由です。

また財形貯蓄をしていたのですが、こちらを崩さずにやりくりしたかったというのも理由の1つです。「財形には手をつけないで返済できる方法」ということでカードローンを選択しました。


消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用しました。たまたま会社のメインバンクがみちのく銀行という地銀だったことから、みちのく銀行のカードローンを利用した次第です。

キャッシングの詳しい経緯

ウィンタースポーツ大好きの私は、毎週末はゲレンデでスノーボードやスキーを楽しむ生活を送っていました。

この年、スノーボードを新調しました。その際はボーナス払いで一括での購入です。またちょうど車のタイヤも買い替えの時期だったのでこちらもボーナスで買い換えました。これでボーナスはほとんどなくなりました。


そんな矢先、どうしてもほしいスキーに出会ってしまいました。しかしボーナスはすでに使っており、その他のお金は財形貯金していることから、お金を引き落とすのに手間がかかります。

スキーはスキー板、靴、ストックの3セットで39000円ほどです。お正月のセール商品で半額ほどで販売されていました。これはとてもお得です。すっかり欲しいモードのスイッチが入ってしまい、「お金をどう捻出しようか?」と考えていました。


私の勤めていた会社はメインバンクが青森の地銀でおなじみのみちのく銀行だったので、みちのく銀行を調べてみることにしました。みちのく銀行を調べてみるとカードローンについても取り扱いがありました。

また消費者金融でもお金を借りることができるのは知っていたのですが、返済できず大変な思いをしている友人がいたので消費者金融から借りるのは避けたいと思っていました。後で調べてみると条件付のものは銀行のカードローンよりもお得なものもあることがわかりました。


翌日カードローンを借りるにあたり、みちのく銀行へ向かいました。免許書と印鑑、通帳を持参し、あらかじめ欲しい商品名と価格もメモしていきました。

まずは受付番号をもらいます。ちょうど仕事の外出があったので、そのタイミングで手続きをしました。昼休みなどは混雑しており時間がかかるので、その他の時間帯で手続きを行いたいと思っていました。まさしくこの外出はナイスタイミングでした。


私の番号が呼ばれ、担当の方と話をしました。担当の方は50代くらいの女性です。担当の方と話をしていてカードローン「トモカ」というローンが該当になることがわかりました。使用目的では事業資金以外なら基本的に何でもokとのことでした。

借りたい額を聞かれたので「4万円ほどです。」と答えました。返済については10万円までは一律年利14.0%とのこと。きりのいいところで12回払いにすることにしました。


4万円借りた場合、返済金額は45600円となります。これを12回払いに設定しました。毎月3800円の返済です。

担当者と話をしていたとき「利息がけっこうかかるな」という印象を受けました。利息だけで5600円ほどです。しかし12回払いだと月々たったの3800円ですし、返済の負担もそんなにないので借りる方向で決意しました。


この後、審査があるとのこと。審査は多少時間がかかるそうで「明日の午前中に電話にて回答させていただきます」と言われました。

翌日電話がかかってきて、無事審査が通ったと連絡がありました。カードローン枠は10万円でした。お金は通帳に振り込まれているので確認してくださいとのことでした。昼休みに早速ATMに行ったところお金が振り込まれていました。


スキーについてはあらかじめお店に取りおきをお願いしておいたので、仕事が終わってからお金を持って購入しに行きました。

借りたお金はその後どうなったか?

借りたお金ですが、特に問題なく返済し続けました。給料もみちのく銀行の通帳に振り込まれるシステムだったので、給料からそのまま引かれる形で返済となりました。

夏のボーナスで一括返済するか迷ったのですが、この当時相次いで友人の結婚式や出産祝いがあり、金欠状態だったのでボーナスはストックしておくことにし、そのままローンを払い続けました。


私のそうですが周りの友人もこの当時「結婚式貧乏」状態の子が非常に多かったです。祝儀などが毎月のようにかかるのでお金のやりくりに大変といった声が多く聞かれました。こうした状況は1年から2年近く続きました。

ローンはなるべく避けたいといった気持ちはわかりますが、無理をしないことも大事なことだと思います。せっかくの20代なので遊びも思いっきり楽しみたいところです。


私は幸いOLで毎月決まった給料をもらえたこと、また実家だったことから返済についてもそこまで苦ではありませんでした。また車のローンがなかったことも大きな要因かと思います。

これが最初のカードローンなので抵抗がありましたが、無理なく返済でき、かつどうしても欲しかったスキーを定価の半額程度で購入できた喜びは他に変えがたいものがあります。


高校を卒業してからお金のトラブルに巻き込まれる人もいることでしょう。私の友人もそうした人が実際にいました。親から借りる人もいましたが、消費者金融でお金を借りて元金に近い利子を支払わされたという人もいます。

車のローンで苦労していた人もいました。こうしたことから自分の中で「消費者金融からは借りてはいけない」といったイメージを持っていたのも事実です。


周りがたまたま借り方に問題があったり、利子が高い消費者金融から借りたという人がいたためそうしたイメージを持っていたわけですが、内容によっては銀行のカードローンより消費者金融の方がメリットがある場合もあります。

消費者金融は銀行と比較して審査が大変通りやすいのも特徴です。私の場合、12ヶ月できっちり返済し滞りなく支払いが終わりました。また返済完了時には周りの友人の結婚や出産もだいぶ落ち着いてきてお財布事情も前ほど苦しくなくなりました。

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

定職についていて銀行のカードローンが借りられる人は銀行のカードローンがおすすめです。

給料振込みになっていると利子がお得になるケースもあるようです。消費者金融についても条件が悪くないものもあります。比較して駆りやすい方から借りるといいでしょう。


銀行の場合、消費者金融より審査が厳しく定職についているかどうか?など審査されます。アルバイトや仕事をしてしない人は消費者金融が良いかと思います。

女性は特に28歳前後は周りの結婚式や出産などが続き、お財布状態が厳しい人もいることでしょう。そうした人は銀行カードローンを利用するのもおすすめです。


返済についても早く返済したい気持ちはよくわかりますが、無理がない返済額で返済するのがベストかと思います。無理をするとストレスになりますし、出費対応についても考えないといけません。

また複数ローンもおすすめはできません。私は車のローンがなかったのでスキーのローンのみの支払いでした。車のローンですが、このときは親にお願いしてお金を借りて毎月返していました。


車のローンがまだあったら恐らくカードローンではなく、財形を崩してスキーを購入していたと思います。

キャッシングは怖いといったイメージを持っている人もいるかと思いますが、次のことを頭に入れて借り入れする分には問題はないかと思います。


(1)複数ローンは避ける(できればローンは1つのみ)
(2)毎月の返済額は5千円以内に抑える
(3)返済がある程度の年月を要しても決して無理はしない

ぜひ参考にしてみてください。