【元銀行員が解説】カードローンの限度額は?いくらまで借りられる?

カードローンって、実際のところ、いくらまで借りられるのでしょうか?


最大800万円とか1000万円なんて広告を見かけますが、誰でも借りられるのでしょうか?

今回は、カードローンの借り入れ限度額について詳しく解説します。


カードローンの限度額は、どうやって決まる?

カードローンの限度額は、どうやって決まる?

カードローンの借り入れ限度額は、大まかに言って以下の3つの要素で決まります。

・カードローン会社の設定する(最大)借入限度額
・消費者金融の場合、年収の1/3まで
・カードローン審査


一つずつ見ていきましょう。

最大の借り入れ限度額は決まっている

カードローン会社は、融資可能額に上限を設けています。

以下は、大手消費者金融の借入限度額です。

消費者金融 (最大)借入限度額
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
アコム 800万円
アイフル 800万円

表から分かる通り、消費者金融の借入れ限度額は、500万円から800万円を上限にしています。

以下は、大手銀行カードローンの(最大)借り入れ限度額です

銀行カードローン (最大)借入限度額
バンクイック(三菱UFJ銀行) 500万円
三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
じぶん銀行カードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1000万円
オリックス銀行カードローン 最高800万円
りそなカードローン(りそな銀行) 800万円
千葉銀行カードローン 500万円
楽天銀行 800万円

表を見ての通り、銀行カードローンは800万円から1000万円を借り入れ上限にしている場合が多いです。

借り入れ上限額だけ見れば、消費者金融より銀行カードローンの方が上ですね。


以上の通り、申し込み者が誰であっても、カードローンの借り入れには上限があります。

ただ、500万円を超える高額借入れを検討してる人は、むしろフリーローンなどを検討すべきです

消費者金融カードローンは年収で借入額を制限される

消費者金融での借り入れは、年収による借り入れ制限があります。

貸金業法には「総量規制」と呼ばれる決まりがあり、消費者金融での借り入れは年収の1/3までとされています。

この決まりは多重債務を防ぐ目的で、2010年6月に導入(施行)されました。

<外部の関連サイト>:【元銀行員が解説】総量規制とは?その例外とは?


この借入制限で誤解されやすいポイントは、あくまで消費者金融(やクレジットカード)を対象とした仕組みという点です。

たとえば年収450万円のサラリーマンがいるとします。


彼が消費者金融3社から50万円ずつ、合計150万円を借りているとします。

150/450 = 1/3なので、彼は消費者金融でこれ以上の借り入れはできません。


ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

そのため審査に通りさえすれば、銀行カードローンから借入れすることは可能です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】総量規制対象外カードローンのオススメは?

契約額(極度額)はカードローン審査で決まる

先に見た通り、カードローン各社は借り入れの上限を500万円から1000万円に設定しています。

ですが、実際にこの上限金額で借りられる人は少数です。


消費者金融の場合は、年収の1/3までしか借り入れできないのは、上で説明した通りです。

さらにカードローンの契約額(極度枠)は、審査によって決まります。


カードローンの審査項目は50以上あると言われていますが、中でも代表的なのが以下です。

・年収
・年齢
・職業
・勤続年数
・他社からの借り入れ状況


こうした項目から申し込み者の信用力を数値化し、「いくらまでなら貸出可能か?」をカードローン各社は判断しています。


まとめると、カードローン各社で最大の借り入れ上限額があり、消費者金融には年収の1/3までという制限があり、カードローン会社はその範囲内で、審査を通じて借り入れ限度額を決めます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの審査の流れと審査基準

後で詳しく説明しますが、銀行カードローンについても、年収の1/3程度の借り入れに抑える銀行が増えています

(コラム)職業でも限度額は変わる?

年収さえ良ければ、いくらでも借りられるんでしょ?

そんなに風に思う人もいるかもしれません。


ですが、同じ年収でも職業が違うと借り入れ限度額が変わることは、よくある話です。

たとえば同じ年収400万円でも、公務員か水商売かで、借り入れ限度額が大きく違う可能性高いです。

もちろん、評価されるのは公務員の方です。


一見すると、職業差別に思えるもしれません。

ですが金融機関(や貸金業者)は、申し込み者の収入の安定を何よりも重視します。


水商売に較べて公務員の方が収入の安定が高いので、金融機関からの評価が高いのです。

このほか、上場企業の正社員や弁護士、医師など、社会的な信頼度が高い企業に勤めている場合、借入可能額は大きくなります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】公務員のカードローン審査で大事なことは?


逆に、借入ができない職業もあります。

典型は「無職」で、貸出に応じるカードローン会社はないでしょう。


専業主婦も借り入れ不可の職業です。

ただ一部の銀行カードローンは、借り入れ限度額30万円まで応じています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】専業主婦でも借りれるカードローンは?


また学生は(週3日以上の)パート・アルバイトで安定収入があれば、カードローンの利用は可能とされています。

ですが実際には、一部の銀行カードローンでは学生の利用を不可としています。



カードローンの限度額を増やすには?

カードローンの限度額を増やすには?

カードローン利用に慣れてくると、「もっとお金を借りたいけど、どうすれば限度額を増やせるの?」と思う人もいるでしょう。

限度額を増やすためには、何をすれば良いのでしょうか?

初回から50万円を超える契約は難しい

相当な高年収の人なら、初回契約で100万円を超える借り入れ枠の設定も可能です。

筆者(もぐお)の知り合いの会社経営者(年収2400万円)は、消費者金融の申し込みをしたら300万円の借り入れ限度額を提案されていました。


ですが、これは一部の例外です。

ほとんどの人は、初回の借入枠(契約額)は多くても50万円になるのが普通です。


新規のお客さんに大きな金額を貸すのは、カードローン会社にとってリスクが大きいからです。

平凡な年収の方が、たとえば200万円ほどの高額借入れを希望しても、50万円しか限度額が認められなかった、といったケースは非常に多いです。

カードローン審査では、融資が可能かと、いくらまで貸せるか、の2点を調査します

返済遅れがなければ、増額提案が来る場合あり

一定期間、問題なく取引(=返済)していると、カードローン会社から増枠の提案を受ける場合があります。

大抵は電話による営業で、もちろん断ることも可能です。


増枠すれば金利が下がることもあるので、借入予定がある人は増枠するとよいでしょう。

一方で借入れを増やす予定のない人は、不必要に借り入れを増やすことになるので、増枠は断るべきです。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを元銀行員が解説!利息の計算方法は?


ただし、仮に先方から増枠提案があり、お願いしたとしても増枠審査に通らない場合があります。

これは提案する部署(営業部)と、審査する部署が違うためと思われます。


カードローン会社からの増枠提案でも、絶対ではないことを覚えておいて下さい。

転職による年収アップは、増枠に有利?

カードローン審査に通る確率を上げるために、転職を薦める情報サイトを時々見かけます。

本当に転職によって、審査に通りやすくなるのでしょうか?


結論から言えば、場合によるとしか言えません。

転職によって年収が上がれば、それ自体は審査に有利かもしれません。


ですがカードローン審査では、勤続年数も重視してます。

転職によって、現在の職場の勤続年数がゼロになり、カードローン審査には不利に働きます。


年収と勤続年数のどちらが重視されるかは、カードローン会社によって違うので、何とも言えないのです。

カードローン審査のために転職するなんて本末転倒なので、転職活動はご自身の希望に応じて行うべきです。

<関連記事>:カードローンのお試し診断(仮審査)ってアテになる?



カードローン限度額の最新事情について

2010年の総量規制の導入により、消費者金融は貸出残高を大きく減少させました。

変わってカードローンの担い手として大きな役割を担ったのが、銀行カードローンです。


「総量規制の対象外」を武器に、貸出を大きく伸ばしてきました。

ですが2017年になり、風向きがかなり変わりました。

銀行カードローンでも年収制限が厳しくなった

銀行カードローンでも年収制限が厳しくなった

銀行カードローンは総量規制の対象外のため、年収に関係なく多額の借り入れが可能です。

ですが、こうした借り入れに上限を設ける動きが出ています。


みずほ銀行カードローンは利用者の借り入れ上限を、年収の1/2から1/3に引き下げました。


金融庁が発表した銀行カードローンの実態調査(2018年8月)によると、2017年2月に年収制限を設けている銀行は5割だったのに、その1年後には9割にまで増加しました。


上の調査は2018年2月時点のデータなので、現在では更に、銀行カードローンによる借り入れ制限が厳しくなっていると予想されます。

このように銀行カードローンの借り入れ限度額は、抑える方向に進んでいます。


<関連記事>:【重要】銀行カードローンの審査に落ちた原因はコレ!

上の動きに合わせる形で、銀行カードローンによるテレビCMも大きく減りました

背景にあるのが銀行カードローンの過剰融資

銀行カードローンの借り入れ抑制が進む背景には、銀行カードローンによる過剰融資の問題があります。

2016年11月に日弁連が声を上げたのを皮切りに、マスコミも大きく取り上げ、社会問題になりました。


これに後押しされる形で、全国銀行協会は銀行自身による自主規制を発表しました。

年収による借り入れ制限を設けたり、50万円を超える借り入れには収入証明書の提出を義務づけたりです。


先のアンケートにもある通り、各銀行ともカードローンの借り入れ審査を厳しくする方向で舵を取っています。

<関連記事>:銀行カードローン問題とは?元銀行員が解説!

地銀カードローンなら、年収の1/2の借り入れも可?

地銀カードローンなら、年収の1/2の借り入れも可?

先に紹介したみずほ銀行のほかに、バンクイックや三井住友銀行カードローンは、(公表こそしてないものの)借り入れ限度額を年収の1/3程度に制限している可能性が高いと思われます。


一方で地方銀行のカードローンについては、先のレポートにもある通り、対応が一律でないのが現状です。

2018年2月の時点でも、実に8割近くの銀行が借入の上限を、年収の1/2に設定しています。


現在では多少減っているでしょうが、まだ相応の地銀がこの状況と思われます。

したがって、もし年収の1/2程度の借り入れをしたいなら、地方銀行のカードローンを狙うのも一つの手です。


ただ具体的にどの地銀が対応しているのか、公表されていません。

加えて、年収の1/2近くまで借入するのは、かなりリスキーです。


地道に探せば、そうした地銀は見つかるかもしれませんが、当サイトでは過度な借り入れはおススメできません。

<関連記事>:地方銀行カードローンの選び方を元銀行員が解説!おすすめはどこ?

年収の1/2近くの借り入れは、後々の返済で大きく苦しむため、絶対に止めるべきです

以上、カードローンの借り入れ限度額について見てきました。

カードローンの契約額(極度額)は最終的には審査によって決まるものの、各社で定めた最高限度額・総量規制の影響も受けます。


また、過剰融資問題を受け、カードローンの借り入れ限度額は抑える傾向があります。

一部の地銀カードローンでは年収の1/2まで借入が可能ですが、オススメはできません。

この記事のまとめ

  • カードローンの限度額は、最高借入額・総量規制・審査によって決まる
  • 消費者金融は総量規制により、年収の1/3までしか借り入れできない
  • 銀行カードローンに年収制限はないものの、最近は年収の1/2から1/3上限が多い
  • 希望すれば増枠の審査を受けられるし、増枠提案を受ける場合もあり
  • 地銀カードローンなら年収の1/2借り入れも可能だが、オススメしない

もぐお

この記事の執筆者: もぐお

元銀行員。難しいキャッシングの情報を分かりやすくお伝えできるよう、頑張ります!プロフィールはコチラ


人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング