カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?

カードローンの利用をしたくても、いくらまで借りられるのか分からず、申し込みをためらう人もいると思います。

カードローンと言っても、消費者金融で借りる場合と、銀行カードローンを使うのでは借入できる額も異なります。それに加え、各会社で設定している借入額の上限も違います。


今回は、カードローンではいくらまで借りることができるのか紹介します。


カードローンで借入できる金額は?

カードローンで借入できる金額は、どのくらいなのか説明します。借入できる金額は何を基準に決まるのか、確認しましょう。

借入できる金額は何で決まる?



カードローンで借入できる金額は、以下の3つで決まります。

1.総量規制
2.会社で定めている借入限度額
3.申込者の年収・勤務先など(審査で判断)


一つめは総量規制です。総量規制とは、年収の3分の1までしか借入できないというルールです。消費者金融などの貸金業者は、この決まりに従う必要があります。

具体的に言うと、年収300万円の方であれば100万円が借入の上限金額となります。


一方、銀行カードローンでは銀行法が適用されているため、この総量規制に従う必要はありません。そのため、銀行カードローンでは年収によって借入金額が制限されることはありません。


二つ目は、カードローンの各会社で定めた、借入限度額です。消費者金融や銀行カードローンで借りられる借入限度額の上限は、それぞれの会社ごとに定められています。これについては後に詳しく述べます。


三つ目は、カードローン会社による借入審査です。誰もがカードローンの設定する借入限度額(500~800万円)まで、借りられるわけではありません。申込者が借入できる金額は、最終的には審査によって判断されます。

審査でまず見られるのは、年収や勤務先です。それ以外に他社の借入状況や、過去のキャッシング歴なども審査では重視されます。各社とも審査内容は公表していませんが、審査項目は数十にもなると言われています。


以上の3点を踏まえて、借入できる金額が決定します。

<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!

総量規制が対象のカードローン

上でも述べましたが、総量規制の対象となるのは、消費者金融などの貸金業者です。大手に限れば、プロミス、アコム、モビット、アイフルなどが挙げられます。

これらの会社では総量規制により、年収の3分の1までしかキャッシングできません。そのため、多額の借入(200万円以上)をしたい方は消費者金融を選ぶと、希望額を融資してもらえない可能性もあります。

<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?

総量規制対象外のカードローン



総量規制が適用されないのは、銀行カードローンです。総量規制は貸金業法という法律の中にある規則ですが、銀行は貸金業法ではなく銀行法に従っています。銀行カードローンは、総量規制による制限を受けず、キャッシングすることができます

年収の3分の1を超える多額の借入をしたい方は、銀行カードローンが適しています。


銀行カードローンは数多くの銀行で発行されていますが、メガバンクに限っても三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、バンクイック(三菱東京UFJ銀行)などがあります。

<関連記事>
総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?


以上、借入可能な額について詳しく説明しました。次に、会社ごとに定められている借入限度額の上限について見ていきます。


借入限度額の上限はどのくらい?

消費者金融や銀行カードローンにおける、借入限度額の上限について見ていきます。借入上限額がどの程度のなのか確認しましょう。

消費者金融カードローン

消費者金融は銀行カードローンに較べて、借入限度額の上限が低めです。およそ500~800万円のところが多いでしょう。しかし、総量規制により年収の3分の1までしか借りられないため、初回から限度額いっぱいまで借りるのは難しいでしょう。


消費者金融 金利 借入限度額
アコム 3.0~18.0% 800万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

銀行カードローン

銀行カードローンでは総量規制に関係なく、高額な金額を借りることができます。借入限度額の上限が、800~1000万円のところもあります。

銀行カードローン 金利 借入限度額
三井住友銀行 4.6~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8~14.6% 500万円
みずほ銀行 3.5~14.0% 1000万円
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0% 500万円
静岡銀行(セレカ) 4.0~14.5% 500万円
千葉銀行 4.3~14.8% 500万円
じぶん銀行 2.2~17.5% 800万円
りそな銀行(クイックカードローン) 9.0~12.4% 200万円
りそな銀行(プレミアムカードローン) 3.5~12.4% 800万円
横浜銀行 1.9~14.6% 1000万円
オリックス銀行 1.7~17.8% 800万円
楽天銀行 1.9~14.5% 800万円

以上、借入限度額の上限について述べました。では次に、限度額を増やすことはできるのか説明します。


カードローンの限度額を増やせる?



カードローンの限度額を増やすことは可能なのか、気になる人も多いはずです。ここでは、初回の借入や限度額を増やす方法について説明します。

初回に多額の借入は難しい

カードローンで高額な金額を借入したいと思っても、初回では難しいでしょう

消費者金融・銀行カードローンともに、初めての借入では年収の約10%程度の借入額となる場合が多いです。

銀行カードローンでは、高収入の会社員の場合、初回でも100万円の融資を受けられるケースがあります。しかし、高収入の方でも初めての利用で、300万円などの高額の借入は難しいでしょう。


銀行カードローンでは年収に制限されず借入できるため、1回目から多額を借りられると思うかもしれません。しかし、いきなり多くの金額を借りることは難しいことを知っておきましょう。

借入枠を増やすには?

上で述べたように、カードローンを利用し始めて間もない頃に、高額の借入をすることは難しいです。

しかし、ある程度の期間、遅れることなく返済をし続け、会社や銀行から信頼を得ることができれば、借入枠を増やすことが可能です。

借入枠を増やすようこちらからお願いすることもできますが、審査があります。


一方、会社から借入枠を増やすよう打診されることもあります。

限度額を上げるためには、半年程度、延滞することなく返済を行う必要があります。継続して返済する姿勢を示すことが大切です。

以上、カードローンはいくらまで借りられるのか紹介しました。もし高額の借入をしたい場合は、どの会社を選べばいいのか事前に確認することが大切です。

消費者金融・銀行カードローンともに、計画通りに返済をすれば借入枠を増やせますが、反対に延滞すれば借入枠を引き下げられる恐れもあるので注意しましょう。


カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる? まとめ

  • カードローンで借入できる額は、消費者金融では年収の3分の1まで
  • 銀行カードローンは総量規制が適用されないため、年収の3分の1以上でも借入できる
  • 消費者金融の借入限度額の上限は、500~800万円程度が多い。銀行カードローンは800~1000万円のところもある
  • 最終的には審査によって借入額が判断される。年収や勤務先、他社での借入状況や過去の借入などが見られる
  • 消費者金融・銀行カードローンともに、初回の借入で高額な融資を受けることは難しい
  • 借入枠を増やすためには、半年程度、延滞することなく返済を続けて会社から信頼を得ることが大切である