カードローンの口コミ体験談(20):車のパーツ代などアイフルでお金を借りる

簡単な自己紹介

私は神奈川に住む40代の男性です。自営業を営んでいます。当時、バブルが弾けたと言われてもまだまだ余波があったころ、私は飲食業でフリーターをしていました。

20代前半で専門学校卒業してそのままバイトしていたところで働いてました。フリーターと言っても、社員と同じ仕事内容をしていたのと売上も良くさらに会社も適当なところがあり、アルバイトながら店長不在の何店舗かを仕切ってました。

なぜお金を借りようと思ったのか

そのころ、まだまだ遊び盛りで仕事が終わるとみんなでご飯に行ったり飲んだり、ビリヤード、ドライブ、カラオケと毎日のように遊んでました。

仕事はバイトだったので週休二日で、出勤の日は朝~夜21:00まで、仕事が終わるとバイト仲間と毎日のように遊んでました。


趣味もいろいろあり車が好きで毎月車のパーツやオーディオを買い替えたり、スキーにハマり週に3回くらいスキーに行ったり、仲間で旅行行ったり、バーベキューやキャンプ、サークルなどひらいたり女性とも遊んだりしていてかなり金使いが荒かったです。

車も全額ローン(頭金ゼロ)で購入し、車のローン代や保険、支払いなどで給料のほとんどは消えていく生活でした。


初めは働いて稼いでいれば平気だったのですが、どんどん車や趣味にお金をかけるようになり、交友関係も増え出費が多くなってきました。

お金が足りないとき、初めはVISAのクレジットカードで買い物やガソリン代など払っていたのですが、そのカードで現金が借りれる事を知り、給料日前など遊びに行く時にキャッシングしてました。


当時はフリーターでもローン組めたり、カードなども簡単に作れ、限度額も50万と結構な額でした。趣味でもお金を使い、高額なものはカードで分割、遊びなどはキャッシングとズル賢く使っていたのですが、やはり限界が来て支払いができなくなってきました。

キャッシングの詳しい経緯

CMなどで消費者金融のことは知っていて、当時はアイフル、アコム、プロミスなどがCMで多く放送されていて、一番良い印象に残っていたのがアイフルさんでした。

もしかしたら借りれるんじゃないか?とアイフルさんの無人くんに行って借りれるか聞いてみました。ちょっと借りてすぐ返せば大丈夫だろうと安易な考えをもっていました。


正直無人くんと言うのが初めての経験だったので不安だったのと、お金を借りるのが恥ずかしいと言う気持ちがあったので後ろめたい感じでした。

家の近くだと知り合いに会ったり無人くんの駐車場に車を止めてるとバレそうなので、自宅から5駅離れた無人くんを探し、車はちょっと遠いところに止め、人目を盗んで入りました。


入った瞬間ロックが閉まる音がし一瞬『逃げれない?!ヤバイことになったらどうしよう』と焦りと緊張で汗がドバッとでてきました。

取りあえず機械の前の椅子に座りパンフレットなどを手に取ると機械の方から女性の声が聞こえ、普通に話ながら出来たので不安はなくなりました。


たぶん男性の声だったら不安で逃げることしか考えなかったと思います。機械の声でもなく女性の声だったのが良かったと思います。すぐに不安はとけ聞かれる質問にゆっくり順番に応え、思ったより早くカードを発行してくれました。

借りれるかどうかわからずあまり多く希望額を言うとそうとうお金に困っているんじゃないかと勘繰られると思い希望額を10万にしたのですが、アイフルさんからは30万まで大丈夫ですと言われ、なぜかホっとし、それではと30万の限度額でカードを作ってもらい借りる事が出来ました。


無人くんは確かに無人でだれも入ってこれないので安心と言えば安心なのですが、部屋から出るときに、次の人が待っていたらどうしようとか、出るところを見られたらちょっと恥ずかしい、などもうちょっと気軽に借りれたら良かったと思います。

借りたお金はその後どうなったのか?

借り始めたときは利子の事なんかまったく考えてなく、借りてその分返せばまた同じ額借りれる!といい気になって借りては返してを繰り返してました。

その後も何回か借り、返しの繰り返しをしていたらアイフルさんから連絡がきました。もしかしたら借りまくってるので停止させられるのかと思っていたら、「限度額を50万使えるようになりました。」と連絡がきてなぜか嬉しくなった記憶があります。


その時はちゃんと返してるから信用されて限度額があがったんだ!と思ってましたが今思うと甘い誘いでした、よく出来たシステムだと思います。

返せば大丈夫だと軽い気持ちで旅行や高額なものをバンバン買うようになり、借りて返してを繰り返していたのですが、気がつくと全く残高が減ってなく、しまいには借りれなくなってしまいました。


50万借りれると言われても初めは借りるのは30万までと自分にブレーキをかけていましたが、どうしても足りない時は1万だけ、今回だけ!と、31万の借入に手をだすともう歯止めは利かす35万まで…40万まで…45万まで…50万なら借りれるから大丈夫…と、結局満額借りてました。

当時はグレーゾーンが主流だったのでちょくちょく返していると利子の分しか払ってなく返しても返してもキリがありません。


それでも返し続け、何十年も返し続けました。正直きつかったです。一人暮らしをしていたから、家賃、光熱費、駐車場代などと同時にアイフル代も毎月払い、生活費の一部になってました。

ほぼ永遠に減らないものをずっと返し続けていました。その時には、借りれる金額も限度に達していたので、返してもすぐ借りられず2カ月返したら1カ月分また借りると言う、間に合わない自転車操業でした。


しばらく誤魔化しながら返し続けていたときに新しい職場で、結構だらしない感じの先輩がいて、その先輩がカードローンで借まくってると言う話を噂で聞き、興味があったので先輩に直接話を聞くとその人も結構な額と何社からもカードで借りているらしく、何気なく「大変じゃないですか?」と聞くと、タイミング良かったのか先輩は「弁護士に相談しに行ったら過払い金がどうのこうので200万もらえたんだよ」と自慢げに言ってました。

本当か嘘かわからなかったのですが藁をもすがる思いで、ネットで色々調べ池袋の弁護士さんに無料相談に行きました。


ざっと計算してくれ、「返ってくる金額は無いかもしれないが借金はなくなると思われます。」と言われたので「是非お願いします!」と以来しました。その後連絡があり事務所に行くと手続きなどし、結果弁護士費用(手数料)なども差し引いて借金はほぼ相殺され消えました。

私はその先輩のお陰で助かりました。他の友人も消費者金融から借りてる人がいてその人は延滞を重ね、裁判所から出頭命令が来て困っていました。よくドラマであるように怖い兄ちゃんが怒鳴りながら来るのではないみたいです。

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

グレーゾーンなどの問題はもちろんありましたが、ここまでつらかったのは正直自分の無計画のせいです。

これからキャッシングする人は気を付けた方が良いと思いますがそんなに悪い印象は持たなくて大丈夫だと思います。ちゃんと返せば銀行と同じ(条件など考えれば銀行より優しい)ですし、人生いつ何が起こるかわかりません。


知り合いが東北の大震災でお店に客が来なくなり倒産寸前でしたが、なんとか借金して繋いで、今は頑張っています。

よくCMでも言っているように計画立てて借りれば強い味方です。またどうしても欲しいものがあってそれを買う為でも、買ったら返すのは当たり前ですが、カードをもっていると使ってしまいがちです。


目的が終わったらカードは破棄してしまえば自主規制になり歯止めになると思います。どうしようもないときに助けてくれるカードです。それに甘えると痛い目にあうかもしれませんがしっかり考えをもって借りれば悪いことではないと思います。