カードローンの口コミ体験談(21):静岡銀行カードローン(セレカ)で生活費をキャッシング

簡単な自己紹介

群馬県に住むサラリーマンで、32歳の男性です。いたって普通のどこにでもいる感じのものです。カードローンを利用するまでクレジットカードも持っていませんでしたし、審査を受けた経験がありませんでした。

なぜお金を借りようと思ったのか

他のクレジットカードの支払期限が、迫っていたのですが支払金額が足りずにどうしようか悩んでいました。

親や友人知り合いなどに借りようかとも思っていたのですがやはり、お金のトラブルによって人間関係が破たんしてしまうという話をよく聞きますからなかなか借りることが出来ませんでした。


また、仮にうまくお金を借りれても後で何か言われたら嫌だと思いましたしお金に困っているということをいくら知り合いとはいえばれたくないと思いました。それから、そのとき趣味がなくて家と職場の往復で毎日が退屈でした。

そんなときに、競馬にはまってしまいました。また、ボートレースや競輪などギャンブル全般にはまってしまいました。


地方競馬や、ボートレースなどはほぼ毎日開催されています。仕事終わりに、ギャンブルを楽しむのがいつのまにか定着してしまいました。当然毎日ギャンブルをしていれば、ギャンブル資金にも困るようになりました。

そして、使ってはいけない生活費もギャンブルに投資してしまうようになりました。そこで、カードローンを利用したいと考えるようになりました。


もっといえば、カードローンを利用できなければもうどうにもならない、お金のやりくりに非常に困るという状況でした。

キャッシングの詳しい経緯

まず利用したのは、静岡銀行カードローンセレカです。金利は14.5%でした。借入限度額は40万円でした。カードローンをどこでつくるかまずはインターネットで調べました。

カードローンは大きく分けて銀行系のものと消費者金融系のものがあり限度額や金利に差があることがわかりました。もちろんできるだけ低い金利で借りたかったので、銀行系のカードローンに絞りました。


銀行系のカードローンもかなりの数がありテレビや雑誌で宣伝している大手のものや地方銀行のものなどどれを選べばいいのかわかりませんでした。そこで、各銀行の口コミをチェックしてみました。

すると、大手銀行のものは審査が厳しいというのが結構ありました。それまで、銀行の審査を受けたことがなかったので審査が厳しいというのを聞くととても不安になりました。


そこで、あまり有名ではないところでなら借りられるかもしれないと思い地方銀行を中心にカードローンを作れるところを探しました。

しかし、地方銀行のほとんどは同じ地域に住んでいるもしくは地方銀行の営業区内に勤めている人でないと借りれないところがほとんどでした。


そんななか、地方銀行の中では珍しく全国対応しているのが静岡銀行でした。しかも、静岡銀行のセレカの評判は結構よくてこんなわたしでも借りられたなどという口コミが目立ちました。

ここなら、わたしでも審査に通るかもしれないと思いさっそく申し込みをすることにしました。


それまで、静岡銀行という名前も聞いたことがありませんでしたが、とりあえずホームページを開いてみました。そこでセレカの申し込み欄から申し込んでみました。

インターネットから申し込んで次の日に、静岡銀行から申し込んだのが本人なのかどうか?申し込んだ内容に間違えがないのかという電話が私の携帯電話にありました。


本人が申し込み内容に間違えがないというのを伝えるとそのまま、在籍確認を行うので電話を切らずにお待ちくださいと言われました。

それから、2分くらいして在籍確認が終わりました。最終的な本審査の結果はメールで送ると言われました。その4日後に本審査可決の連絡がメールできました。融資希望額は50万円で申し込んだのですが、本審査結果できた利用限度額は40万円でした。


セレカの申し込みと同時に静岡銀行の普通口座が開設される仕組みになっていて毎月の返済はそこの普通口座から引き落とされる仕組みでした。

毎月の返済額は1万円でした。カードローンを解説できたのはよかったのですがカードが届くまで1週間ほどかかると言われました。それまでに支払期限が迫っていたので悩んでいたのですが初回のみ静岡銀行以外の口座に振込んでくれるサービスがあるときいてすぐに電話をしてお願いしました。


インターネットから申し込んで実際に融資を受けたのは5日後でした。そのあと、1週間ほどしてセレカのカードが郵便で届きました。在籍確認から、本審査の結果がくるまではとてもとても長く感じました。

たった数日だったはずなのに。もし、本審査に落ちたら、消費者金融系のカードローンを利用するつもりでした。金利が高くなることを覚悟のうえで。

借りたお金はその後どうなったか?

初回の振込で10万円を利用してその後何回か利用しました。利用限度額の40万円まで使いました。

毎月10日に1万円の返済と随時返済もネットで簡単にできるので、もちろん毎月の約束額と臨時収入があったときなどはちょくちょく返済をしていました。


まだ返済しきれていないのですがこのままのペースでいけば完済できると思います。残りの額は5万円くらいです。返済額は多くもなく少なくもないちょうどいい金額だと思います。1万円以上だときついと感じますが毎月返せる額です。

(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

生きていく中でどうしてもお金が必要になることがあります。そのときに、カードローンを作るのは一つの手ですがなぜそのカードローンを利用して借金をするのかという借金の目的を明確にする必要があります。

私のようにいい加減な目的で借金をするのだけは絶対にやめたほうがいいでしょう。本当にその借金は必要なのかを考えることが必要です。


借金をすることでお金の問題が解決できるのならカードローンを解説することもいいと思いますが、しっかりと返済計画を立てておくことが重要です。キャッシングをするのは簡単ですが、返済するのは結構大変です。

カードローンがどうしても必要な場合に確認しておくことは、まずは金利です。銀行系のカードローンのほうが消費者金融系のカードローンよりも金利が低い場合が多いです。


ですからできればこちらを利用したほうが賢明です。それから、確認しておくべきなのが月々の返済額です。ここは勘違いしやすいのですが、月々の返済額が少ないからいいというわけではありません。

返済額が少ないということはそれだけ返済期間が長くなるだけなので返済額だけで選ぶのは危険です。


それから、気を付けておかなければいけないのが総量規制の対象かどうかです。総量規制とは簡単に言うと、年収の1/3以上のお金を借りることが出来ないという法律です。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外のものがありますので、どうしてもまとまったお金を借りたいときには総量規制の対象外のものを選ぶといいでしょう。


銀行系のカードローンは、利用限度額が高いものが多いです。何度もいいますが、カードローンを利用するのは慎重にしたほうがいいでしょう。

カードローンを利用すると特に最近のはコンビニのATMなどで簡単に引き出せるので、自分のお金と勘違いしてしまいついつい使い過ぎてしまいます。


私も何度もそういうことをしてしまいました。絶対に借金地獄にならないように返済計画を立ててから利用しましょう。これが私のカードローンを利用した体験からのアドバイスです。



人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング