【元銀行員が解説】カードローンの在籍確認とは?何か聞かれるの?

カードローンを申し込むと、カードローン会社から勤務先へ「在籍確認」の電話が来ます。

周囲に内緒でお金を借りたい人は、「電話連絡で同僚に借り入れがバレるのでは?」と不安になりますよね。


今回は、カードローンの在籍確認の方法や注意点を、詳しく解説します。

カードローンの在籍確認、どうやって行われるの?

カードローンの在籍確認、どうやって行われるの?

そもそもカードローンの在籍確認は、どのように行われるのでしょうか?

まず初めに、カードローンの在籍確認の方法と聞かれる内容について、見ていきましょう。

在籍確認とは?方法は?

カードローンの申し込みをすると、審査の一環として、カードローン会社から勤務先に電話が来ます。

申込者が、申告された勤務先に本当に在籍しているか、確認するためです。


在籍確認の方法は、基本的に電話で行われます。

どのカードローンでも在籍確認をクリアする必要があり、在籍確認なしで審査に通る事は、原則できません。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの審査の流れと審査基準

在籍確認の電話は個人名で来る

在籍確認の電話で、カードローン担当者が社名やカードローンのブランド名を名乗ってしまうと、カードローン利用が同僚にバレてしまいます。

そのためカードローン各社では、電話に出たのが本人であると確認できるまで、社名を名乗らないように徹底しています。

在籍確認の電話は、カードローン担当者の個人名で行われるのが一般的です。


またカードローン担当者が、カードローンの利用について本人以外に話すことは、絶対にありません。

なお銀行カードローンの場合は、銀行名を名乗るケースがあります。

銀行からの電話なら、同僚に怪しまれるリスクは小さいですよね

カードローンの在籍確認、どんな電話が来る?

カードローンの在籍確認では、どのような電話が来るのでしょうか?

上でも書いた通り、カードローン担当者は、個人名で勤務先に電話をします。


「〇〇と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」と電話が来るので、申込者自身が電話に出た場合は、「はい、××です。」と答えて氏名が確認できればOKです。

会社によっては、本人確認のため住所や生年月日などを聞かれるケースもあります。


また本人が不在であっても、電話に出た同僚が「××は席を外しております」などと答えれば問題ありません。

申込者がその職場で本当に働いている事が確認できれば、在籍確認は完了です!

カードローンの在籍確認で注意すべき点は?

カードローンの在籍確認で注意すべき点は?

在籍確認を無事に完了させるためには、いくつか注意点があります。

以下、在籍確認が来る前に、知っておくべきポイントを解説します。

同僚にバレる危険性はゼロじゃない

カードローン各社は、在籍確認の電話によってカードローン利用が周囲に知られないよう、細心の注意を払っています。

とは言え、在籍確認の電話が来ても、同僚にカードローン利用がバレるリスクはゼロではありません。


たとえば、なかなか社外から電話が来ない職種の人や、職場が在籍確認に慣れているケースは要注意です。

突然、個人名で電話が来るので、対応した同僚から怪しまれる危険があります。

カードローン担当者に相談して、なるべく自分が電話を受けられる時間帯に電話をしてもらいましょう

申し込みのタイミングに要注意

土日祝日など、勤務先の休業日にカードローンを申し込む場合も注意しましょう。

社員が出社しておらず、電話がつながらないケースが多いです。


電話に出る人がいないと、在籍確認ができず、審査が進みません。

他の審査項目をクリアしていても、原則、借り入れは休み明けまで待つことになります。


即日融資を希望する場合、勤務先の休業日は、即日融資のハードルがグッと上がる点に注意してください。

<関連記事>:【元銀行員が解説】土日の即日融資カードローン、おすすめは?

在籍しているか答えない職場もある

社員の個人情報を守るために、知らない人からの電話に対して、社員が在籍しているかを答えない会社もあります。

この場合も、申込者が本当に在籍しているか確認できないので、審査がストップしてしまいます。


特に派遣社員は、在籍確認ができず審査に落ちるケースが多いです。

派遣社員の場合、基本的に、在籍確認の電話は派遣会社に来ることになります。


「派遣社員の個人情報を外部に漏らさない」という取り決めがある会社も多く、在籍確認のための対策が必要です。

<関連記事>:派遣社員がお金を借りるなら?カードローンの在籍確認は大丈夫?

在籍確認への具体的な対策については、このあと詳しく見ていきます

電話での在籍確認が難しい!対策は?

電話での在籍確認が難しい!対策は?

どうしても電話の在籍確認に不安がある場合、どうすれば良いのででしょうか?

ここでは、在籍確認をクリアするための対策を紹介します。

同僚に事前に根回ししておく

上にも書きましたが、勤務先によっては、在籍確認を怪しい電話と判断され、社員の情報を回答してもらえないケースがあります。

同僚に怪しまれずに在籍確認を完了させるために、あらかじめ根回しをしておくと良いでしょう。


「クレジットカードの審査のため電話が来る」、「銀行から電話が来るのでつないでほしい」などと伝えておけば、スムーズに在籍確認が出来ます。

「同僚に借金がバレるのでは?」という不安も解消できますね

どうしても在籍確認が難しいなら、担当者に相談

電話での在籍確認が難しい場合、他の方法にしてもらえないか、サポートセンターに電話で相談するのも一つの方法です。

会社によっては、収入証明書の追加提出などで、電話での在籍確認を免除してもらえるケースがあります。


なお他の方法で対応してもらえるかは、会社や審査の状況によります。

必ず相談に乗ってもらえる訳ではないので、その点はご了承ください。

<関連記事>:在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンって本当にあるの?

WEB完結申込で、勤務先への電話をナシに出来る!

同僚にカードローン利用がバレるのを絶対に避けたいなら、勤務先への電話をなしにできるカードローンを選びましょう。

SMBCモビットの「WEB完結申込」なら、勤務先への電話連絡が一切ありません。


ただしWEB完結申込は、利用条件が厳しめです。

以下の2つの条件を、両方満たす必要があります。


・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
・社会保険証か組合保険証を持っている



WEB完結申込なら、スマホで申し込みから借り入れまで完了できます。

またカードや契約書類の受取がないので、自宅に郵便物が届く事もありません。

 SMBCモビットのカードローンでキャッシングしたい方

周囲にバレずにカードローンを利用したいなら、SMBCモビットを検討すると良いでしょう


以上、カードローンの在籍確認について解説しました。

本文でも述べましたが、カードローン各社は、電話によって周囲にカードローン利用がバレないよう、細心の注意を払っています。


勤務先に電話が来ると言っても、借金の事実が周囲に伝わる心配はありません。

どうしても不安や気になる点がある場合は、カードローン会社に事前に相談してみましょう。

この記事のまとめ

  • 在籍確認とは、審査の一環として、申告された勤務先に本当に在籍しているかを確認するもの
  • 在籍確認では、カードローン担当者の個人名(または銀行名)で勤務先に電話が来るのが一般的
  • 勤務先によっては、社員の在籍について答えてもらえず、審査がストップするケースがある
  • 電話での在籍確認が難しい場合は、サポートセンターに他の方法で対応できないか相談する
  • SMBCモビットのWEB完結申込なら、勤務先への電話連絡をナシに出来る

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ

人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング