カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?

カードローンの申込みでは、勤務先の入力が必ず必要になります(学生・専業主婦は除く)。

カードローンの審査では、この情報通りに申し込み者が働いているか確認するため、勤務先へ電話連絡が行われます。これを「在籍確認」と言います。


お金を借りることは珍しい事ではありませんが、「職場の同僚に借金をしていることがバレるのは困る」と考える人はそれなりにいます。こうした在籍確認について心配になる人も多いはずです。


ここでは、カードローンの在籍確認で注意しておくべき点について紹介します。


在籍確認とは

在籍確認とは、申し込み者が本当にその職場に在籍しているか、確認するために行う審査方法です。

確認方法として、カードローン担当者が利用者の勤務先に電話して確認を取ります。

在籍確認でどんな電話がかかってくる?

消費者金融の場合、担当者が社名を名乗って電話をかけてしまうと、勤務先にカードローンのことがばれてしまいます。こうした点に配慮して、担当者は個人名を名乗って電話をかけてくれます。


一方、銀行カードローンは銀行名を名乗って電話をかけてきます。しかし、利用者の中には銀行名を名乗られるのも嫌な人がいるので、お願いをすれば個人名で電話をかけてくれます。


電話の内容ですが、「○○(担当者)と申しますが、○○様(申し込み者)はいらっしゃいますか?」とかかってきます。そこで「私が○○です」と答えれば、勤務している確認が取れたので、在籍確認は終わりです。



もし、申し込み者本人が電話に出られない場合も、同僚が「○○は席を外しております」と回答すれば、それで終わりです。


つまり、カードローン担当者はあなたが会社に在籍していることが確認できればよく、細かく質問されることは絶対ありません。気構える必要はありません。


<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!

在籍確認は必要?

銀行カードローンでは消費者金融に較べて審査が厳しいため、電話での在籍確認は必須です。


もし、無職なのに融資してしまうと、貸したお金が返ってこないことになります。そうなっては会社側も困るので、その人に安定収入があるかチェックするために電話での在籍確認は必要です。


消費者金融でも、在籍確認は原則必須です。ただし後で詳しく紹介しますが、電話での在籍確認の代わりに給与明細書などを提出すれば、在籍確認の代わりにしてくれる場合もあります。


また一定の条件を満たせば、会社への電話連絡をなしにできる会社もあります。とはいえ、一部の消費者金融だけなので、基本的に電話での在籍確認はあるものと思って下さい。

消費者金融より銀行の方が在籍確認のリスクは少ない?

上で説明したように在籍確認では、社名を名乗らないので普通バレる心配はありません。

しかし、消費者金融のように個人名で電話がかかってくると、勘のよい同僚に怪しまれるリスクはあります。一方で、銀行名を担当者が名乗るなら、消費者金融に較べると在籍確認の電話とバレにくいかもしれません。


自分が電話に出られず同僚が出ることになっても、銀行からの電話なら怪しまれないためです。

在籍確認で気を付けたい事は?

在籍確認の電話でも、カードローンのことが同僚に簡単にバレないとは分かりました。しかし、万が一ということもあるので注意が必要です。

在籍確認で気を付けるべきことは何か、以下で見ていきます。


<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

自分のいる時間帯に電話してもらう

「在籍確認でバレたら・・・」と不安な人は、自分が会社にいる時間に電話をかけてもらうようにお願いすることができます。自分が電話に出れば、同僚が代わりに出るといった心配も、周囲にバレることもないですよね。



申込みの時に、カードローンの担当者に相談してみましょう。

自分が電話に出られない時は?

万が一、自分が在籍確認の電話に出られなくても、勤務先にいることが分かれば問題ありません。たとえ同僚が電話に出たとしても、申し込み者が離席中だということを伝えれば在籍確認は完了です。




それでも不安を感じる人は、事前に自分宛に電話が来ることを同僚に伝えておくとよいでしょう。借金していると疑われる心配はありません。


クレジットカードの審査で電話が来ると同僚に伝えておけば、カードローンのことを疑われる心配もありません。

ウソの情報で申告しない

カードローンの在籍確認をクリアしないことには、カードローンの契約を結ぶことはできません。


しかし、中には無職の人や勤務先を教えられないといった人もいます。こうした人の中で、「偽装会社」を利用してその会社で働いているようにアリバイ工作をする人がいます。


偽装会社を利用して申し込みをしていることがカードローン担当者にバレたら、当然ですが審査には通りません。


また、こういった偽装会社を使ってお金を借りることは、詐欺行為になります。絶対に利用しないで下さい。

同僚にカードローンがバレない在籍確認の対策は?



先ほど説明した通り、カードローンの在籍確認を心配する必要はありませんが、それでも気になる人はいると思います。ここでは、会社の同僚にカードローンのキャッシングがバレない対策を考えてみたいと思います。

銀行カードローンに申し込みをする

上でも書きましたが、銀行カードローンなら在籍確認の電話は銀行名を名乗ってかけてきます。たとえ同僚が電話に出たとしても、銀行からの電話ならカードローンの在籍確認だと分からないので、バレる心配はありません。


銀行には、カードローンの他にも住宅ローンや自動車ローンなど扱っている商品がたくさんあります。住宅ローンや自動車ローンにも在籍確認はありますから、銀行から勤務先に電話がかかってくるのは、それほど珍しい事ではなさそうです。


<関連記事>
総量規制の対象外のカードローンでおすすめは?

電話以外の在籍確認に対応してくれることもある

カードローン審査では、電話での在籍確認が原則行われます。在籍確認が行えないと、審査に通ることもできません。


しかし、「どうしても電話での在籍確認が困る」という人もいると思います。一部の消費者金融では、収入証明書や社員書を追加で提出すれば、在籍確認の代わりにしてくれる場合もあります。




電話での在籍確認を希望しない場合は、申込みの際に必ず担当者に相談しておきましょう。事前に事情を説明しておかないと、勤務先に電話連絡が来てしまうので、きちんと伝えておきましょう。


ただし、書類提出だけで絶対に電話での在籍確認を省略できるとは限りません。申し込み者の信用状況や審査によっては、希望通りいかず電話連絡を避けられない場合があります。

web完結申込で電話連絡がなしになる

書類提出の他にも、大手消費者金融のモビットですと「web完結申込」を利用すれば、勤務先への電話連絡を避けることができます。


「web完結申込」は、電話連絡ではなくメールで在籍確認が行えます。メールで在籍確認ができるなら、同僚からバレる心配もないですし、電話がかかってくるのを待たなくて良くなります。


ただし、「web完結申込」には条件があります。

三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行を振替口座にする
社会保険証や組合保険証を持っている


といった2つの条件を満たすことで、「web完結申込」を利用することができますので注意して下さい。



以上で、カードローンの在籍確認について紹介しました。

勤務先に電話連絡がかかってくるといっても、借金をしていることは簡単にバレないので、それほど構える必要はありません。


契約してからも、返済の延滞や利用者と連絡が取れなくなってしまう事がない限り、勤務先に電話はかかってきません。申込みの際の在籍確認をクリアしてしまえば、トラブル以外は勤務先に借金をしていることはバレません。


安心して、在籍確認を受けて下さい。


カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?のまとめ

  • 在籍確認とは、申し込み者に安定収入があるか確認するための方法
  • 電話での在籍確認は、銀行カードローンでは必須となっている
  • 在籍確認の電話は、カードローンが周りにバレないように銀行や会社も配慮してくれる
  • 在籍確認で借金がバレるのが怖い人は、自分がいる時間帯に電話をかけてもらうなど担当者に相談する
  • 一部の消費者金融では、追加の書類提出やweb完結申込で、利用すると電話連絡を避けることができる


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング