カードローン審査で必要な書類は?

カードローンの利用を考えている人の中には、申し込む前に用意するべきものを知りたい方も多いのではないでしょうか?

あらかじめ必要な書類が分かっていれば、初めての申し込みもスムーズに行えます


今回は、カードローンの審査で必要になる書類を紹介します。大まかに言えば、必要になるのは本人確認書類、あとは場合によっては収入証明書です。それぞれ一つずつ見ていきます。


申込に必要な本人確認書類について

まず、カードローンを利用するために、ほとんどの人が提出する本人確認書類について見ていきます。人によっては、さらにもう一つ、書類を用意する必要があるので注意しましょう。

本人確認書類は必ず必要?



カードローンを利用する場合、本人確認書類は原則として必要です。申込者が本人であることを確認し、不正な申し込みを防ぐために必要な書類です。

本人確認書類は消費者金融、銀行カードローンに関わらず、申し込み時に提出を求められます


しかし、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどでは、本人確認書類を提出しなくていい場合があります。

すでに銀行口座(キャッシュカード)を持っている方は、本人確認書類を準備せずにカードローンの申し込みができます。

本人確認書類となるもの



本人確認書類とは、「免許証・健康保険証・パスポート」などの身分証明書にあたるものです。これらのうちいずれか一つを用意します。

この他、住民基本台帳カードや印鑑証明書などを代わりに提出できる場合があります。


ただ、運転免許証や、パスポート以外は、本人確認書類として、認められない場合もあります。これらは、会社によって違いますので、詳しくは申し込み時に担当者に確認して下さい。

<関連記事>
健康保険証だけでお金を借りられる?対応するカードローンは?

本人確認書類と住所が違う場合

本人確認書類だけでなく、他にも書類を求められることがあります。それは、本人確認書類に記載されている住所と、現住所が違う人です。そ

の場合、用意する書類は公共料金(電気・ガス水道など)の領収書や請求書などです。

以上、本人確認書類について述べました。では次に、収入証明書について証明します。


収入証明書が必要なのはどんな時?

カードローンを申し込む際、借入金額によっては収入証明書の提出義務があります。収入証明書は、カードローン会社が申込者の収入を確認し、返済できるか判断するためにも重要な書類です。

収入証明書となるもの

収入証明書となるのは、「源泉徴収票・給与明細書・確定申告書・所得証明書・課税証明書」などです。このうち1つのコピーを提出します。


源泉徴収票は、勤務先で発行してもらえます。現在退社している場合でも、前の会社で再発行できるので必要な場合は問い合わせをしましょう。


給与明細書は1か月分のみ提出すれば良い場合や、2か月分必要になることもあります。そのため2か月分をあらかじめ用意しておけば、申し込む前に手間取ることがありません。

所得証明書は手数料が掛かりますが、市町村の役場で発行してもらえます。


自営業者の人は、「納税証明書・住民税決定通知書課税証明書・確定申告」のコピーがどれか一つ必要になります。

納税証明書は、お住まいの管轄の税務署で発行されます。一方、住民税決定通知書については再発行が行われていないため、ない場合は課税証明書で代わりとします。

納税証明書や課税証明書も、発行してもらうのに手数料は掛かります。

<関連記事>
収入証明書が不要のカードローンってあるの?

消費者金融を使う場合



消費者金融では、借入額が50万円以上を超える場合や、数社からの借入額が合計で100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。消費者金融を利用するのであれば、どの会社でも同じです。

これは、総量規制という法律で定められた決まりがあり、消費者金融はこれを守る必要があるためです。

銀行カードローンを使う場合

銀行カードローンは、消費者金融と違って総量規制が適用されません。このため50万円を超える借り入れでも、収入証明書を提出する義務はありません。

ところが最近、金融庁の銀行カードローンに対する監視が厳しくなっていることもあり、銀行もカードローン審査を厳しくしています。


その一つとして、銀行カードローンであっても50万円を超える借り入れで収入証明書の提出を求められる場面が増えてきました。

2016年までは収入証明書の提出義務が厳しくないことが銀行カードローンのメリットでしたが、今や消費者金融と同じくらい厳しくなっていると言えます。


必要書類について知っておきたい点は?



ここでは、必要書類に関することで、あらかじめ知っておきたい点をおさらいします。以下で確認したい点をいくつか見ていきます。

申込前にあらかじめ準備する

必要書類は、カードローンを申し込む段階で必要になります。そのため、事前に用意しておけば、スムーズにカードローンを申し込むことができます。

運転免許証など、必要確認書類は準備しやすいですが、収入証明書を用意するのはやや時間が掛かる方も多いはずです

そのため、必要となった場合にすぐ提出できるように、事前に意識しておいた方が良いでしょう。


また、先程も書いた通り、会社によっては、本人確認書類として認められないものもあります。免許証や、パスポート以外を提出する予定の人は、申し込み時に担当者に確認して下さい。

<関連記事>
カードローンのお試し診断(仮審査)ってアテになる?

必要書類の提出方法

必要書類の提出方法はいくつかあり、以下のようになっています。



・店頭の窓口
・自動契約機
・ネット(スマホで書類を撮影した後、メールで送信するかサイト上でアップ)
・FAX
・郵送

ネットのみで借入をしたい方は、スマホを使って必要書類を撮影し、メールかサイトで提出すると良いでしょう。

また、自動契約機などで借入をしたい場合は、ネットで申し込んだあと、必要書類を自動契約機で提出する方法もあります。

提出書類を減らしたい場合

本人確認書類は、どの金融機関でも原則として、必ず提出しなくてはいけません。ですが、上でも述べた通り、銀行口座(キャッシュカード)を持っている方は、本人確認書類を提出する必要がない場合があります。

これに当てはまるのが、三井住友銀行や、みずほ銀行で、そのキャッシュカードを持っていれば、本人確認書類を用意せずに、その銀行カードローンに申し込めます。


また、収入証明書は、借入金額によって提出する必要があります。そのため、なるべく提出を避けたい方は、銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

ただし、収入証明書の提出については銀行カードローンも、消費者金融カードローン並みに厳しくなっているのは先ほど触れた通りです。


以上、カードローンの審査で必要な書類について見てきました。

カードローンでは人によって、用意しなくてはいけない書類が異なります。そのため、スムーズに借入ができるように、どのような書類を揃える必要があるのか把握しておきましょう。


カードローン審査で必要な書類は? まとめ

  • 消費者金融・銀行カードローンともに、本人確認書類(運転免許証やパスポート等)が必要である
  • 本人確認書類と現住所が違う場合は、税金の領収書や請求書などの書類も求められる
  • 消費者金融では、借入額が50万円を超える場合や、数社からの借入合計額が100万円を超える場合に収入証明書が必要
  • 銀行カードローンでは、各銀行が設定した借入額を超える場合、収入証明書を提出する
  • 必要書類の提出方法は、店頭・自動契約機・ネット・FAX・郵送などがある


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。