【元銀行員が解説】土日の即日融資カードローン、おすすめは?

平日に仕事をしている人にとって、休日こそ出費がかさむタイミングですよね。

「お金が今すぐ必要!でも今日は日曜日だから無理か・・・」と諦める必要はありません。


平日よりもハードルは上がりますが、土日でも即日融資が可能なカードローンはあります。

今回は、土日でも利用できる即日カードローンについて、詳しく解説します。

カードローン、土日の即日は条件が厳しい

反社チェックの流れ

カードローンでの土日の即日融資は、平日に比べて難しいと言われます。

具体的に、どんな点が難しいのでしょうか?

銀行カードローンは即日融資ができない

2018年1月から、銀行カードローンは即日融資を停止しました。

銀行の審査では、申込者が反社会的勢力(いわゆる暴力団関係者)ではないことのチェックが必須です。このため、警察庁のデータベースに照会します。


チェックに数日~2週間程度の時間を要するので、審査結果の即日回答が不可能になったのです。

反社チェックの流れ

したがって平日・休日を問わず、即日融資を希望する場合は、銀行カードローンは選べません。

<関連記事>:即日融資が銀行カードローンでNGになった理由とは?

即日希望なら消費者金融

一方、即日融資に対応しているのが、消費者金融カードローンです。

大手の消費者金融なら、最短30分程度で審査結果が出て、その日のうちにキャッシングできます。


ただし土日の即日カードローンは、契約方法が限られる等、平日に比べてハードルが高くなっています。

<関連記事>:【元銀行員が教える】即日融資が可能なカードローンとその条件

最大の壁は「在籍確認」

土日の即日カードローンで特にネックとなるのが、「在籍確認」です。

在籍確認では、キャッシング担当者から勤務先に電話をかけます。申込者が本当にその会社で働いているか、確認するためです。


勤務先が土日休みで電話に出る人が誰もいない場合、在籍確認できません。

基本的に、在籍確認が完了しないと審査が進まないので、即日のキャッシングができず、週明けまで待つ事になります。



土日の即日カードローン、利用のポイントは?

土日の即日カードローン、利用のポイント

土日の即日カードローンは、平日よりも条件が厳しいと説明しました。

では、どのような点に注意して申し込めば良いのでしょうか?

申し込みからキャッシングまでの流れ

土日に即日融資のカードローンを申し込む場合、キャッシングまでの流れは以下の通りです。

借り入れフロー

以下、土日の即日カードローンを利用する時、気を付けるべきポイントを紹介します。

申し込みは20時まで

カードローンで土日に即日キャッシングするには、手続きにかかる時間を逆算して、早めに申し込む必要があります。

以下の表では、大手消費者金融の契約機の営業時間をまとめました。

カードローン 契約機の営業時間
プロミス 9:00~22:00
(※契約機によって異なる)
SMBCモビット 9:00~21:00
(※契約機によって異なる)
アコム 8:00~22:00
アイフル 8:00~22:00

上の表から分かる通り、ほとんどの消費者金融の営業時間は22時までです。

しかし営業時間ギリギリに申し込むと、審査が翌日に回されてしまいます。


そのため当日中に借りるためには、遅くとも20時までにスマホで申し込み、21時頃には契約を完了させたいところです。

「在籍確認」をクリアできるか?

上でも書いた通り、土日の即日カードローンでは、在籍確認の壁をクリアしなければなりません。

どうしても土日に在籍確認できない場合は、サポートセンターに相談すると良いでしょう。


審査の状況によっては、収入証明書を追加で提出することで、在籍確認を免除してもらえる場合があります。

また、在籍確認だけ後回しにして進めてもらえる可能性もあります。

<関連記事>:在籍確認なし(電話連絡なし)のカードローンって本当にあるの?



土日の即日カードローン、選び方のポイントは?

土日の即日カードローン、選び方のポイント

土日の即日カードローンの利用にあたっての注意を確認しました。

では、実際にカードローンを申し込むにあたって、どんなポイントに着目して選べば良いのでしょうか?

スマホ完結に対応する会社は少ない

以下の図は、土日の即日カードローンをスマホ完結で申し込んだ場合の、借り入れまでの流れを表しています。

借り入れフロー(来店不要)

スマホ完結の場合、銀行口座への振込みでキャッシングを行いますが、銀行の休業日である土日は振込みできません。

そのためスマホ完結で、土日の即日融資に対応したカードローンは少ないです。


現在は「プロミス」と「アコム」の2社のみが利用可能です。

ただし、どちらも指定の銀行口座が必須になります。


2社それぞれの条件は、以下の通りです。

カードローン 口座の指定 書類・カードの受取
プロミス 三井住友銀行の口座を
振替口座に指定
必要なし
アコム 楽天銀行の口座を指定 必要あり

同じ「スマホ完結」のカードローンですが、プロミスとアコムでは違う点もあります。

プロミスは、カードなしで借り入れ・返済が可能な、完全スマホ完結です。


契約後に、郵送でカード・書類を受け取る必要はありません。

一方アコムは、後日、カードや契約書類が自宅に郵送されます。


郵便物は家族にカードローンの利用がバレる原因にもなるので、どうしても内緒で借りたい人は、プロミスを利用すると良いでしょう。

<関連記事>:家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

契約機が多い会社がおすすめ

カードローンで土日に即日キャッシングしたいなら、契約機で契約する方法が確実です。

契約機を使えば、どこの大手消費者金融でも即日カードローンが利用できます。


契約機の場合、事前にスマホで申し込みしておけば、時間をかけずスムーズに契約できます。

また契約完了後、その場でカードを受け取れるので、すぐに借り入れが可能です。


契約機で契約する場合、カードローンを選ぶポイントになるのが「契約機の台数」です。

利用できる契約機の数が多ければ多いほど、契約機を探す手間や移動時間を節約でき、急いで契約するのに有利になります。


次の表では、大手消費者金融の契約機について、全国に設置された台数を一覧にまとめました。

カードローン 自動契約機の台数(推定)
プロミス 1800台超
SMBCモビット 1100台超
アコム 1000台超
アイフル 800台超

上の表から分かる通り、大手4社なら、自動契約機が全国に多く設置されています。

一方、中堅の消費者金融になると、多くても十数台しかありません。


利便性を考慮すると、上記の4社から選ぶのが良いでしょう。



土日の即日融資カードローン、おすすめは?

大手消費者金融4社は、どれも土日の即日融資に対応していますし、契約機が全国各地に設置されています。

この中でも特におすすめしたいのが、「プロミス」と「SMBCモビット」です。

プロミス

プロミス

まず紹介したいのが、契約機の台数が業界トップの「プロミス」です。

プロミスの契約機に加えて、三井住友銀行のローン契約機が利用できます。


三井住友銀行の口座をすでに持っている人は、Web完結での申し込みも可能です。

土日も最短30分で審査結果が出て、最短1時間で借り入れできるので、急いでお金を借りたい人にピッタリのカードローンと言えます。


スマホで20時までに申し込みをして、21時過ぎには契約の完了・キャッシングをしましょう。

 はじめて「プロミス」をご利用の方はこちら

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットも、土日の即日融資に対応しています。

ただしWEB完結申込は土日の即日融資ができないので、契約機での契約に限定されます。


契約機の台数はプロミスに次いで多く、SMBCモビットの契約機に加えて、三井住友銀行のローン契約機も利用可能です。

契約完了後は、「モビットアプリ」を使えば、カードなしでセブン銀行ATMでキャッシングできます。


19時過ぎにはスマホで申し込みをして、21時前には契約の完了・キャッシングをして下さい。

 「SMBCモビット」で申し込まれる方はこちら



以上、土日でも即日融資が可能なカードローンについて、解説しました。

土日の即日カードローンを利用する時は、スマホから申し込み後、契約機で契約するのが最もスムーズです。


土日の即日融資には各社それぞれの条件があるので、事前に確認してから申し込むと良いでしょう。


この記事のまとめ

  • 土日の即日融資に対応しているのは、消費者金融カードローンだけ
  • 在籍確認が困難な時は、相談すれば収入証明書の追加提出で在籍確認を免除されるケースがある
  • スマホ完結で土日に即日融資が受けられるカードローンは、「プロミス」と「アコム」の2社
  • 土日に即日キャッシングしたいなら、契約機の台数が多いカードローンを選ぶと良い
  • 土日の即日カードローンでおすすめは、「プロミス」と「SMBCモビット」

人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


おすすめランキング