カードローンの口コミ体験談(25):アコムで音楽機材のお金を借りる

簡単な自己紹介

私は京都府に住む現在34歳、一人暮らしの独身女性です。現在職業は会社員で事務職をしております。

消費者金融で初めてキャッシングをしたのは28歳の時で、当時は派遣社員として事務職をしており、給料の手取りは大体毎月17万円ぐらいでした。部屋の家賃は管理費等全て含めると約6万円です。


そして仕事をしながらバンド活動もしておりました。

なぜお金を借りようと思ったのか

一人暮らしを始めてから何とか事務職の収入で生活しておりましたが、生活費は家賃と光熱費等を払えば自由に使えるお金があまりなく、欲しいものが欲しい時に買えない事にとても不自由さを感じておりました。

それまで実家で暮らしていた頃は無駄使いをする事もあまりなく、みるみるうちにお金が貯まり沢山貯金をする事が出来ていました。将来の為と思い、25歳の時300万円近くの貯金はありました。

一人暮らしを始めて金遣いが荒くなる

ですが、一人暮らしをし始めてから今までとはうって変わってお金の使い方が荒くなってしまいました。

誰の目も気にする事なくお金を使える事が嬉しかったと思うのですが、今まで我慢していた分自分に甘くなり過ぎてしまったと思います。

そんな自分の駄目な所やお金の不安や現実と向き合う事から逃げるように、何も考えず使いたいだけ使っていました。


バンドもプロを目指している訳ではなかったですが、出来るだけ本格的に技術を高めたいという気持ちがあり、練習費用や機材の購入費用などで大きな出費をする事もよくありました。

他にも服や美容に関する事も、実家暮らし当時の田舎ではなかなか行けなかったお店が家の近くに沢山ある事がとても新鮮で、欲求のままお金を使っていき、気が付いたら銀行預金の残高がゼロになっていました。


さすがに節約しないといけないと思いましたが、周りの人には預金がゼロという事も言えず、それを知られるのも恥ずかしかった為、なかなかそれまで通りのお金の使い方を変える事が出来ませんでした。

消費者金融のキャッシングを思いつく

そしてある日、どうしても機材を購入したいけどまとまったお金がすぐに用意出来なくなり困った時に、消費者金融のキャッシングを利用する事を思い付きました。

今思えば消費者金融ではないカード会社のクレジットカードを作るという方法もあったのですが、当時の私は「借りる」という事しか思い付きませんでした。


テレビや街中でよく見かけるから大丈夫だろうという理由で、安易に消費者金融に頼る事に決めました。

よく見かけるとはいえ少し怖いイメージがあったので最初はとても不安でしたが、思い切って申し込みをしました。

<関連記事>
カードローンって何?キャッシングとどう違うの?


キャッシングの詳しい経緯

始めて借入をした会社はアコムでした。

どこの会社が良いのか正直なにも分からず無知だったのですが、テレビ等でよく見かける事と、当時自分が家の近くで知っている場所に無人契約機があるのがアコムだった為そこに決めました。

最初はネットから申込みをし、これだけですぐに借りられるのかと思っていたのですが、翌日アコムから電話が掛って来ました。


ネット申込みで記入した内容の確認と簡単な説明があり、その場で仮審査もされたと思います。

そして、次の手続きは無人契約機まで行かないといけないと聞き、始めてアコムの無人契約機へ向かいました。本登録はお店へ行くか、無人契約機でしないといけないようです。

不安のなか、自動契約機に行く

少し暗めの雑居ビルの中にあり、最初はとても不安でしたが、実際手続きが始まるととても親切で丁寧な話し方の女性オペレーターが対応してくれ、少しほっとしたのを覚えています。


身分証明書の提出や契約書の記入をしたのですが、オペレーターが全て細かく説明や案内をしてくれたので、言われた通りするだけで困る事は一切ありませんでした。

私は身分証明書が保険証だけだったので、他にも証明出来るものが必要な為銀行のキャッシュカードを見せ、その場でコピーを取って貰ったりもしました。


写真付きの身分証明書があれば、1種類だけで大丈夫だと思います。いろいろ説明や記入書類も数枚あったので、手続きにかかった時間は40分ぐらいだったと思います。

その当時は私は派遣で事務職をしていましたが、勤務年数が2年以上、毎月の収入が17万円という状況で、他にもローンや借金も全くなかった為、簡単に審査が通りました。借入上限30万円までで、その時にすぐ借りたお金は10万円です。

消費者金融が全然怖くないことが分かる

始めてで無知でしたので不安や借金をする罪悪感がありましたが、電話や無人契約機のオペレーターの対応がとても親切だったので、消費者金融に対する怖いイメージも次第になくなって行きました。

審査が通りお金が借りられた時はとても安心したのを覚えています。そしてあまりにも簡単に借りられたので、借金をしているという実感があまりなく、どうにか出来るだろうとこの時は思っていました。


借りたお金もすぐに全額返済出来ると思っていましたし、キャッシングはこんなに便利なものなんだという考えになっていました。

<関連記事>
カードローンは怖い?初めての人が抑えておきたいポイントは?


借りたお金はその後どうなったか?

その後毎月1万円ずつ返済をしていたのですが、収入が増える訳でもなかった為、少し金欠になる事が増えてしまい、今度は足らなくなるとまた借りるという事を繰り返すようになってしまいました。

今思えばとても甘い考えだったのですが、一度借りる事に慣れると、今だけ、ちょっと借りるだけ、という気持ちですぐにキャッシングする癖がついてしまい、そのまま半年たった頃、限度額30万円を越えていました。

つい借入枠を増額する

するとアコムから電話があり、限度額をアップ出来るというお知らせが来た事で、私はまたそれをお願いし、今度は上限50万円まで借りられる事になりました。

そしてその後もまた同じようにキャッシングを繰り返して行くうちに、また利用限度額いっぱいまで借りてしまい、利息を含め借入残高は60万円以上になりました。


本当に恥ずかしいのですが、借金を返す為に借金をするというような感じでした。返済日になったら一度返済し、すぐにそこから借入をするという事を繰り返していました。

最初は軽い気持ちで10万円借りたのが、こんなに膨れ上がるとは思いもしませんでしたが、こうなるまであっという間でした。


この後他社からおまとめローンの話があり、そちらに切り替えた為アコムへは一度完済し、この分は現在も他社で返済を続けています。あれから6年程たった今はアコムで借りていた分の残高は35万円程になっています。

<関連記事>
おまとめローンで絶対NGな3つのことは?


(まとめ)これからキャッシングする人へのアドバイス

消費者金融は、私の印象では借りる時も、借りてからもこちらが真面目に返済を続けている限りではとても親切丁寧な対応をしてくれます。

本当に目的があり、すぐに返済出来るならとても便利だと思いますし、そういう場合なら利用するメリットもあると思います。


ですが、便利だからと言って、進められるままに利用すると危険です。そういうデメリットがありますが、その怖さを感じさせないように営業してくるのも事実です。

ですので、借りる側の強い意志がないと私のように銀行預金のキャッシュカードのように利用し、返済に追われる事になる人も多数います。そうならない為にも、お金に困った時は、借金をする前に必ず信頼のおける人に相談してから検討された方が良いと思います。


誰かにアドバイスを貰い、消費者金融を利用しない方法が見つかればその方が一番良いからです。

でも私のように、それが難しい方もいると思います。手持ちのお金がなくて、心にも余裕がなくなっていると、周りの人に相談する方が勇気がいると感じられる気持ちにもなるかもしれません。


ただ私の経験から言えることは、消費者金融を利用する勇気を出して、何年、何十年と高い利息を払う為に返済に追われる日々を送る勇気を出すより、早いうちに打ち明ける勇気を持った方が精神的にもその後健全な人生を送れます。

ですが、もし誰にも頼れずどうしてもキャッシングをしてしまった場合は、それはそれで誰かの役に立てる人生が送れると前向きに生きる事も大事です。諦めずにいろんな情報を集め、よく検討されると良いと思います。私のエピソードは以上です。