カードローンの口コミ体験談(26):パチンコ代のためアコムに即日でお金を借りる

簡単な自己紹介

都内に住む30歳の男性の会社員です。年収は500万円ほどで、インターネット関連の広告の仕事をしています。

なぜお金を借りようと思ったのか

私は西日本の地方の出身で、大学進学を機に上京してきました。卒業時に地元に帰るという選択肢もあったのですが、田舎で自分がつきたい仕事につくことができないために、東京に残ることを選択しました。

学生時代は実家の経済状況が悪く、授業料は出してもらうことができましたが、それ以外の家賃を含めて生活費はアルバイト代で賄うという生活でした。


当然アルバイト代だけでは賄いきれないため、奨学金も借りての学生生活でした。生活することに必死だったので、学校がなければアルバイトを入れるという生活で、月の収入としては20万以上あったので何とか生活をすることはできました。

就職活動を始め、自分の希望している業種には無事内定をもらうことができ働きだしました。しかし入社にあたっても一つの問題がありました。

入社時に費用がかさみ、お金が足らなくなる

学生時代に住んでいたところが、会社から遠く、非常に交通も不便なところで引越しが必要になりました。会社からは自分の意思での引越しなので当然ながら費用は全く出ません。

そのときは卒業旅行に行ったこともあり、手元にお金が少ない状態だったので、親に最後のお願いということで引っ越しに係る費用を援助してもらいました。そうした状態で働きだしたため、スタート時からかなり金欠の状態でした。


仕事自体は希望していたインターネット関連の仕事だったので、自分でもかなりやりがいを感じて働くことができていました。

ただ非常に競争が激しい業界なので、新人の時から仕事が深夜までかかるということもしょっちゅうでした。


そのときは引越して家も会社から近く、本当によかったと思えたりもしました。

ですが、さすがに社会人の生活に慣れていないこともあって、夜はできるだけ自炊をして生活費を浮かそうとしていたのですが、疲れすぎてほとんどを外食や弁当を買って帰るというスタイルになってしまいました。

社会人になって、費用がかさむようになる

また、週末などに同僚たちと飲みに行くことも結構あったのですが、1回の飲み会でかかる費用が学生時代とはけた違いに大きくなってしまい、1回の飲み会で諸々合わせると1万円近くかかってしまうということもしょっちゅうでした。


そういう生活を続けると、新人時代は手取りで20万円強だったのですが、ギリギリの生活というよりも、あきらかに足りなくて、クレジットカードで払って現金を集めて生活するというような自転車操業の生活になってしまいました。


また毎月2万円ほどの奨学金の返済もすぐに始まり、問答無用で給料日には引き落とされてしまうのも、毎月の家計に確実にひびいていました。このままでは生活できないので何とかしないと思って日々悩んでいる状況でした。

<関連記事>
カードローンとクレジットカードの違いは?


キャッシングの詳しい経緯

お金が無い厳しい状況の生活だったのですが、もう一つ困ったことが週末の過ごし方でした。

学生時代は時間があればアルバイトを入れて稼ぐことができたのですが、社会人になるとアルバイトもできないので、週末にやることがなくなってしまいました。


そんなときに同僚からパチンコに誘われました。

学生時代はギャンブルとはまったく無縁の生活でしたし、パチンコにはまって学校にこなくなった人間も何人かいたので、自分からやろうと思うことはまったくありませんでした。


しかし、その同僚は羽振りのいい時もあり、パチンコで勝ったという話もよく聞いていたので、もしかしてこれでお金を増やせるのでは思いやってみることにしました。

すると、ビギナーズラックだと今思えばわかるのですが、初めて行った日に5万以上勝ちました。

そこで甘い味をしめてしまったので、それから毎週末は同僚と一緒か一人で必ずパチンコにいく生活にはまってしまいました。

パチンコ代のせいで、金欠に拍車がかかる

そうした生活を送れば、当然ですが常に勝てるわけではないので、あっという間に負けの額が大きくなっていきました。日常の生活費もない状態だったので、本当に生活できないと思って、その同僚に相談するとキャッシングを進められました。

よく聞くと、その同僚もキャッシングでパチンコの費用をねん出しているということでした。


そのときは、奨学金以外にも新たに借金を作るということにかなり抵抗があったのですが、それ以上にパチンコをやりたいという欲望が勝ってしまい、友人に教えられながら、いつの間にか消費者金融に申込をしていました。

申込自体はインターネットから申込をしました。会社については借りる金額が大きくなければ、金利はどこも一緒ということで、確かに比較サイトなどで確認しました。

すると、そういう傾向が確認できたので、自分も聞いたことのあったアコムにしました。ちなみに友人もアコムから借りていました。

<関連記事>
【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!

必要書類は免許証のみ

申込にはいろいろな書類を記入したり準備しないといけないのかと思っていたのですが、免許証のみで構わないといわれてびっくりしたことを覚えています。

インターネットの申込フォームに必要事項を記載して送信すると、30分ほどでアコムの担当の人から連絡がありました。電話がかかってきたときは正直すごく緊張したことを覚えています。


初めての申込であることを確認されましたが、もっと使い道などを聞かれるのかと思ったのですが、そういった類の質問はなく、審査に通ったことと、30万で申し込みをしているが50万までなら枠を伸ばせるということを言われました。

少し迷いましたが、余裕があるならそのほうがいいかと思い、50万円でお願いしました。

カードの受け取りについても確認されたので、その日のうちに使いたかったこともあり、無人契約機での受け取りを選び、その足で近くの無人契約機に向かいました。


無人契約機でも自動音声に沿って操作すると問題なくカードを受け取ることができました。結局申し込みから1時間強でキャッシングの手続きが完了してしまったことに驚いたことを覚えています。

<関連記事>
カードローン審査で必要な書類は?


借りたお金はどうなったか

カードを受け取ってすぐに近くのコンビニでお金をおろすことにしました。そのときはクレジットカードの支払日が迫っていたので、10万円おろしました。お金が引き出せたときは安心感を感じたことを覚えています。

キャッシングができるようになったことで、生活する中で心の余裕ができたのは事実ですが、お金の使い方も荒くなってしまい、1回でパチンコに投下するお金もどんどん大きくなっていってしまいました。

気が付くと、借入枠を増額していた・・

毎月最低限の支払いしかできず、あっという間に上限金額の50万円に達してしまい、増額申請を新たにして100万円まで枠を増やしましたが、その100万円にも初めての申し込みから1年半ぐらいで達してしまったと思います。

これ以上は増額できないということはわかっていたので、それからはできるだけ返済する生活に切り替えました。

しかし、返済をして少し枠ができると借りてしまうという生活で、なかなか元本が減らない状況になって、そうした生活を5年ぐらい続けている状況でした。


ただ、自分も30歳になり、結婚を考える相手もできたことがあるのですが、結婚までには何とか完済したいと思い、1年前から返済のみでキャッシングをしないという生活を続けて、ようやく元本が半分の50万程度にすることができました。

あと1年で限りなくゼロにしたいというのが今の本音です。


これからキャッシングする人へのアドバイス

キャッシングはとても便利なもので、困っているときに生活を助けてくれる大切なツールなのは間違いありません。

しかし、借り続けていると、いつかは返さないといけないという当たり前のことを忘れがちになってしまうのも事実です。


「ご利用は計画的に」という言葉がありますが、簡単なようでこの「計画的に」というものがとても難しいのです。いつのまにかキャッシングしている額が膨れ上がってしまうという人はとても多いのです。

利用額には絶対の制限をつけるなど、強い意志をもってキャッシングと付き合うことがとても重要だと思います。


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング