【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!

どのカードローンを利用するかを考えた時、最初に見るのは「金利」ではないでしょうか?なるべく低金利でお金を借りたいと、誰もが思うはずです。

今では多くのカードローン会社があるので、どの会社が低金利なのか迷ってしまうかと思います。


ここでは、大手カードローン会社の金利を一覧比較します。また、より低いカードローンを選ぶ上での注意点についても見ていきます。

まずは、カードローン各社の金利を見ていきましょう。



カードローンの金利を比較してみた

消費者金融と銀行カードローンの金利を比較して、表にしてみました。借入上限額がどの位なのかも、一緒に確認して下さい。

消費者金融カードローン

消費者金融は銀行カードローンに較べると、金利がやや高めです。その一方で、借入限度額は低めです。ほとんどの会社は500万円~800万円程度となっています。

消費者金融 金利 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

消費者金融は総量規制の対象になるため、年収の3分の1までしか借入ができません。初めから限度額いっぱいまで借入するのは難しいでしょう。


ただし、消費者金融は審査スピードが早く、気軽に借りられるのがメリットです。また、ネット(スマホ)完結サービスが充実しています。

銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融に較べて、金利が低いのが特徴です。ただし、後でも説明しますが、その分審査が厳しくなります。

また、総量規制の対象外なので、(審査に通れば)高額な金額でも借入することができます。借入限度額も800万円~1000万円程度と、高めです。

銀行カードローン 金利 借入限度額
三井住友銀行 4.0~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8~14.6% 500万円
みずほ銀行(エクゼクティブプラン) 3.5~7.5% 1000万円
みずほ銀行(コンフォートプラン) 4.0~14.5% 1000万円
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0% 500万円
静岡銀行(セレカ) 4.0~14.5% 500万円
千葉銀行 4.3~14.8% 500万円
じぶん銀行 2.2~17.5% 800万円
りそな銀行(クイックカードローン) 9.0~12.4% 200万円
りそな銀行(プレミアムカードローン) 3.5~12.4% 800万円
横浜銀行 1.9~14.6% 1000万円
オリックス銀行 1.7~17.8% 800万円
楽天銀行 1.9~14.5% 800万円
イオン銀行(カードローンBIG) 3.8~13.8% 800万円
イオン銀行(イオンアシストプラン) 3.8~13.5% 700万円
ゆうちょ銀行(したく) 7.0~14.9% 500万円
セブン銀行 15% 50万円
住信SBIネット銀行(スタンダードコース) 8.39~14.79% 300万円
住信SBIネット銀行(プレミアムコース) 0.99~7.99% 1200万円

以上のように、カードローン金利は各社で違うものの、どのカードローンも金利に幅があります。では実際に、キャッシングする時に金利はどうやって決まるのでしょうか?

カードローンの金利は、どうやって決まる?

まず、カードローンの上限金利は、「利息制限法」という法律によって決められています。



上限金利は最大でも20%となっています。このように上限金利は法律で決められているので、これ以上の金利を取る会社はありません。


表を見ても分かるように、金利は借りる金額によって変わるので、借入額が増えると金利も下がります。

適用金利はどうやって決まるのか?

上限金利は分かりましたが、どうやってカードローンの適用金利を決めるのでしょうか?

消費者金融は金利は4%~18%程度、銀行カードローンは3%~14%程度となっています。かなり幅はありますが、この金利設定の範囲内で適用金利は決まります。


<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?


とはいえ、同じ会社で同じ金額の借入をしても金利が18%の人もいれば、15%の人もいます。同じ会社で借りているのに、どうして金利が違うのでしょうか?


これは借入金額の他に、信用力や過去の取引で、適用金利が決まるからです。

信用力があるほど金利は下がりますし、取引が長く過去に延滞がないと、金利が下がる場合があります。


逆に初回取引ですと、過去の取引がないため、上限に近い金利になることは珍しくありません。


カードローンの金利を下げる方法はある?

カードローンの金利を下げる方法は4つあります。


1.信用力を上げて、金利を下げてもらう
後ほど詳しく説明しますが、信用力を上げると、金利を下げてもらうことができます。信用力を上げるには、安定した収入があることや、勤続年数が長いと有利です。


2.優良顧客となって、金利を下げてもらう
先ほども説明したように、取引が長く一度も延滞せず返済ができれば、金利を下げてもらえる可能性があります。


信用があり、これからも取引を続けてもらえる顧客を、会社も手放そうとは思わないでしょう。


3.借入額を上げて、金利を下げる
上で書きましたが、金利は借入額によって変わります。100万円以上の借入をすれば金利も下がります。


これは、上限金利の表を見てもらうと分かるように、100万円以上の借入は、金利15%と決まっています。これ以上の金利で設定することはできません。


4.借り換えローンにして金利を下げる
借り換えとは、今利用している金融機関よりも、低い金利の金融機関の借り換えて借金を返済します。金利が下がれば、返済額の負担を軽減することができます。


<関連記事>
消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?

低金利のカードローンを選ぶ注意点は?

誰だって少しの低い金利でカードローンを利用したいと思いますが、誰もが低金利でキャッシングできるわけではありません。

加えて、低金利のカードローンならではの注意点もあります。


以下で詳しく見ていきます。

低金利だと審査が厳しくなる

カードローンは手軽に申し込みができ、便利ではありますが金利が低いとその分、審査も厳しくなります。

低金利でお金を貸すわけですから、その人に信用力がないと貸すことはできません。ですので、本当に信用できるのかを審査で見極める必要があります。


そのため低金利のカードローンは、審査が厳しくなっています。


低金利ではなく上限金利を見よう

カードローンの金利を比較する時、誰もが最低金利に目が行きがちです。

上でも書きましたが、カードローンの金利はほとんどの会社が、初回は上限金利で融資することが多いです。


たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの場合、金利は1.8~4.6%です。ですが、100万円以下のキャッシングでは、12.6~14.6%の金利となっています。


最低金利が適用されるには、借主に高い信用力があり、500万円以下のキャッシングをした場合のみです。

しかし、初めての借入でここまで大きな額を融資してもらえることは、そうありません。


また、借入金額が多いほど審査も厳しくなるため、初めから高い限度額を希望しても、審査に通るのは難しいです。

ですので、低金利のカードローンを選ぶ時は、最低金利ではなく上限金利を目安にして下さい。

自分の属性(=信用力)を上げる

カードローンの金利は、申し込んでみてからでないと、どの程度の金利になるか分かりません。低金利でお金を借りたいなら、自分の属性(=信用力)を高める必要があります。


なぜかと言いますと、会社側も利用者の属性が高い方が、貸し倒れのリスクが少ないと感じているからです。

逆に属性が低い人は、返済能力が乏しく、リスクが高いと判断されます。


属性が高い人とは、安定した収入や勤務形態、持ち家を持っているなどが挙げられます。



アルバイトやパートでも安定した収入があれば、借入は可能です。ですが、収入の額や職業など較べると、会社員の方が断然上なので、属性は低いです。


属性が高いほど信用度も上がるので、金融機関も低金利で高額融資してくれる可能性があります。

返済が長引けば利息も増える

カードローンは毎月の返済額が一定なので、少ない金額でお金を返すことができ、負担を減らせます。

返済計画も立てやすいので、利用者からすると便利な返済方法だと思われがちです。


しかし、そこには落とし穴があります。消費者金融の場合、上限金利の18%前後と金利が設定されているので、銀行に較べると高めです。

毎月の返済額が少ないということは、返済期間も延びるのでその分利息もかかります。


金利が高いと利息もかなり負担することになるため、返済総額が大きくなり、利用者は損をすることになります。

一見すると返済しやすく便利に見えますが、デメリットもあります。負担が大きくならないよう無理のない範囲で、早めに返済するようにしましょう。


<関連記事>
カードローンの返済方法や返済金額の計算について

金利で選ぶなら銀行カードローン

低金利でキャッシングを考えている人は、銀行カードローンがオススメです。

消費者金融に較べると審査は厳しいですが、信用力に問題がなければ、審査に落ちることはまずないです。


少しでも低い金利でキャッシングできれば、負担を軽くすることができます。


「金利も重要だけど、それよりも早くキャッシングしたい」と思う人もいるかと思います。金利よりも審査スピードを重視する人は消費者金融がオススメです。

銀行カードローンより金利は高めですが、その日のうちにお金を借りることができるので、急にお金が必要な人には便利です。



以上で、カードローンの金利について見てきました。


少しでも低い金利のカードローンでキャッシングしたいなら、上限金利をチェックするようにしましょう。

他にも、金利が低いと審査も厳しくなる、返済期間が長くなるなど注意点も多いので気を付けて下さい。


【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!のまとめ

  • カードローンの金利は、借入額によって変わる
  • 申し込み者の信用状況や審査によって、適用金利は決まる
  • 低金利での貸付は、会社側も慎重になるため審査が厳しくなる
  • カードローンの金利を比較する場合は、最低金利ではなく上限金利を見ること
  • 低金利でキャッシングしたいなら、銀行カードローンがオススメ