専業主婦でも借りられるカードローンの最新事情

専業主婦は自分の収入がないので、カードローンでのキャッシングは原則できませんが、専業主婦でもカードローンの利用が可能な会社が一部ありました。


ところが最近、専業主婦のカードローン利用が不可能ではないものの、以前より難しくなってきました。今回は、専業主婦によるカードローン申し込みの最新事情を紹介します。


専業主婦でもお金を借りることができる?

冒頭でも書いたように、専業主婦でもお金を借りることができます。しかし、どの会社でも対応しているわけではありません。

消費者金融は対応してない

消費者金融は総量規制により、借入できる金額は年収の3分の1までとなっています。正社員はもちろん、アルバイトやパートの人でも、安定収入があればキャッシング可能です。

つまり主婦でも安定収入のある方なら、消費者金融カードローンでのキャッシングは可能です。一方で、収入のない専業主婦は消費者金融を利用できません

<関連記事>
主婦でもカードローンでキャッシングできる?

一部の銀行カードローンなら対応可能?


銀行カードローンでも、専業主婦がお金を借りることは原則できません。銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、各銀行とも利用者に安定収入があることを審査条件にしています。


一方で、一部の銀行カードローンでは専業主婦にも対応しています。ただ、この専業主婦の利用が以前より厳しくなっているのが、先ほど紹介した通りです。

この点については、後ほど詳しく取り上げます。


専業主婦でもカードローンで借りられる条件は?

一部の銀行カードローンなら、専業主婦でも利用可能と書きましたが、誰でも可能ではありません。

専業主婦がカードローンで借りるには、一定の条件があります。

配偶者に安定収入があること

条件の一つ目は、配偶者(=夫)に安定収入があることです。特に、配偶者の給与水準は高めであることが条件のようです。

専業主婦は収入がないため、返済のためのお金を用意できません。返済資金を夫の収入に頼ることになるため、夫に相応の収入があることが求められます。


専業主婦が借りられる金額は少ない

通常、カードローンの上限枠は500万円から1000万円とされています。一方で専業主婦の場合、カードローンで借りられる金額の上限は、30万円と通常の利用と較べて少額になっています。

しかも審査によっては、初めから30万円借りれる人もいれば、10万円程度しか枠を用意してもらえない場合もあります。

配偶者(つまり夫)の収入が少ない場合、審査がより厳しくなるためです。

<関連記事>
カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?


専業主婦がカードローンで気を付けるべき点は?

専業主婦がカードローンを借りる際、注意する事はあるのでしょうか?ここでは、専業主婦のカードローン利用でありがちな不安に回答します。

家族にバレずに借りるのは可能?

専業主婦の人は、家族に内緒でお金を借りたい方も多いはずです。銀行カードローンなら、申し込みの時に配偶者の収入証明書や同意書は必要ありません。

申し込み者本人の身分証明書があれば、借りることができます。


他にも、電話での在籍確認もバレる不安要素かと思います。銀行カードローンは、原則勤務先への在籍確認が行われます。しかし、専業主婦の人は働いていないので、勤務先に在籍確認することができません。


専業主婦の場合、自宅に在籍確認の電話がかかってきます。ですが中には、「自宅にかかってくるのは困る」という人もいます。

そんな人は、申し込みの時に自分の携帯番号を連絡先にしておきましょう。ただし、審査によっては自宅への在籍確認の電話が必要になる場合もあるので、その点は注意して下さい。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

延滞は絶対にしないこと

銀行カードローンは消費者金融に較べると、キャッシングしていることが周囲からバレにくいのがメリットです。

しかし、銀行カードローンでも延滞をすると、携帯電話に確認の連絡がきます。


電話の内容は、「返済期限を過ぎているが返済されていない」「いつまでに返済できるか」といった用件だけ終わります。ここですぐに支払いをすれば、それ以上の電話連絡はきません。


ですが、電話連絡が来ても無視をしたり、返済が行われないと次は自宅に電話がかかってきます。

それでも電話に出ない場合は、自宅に催促の手紙が届きます。銀行カードローンは借りやすいといても、催促の電話や郵便物が届けば、家族に怪しまれてしまいます。

ですので、返済は絶対に遅らせないようにしましょう。

ネット申し込みを利用する

カードローンの申し込み方法はいくつかありますが、現在ではネット(スマホ)申込みが主流となっています。

ネット(スマホ)申し込みなら店舗で審査を待つ必要がないので、待ち時間が無駄にならず便利です。

後日、カードや契約書類の受け取りがあるので、自動契約機で受け取るか、自宅に郵送してもらう必要があります。



自宅に郵送物を送付されたくない人は、自動契約機で受け取るようにしましょう。自動契約機は各銀行の店舗内に設置されています。

ただし、契約書類・カードの受け取りには、身分証明書が必要な場合もあるので、その点は注意して下さい。

郵送を希望した場合は、一週間ほどで自宅に届きます。郵便物には銀行名しか記載されていないので、ここからカードローンのことがバレる心配はないでしょう。

低金利で借りること

上でも書いたように専業主婦は借りられる金額は少額で、30万円程度となっています。このため、金利を多少下げたところで利息を減らす効果は限られています。

とはいえ、返済負担を少しでも減らすためにも、銀行カードローンでも少しでも低金利で借りられるところを見つけましょう。


専業主婦のカードローン利用、最新事情



専業主婦のカードローン利用は難しいものの、一部の銀行カードローンなら利用可能なこと、利用上の注意点などを上では説明してきました。

2016年までは専業主婦でも割と気軽にキャッシングができました。ですが、こうした状況は2017年に入り一変しました

その背景に何があるのか、以下で見ていきたいと思います。

背景にあるのは、銀行カードローンの利用者急増


図は2010年以降の、消費者金融と銀行カードローンの残高推移です。

多重債務などが社会問題化したことを背景に、2010年6月に総量規制が導入されました。

この影響もあり消費者金融が残高を減らす一方、銀行カードローンは順調に利用者は貸出残高を増やしていきました。


これだけなら、新しいサービスに担い手が増えたという話で、騒ぎ立てる話ではありません。

問題は、数少ない収益源であるカードローン事業に力を入れすぎて、過剰融資を行う銀行が出てきたことです。

金融庁も銀行カードローンの監視強化

2016年に入り、自己破産者数が13年ぶりに増加に転じました。自己破産者と銀行カードローンに関係があるのか、今のところ分かっていません。

ただ、銀行カードローンによる多重債務者が各方面から聞かれるようになり、日弁連も銀行カードローンの規制強化をするよう、金融庁に要望を出しました

こうした流れを受け、金融庁は銀行カードローンの実態調査を始めることになりました。

銀行がカードローン審査を(自主的に)厳格化

こうした金融庁の動きに銀行協会も反応し、各銀行が銀行カードローンの審査を厳格化する方針を打ち出しました

具体的には、年収による借り入れ制限をこれまで以上に厳しくする、収入証明書の提出を厳しくする、専業主婦への借り入れを厳しくする、などです。

2016年まで比較的簡単だった、専業主婦による銀行カードローンの借り入れが難しくなった背景には、以上のような事情があります。



以上、専業主婦のカードローン利用について紹介しました。

一部の銀行カードローンは対応しているものの、全般的に見て、専業主婦によるカードローン利用が難しくなってきています。

専業主婦でお金を借りたいという方は、その辺を頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

専業主婦でも借りられるカードローンの最新事情 まとめ

  • 専業主婦が借りられるのは、一部の銀行カードローンだけ
  • 消費者金融は総量規制により、専業主婦の借り入れは不可
  • カードローン審査では、配偶者(夫)の相応の年収が必須
  • 専業主婦が家族にばれずに借りるのは難しくない
  • 2017年に入り、専業主婦の借り入れは格段に難しくなった
  • 背景にあるのは、カードローン審査の厳格化

人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング