専業主婦でもお金を借りられるカードローンはどこ?

専業主婦は自分の収入がないので、カードローンでのキャッシングは原則できません。しかし、カードローンの中には、専業主婦でもカードローンの利用が可能な会社があります。


ここでは、専業主婦でもお金を借りられる条件や、対応しているカードローン会社について紹介します。

専業主婦でもお金を借りることができる?

冒頭でも書いたように、専業主婦でもお金を借りることができます。しかし、どの会社でも対応しているわけではありません。

消費者金融は対応してない

消費者金融は総量規制により、借入できる金額は年収の3分の1までとなっています。正社員はもちろん、アルバイトやパートの人でも、安定収入があればキャッシング可能です。


逆に、収入のない専業主婦は消費者金融では、お金を借りることができません。

一部の銀行カードローンなら対応可能


銀行カードローンでも、専業主婦がお金を借りることは原則できません。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、各銀行とも利用者に安定収入があることを条件にしています。


しかし、一部の銀行カードローンなら専業主婦にも対応しています。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローンは、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)・みずほ銀行カードローン・千葉銀行カードローンなどです。


それぞれの条件については、のとほど詳しく紹介します。

専業主婦でも借りられる条件

一部の銀行カードローンなら、専業主婦でも利用可能と書きましたが、誰でも可能ではありません。

専業主婦がカードローンを借りるには、一定の条件があります。

配偶者に安定収入があること

条件の一つ目は、配偶者(=夫)に安定収入があることです。

特にある程度の収入であることが条件のようです。専業主婦は収入がないため、返済のためのお金を用意できません。


返済資金を夫の収入に頼ることになるため、夫に相応の収入があることが求められます。


専業主婦が借りられる金額は少ない

どのカードローンでも借りられる金額の上限は、30万円と通常の利用と較べて少額になっています。

ただし、初めから30万円借りれる人もいれば、10万円程度しか枠を用意してもらえない場合もあります。


配偶者の収入が少ない場合、審査に影響するためです。

専業主婦がカードローンで気を付けるべき点は?

専業主婦がカードローンを借りる際、注意する事はあるのでしょうか?

家族にバレずに借りるのは可能?

専業主婦の人は、家族に内緒でお金を借りたい方も多いはずです。銀行カードローンなら、申し込みの時に配偶者の収入証明書や同意書は必要ありません。

申し込み者本人の身分証明書があれば、借りることができます。


他にも、電話での在籍確認もバレる不安要素かと思います。銀行カードローンは、原則勤務先への在籍確認が行われます。

しかし、専業主婦の人は働いていないので、勤務先に在籍確認することができません。


専業主婦の場合、自宅に在籍確認の電話がかかってきます。ですが中には、「自宅にかかってくるのは困る」という人もいます。


そんな人は、申し込みの時に自分の携帯番号を連絡先にしておきましょう。ただし、審査によっては自宅への在籍確認の電話が必要になる場合もあるので、その点は注意して下さい。

延滞は絶対にしないこと

銀行カードローンは消費者金融に較べると、キャッシングしていることが周囲からバレにくいのがメリットです。

しかし、銀行カードローンでも延滞をすると、携帯電話に確認の連絡がきます。


電話の内容は、「返済期限を過ぎているが返済されていない」「いつまでに返済できるか」といった用件だけ終わります。

ここですぐに支払いをすれば、それ以上の電話連絡はきません。


ですが、電話連絡が来ても無視をしたり、返済が行われないと次は自宅に電話がかかってきます。


それでも電話に出ない場合は、自宅に催促の手紙が届きます。銀行カードローンは借りやすいといても、催促の電話や郵便物が届けば、家族に怪しまれてしまいます。

ですので、返済は絶対に遅らせないようにしましょう。

ネット申し込みを利用する

カードローンの申し込み方法はいくつかありますが、現在ではネット(スマホ)申込みが主流となっています。


ネット(スマホ)申し込みなら店舗で審査を待つ必要がないので、待ち時間が無駄にならず便利です。

後日、カードや契約書類の受け取りがあるので、自動契約機で受け取るか、自宅に郵送してもらう必要があります。



自宅に郵送物を送付されたくない人は、自動契約機で受け取るようにしましょう。自動契約機は各銀行の店舗内に設置されています。

ただし、契約書類・カードの受け取りには、身分証明書が必要な場合もあるので、その点は注意して下さい。


郵送を希望した場合は、一週間ほどで自宅に届きます。郵便物には銀行名しか記載されていないので、ここからカードローンのことがバレる心配はないでしょう。

低金利で借りること

銀行カードローンは、消費者金融に較べると低金利となっています。

とはいえ、上でも書いたように専業主婦は借りられる金額は少額で、30万円程度となっています。


借入額が多いほど、金利は下がりますが、専業主婦の場合、上限額が低いため金利は上限で設定されていることがほどんどです。

とはいえ、消費者金融より金利は低めとなっているので、他の銀行カードローンと較べて少しでも低金利で借りられるところを見つけましょう。

専業主婦でも借りられるカードローンは?



上でも説明した通り、銀行カードローンならどこでもいいわけではなく、一部の銀行なら専業主婦でも借りることができます。

数少ない中で、専業主婦にも対応しているのが以下の3社になります。

バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)

専業主婦でも対応しているカードローンの一つが、三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」です。

バンクイックでキャッシングする場合、上で説明したように配偶者の同意書や収入証明書などの提出はありません。申し込み者の身分証明書があれば申し込みが可能です。


ただし、専業主婦でも電話での在籍確認があります。専業主婦の場合、配偶者の勤務先ではなく申し込み者本人のところに電話がかかってきます。

申し込みの時に、連絡先を携帯電話にしておくと自宅ではなく直接自分にかかってくるので、家族にバレる心配もありません。


即日キャッシングを希望される場合は、ネット(スマホ)申し込みをし、テレビ窓口で契約を行いましょう。契約後にカードと契約書類を受け取れば完了となります。

カードなどの受け取り時に、運転免許証が必要になります。これがないと即日キャッシングできないので注意して下さい。

みずほ銀行カードローン

大手銀行のみずほ銀行カードローンも、専業主婦が借りられる数少ないローンの1つです。バンクイックと同じ、上限額は30万円と少額の借入となっています。


申し込み者本人に収入がないので、審査では配偶者に安定収入があるかが重要になります。

上限額は30万円となっていますが、審査状況によっては上限額よりも低い金額での借入になることもあります。


みずほ銀行の口座を持ってない人は、新しく作る必要があります。

口座を持っている人は、普段使っているキャッシュカードにローン機能を付けるだけなので、新しくカードを作る必要はありません。


他にもみずほ銀行の口座を持っていれば、ネット(スマホ)申し込みが可能です。

審査に通過すれば、キャッシングカードでキャッシングができるようになります。その一週間後に、「みずほ銀行」名で自宅に契約書類が届きます。

千葉銀行カードローン

千葉銀行は、千葉を拠点に活動している地方銀行です。地方銀行ながら、専業主婦の借入に対応しています。千葉銀行カードローンも、上限額が30万円となっています。


また、web完結でのキャッシングも可能です。こちらもweb完結を利用したい場合は、千葉銀行の口座とキャッシュカードを持っている必要があります。ただし、後日カードや書類を郵送で受け取る必要があります。


また、千葉銀行カードローンを利用する地域が限られているので、注意して下さい。



以上で、専業主婦でも借りられるカードローンについて紹介しました。

専業主婦でも利用できるカードローンは少ないですが、上で紹介したカードローンなら間違いないです。他にも、家族にバレずに借りる方法など利用での注意点もあります。


自分に合ったカードローンを見つけて、利用してみてください。


専業主婦でもお金を借りられるカードローンはどこ?のまとめ

  • 一部の銀行カードローンなら、専業主婦でも借りられる
  • 専業主婦が借りる場合、配偶者に安定収入があることが条件になっている
  • 専業主婦は少額しかキャッシングできない
  • バンクイックでは、契約書類の受け取りに運転免許証が必要
  • 専業主婦でも借りられるカードローンは、バンクイック・みずほ銀行・千葉銀行