カードローンにも取り立てってあるの?

「カードローンの返済ができないと、取り立てはあるのか?」と不安に思う人もいるのではないでしょうか?もちろん、カードローンにも取り立てはあります。

しかしカードローンの取り立てには、細かいルールが決められています。そのルールを破ると違法行為となるので、皆さんが思うような乱暴な取り立てを心配する必要はありません。


ここでは、カードローンの取り立てについて、詳しく紹介します。


消費者金融でも銀行カードローンでも取り立てはある

取り立てと聞くと、怖いイメージを持っている人が多いかもしれません。

カードローンにも取り立てはありますが、自宅や職場まで乗り込んできて、借金の取り立てをする事はありません。

違法な取り立ては禁止されている

カードローンでは、法律により以下のような取り立ては禁止されています。

取り立てを行える時間は、9時~20時まで
1日に何度も電話をかけてくるのは禁止
他の金融機関からお金を借りさせて返済させるのは禁止
暴力的な言葉や態度、大声を出して脅すのは禁止


このような取り立ては違法です。この点については、後でまた取り上げます。


違法な取り立ては論外ですが、借りたお金を返さなくて良い訳ではありません。

利用者の生活に支障が出る取り立ては禁止されていますが、取り立てはあるので早めに返済計画を立てるようにしましょう。

取り立ての大まかな流れ

次に、取り立ての大まかな流れについて見ていきます。以下の図は、カードローンの取り立ての流れになっています。



カードローンの返済が滞ると、まず初めに債務者の携帯に催促の連絡が入ります。電話連絡でも返済されない場合、自宅に催促の手紙が届きます。


それでもダメな時は、自宅や職場に電話連絡が来るなど、債務者にとってどんどん不利な状況になります。

基本的に取り立ては電話連絡



カードローンの取り立ては、基本的に携帯電話に連絡が来ることになっています。

上でも書いたように、催促の電話をかけても返済がなかった場合、次に自宅に催促の手紙や訪問するといった流れになっています。


とはいえ、自宅まで取り立てに行くことはめったにありません。個別に自宅まで取り立てをするのは、カードローン会社も手間がかかって大変です。

ですので、電話連絡での取り立てが難しい場合は、そのまま法的手段に入る場合があります。

最終手段に強制執行を行う



借金の返済ができず、カードローン会社からの連絡を無視し続けると、カードローン会社も最終手段に出ます。その最終手段というのが、「支払督促申立書」です。

この書類は、裁判所から届きます。「カードローン会社がいくら要求しても債務者から支払いがされないので、法律に従って支払い計画を立て直しましょう」といった内容になっています。


すぐに全額支払うよう要求してくるわけではないので、きちんと対応すれば不安なことはありません。

ただし、支払督促申立書が届いても無視を続けると、借金を認めたことになります。判決が決まってしまうと、決定を覆すことはできません。


判決後、強制執行で給与を差押えられることもあります。こうならないためにも、返済が難しくなったら早めに担当者に相談しましょう。

違法な取り立てを受けたら?

違法な取り立ては禁止されています。しかし、もし違法な取り立てを受けたらどう対処したらいいのでしょうか?

<関連記事>
サラリーマンがカードローンを利用する際の注意点は?

警察に相談する

違法な取り立てにあった場合、自分で対応するのではなく、すぐに警察に連絡をしましょう。

「借金の返済ができていないから・・・」と負い目を感じて警察に通報できない人も中にはいます。返済をしないことは良くありませんが、法律を守らず取り立てするのは禁止されています。


そのままにしておくと、乱暴な取り立てがさらにエスカレートする可能性もあります。取り立てに困った場合は、ためらわず警察に相談してください。

中小の会社やヤミ金を利用しないこと

中小のカードローン会社も大手と同じく、違法な取立てを行うことはありません。しかし、中には法律を守らずに運営している会社もあります。

中小の会社では、大手の会社に審査落ちした人、信用力の低い人でも融資してくれる会社があります。


そのような会社は金利が高かったり、返済が遅れると厳しい取り立てをして追いつめてくることもあります。

ヤミ金に手を出すのは、さらに危険です。ヤミ金は違法な貸付、取り立てを当たり前としています。そんな貸金業者が、法律を守るわけがありません。


しつこく何度も電話・自宅訪問・脅迫など、やりたい放題の取り立てをしてきます。気付いたらヤミ金だった、などとならないように注意が必要です。

銀行カードローンは保証会社が取り立てをする

銀行カードローンの返済ができない場合、銀行に代わり保証会社から取り立てを受けることになります。

保証会社とは



保証会社とは、債務者が返済をできなくなった時に、代わりに立て替えてくれる会社です。


カードローンは保証人不要ですが、債務者が返済できないと会社として大損する可能性があります。そうならないために、銀行カードローンでは保証会社を付けています。


銀行カードローン審査では、保証会社も同時に審査を行います。当然ですが、保証会社の審査も通過しないと銀行カードローンで契約できません。

保証会社は消費者金融が行っている

保証会社ですが、ほとんどは消費者金融が行っています。なぜ消費者金融が保証会社をしているのか、疑問に思いますよね?


これは貸金業法の改正により、消費者金融の経営は厳しくなり倒産する会社も増えていました。このようなことから、消費者金融は銀行の系列会社となり経営を立て直しました。


消費者金融は、銀行から保証料を貰って保証業務を行い、銀行は消費者金融から貸金業のノウハウを学んでいます。どちらも良いところを利用してメリットにしています。

保証会社の取り立てについて

保証会社は債務者の代わりに借金を肩代わりすると、債権を引き継ぎ債務者の取り立てを行います。



銀行カードローン(正確には保証会社)の取り立ては、消費者金融と手順は同じです。初めは債務者の携帯電話に連絡が入り、返済するよう催促をします。

債務者は「○○までに返済します」と伝えれば、それ以上の電話連絡は来ません。


しかし、約束した期日になっても返済されない場合は、自宅に手紙や電話がかかってきます。それでも返済がない場合は、自宅に取り立てがきたり、法的手段が入ります。

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!

カードローンの取り立てを回避するには?

カードローンの取り立てを避けるための方法はあるのでしょうか?

事前に担当者に相談する

返済するのが厳しいと分かった時点で、カードローンの担当者に早めに相談するようにしましょう。そのままにしても何も解決しませんし、返済がどんどん苦しくなるだけです。


カードローン会社も、返済できない利用者には対応する必要があります。しかし、返済の意思がある人には、返済計画などで柔軟に相談に乗ってくれる場合もあります。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

最後は弁護士に相談する

カードローン会社に相談しても返済するのが難しいなら、最後は弁護士に相談しましょう。

債務者から債務整理の依頼を受けた弁護士から、カードローン会社へ受任通知が届きます。その通知をカードローン会社が受け取れば、債務者に取り立てを行うことができなくなります。


取り立てをやめさせるのに効果的ですが、その後の借入ができなくなるのでその点はご注意下さい。

計画的な返済を心がける

カードローンでも取り立てはありますが、怖いものではありません。とはいえ、お金を借りたら返すのが当たり前です。


返済せず逃げ回っていると、信用情報にも傷が付き自分が不利になるだけです。取り立てを受けたくないのでしたら、きちんと返済する事が大切です。

そのためにも、計画的に返済をするように心がけましょう。


カードローンにも取り立てってあるの?のまとめ

  • カードローンのも取り立てはあるが、怖いものではない
  • カードローンの取り立ては、基本的に電話連絡や郵便が基本
  • 最終的には強制執行・給与の差押えなどの法的手段を行う
  • 銀行カードローンの場合、取り立ては保証会社が行う
  • 返済が難しいと思ったら、カードローンの担当者に相談するのが大事
  • 返済がどうしても難しい場合は、弁護士に相談する


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング