会社への在籍確認(=電話連絡)なしのカードローンってある?

カードローンの利用を考えている人の中には、勤務先への在籍確認が不安な人も多くいます。「同僚にカードローンの利用がバレたら困る・・・」などと考える人もいるはずです。


できることなら、在籍確認なしで借りたいと誰もが思うでしょう。では、実際に在籍確認なしのカードローンはあるのでしょうか?以下では、在籍確認なしのカードローンはあるのか、見ていきます。


カードローンの在籍確認は原則必要

結論から言ってしまうと、在籍確認なしのカードローンは存在しません。

カードローンの申し込みをすると、勤務先へ在籍確認の電話がいきます。この在籍確認は、原則行う必要があります。特に銀行カードローンの場合は、絶対に行う必要があるので「在籍確認なし」にはできません。

なぜ、在籍確認は必要なの?

在籍確認は、申し込み者が申請通りに勤務先に勤めているか、を確認するためのものです。万が一、申し込み者がウソの情報で申し込んでいても、在籍確認でウソかどうか分かります。


勤務先への情報は、利用者の収入や信用力に関わる大事な要素です。利用者の返済能力を確認する意味でも、勤務先への在籍確認は欠かすことのできない、審査の一つです。

職場にカードローンの利用がバレるリスクはある?

カードローン会社も、申し込み者が勤務先にカードローンの利用があることは知られたくないと分かっています。ですので、申し込み者に配慮する形で、勤務先へ電話をかけてくれます。



勤務先への在籍確認では、会社名ではなくカードローン担当者の個人名でかけてきます。また銀行カードローンの場合、利用者が希望すれば銀行名で電話をかけてもらえます。

電話口で細かく色々聞かれることはなく、名前を聞かれて答えれば、それで在籍確認は終わりです。


もし本人が電話に出られなくても、同僚が「○○は席を外しています」などと在籍していることが分かれば、それで在籍確認は完了します。

こちらから折り返し電話をかける必要もないですし、同僚に申し込み者について尋ねてくることもありません。

<関連記事>
カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?


その他、会社に電話連絡が来るのは、どんな時?

在籍確認以外にも、カードローン会社から電話連絡が来ることはあるのでしょうか?

返済が遅れると電話連絡が来る

うっかりして、返済し忘れてしまうことは誰でもあるかと思います。その程度でしたら、カードローン会社も多めに見てくれますが、あまりに延滞が続くと催促の電話が来ます。


初めは、利用者の携帯電話にかかってくるのでいつまでに返済するかを伝えれば、それ以上かかってくることはありません。しかし、連絡が取れず返済もされないままですと、場合によっては自宅や職場に電話がかかってくることもあります。


在籍確認が嫌でも、やってはいけないこと

在籍確認を嫌がる人が少なくないことは分かりましたが、だからといって、やってはいけないことがあります。以下では、自分にとって不利になるNG行為を見ていきます。

ウソの情報で申し込むこと

在籍確認が嫌だからといって、ウソの情報で申し込むのは良くありません。先ほども説明した通り、在籍確認では勤務先に電話をかけて、本当に働いているのかをカードローン担当者は確認します。


もし、偽名を使って申し込みをしても在籍確認の時にバレてしまうことになります。また、勤務先の電話番号もウソの情報ですと、当然つながるはずがないので、すぐにバレてしまいます。


ウソだとバレれば、審査に通ることもお金を借りることもできません。また、ウソをついてお金を借りようとしていたわけですから、今後のカードローンの利用が難しくなります。

違法業者に注意

「在籍確認なし・審査なしで即日キャッシングできます」と、甘い宣伝文句を謳うのは間違いなくヤミ金などの違法業者です。在籍確認なしでお金を借りられるなら、と手を出してしまうと痛い目を見ることになります。



ヤミ金は、異常な高金利で貸付をしてきます。金利分を返すのがやっとで、返済額を元金にあてることができません。もし、返済が遅れれば違法な取り立てや嫌がらせをしてきます。

一度ヤミ金に手を出してしまえば、抜け出すことは難しいです。自分のためにも絶対に利用しないでください。

<関連記事>
審査なしのカードローンってあるの?


在籍確認が不安な人は?

先ほども説明した通り、在籍確認の電話で細かくあれこれ聞かれることはないので、心配する必要はありません。

しかし、それでも不安に感じる人はいるでしょう。では、在籍確認が不安な人は、どのように対処したらいいのでしょうか?

(方法1)自分が電話に出る



自分が席にいる時間帯に電話をかけてもらうよう、カードローンの担当者にお願いすることが可能です。


申し込みの時に担当者に理由を伝えて、自分の在籍時間に電話をするようお願いしましょう。その時間帯に電話がかかってきたら、自分が電話に出れば問題ありませんよね。

誰にも怪しまれずに、在籍確認を済ませることができます。

(方法2)事前に同僚に伝える

自分宛の電話がかかってこない職場ですと、勘のいい同僚に怪しまれるかもしれません。そのためにも、事前に自分宛に電話がかかってくることを、同僚に伝えておくと良いでしょう。


「クレジットカードを作ったので、電話がかかってくるかもしれない」などと言っておけば、周囲に怪しまれる心配もないでしょう。また、銀行からの電話なら周囲も気にしないでしょう。

(方法3)カードローンの担当者に相談

勤務先への電話がどうしても困る人は、申し込み後カードローン会社に電話して相談しましょう。一部の消費者金融なら、他の方法で在籍確認できるよう対応してくれる場合があります。


たとえば、収入証明書や社員証など、利用者が勤務していることが証明できるものを追加で提出します。

証明書をカードローン会社が確認し、認められれば電話での在籍確認の代わりとしてもらえる場合があります。この点については、また後で紹介します。


在籍確認や電話連絡をなしにする方法は?

先ほど在籍確認の対処法を紹介しましたが、「在籍確認をなしにする」裏ワザがあります。具体的にどんな方法があるのでしょうか?

収入証明書を追加で提出する必要がある(消費者金融のみ)



一部の消費者金融(プロミスなど)でしたら、勤務先への電話連絡の代わりに収入証明書を提出することで、在籍確認の電話連絡をなしにできる場合があります。

ただし、ごく一部の消費者金融のみで対応しているので、電話での在籍確認を省略してくれる会社はほとんどありません。


また、誰でも電話での在籍確認を省略できるわけではありません。それなりに信用略が高い人とカードローン担当者が認めた場合だけです。

とはいえ可能性はゼロではないので、消費者金融に申し込んだ人で在籍確認に不安な人は、一度担当者に相談しても良いかもしれません。

<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?

web完結申込を利用する

モビットの「web完結申込」を使えば、勤務先への電話連絡の代わりに、メールで在籍確認を行う事ができます。メールなら誰にもバレずに済むので、利用しやすく便利です。


ただし勤務先への電話連絡をなしにするには、銀行の指定口座や社会保険証が必要になります。この条件を満たしていないと、「web完結申込」を利用できないので注意して下さい。

延滞しないこと

上でも書きましたが、延滞するとカードローン会社から返済するよう催促の電話がかかってきます。基本的に利用者の携帯電話に連絡が行くので、返済する意思を伝えればそれ以上電話がかかってくることはありません。


しかし、それでも利用者との連絡がつかない、延滞が続いていると、場合によっては自宅や勤務先に電話連絡がいくこともあります。在籍確認と同じで会社名は伏せてかけてくれますが、それでも職場に電話連絡が来るのは嫌なはずです。


カードローン会社は厳しい取り立てなどすることはありませんが、それでも催促の電話が毎日かかってくれば、同僚にも怪しまれてバレてしまうかもしれません。


きちんと返済ができていれば、自宅にも職場にも電話連絡が行くことはありません。もし、返済が遅れそうなときは、早めにカードローンの担当者に連絡を入れておきましょう。いつまでに返済するかを伝えておけば、催促の電話が来ることはありません。



以上で、在籍確認なしのカードローンについて見てきました。


何度も繰り返しますが、在籍確認は申し込み者が情報通り、その職場で働いているかを確認するためのものです。ですが、在籍確認は決して怖いものではなく、名前を聞かれる程度と簡単に終わります。


それでも「職場に電話がかかってくるのは困る」という人もいるでしょう。そういった人は、先ほど紹介した在籍確認なしにできる方法で、お金を借りられるカードローン会社を利用してみてはいかがでしょうか。


在籍確認なしのカードローンってあるの?のまとめ

  • 在籍確認とは、申し込み者の勤務状況(=信用力)を確認するためのもの
  • カードローンの在籍確認は、原則行う必要がある
  • 返済の延滞があると、自宅や勤務先に催促の電話が来る場合がある
  • 在籍確認なしでカードローンを利用したからと、ヤミ金に手を出すのはNG
  • 在籍確認が不安な人は、自分がいる時間帯に電話をかけてもらうようにお願いする
  • 一部の消費者金融なら、収入証明書の提出で在籍確認の代わりにしてくれる場合がある