【元銀行員が解説】無利息期間のあるカードローンの選び方

最近、「〇日間の利息0円」といった、カードローンの宣伝をよく目にします。

少しでも利息の負担を減らせるなら、利用者としては嬉しい限りですよね。


とは言え、無利息サービスを利用できるカードローンは、あまり多くありません。

今回は、無利息期間ありのカードローンについて、選び方や注意点を解説します。

カードローンの無利息期間、どんなサービス?

カードローン,無利息,期間

カードローンの無利息サービスとは、一体どんなサービスなのでしょうか?

まず初めに、無利息サービスの仕組みを解説します。

そもそも無利息期間って何?

無利息期間とは、その名の通り、借入金額に対して利息がかからない期間のことです。

この期間内に返済した分の利息は、0円になります。


たとえば、30日間の無利息期間があるカードローンで5万円借りた場合、以下のようにイメージすると良いでしょう。

カードローン,無利息,期間

無利息期間の金利は0%です。これ以上ない低金利と言えますね!

カードローン会社が無利息サービスを行う理由は?

無利息期間を設けると、カードローン会社はその期間分の収益を失う事になります。

では、なぜカードローン会社は、利益を減らしてまで無利息サービスを行うのでしょうか?


最大の目的は、新しい利用者を増やすことです。

無利息期間を設ける事で、借り入れのハードルを下げ、初めての人も利用しやすくする狙いがあります。


一度利用することで、カードローンへの抵抗感が無くなり、もう一度使ってみようと考える人も増えるはずです。

返済が終わっても、ローンカードが手元にあればいつでも借り入れできるので、継続的な利用が期待できます。

無利息サービスがあるカードローンは?

具体的に、どんな会社が無利息サービスを実施しているのでしょうか?

以下の表では、無利息期間がある大手カードローンの、サービス内容と適用条件を一覧にまとめました。

消費者金融 サービス内容 適用条件
プロミス 初回の出金の翌日から30日間 メールアドレスを登録し、Web明細サービスを利用
アイフル 初回の契約日の翌日から30日間
アコム 初回の契約日の翌日から30日間 返済期日「35日ごと」で契約
レイクALSA 初回の契約日の翌日から180日間
※借入額のうち5万円まで対象
限度額1万円~200万円
初回の契約日の翌日から30日間 限度額200万円超

上の表からも分かる通り、大手の消費者金融は、積極的に無利息サービスを実施しています。

それに対して銀行カードローンの場合、無利息サービスを実施している銀行はごく一部に限られます。


一般的に、消費者金融の金利は、銀行カードローンに比べて高めです。

カードローン同士を比べた時、どうしても金利が低いカードローンに人気が集まります。


そこで低金利の銀行カードローンに対抗しようと、多くの消費者金融が、積極的に無利息サービスを展開しています。

<関連記事>:【消費者金融ランキング!】元銀行員がおすすめカードローンを紹介

サービス内容や適用条件は、カードローン会社によって異なります。申込前に確認しておきましょう

無利息サービスって本当にお得?選ぶ上での注意点は?

無利息サービスは、低金利のカードローンと比べて、本当にお得になるのでしょうか?

また無利息期間を上手に活用するには、どんな点に注意すべきでしょうか?

短期の借り入れなら、低金利カードローンよりもお得!

カードローン,無利息,低金利

まず、無利息期間を活用するとどれ位お得になるのか、シミュレーションしてみましょう。

例として、30万円借りた場合の利息を、低金利カードローンと無利息期間ありのカードローンでそれぞれ計算しました。


<借入額30万円、借入期間6か月の場合>
カードローン,無利息,低金利

表を見ると、6か月間借りても、低金利の銀行カードローンよりも無利息期間ありのカードローンの方が、トータルの利息は少なく済むことが分かります。

もっと返済期間が短ければ、利息額の差はさらに大きくなります。


短期間で返済できる予定があるなら、無利息サービスを利用した方がお得であると言えます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローン金利はどう決まる?利息の計算方法

無利息期間内に完済できれば、利息0円での借り入れも可能ですよ!

無利息になるのは初めての借り入れだけ

無利息期間ありのカードローンは、対象を初回の借り入れに限定しているケースがほとんどです。

つまり、そのカードローンを初めて利用したときに、1回だけ無利息になります。


無利息期間が終わって追加で借りた分については、通常の利息がかかる点に注意しましょう。

なお中には、何度でも無利息サービスが適用される会社もあります。


たとえば中堅の消費者金融「ノーローン」は、7日間の無利息期間を、何度でも適用できます。

とは言え、無利息期間がとても短い上に、このタイプの無利息サービスを行っているのは、ごく一部の会社のみです。

<関連記事>:【元銀行員が解説!】中小・大手の消費者金融34社の一覧表

無利息期間の考え方は会社によって違う

カードローン,無利息期間,起算日

無利息期間の起算日は、会社によって異なります。

具体的には、「契約日の翌日」と「初回借入日の翌日」の2パターンに分けられます。


契約したその日のうちに借り入れる場合、この2種類の違いを気にする必要はありません。

ここで注意したいのが、契約日と借入日の間隔が空くケースです。


たとえば、30日間の無利息サービスを利用して、契約日の5日後に借り入れを行ったとします。

カードローン,無利息,契約日,借入日

「契約日の翌日から」のカードローンを選ぶと、契約した翌日から無利即期間が始まります。

しかし実際に無利息サービスの効果を得られるのは、借り入れを行った日からです。


本来30日分あるはずの無利息期間が、実質25日分に短縮されてしまう点に注意が必要です。

契約当日に借り入れを行わない場合は、無利息期間が「初回借り入れの翌日から」始まるカードローンを選びましょう


無利息期間ありのカードローン、おすすめは?

ここまで、無利息サービスの特徴や注意点を見てきました。

最後に、無利息期間ありのカードローンについて、おすすめの3社を紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスなら、初めて借り入れ(出金)をした翌日から、30日間の利息が0円になります。

借入日から起算するので、契約日と借入日がズレても、きっちり30日の無利息期間が確保できます。


なお無利息期間の適用条件は、以下の3点です。

  • プロミスの利用が初めてであること
  • メールアドレスを登録すること
  • Web明細サービスを利用すること


条件があるとは言え、通常の申し込みで十分クリアできるものなので、利用のハードルは高くありません。

特にweb明細サービスについては、いつでもネット(スマホ)で利用状況を確認できて便利です。


自宅に利用明細書が郵送されることがないので、家族に内緒でキャッシングしたい人も安心して利用できます。

 プロミスで初めてキャッシングする方はこちら


アイフル

アイフル

アイフルも、「契約した翌日から30日間の無利息サービスを実施しています。

「初めての利用であること」以外の条件は、一切ありません。


審査に通りさえすれば、初めて利用する人なら誰でも、無利息サービスの対象です。

しかしアイフルの無利息期間は、契約日の翌日から起算されます。


契約から日を空けて借り入れを行う場合、実際に無利息になる期間が短縮されてしまう点に注意しましょう。

 アイフルでキャッシングしたい方はこちら

アコム

アコム

アコムの無利息サービスは、契約した翌日から30日間利息がかかりません。

無利息期間の適用条件は、以下の2点です。

  • アコムの利用が初めてであること
  • 返済日を「35日ごと」に設定すること


条件の難易度は高くないものの、毎月の返済日が少しずつズレてしまうのが難点です。

1回で完済できる場合は、35日ごとの返済にこだわらず、30日以内に返済すれば利息はかかりません。


なおアコムの無利息期間についても、起算日が契約日の翌日である点に注意してください。

 アコムでキャッシングしたい方はこちら



以上、無利息期間ありのカードローンについて、選び方や注意点を解説しました。

無利息サービスを上手に活用すれば、お得にキャッシングをする事が可能です。


しかし無利息サービスを利用しても、借り過ぎれば返済期間が長期化し、利息の負担が増えてしまいます。

無利息期間があるからと油断せず、計画的にカードローンを利用しましょう。

無利息期間のあるカードローンの注意点は?のまとめ

  • 無利息期間とは、借入金額に対して利息がかからない期間のこと
  • 利用者を増やすため、多くの消費者金融が無利息サービスを行っている
  • 短期で借りる場合、無利息サービスを利用した方が、低金利カードローンよりも利息の負担が小さい
  • 契約当日に借り入れを行わない場合、借入翌日から無利息期間が始まるカードローンを選ぶ
  • 無利息期間ありのカードローンでは、「プロミス」や「アイフル」などがおすすめ

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング