【元銀行員が解説】カードローンの審査の流れと審査基準

カードローンを検討中の方の中には、「自分でも審査に通るのだろうか…?」と不安を抱いている人も多いと思います。

細かい審査基準は各社で異なりますが、審査の方法や重視されるポイントは、どの会社にも共通する点があります。


審査のポイントを押さえておけば、事前の対策で、審査に通る確率を上げられるかもしれません。
   
今回は、カードローン審査の流れや審査基準について、分かりやすく解説します。

カードローン審査の流れと方法は?

カードローンを申し込んでから審査の結果が出るまで、どのような流れで進むのでしょうか?

まず初めに、カードローン審査の流れと方法を見ていきます。

カードローン申込から審査完了までの流れ

カードローン,審査,流れ

カードローンの申し込みから審査結果が出るまでの流れは、上の図の通りです。

カードローンは、融資までにかかる時間が短いのが特徴です。


消費者金融なら、最短30分で審査結果が出て、即日の借り入れも可能です。

銀行カードローンでも、最短で翌営業日に借り入れまで完了できます。

<関連記事>:【5分で分かる】カードローン審査のすべて

カードローン審査は、「仮審査」と「本審査」の2ステップ

カードローンの審査には、「仮審査」と「本審査」の2つの段階があります。

それぞれの審査について、以下で詳しく見ていきましょう。


<仮審査>
仮審査では、申込画面で入力した情報などを元に、コンピュータによる自動審査が行われます。

申込条件に合わない人は、この段階で審査対象から外されてしまいます。


また仮審査の段階で、信用情報もチェックされています。

過去に延滞しているなど、信用情報に問題がある人も仮審査に通りません。


<本審査>
仮審査に通過すると、本審査に進むことが出来ます。

本審査では、仮審査の内容に間違いがないか、人の手によって改めて確認されます。


提出された書類の内容と、申告された内容が一致するかチェックするのも、本審査の重要な役割です。

なおカードローン審査にあたって、提出が必要な書類は以下の通りです。

必要書類
本人確認書類 運転免許証、健康保険証、パスポートなど
収入証明書類 源泉徴収票、給与明細、確定申告書など


必要書衣類について、詳しくは下記のページをご覧ください。

<関連記事>:カードローン審査で必要な書類は?

必要書類は、カードローン会社によって異なります。あらかじめ確認しておきましょう

カードローン審査のポイントは、職場への「在籍確認」

本審査の段階で、カードローン会社から申込者の勤務先に「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、申告された勤務先に本当に在籍しているかの確認を行うものです。


在籍確認の方法は、勤務先への電話が一般的です。

カードローン担当者は、在籍確認の電話であると分からないよう、個人名(銀行カードローンは銀行名の場合あり)で電話をかけてくれます。


とは言え、なかなか社外から電話が来ない職種の人などは、同僚に在籍確認の電話だとバレる危険はゼロではありません。

また土日祝日など会社の休業日に申し込んだ場合、在籍確認が出来ず、融資までに時間がかかる恐れがあります。


どうしても電話での在籍確認が難しい場合は、サポートセンターに相談してみましょう。

会社によっては、収入証明書を追加で提出すれば、電話での在籍確認を免除してもらえるケースがあります。

<関連記事>:カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?

審査の状況によっては、電話連絡を免除してもらえない場合もあります。その点はご了承ください

審査方法は、信用力を点数化する「スコアリング」

カードローンの審査には、「スコアリング」という手法が用いられます。

スコアリングは、申込者のプロフィールや信用情報などに点数をつけ、信用力を評価する方法です。


スコアリングでは、申込者の情報を数十項目に分けて、細かく分析されます。

トータルの点数が高い人ほど信用力が高く、「安心して貸せる人」であると言えます。


では具体的に、どのような項目が見られるのでしょうか?

審査基準については、以下で説明します


カードローンの審査基準は?重視されるポイントは?

審査で見られる情報は、大きく分けて「属性情報」と「信用情報」の2つです。

この2つの情報について、詳しく見ていきましょう。

1.申込者の属性情報

属性情報とは、申込者基本的なプロフィールを指します。

具体的には、以下のような項目を確認します。


・年収
・雇用形態、勤務先、職業
・勤続年数
・居住形態 など



年収に関して言えば、カードローン審査では、金額よりも安定性が重視されます。

たとえば、年収400万円で収入ゼロの月がある人よりも、年収300万円で毎月一定の給料を受け取っている人の方が、審査で有利です。

2.信用情報(他社での借入状況)

信用情報機関に登録された「個人信用情報」も、審査の対象です。

信用情報には、他社からの借り入れ状況や、過去の借金の返済履歴のデータが含まれています。


審査では、以下のような情報を確認しています。


・借入残高
・借入件数
・返済履歴 など



特に返済履歴には、カードローンの他、クレジットカードや商品代金の分割払いも含まれるので、注意が必要です。

他社であっても、過去に延滞した履歴があると、審査には通りません。

<関連記事>:カードローン審査で使われる「信用情報機関」とは?

最近は、スマホの端末代金の支払遅れが原因で、信用情報に傷がついている人が多いです

審査項目と評価の傾向をまとめてみた!

実際のところ、どんな人が高く評価されるのでしょうか?

下の表では、代表的な審査項目について、評価の傾向をまとめてみました。

審査項目 評価が高い 評価が高くない
収入 固定給 歩合給
雇用形態 正社員 アルバイト・パート
勤務先、職業 公務員、上場企業 自営業
勤続年数 長い 短い
居住形態 持ち家 賃貸
借入残高・件数 ない、少ない 多い
返済履歴 延滞なし 延滞あり

<関連記事>:【元銀行員が解説】公務員のカードローン審査で大事なことは?

上の表は、あくまでも代表例です。実際には、数十項目の情報を分析して、細かく審査されています

カードローン審査、通りやすくなるポイントは?

ここまで、カードローン審査の流れや仕組みについて見てきました。

では、審査に通りやすくするために、どうすれば良いのでしょうか?

勤続1年以上になってから申し込む

カードローン審査では、同じ会社に長く勤めている方が、評価は高くなります。

転職や失業のリスクが少なく、今の収入がキープされる可能性が高いと判断されるためです。


反対に、短期間で転職を繰り返している人は、審査にとおりにくいと言えます。

カードローンの審査に通りやすくするためには、同じ会社で1年以上働いてから申し込むと良いでしょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの審査に通らない人の特徴

在籍期間が半年程度でも、審査に通る可能性はあります。しかし、限度額は低めに設定されるケースが多いです

借入希望額は必要最低限に抑える

収入と借り入れのバランスも、審査で重視されるポイントです。

収入に対して借入希望額が高過ぎると、審査に落ちてしまいます。


中でも消費者金融は、総量規制の適用を受けるため、借り入れが年収の1/3までに制限されます。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、自主的に貸し出しを抑える銀行も増えています。


返済が苦しくなるのを防ぐためにも、借入額は必要最低限に抑えましょう。

既存の借り入れを減らしてから申し込む

他の会社で複数の借り入れを行っている人は、カードローン審査に通りにくくなります。

家計が悪化しており、返済不能に陥るリスクが高いと判断されるためです。


カードローン審査では、特に借入件数が重要になります。

他社で5件以上の借り入れがある人は、カードローン審査にはまず通りません。


3件以上の人も、審査に通過するのは難しいでしょう。

新たなカードローンに申し込む前に、今ある借金を減らすことが先決です。

借金が減らなくて困っている場合は、おまとめローンの利用を検討するのも一つの方法ですよ


以上、カードローン審査の流れと審査基準を解説しました。

審査の流れや重要なポイントを知っていると、どうすれば審査に通りやすくなるか、対策を立てやすくなります。


審査になかなか通れない人は、審査に落ちる原因を取り除く事を最優先しましょう。

そうすれば自然と信用力が上がり、お金の不安も減っていくはずです。


この記事のまとめ

  • カードローンの審査には、「仮審査」と「本審査」の2つの段階がある
  • 本審査の中で、勤務先に本当に在籍しているか確認するため、在籍確認の電話が来る
  • 審査では、申込者の情報に点数をつけることで、信用力を評価する(スコアリング)
  • 過去に延滞した履歴がある人は、カードローン審査に通らない
  • 審査に通りやすくするためにも、すでに3件以上借りている人は、借り入れを減らすことが先決

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング