カードローンの返済遅れ・延滞って、やっぱりNG?

カードローンの借り入れをする時に、「返済できなかったら、どうなんだろう?」と不安に思う方もいるはずです。

具体的に、返済が遅れてしまったり、延滞を起こしてしまったりした場合には、どのようなことが起こるのでしょうか?何かペナルティはあるのでしょうか?


そして、その後もカードローンを使い続けることはできるのでしょうか。カードローンを利用する人が誰しも不安に思うこの点について、解説します。


カードローンの延滞とは?

「カードローン、キャッシングは便利だけど、延滞すると良くない」みたいな話を聞いたことはありませんか?カードローンの延滞という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

カードローンの延滞とはそもそも何でしょうか。「返済遅れ」とはどう違うでしょうか?一つずつ、見ていきましょう。

延滞って何?

「延滞」とは、金融用語で、文字通り返済が滞ることをいいます。カードローンでキャッシングすると、いつまでに返済してくださいという返済日が決まります。



その返済日に返済ができないことがあるとして、61日以上、もしくは3ヶ月以上、返済が遅れている状態を延滞と呼びます。借りたお金は期日までにきちんと返すことが契約ですから、延滞すると自分の信用に関わります。

返済遅れとは何が違う?

同様に、カードローンには、「返済遅れ」という用語もあります。こちらは、返済日に返済が行われておらず、1日以上が経過して、まだ支払いがなされてない状態、もしくは、遅れて返済がなされた状態をいいます。


延滞も返済遅れも、期日までに返済できていないことを表していますから、非常にまずい状況です。返済日はカードローン会社との約束で、その約束を守っていないことになってしまいます。

延滞したときの、カードローン会社の対応は?

返済日は、カードローン開始との契約であると先ほど説明しました。では、延滞をしてしまったとき、カードローン会社はどのような対応をするのでしょうか?

延滞はお金を返していない状態ですから、カードローン会社は利用者に返済を催促することになります。その催促の方法は、返済の遅れ具合いによって異なります。

最初は携帯電話への催促



最初は、携帯電話に連絡が来ます。カードローンを申し込んで契約するときに、連絡先の電話番号を書いたことだと思います。その連絡先に、電話がかかってきます。

といっても、怒鳴りつけられるようなことはなく、極めて紳士的に、「返済が遅れていますが、入金日はいつになりそうですか?」といった対応です。


まずは担当者の個人名で電話がかかってきますので、電話には比較的応答しやすいものだと考えられます。

<関連記事>
会社への在籍確認(=電話連絡)なしのカードローンってある?

自宅や勤務先への催促



携帯電話に連絡すると、大抵の人がびっくりして、支払いを行ってくれます。ですが、それでも支払いが行われない場合、自宅の固定電話などに連絡が来ます。申込時に申請した勤務先などにも、催促の電話がかかってくるようになります。


この電話でも返済がないと、自宅へ(催促の)郵便物が届くようになります。また、場合によってはカードローン会社の担当者が自宅に訪問する場合もあります。

最後は法的措置

それでもさらに返済が行われない場合、最終的に、法的措置が取られるケースがあります。この時点で、支払督促という民事裁判の手続きが行われます。

一括払いを求められてしまい、さらに無視していると給料を差し押さえになってしまいます。期日には法廷に出廷したほうが良く、裁判で和解をして、利息の一部減免、そして分割払いが認められることもあります。


カードローン会社も手間がかかる裁判は行いたくないのが本音ですので、それまでに法的措置を取りますという書面を自宅に送ってきます。それで支払いがされればいいのですが、されない場合は、法的措置となります。

<関連記事>
サラリーマンがカードローンを利用する際の注意点は?


延滞すると、どんな影響が出る?

延滞することは、カードローン会社との契約を破ることです。では、延滞によって、どのような影響が出るのでしょうか?以下で、見ていきましょう。

事故情報に載り、新規の借り入れが難しくなる



カードローンやクレジットカードの分割払い、携帯電話の割賦販売などは、信用情報という利用履歴データベースに、全記録が記載されています。そこには支払状況も掲載されていますので、延滞が起こると、信用情報に事故情報が載ります。

事故情報に載ると、今後は新規の借り入れ審査に通らなくなります。


新規のクレジットカードやカードローンだけでなく、住宅ローンなどを組むこともできなくなる上、携帯電話の割賦販売も利用できなくなり、生活は一気に不便になります。


ただし、単に2~3日の返済遅れの場合は、こうした事故情報に載ることはありません。事故情報が載るのは、61日以上(ないし3か月以上)の延滞の場合です。

精神的に追い込まれる

延滞をしてしまうと、お金のことに切羽詰まってしまうため、精神的に追い込まれます。催促の電話もかかってきますし、いくら対応が紳士的だからといっても、家に来られるんじゃないか、恫喝されるんじゃないかと不安になって、精神的に不安定になります。
 

生活にゆとりを持たせるためにカードローンを借りたのに、反対に追い込まれてしまいます。

家族にキャッシングのことがバレる

家族や会社の同僚に内緒でカードローンを利用している人は、大勢します。

ですが、延滞をしてしまうと、カードローン会社からの取り立てが会社や自宅に対して行われますので、家族や同僚に借り入れが発覚してしまいます。


その結果、自分一人で解決するはずの問題が、大事に発展することもあり得ます。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?


延滞しそうになったら、どうする?

「今月お金がない」、「カードローンの返済を延滞してしまいそうだ・・・」そんなときはどうすればいいのでしょうか。考えていきましょう。

まずは担当者に相談!

返済が遅れそうな場合、まずはカードローン会社の担当者に連絡してください。カードローン会社の連絡先は、フリーダイヤルがほとんどですので、安心して電話をかけることができます。


ご自身の事情を話して、今月は返済に遅れてしまいそうだ、そして、いつまでだったらお金を用意できるので、いつなら払える、という話をしてください。

返済計画について相談に乗ってくれ、こちらが困るような催促は当面なくなります。


カードローン会社も、ちゃんと連絡が取れて、返済の意思を示している人には、それほど厳しい取り立てを行わない傾向があります。

とにかく、連絡を取らない、無断で支払いが遅れるという状況が一番まずいことを自覚して、自分から積極的にカードローン会社に連絡を取るようにしてください。

家族にバレたくない人は、延滞をできるだけ避けること!

カードローンの返済を延滞してしまうと、自宅や勤務先に督促の連絡が来ます。

電話だけでなく、支払いを督促する手紙なども自宅あてに送付されますので、カードローンのことも家族にはバレやすくなります。


家族に借り入れがバレてしまうと、二重の面で追い詰められてしまいます。カードローンの借り入れが秘密で、家族にバレたくないと思う人は、延滞をできるだけ避けましょう。


カードローンの返済遅れ・延滞って、やっぱりNG?のまとめ

  • カードローンの延滞とは、61日以上、もうしくは3ヶ月以上、返済ができていないこと
  • カードローンの返済送れとは、1日以上返済ができていない状態のこと
  • 延滞になると、最後は法的手段にでることもあるので注意が必要
  • 延滞しそうになったら、自分からカードローン会社に連絡すること
  • 周囲に借り入れがバレたくなければ、延滞はさけること


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング