銀行口座なしで利用できるカードローンは?

カードローンの利用には、特定の銀行口座を持っていることを条件にしている会社もあります。

元々持っている銀行口座ならいいのですが、新しく口座を開設するとなると、1週間ほど時間がかかってしまいます。すぐにお金を借りたい人にとって、1週間も時間がかかるのは困りますよね?


そんな悩みを持った人のために、特定の銀行口座がなくても使えるカードローンがあります。以下では、銀行口座なしで利用できるカードローンや、そのメリット・デメリットについて紹介します。



特定の銀行口座なしで利用できるカードローン、その魅力は?

特定の銀行口座なしで利用できるカードローンとは?

口座なしで利用できるカードローンは、2タイプあります。


1つ目が、特定の銀行口座を必要としないタイプです。のちほど詳しく紹介しますが、大手消費者金融のプロミスやモビットなど特定の口座なしでキャッシングできます。

ただし、ネット完結の取引を希望する場合は、特定の口座が必要になります。


2つ目が、そもそも銀行口座が必要ないタイプです。銀行カードローンでは、利用する銀行の口座が必要となることが多いです。

しかし、ローン契約機を使ってキャッシングできる銀行カードローンなら、特定の口座なしでお金を借りることができます。


次に、特定の銀行口座なしで利用できるカードローンのメリット・デメリットについて見ていきます。

メリット:申し込み時間を短縮できる



一部の銀行カードローンでは、特定の銀行口座を持っていないと、申し込みと同時に口座の開設をする必要があります。そうなると、キャッシングまでに時間がかかってしまいます。


ですが、特定の口座不要なら審査を早く受けることができます。このように、特定の口座がいらないカードローンなら、申し込み時間や手間を短縮することができます。

デメリット:自動契約機で受け取りが必要



特定の口座がいらないのは便利ですが、利用者は契約時に自動契約機まで行き、カードや契約書類の受け取りをする必要があります。口座なしで利用したい場合、基本ATMを利用してキャッシングするので、カードがないと利用できません。


わざわざ自動契約機まで行くのは面倒ですが、お金を借りるためには仕方ありません。

デメリット:現金を持ち歩くことになる

銀行口座なしでカードローンを利用する場合、ATMを利用して借入や返済をすることになります。現金を持ち歩くことになるので、つい無駄遣いしてしまうこともあります。


他にも、万が一カードを紛失してしまうと、カードの再発行までキャッシングできない問題出てくるので注意して下さい。

<関連記事>
審査なしのカードローンってあるの?


特定の銀行口座なしで利用できる消費者金融



大手消費者金融は、特定の銀行口座を持っていなくてもお金を借りることができます。とはいえ、特定の口座をもっていれば、ネット完結などのサービスも可能です。

そうしたデメリットはありますが、特定の口座を必要としない消費者金融はやはり便利です。


以下では、代表的な消費者金融を紹介します。

プロミス

プロミスは、特定の銀行口座なしでお金を借りることができます。

ただし、後日カードや契約書類が自宅に届きます。自宅に届くのが困る人は、自動契約機でカード等の発行が必要です。


プロミスの自動契約機の営業時間は、22時までです(一部21時まで)。自動契約機を利用してキャッシングする場合は、事前にネットで申し込みをして、営業時間が終わる22時までに契約を完了させましょう。


契約機でカードと契約書類を受け取れば、すぐにキャッシングできます。

モビット

モビットも特定の口座なしで利用が可能です。

郵送ですと、家族にバレてしまう可能性もあるので、リスクを避けるためにも、自動契約機で受け取る方法をオススメします。


銀行口座なしで利用できる銀行カードローン

銀行カードローンは指定口座がないと、キャッシングできないイメージがありますが、一部の銀行カードローンなら口座なしで利用できます。

どの銀行カードローンが利用できるのか紹介します。

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は、口座がなくてもお金を借りることができる銀行カードローンです。

バンクイックなら、消費者金融に負けない審査スピードを持っているのが強みです。即日融資を希望の場合は、店舗内にある「テレビ窓口」で、ローンカードの発行できます。


カードの発行・受け取りで、土日祝日も即日キャッシングが可能です。ただし、運転免許証が必要になるので注意してください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンも、口座なしで利用できます。ネットで申し込みをしてローン契約機で契約すれば、口座なしでカードローンが開設できます。


ローン契約機は、土日祝日も営業しています。営業時間は21時までと遅くまでやっているので、急にお金が必要になっても安心です。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクも、口座なしで申し込みが可能です。

レイクもネット申し込み後にローン契約機で、カードの発行・受け取りが必要になります。ローンカードを使ってATMでキャッシングできるので、口座振込みで借りる必要がありません。


また、レイクはどの銀行口座にも対応しているので、特定の口座でなくても振込みをしてもらえます。口座振込みで使いたい場合でも、便利に利用できます。

オリックス銀行

オリックス銀行も、ローンカードを使ってATMから借入・返済ができるため、銀行口座なしで利用できます。

口座の開設が不要なので、審査時間も短縮できます。上で挙げた銀行カードローンに較べると審査時間は遅めですが、それでもその日に審査が完了します。


審査後、ローン契約機でカードを受け取れば、即日融資も可能です。


銀行口座なしのカードローン、どれがいい?

上記で、銀行口座なしで利用できるカードローンを紹介しましたが、消費者金融と銀行カードローンのどちらを利用すればいいのか迷いますよね。

どういった人が、どのカードローン会社を利用したらいいのでしょうか?

すぐにお金を借りたいなら消費者金融



最近では銀行カードローンも即日融資に対応してきていますが、審査が厳しめなので即日に間に合わない可能性もあります。ですので、審査スピードを重視している人は、消費者金融がオススメです。


ほとんどの消費者金融では、即日キャッシングに対応しています。審査で最短30分、契約までに最短1時間程度で完了します。


また、消費者金融の自動契約機は遅い時間まで営業しているので、仕事の帰りなど昼間に行けない人には、とても便利です。

<関連記事>
注意!】即日でカードローンでお金を借りる時に気を付けるべきことは?

金利を抑えたいなら銀行カードローン



少しでも金利を安く借りたい人は、銀行カードローンがオススメです。

銀行カードローンの上限金利は14%程度で、消費者金融の上限18%に較べて4%ほど低いです。


他にも、総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上借りることができます。ですので、まとまった金額を借りたい人や金利を少しでも安くしたい人は、銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。



以上で、銀行口座なしで利用できるカードローンについて見てきました。


利用者にとって、一番の目的はお金を借りることです。ですが、口座なしで利用できて、申し込みの時間を短縮できるのはとても便利です。上の内容を参考に、自分に合ったカードローン会社を見つけてみて下さい。


銀行口座なしで利用できるカードローンは?のまとめ

  • 特定の銀行口座なしでも利用できるカードローンがある
  • 口座開設の手間がないので、申し込み時間を短縮できるメリットがある
  • わざわざ自動契約機まで行ってカードを受け取るデメリットもある
  • 特定の口座なしで利用できる消費者金融は、プロミスやモビットなど
  • 口座なしで利用できる銀行カードローンは、バンクイックや三井住友銀行カードローンなど