【元銀行員が解説】公務員のカードローン審査で大事なことは?

付き合いが多い公務員は、何かと出費がかさみますよね。

そんなときの強い味方が、カードローンです。


「安定」の代名詞とも言える公務員ですが、カードローンの審査ではどう見られるのでしょうか?

今回は、公務員のカードローン審査のポイントについて、解説します。

公務員はカードローン審査で有利!

公務員,カードローン審査

実は、公務員はカードローン審査で非常に有利な職業です。

ここでは、公務員のカードローン利用の実態と、審査で有利になる理由を見ていきます。

公務員のカードローン利用、多い?少ない?

公務員は堅いイメージがあり、借り入れをする人は少ないように思えます。

実際のところ、公務員でカードローンを利用している人は、どれ位いるのでしょうか?


次のグラフは、銀行カードローン利用者に占める公務員の割合を示したものです。

銀行カードローン利用者に占める公務員の割合
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告-全国銀行協会より作成


グラフから分かる通り、銀行カードローン利用者のうち、公務員の割合は6.4%です。

この数字は、一見して低いようにも思われます。


しかし日本の労働人口のうち、公務員の割合が約5%であることを考慮すると、他の職業と比べても少なくありません。

公務員は安定性はありますが、民間の大企業と比べると年収はあまり高くありません。
そのため公務員でも、カードローンを利用している人は意外と多いです

公務員は信用力が高い

カードローンの審査に通るのは、貸し手が安心して貸せる人、つまり信用力が高い人です。

公務員は、信用力の観点で非常に高く評価されます。


その理由の一つに、雇用の安定性があります。

民間企業と違って倒産のリスクがなく、クビになることも基本的にありません。


また、公務員の人はきちんと返済する傾向が強いことも、信用力を高める要因になっています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】審査なしのカードローンってあるの?

収入が安定しているから有利

先ほど、公務員の年収はそれほど高くないと説明しました。

ではなぜ、公務員はカードローン審査で有利なのでしょうか?


それは、カードローンの審査においては、収入の大きさ以上に安定性が重視されるからです。

たとえば、年収300万円で収入ゼロの月がある人より、年収200万円で毎月同じ額の給与を受け取っている人の方が、カードローン審査では有利になります。


公務員の場合、給与や手当は規定で定められており、基本給は毎月固定です。

年齢や役職が上がれば昇給するので、長い目で見ても、収入が安定していると言えます。

年2回のボーナスが必ず出るのも、カードローン会社にとっては安心材料になります

公務員のカードローン審査、注意点は3つ

公務員のカードローン審査、注意点は3つ

公務員であれば、誰でも審査に通るわけではありません。

以下では、公務員のカードローン審査の注意点を見ていきましょう。

1.勤務先に「在籍確認」の電話が来る

カードローン会社が行う審査手続きの一つに、「在籍確認」があります。

在籍確認とは、申告された勤務先で本当に働いているか、カードローン担当者が確認するものです。


審査が始まると、カードローン担当者から勤務先に電話が来ます。

この時、担当者は社名を名乗らず、個人名で電話をしてくれます。


そのため、カードローン申込が同僚にバレる心配は要りません。

ですが職場によっては、不審な電話だと判断されて、在籍しているかを回答してもらえないケースがあります。


在籍が確認できないと、カードローン審査に落ちてしまいます。

これを回避するため、同僚に事前の根回しをしておくと良いでしょう。

<関連記事>:カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?

「クレジットカードの審査で電話が来る」などと伝えておけば、怪しまれませんよ

2.延滞履歴があると審査に通らない

公務員であっても、信用情報に問題がある人は、審査で落ちてしまいます。

たとえば延滞(=60日以上の支払遅れ)が発生すると、事故情報として信用情報機関に登録されます。


信用情報機関の情報は金融機関の間で共有され、カードローンの審査で確認する決まりになっています。

そのため延滞の記録が残っている5年間は、どのカードローンでも審査に通りません。


延滞以外にも、過去に債務整理をした人も審査に落ちてしまいます。

<関連記事>:カードローン審査で使われる「信用情報機関」とは?

3.周りにカードローンの利用がバレないためには

上でも書いた通り、延滞すると事故情報として登録され、信用情報に傷がついてしまいます。

履歴が残っている間は、カードローンだけでなく、クレジットカードや住宅ローンなど、その他の審査にも通りません。


また延滞は、カードローン利用が家族にバレる原因にもなります。

支払が遅れると、カードローン会社から督促が来ます。


はじめはスマホ電話が来て、「返済が遅れていますが、いつごろ支払できますか?」と確認されます。

それでも返済がない場合や連絡が取れない場合、自宅や職場に督促電話や督促状が来ます。


自宅に督促が来てしまえば、家族にカードローン利用を隠し続けるのは難しいでしょう。

<関連記事>:家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

自宅に督促が来てしまえば、家族にカードローン利用を隠し続けるのは難しいでしょう

公務員がカードローンを選ぶポイントは?

公務員,カードローン,ポイント

カードローン審査に強い公務員ですが、申込先の選択肢が多くて迷ってしまいますよね。

ここからは、公務員の方がカードローンを選ぶポイントを紹介します。

低金利の銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンの魅力の一つが、金利の低さです。

銀行カードローンなら、3.0%~15.0%程度で借り入れ出来ます。


消費者金融の金利(5.0%~18.0%程度)と比べると、低めに設定されています。

ただし金利が低い分、銀行カードローンの審査はやや厳しいです。


ですが信用力が高い公務員なら、審査に通る可能性は十分あるでしょう。

 元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!

審査が厳しめとは言え、信用力が高い公務員なら、審査に通る可能性は十分あるでしょう。

公務員専用カードローンがお得

一部の銀行では、公務員専用のカードローンも用意されています。

条件さえ満たせば、一般のカードローンよりも有利な条件で借り入れ可能です。


以下、公務員専用カードローンの取り扱いがある銀行をまとめました。

銀行 名称 金利
広島銀行 公務員カードローン 年2.475%~年4.225%(変動金利)
愛媛銀行 カードローン円姫
(公務員・上場企業専用)
年4.875%または年5.50%
琉球銀行 公務員ローン
(カードローン型)
年5.1%(変動金利)
沖縄海邦銀行 公務員カードローン 年5.00%(変動金利)

※変動金利型については、2018年9月28日現在の金利を記載しています。


表から分かる通り、公務員専用カードローンの金利は5%前後と、かなり低めに設定されています。

お住まい・お勤めの地域に上記の銀行がある方は、借入先として検討してみると良いでしょう。

即日希望なら消費者金融

現在、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

そのため即日融資を希望する場合、選べるのは消費者金融のみです。


消費者金融は、銀行カードローンに比べると金利は高めです。

しかし融資スピードはとても早く、最短30分で審査結果が出ます。


急いでお金を借りたい人には、消費者金融カードローンがオススメです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】即日融資が可能!おすすめカードローン

即日融資を希望する場合は、必ず消費者金融を選びましょう


以上、公務員のカードローン審査のポイントを解説しました。

確かに公務員はカードローン審査には有利ですが、借り過ぎには注意しなければなりません。

最後まできちんと返済できるよう、無理のない借り入れを心がけましょう。

この記事のまとめ

  • 公務員は信用力の評価が高いので、カードローン審査で有利
  • カードローンの審査では、収入の大きさ以上に安定性が重視される
  • 公務員でも、過去に延滞した人は審査に落ちる
  • 公務員には、低金利の銀行カードローンがおすすめ
  • 即日希望なら、消費者金融を選ぶ(銀行カードローンは即日不可)

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング