【重要】銀行カードローンの審査に落ちた原因はコレ!

銀行カードローンは審査が厳しめとされています。ですので、審査に落ちて借入ができない人もいます。

ですが、「自分は問題なく審査に通るはず」と、思って申し込んだのに審査に落ちたという人は、何が原因だったのでしょうか?


ここでは、銀行カードローンの審査について見ていきます。


銀行カードローンの審査は、どこを見ている?

銀行カードローンは、消費者金融に較べて金利が低めで、借入限度額が高いのが特徴です。

借入条件が良い分、銀行カードローン側の審査は厳しめとなっています。では、銀行カードローンの審査担当者は、借入希望者のどこを見ているのでしょうか?


銀行によって審査基準が違うので、「この銀行では審査なに落ちたけど、こっちの銀行では審査に通った」というケースもあります。ですが、カードローンの基本的な審査項目は各社でそれほど違いません。

<関連記事>
銀行カードローンと消費者金融の違いって何?

審査の重要ポイント(1):年収や借入状況



年収状況
銀行カードローンは、利用者に返済能力が十分にあるか確認します。ですので、年収が高いほど審査には有利です。ですが、それ以上に重要なのは、収入が安定していることです。

収入が高くても毎月の収入にバラつきがあると、返済能力を疑われてしまいます。


それに較べて、収入が少なくても毎月安定した金額をもらえている人の方が、きちんと返済の見込みがあると銀行も信用できます。


借入状況
申し込みをした銀行カードローンの他にどれだけ借入をしているか、審査されます。

3件以上の借入があると、審査が通りづらくなります。銀行カードローンは総量規制の対象外ではありますが、借り過ぎは印象が良くありません。

審査の重要ポイント(2):仕事と住居



雇用形態や勤続年数
雇用形態も安定した職業ですと、審査に有利です。たとえば、(問題を起こさない限り)リストラがない公務員は職業としても申し分ないですし、収入も高く安定しているので評価が高いです。


雇用形態も重要ですが、勤続年数もかなり重要視されます。現在の勤務先で一年以上勤めている方が有利です。逆に、転職直後はカードローン審査に不利です。


住居状況
住んでいるところが、賃貸か持ち家なのかも審査対象です。持ち家に住んでいる人の方が、賃貸よりも高い評価をもらえます。

持ち家なら簡単に引っ越すことができず、長くその場所に住み続ける可能性が高いからです。これは、住居も安定性がある方が銀行側も安心できるからです。


賃貸に住んでいる人だと、借入できないわけではありませんが、万が一返済ができなくなって困ったからと、夜逃げされる可能性もあると見なされ、少し評価を落とします。

保証会社の審査も受ける

銀行カードローンの審査では、銀行だけでなく保証会社も審査を行います。

保証会社とは、利用者が万が一返済できない場合、代わりに返済をしてくれる会社のことです。


銀行カードローンの審査では、先に保証会社が審査を行い、次に銀行が審査を行う順となります。もしもの場合、保証会社が代わりに借金を返すわけですから、返済能力や信用力を念入りにチェックされます。


ですので、保証会社の審査も通らないと、銀行カードローンを利用することはできません。

<関連記事>
銀行カードローンのメリットとデメリットを教えて!

銀行カードローンの審査に落ちる原因は?

ここでは銀行カードローンの審査に落ちる原因として、代表的なものを紹介します。

収入や勤務状況

収入が不安定ですと、返済ができない可能性が出てくるので審査に通りにくいです。毎月安定した収入があり、きちんと返済できる収入なら問題ありません。

また勤務年数が短く、職を転々している人も審査に落ちる原因となります。勤務年数が半年ほどの人より、何年も同じ会社に勤めている人の方が、安心できますよね。

借入希望額が高すぎる



安定した収入がある人でも、借入希望額が高すぎると審査に通らないことがあります。特に初めて銀行カードローンを利用する人は、利用可能額が低い場合が多いです。


お金を貸す側からすると、初めて利用する人にはきちんと返済できるのか警戒しますよね。もしかしたら、お金が返ってこないかもしれないリスクあるので、初めて利用する人は限度額が低くなっています。

複数の会社から借り過ぎている



すでに複数の会社からお金を借りていると、審査に不利です。


銀行カードローンは、消費者金融に較べて審査が厳しめなので、借り過ぎは返済余力が乏しいと判断されます。先ほども書きましたが、他社から4件以上の借入があったら、まず審査に通らないと思って下さい。

信用情報に問題がある

返済の延滞や過去に債務整理をしたことがある人は、審査に通りません。信用情報には、今までの借入履歴や延滞情報、債務整理などが記録されます。

銀行カードローンの審査では、その信用情報を元に融資できるかを判断するので、問題があればすぐに分かります。


こうした信用情報は5年間保管され、銀行に限らず、あらゆる金融機関で借入ができなくなります。ですので、信用情報に記録が残っている間は、審査に通るのは難しいと考えて下さい。

スーパーホワイトの人

過去に借入経験がないのに、審査に通らない人がまれにいます。こうした人は、「スーパーホワイト」と見なされた可能性があります。

「スーパーホワイト」とは、一度もカードローンやクレジットカードの利用がなく、信用情報にも記録が残っていないことをいいます。


若い人なら、クレジットカードを作ったことがないなど、信用情報に記録がなくても珍しくありません。ですが、30代や40代以上になっても利用記録がないと、逆に怪しまれてしまい、金融機関の審査に通過しないことが時々あります。

<関連記事>
消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?


銀行カードローンの審査に通るためには?

銀行カードローンの審査に通るためには、どのような対策を取ればいいのでしょうか?

借入希望額は最小限に



初めから高額の借入希望額を申請しても、(高収入の人以外は)審査に通るのは難しいと思って下さい。

借入希望額を高くすると、銀行からすると、その分リスクも高まります。


初めて銀行カードローンを利用する人ですと、銀行からの信用もそれほどではありません。ですので、リスクを避けるために、借入希望額は低く設定される事がほとんどです。

自分の収入に見合った金額で、返済が困難にならない程度の金額を申請しましょう。初めは希望額を低くして申し込み、あとで限度額を増やすこともできます。

複数の申し込みは避ける



同時に複数の銀行カードローンに申し込みをすると、印象が悪くなり審査に落ちます。

どうしても審査に通りたいからと、保険の意味でたくさん申込するのは止めましょう。他社への申し込み情報も信用情報に記録が残るので、銀行に簡単にチェックされます。


どうしても1社だけでは不安だという場合は、多くても2社までにしておきましょう。

信用情報に傷をつけない

カードローンの借入や返済状況など、全て信用情報に記録が残ります。この信用情報は、信用情報機関で保管・共有しているため、他の金融機関にも筒抜けになっています。


「こっちの銀行カードローンでは延滞しちゃったけど、こっちの銀行カードローンなら大丈夫だろう」とはなりません。カードローンの延滞はもちろん、スマホ料金の支払い遅れがないよう気を付けて下さい。



以上で、銀行カードローンの審査に落ちる原因について見てきました。

「自分は審査に落ちない、大丈夫」と安心するのは早いです。ちょっとしたことで、審査に落ちることもあります。


どうして審査に落ちたのか心辺りがない人も、申し込みをする前に自分に問題はないかチェックしてから申し込みをするようにしましょう。

審査落ちたからと、すぐに次の銀行カードローンに申し込みをすると、審査が不利になりますので注意して下さい。


【重要】銀行カードローンの審査落ちた原因はコレ!のまとめ

  • 銀行カードローンは審査が厳しめ
  • 銀行カードローンの審査では、銀行以外に保証会社の審査もある
  • 審査の重要ポイントは、年収や借入状況、勤務先などが挙げられる
  • 銀行カードローンの審査に落ちる原因として、借入希望額が高すぎる・信用情報に問題があるなど
  • 審査に通るためには、借入希望額を少なくすることや複数から借入しないこと