スマホ・ウェブ完結のカードローンを利用する際の注意点は?

以前は、カードローンの申し込みは店舗窓口・自動契約機が基本でした。


しかし、こうした申し込み方法では外出の必要があること、誰かに見られるリスクや面倒くさいといったデメリットがありました。

一方で最近では、スマホやウェブから申し込みだけでなく、キャッシングまでできるようになりました。自宅・通勤中・休憩中といった自由な時間帯に申し込みができ、来店の必要もないので便利です。


とはいえ、ウェブ完結・スマホ完結の取引には、いくつか注意すべき点もあります。ここでは、ウェブ完結(スマホ完結)でのカードローン申し込みを検討している人に、気を付けるべき点について紹介します。


スマホ・ウェブ完結のカードローンとは?

ここでは、スマホ完結・ウェブ完結のカードローンの特徴について、簡単に紹介します。

特徴1.申し込みからキャッシングまでネットで



「スマホ完結」・「ウェブ完結」とは要するに、スマホだけ・ウェブだけで取引が完結することを指します。

申し込み・必要事項の入力・必要書類の送付・審査・結果連絡・契約・キャッシングまでの一連の流れを、全部ネット(スマホ)で行えます。


店舗や契約機に行かずにお金を借りることができるので、大変便利なサービスですね。

特徴2.キャッシングは振込みかキャッシュカード

スマホ完結(ウェブ完結)の取引の場合、キャッシングは振り込みか、キャッシュカードを使うかの2パターンです。

消費者金融カードローンの場合、契約後に指定口座への振込ができるようになるので、振込でキャッシングをします。


一方で、ウェブ完結に対応した銀行カードローンでは、(契約後に)その銀行のキャッシュカードでキャッシングができるタイプが多いです。

特徴3.郵便物の送付なし(の場合あり)

ウェブ(スマホ)完結対応のカードローンの中には、ローンカードや契約書類などの郵便物の送付がまったくない会社もあります。まさに、完全ネット完結ですね。

ただし中には、キャッシングまではネット(スマホ)完結まで対応するが、書類・カードの受け取りが後日発生する会社もあります。


つまり、ウェブ(スマホ)完結のカードローンと言っても、実は2タイプあるのです。この点については、後ほど改めて説明します。


スマホ・ウェブ完結のカードローンのメリット

ここでは、スマホ完結・ウェブ完結取引のメリットについて紹介していきます。

来店不要でキャッシングできる



通常であれば、カードローンの申し込みや契約に、店舗や自動契約機まで行く必要があります。

郵便で送付すれば契約機まで行く必要はありませんが、申し込みからキャッシングまで1週間以上かかるため、急いでお金を借りたい人には向いていません。


一方で、スマホ完結・ウェブ完結であれば来店不要でお金を借りることができます。これは、契約機まで行く手間もありませんし、大きなメリットです。

周囲にバレる心配が少ない

カードローンの利用者が心配なことしてよく挙げるのが、「家族や知人にカードローンのことがバレないか」です。

内緒でカードローンに申し込むつもりでも、自動契約機に入る姿を偶然見られたら、家族・知人に怪しまれます。


ですが、スマホ・ウェブ完結なら契約機に行く必要がないので、周囲にバレるリスクを減らすことができます。

関連記事
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?

即日融資にも対応している

カードローンの利用を考えてる人の中には、当日中に借り入れをしたい人も多いはずです。

ウェブ・スマホ完結に対応したカードローンの中でも、即日キャッシングにも対応した会社があります。来店せずに当日中にお金を借りられたら、便利ですよね。ただ、申し込み条件が少し厳しいので注意が必要です。


この点も、また後で改めて述べます。

関連記事
【注意!】即日でカードローンでお金を借りる時に気を付けるべきことは?


スマホ・ウェブ完結の注意点は?

ここまで、スマホ完結・ウェブ完結の利便性やメリットを中心に解説してきましたが、逆に注意点についても、知っておく必要があるでしょう。

注意点について、それぞれ以下で見ていきます。

ウェブ完結には2種類ある(郵送物あり・なし)



ウェブ(スマホ)完結は、確かに来店不要でキャッシングできるのですが、契約後に郵便物が届く会社もあるので注意が必要です。

郵便物とは契約書類やローンカードなどで、契約してから1週間後くらいに自宅に届きます。消費者金融カードローンの場合は郵便物に社名はないですし、銀行カードローンの場合は銀行名しか郵便物に記載がありません。


ですので、その郵便物から家族にカードローンのことがバレる心配はないでしょう(郵便物の中身を勝手に開けられたら別ですが)。

とはいえ、カードローン関係の郵便物が自宅に送られることが、嫌だという人もいるでしょう。


ですので、スマホ完結(ウェブ完結)のカードローンと言っても、郵便物があるタイプか事前に確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、郵便物がないスマホ完結(ウェブ完結)のカードローンで大手の会社は、プロミス・モビット・三井住友銀行カードローンなどです。


それぞれについては、また後で紹介します。

即日融資の条件が厳しい

スマホ完結・ウェブ完結も即日融資に対応していますが、条件が少し厳しいのが難点です。

ウェブ(スマホ)完結でない取引なら、ネット(スマホ)で申し込みをした後、審査に通過し、お近くの自動契約機で契約・キャッシングします。


自動契約機なら比較的遅い時間まで営業しているので、遅い時間の申し込みでも即日キャッシングに対応可能です。

一方でスマホ完結・ウェブ完結の場合、キャッシングが振込みになるので、原則として午後3時までには契約を完了している必要があります(例外はありますが)。


つまり、少し早い時間にネット申し込みをしないと、ウェブ(スマホ)完結で即日キャッシングを受けられない、ということです。

取引銀行の制限がある



ネット(スマホ)完結でカードローンを利用するのに、取引銀行を指定される場合が多いです。

たとえばプロミスなら、大手銀行の口座を振替口座にする必要があります。モビットなら、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行を、振替口座にする必要があります。


三井住友銀行カードローンなら、ウェブ(スマホ)完結を利用するのに、三井住友銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っている必要があります。

関連記事
銀行口座なしで利用できるカードローンは?


スマホ・ウェブ完結が利用できるカードローン

スマホ完結・ウェブ完結が利用できるカードローンはたくさんありますが、ここでは特に利便性や人気の高い以下のカードローンについて紹介していきます。

プロミス

上でも紹介しましたが、プロミスは完全ネット(スマホ)完結の取引に対応するカードローンの一つです。

ウェブ完結を利用するには、大手銀行を口フリ(口座振替)に指定する必要があります。よる返済を選択しなければなりません。口座振替というのは、返済時にそちらの口座から毎月自動的に引き落とされる、という意味です。


上でいう大手銀行とは、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行などで、ネット(スマホ)完結に対応したカードローンの中では、最も使い勝手の良い会社と言えます。

即日キャッシングを希望する場合は、平日午後2時までに契約を完了させる必要があります(ただし、振込口座が三井住友銀行の場合は、もう少し遅い時間でも対応可)。

モビット

モビットも、完全ネット(スマホ)完結に対応するカードローンの一つです。

スマホ(ウェブ)完結を利用するには三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を振替口座にする必要があります。


さらに、社会保険証か組合保険証と、収入証明書の提出義務があります。プロミスに較べて条件が少し厳しいですね。

その一方で、完全ネット(スマホ)完結なら勤務先への電話連絡をなしにできるのが、モビットの大きな魅力でもあります。


即日キャッシングのためには、平日午後2時50分までに契約を完了させる必要があります。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンにしては珍しく、完全ネット(スマホ)完結に対応しています。

スマホ(ネット)完結を利用するには、三井住友銀行の普通預金口座(とキャッシュカード)を持っている必要があります。

難点としては、SMBCダイレクトに登録していないと、ネット(スマホ)上で利用記録が確認できないことです。



以上、スマホ(ウェブ)完結でカードローンを利用する上での注意点について、見てきました。

上でも見たように、スマホ(ウェブ)完結に対応するカードローンは限られていること、スマホ(ウェブ)完結の取引を行うにも一定の条件が必要です。


上の記事を参考にしてもらえればと思います。


スマホ・ウェブ完結のカードローンを利用する際の注意点は?のまとめ

  • スマホ(ウェブ)完結に対応するカードローンは限られている
  • スマホ(ウェブ)完結といっても、郵送物のありなしで2パターンある
  • スマホ(ウェブ)完結だと、取引銀行の制限などがある
  • スマホ(ウェブ)完結でも即日融資に対応可だが、条件が少し厳しい
  • おすすめのカードローンは、プロミス・モビット・三井住友銀行カードローン