カードローンのお試し診断(仮審査)ってアテになる?

カードローンの申し込みをしたいけど、審査に不安な人も多いはずです。


そんな人のためにカードローン会社によっては、「お試し診断(=仮審査)」という簡単審査のサービスを行っています。簡単に審査できるので便利ではありますが、本当にその診断で分かるのか疑問に思う人もいるでしょう。


ここでは、カードローンのお試し診断について見ていきます。



カードローンのお試し診断(=仮審査)って何?

カードローンのお試し診断とは、申し込み者がカードローンの利用が可能なのかを、機械的に確認できるサービスです。


カードローン会社の公式サイトにいけば、すぐに診断ができます。このサービスは、消費者金融に多く銀行カードローンでは対応してない会社が多いです。

お試し診断は予行練習

初めてカードローンを利用する人にとって、審査に通るのか不安に思う人もいるでしょう。そこで便利なのが、お試し診断です。

申し込み者の年齢や年収、他社の借入状況といった簡単な項目だけで、借入ができるのか診断できます。


本審査(=本当の借入審査)を受けるのが不安な人は、お試し診断の結果を知っておけば、気持ちに余裕を持って本審査を受けることができます。

申し込みに迷っているなら、何社か診断してみる



このお試し診断はカードローン会社が行っている無料のサービスなので、本審査とは関係ありません。ですので、どこのカードローン会社を利用するか迷った時は、何社か診断をしてみてはいかかでしょうか。


各社によって診断項目が少し異なるので、ここの会社では借入可能と診断されたけど、こっちの会社では借入不可と診断された、というケースもあり得ます。

不安な人は、何社か試してみるのも良いかもしれません。

<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!


お試し診断(=仮審査)のメリット・デメリットは?

次に、お試し診断のメリットとデメリットについて見ていきます。

メリット:簡単に診断できる



先ほど上でも書きましたが、お試し診断は申し込み者の年齢や年収といった、簡単な項目だけで診断できます。


必要書類を用意することなく、入力するだけで診断できてしまいます。時間もかからず、診断結果も分かるので便利です。

メリット:信用情報に記録が残らない

カードローンの審査では、短期間で同時に複数の会社に申し込みをすると、審査に通りづらくなる可能性があります。これを「申し込みブラック」といいます。

カードローンの申し込みをすると、申し込み者の信用情報を管理している信用情報機関に、申し込み記録が残ります。カードローンの審査の際に、その信用情報を元にカードローン会社は使います。


信用情報は、各金融機関で共有されているので、何社ものカードローン会社に申し込みをしていることも、分かってしまいます。

一度に何社も申し込みをすると、「お金に余裕がない人」と判断され、審査に落ちる可能性が高くなります。


一方でお試し診断なら、利用しても信用情報は残りません。本審査を受ける前にお試し診断を活用すれば、どの会社で借入ができるか事前に知ることができます。

そうすれば、何社も申し込みをしなくて済むので、申し込みブラックになる心配もありません。


本審査を受ける前に、お試し診断を利用して、確認しておくと良いです。

デメリット:本審査に通るとは限らない

お試し診断で借入が可能と診断が出ても、本審査で通るとは限りません。


お試し診断は、3~4つの項目に申し込み者の情報を入力する、自動診断となります。一方の本審査では、細かく審査項目がありカードローンの審査担当者によって、念入りにチェックされます。


ですので、お試し診断では問題なくても、本審査で申し込み情報に問題があれば、審査に通ることはできません。

お試し診断はあくまで簡易審査なので、注意して下さい。

デメリット:借入可能額は分からない



お試し診断では、借入が可能かは分かりますが、借入可能額がどの位になるのかは分かりません。


少ない情報で自動的な診断では、正確な審査結果や借入可能額を知るのは難しいです。自分は50万円借りたいと思っても、本審査の結果、30万円しか借入枠が認められなかったということもあり得ます。

<関連記事>
カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?


お試し診断を信用し過ぎるのはダメ

お試し診断は便利なサービスではありますが、この診断を信用し過ぎるのは良くありません。

その理由には大きくいって2つ理由があります。

理由1.簡単な情報のみで診断するから

実際のカードローン審査では、申し込み者の入力情報や信用情報を元に審査を行います。お金を貸すわけですから、カードローン会社も慎重に審査をする必要があります。

お試し診断は、申し込み者の年収や借入件数といった簡単な審査項目を入力して、借入が可能なのか診断します。


本審査でも年収や借入件数はチェックされますが、他にも重要な項目はたくさんあります。

たとえば、年収以外にも雇用形態や勤続年数がどうなのかも重要とされています。他にも、細かい情報を元に診断を行うので、お試し診断ではそこまで対応していません。

理由2.信用力の判断ができない

お試し診断は、本審査と違って申し込み者の信用情報を細かく見ることはありません。必要最低限の項目に、申し込み者の情報を入力し自動的に診断するだけです。


ですので、申し込み者が過去に債務整理や延滞をしたなどを、詳しくチェックすることはできません。


<関連記事>
カードローンは怖い?初めての人が抑えておきたいポイントは?


お試し診断で注意すべき点は?

お試し診断を利用する時の注意点について見ていきます。

申し込み情報に嘘がないようにする



お試し診断で、本当は他社からの借入があるのに、入力項目には「借入件数なし」といった嘘の情報で診断するのは止めましょう。

借入が有利になる情報を入力すれば、当然借入可能と診断されます。しかし、お試し診断で嘘を付いて借入可能となっても、本審査となればすぐに嘘だとバレます。


本審査では、申し込み者の信用情報をチェックして審査するので、お試し診断で嘘を付いても意味がありません。

ですので、お試し診断も本審査も、申し込みの入力をする時は嘘のないよう正しい情報を入力してください。

診断結果を信用し過ぎないこと

上でも書きましたが、お試し診断は本審査のように細かいチェックはなく、自動的な診断なので診断結果が良くても、本審査で通るとは限りません。

お試し診断はあくまで簡単な審査程度なので、本審査が不安な人や一度に何度も申し込みを避けるために確認ができるサービスです。


お試し診断の結果だけ信用し過ぎないように注意して下さい。

対応しているカードローン会社は?

お試し診断に対応しているカードローン会社の中から、以下の3社を紹介します。


プロミス
プロミスでは「お借入シミュレーション」という名前で診断を行っています。項目内容は、申し込み者の生年月日・年収・現在の借入金額の3つとなっています。


SMBCモビット
SMBCモビットでは「お借入診断」と呼ばれています。SMBCモビットの診断項目は、生年月日・年収・他社からの借入金額を入力します。


バンクイック
バンクイックでは「お借入診断」となっています。バンクイックの診断項目は、生年月日・性別と独身既婚・他社からの借入件数と借入額を入力すれば、すぐに診断できます


3社とも難しい入力はなく、簡単に診断できるので不安な人は、上で紹介したカードローン会社を利用してみてはいかがでしょうか。診断結果もすぐに分かるので便利です。


お試し診断の項目について、以下の表でまとめたので参考にしてみて下さい。


カードローン会社 呼び方 入力項目
プロミス お借入シミュレーション ・生年月日
・年収
・他社からの借入額
SMBCモビット お借入診断 ・生年月日
・年収
・他社からの借入額
バンクイック お借入診断 ・生年月日
・性別、独身既婚
・他社からの借入額

以上で、お試し診断について見てきました。


カードローンのお試し診断は、便利なサービスではありますが、この診断だけで借入ができるわけではありません。実際の審査では重要視される項目が細かくあるので、お試し診断をアテにし過ぎないようにしましょう。


カードローンのお試し診断(仮審査)ってアテになる?のまとめ

  • お試し診断とは、申し込み者が借入可能かを診断するサービス
  • お試し診断はカードローンの本審査とは違くので、信用情報に記録が残らない
  • おまとめ診断では、借入可能額まではチェックできない
  • お試し診断で良い結果が出ても、本審査で合格するとは限らない
  • あくまで簡単な診断なので、診断結果だけで信用し過ぎないこと


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング