【元銀行員が解説】カードローン金利はどう決まる?利息の計算方法

カードローン,金利,利息

カードローンの利用で気になるのは、やはり「金利の高さ」と「利息の金額」でしょう。

そもそもカードローンの金利は、どうやって決まるのでしょうか?
またカードローンの利息は、どのように計算されるのでしょうか?

今回は、カードローンの金利の決まり方と利息の計算方法について、分かりやすく解説します。


カードローン金利って何で決まるの?

金利の上限は法律で定められている!

カードローン,金利,利息制限法,出資法

カードローンの上限金利は、「利息制限法」と「出資法」の2つの法律で定められています。


<利息制限法>
利息制限法とは、お金の貸し借りで発生する利息を制限する法律です。

以下の通り、借入額に応じて上限金利が定められています。

借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

利息制限法の上限を超えた金利で融資を行った場合、その取引は無効になります。

また利息制限法に違反した貸金業者は、貸金業法により、行政処分を受けます。


<出資法>
出資法も、上限金利を定めた法律です。

貸金業者から借りる場合、借入枠に関係なく、上限金利は一律で20%です。

借入額 上限金利
一律 20%

なお出資法には罰則規定があり、違反した業者は刑事罰の対象です。

カードローンの金利は、どんなに高くても20%を超える事はありません

金利の相場は銀行と消費者金融で違う

カードローンの金利の相場は、銀行と消費者金融のどちらが貸し手になるかで変わります。

具体的に、大手の銀行カードローンと消費者金融カードローンについて、各社の金利を見てみましょう。


<銀行カードローン>

銀行カードローン 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%



<消費者金融>

消費者金融 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%

銀行カードローンの場合、金利の相場は年2.0%~15.0%になります。

一方、消費者金融の金利は、年3.0%~18.0%が相場です。


金利の低さで言えば、銀行カードローンが有利であると言えます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローン25社の金利を比較してみた!

カードローン金利は借入枠の大きさで決まる!

カードローンの金利は、「年3.0%~18.0%」というように、上限と下限の間には大きな差があります。

カードローン金利は、借入枠(=借入限度額)の大きさによって、適用される金利の幅が各社で決まっています。


たとえば、三井住友銀行カードローンの金利は以下の通りです。

借入限度額 金利
10万円以上100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%


表を見ると、借入枠が大きくなるほど、適用される金利帯は低くなります。

つまり、同じ会社で同じ金額の借り入れをしたとしても、借入枠の大きさが異なれば、金利も変わるという事です。

借入枠,限度額,金利

なお初めての利用の場合は、上限かそれに近い金利が適用されるケースがほとんどです。

どのカードローンを選んでも、初めての利用では、借入枠は小さめに設定されます。
審査の状況にもよりますが、だいたい50万円程度になると思っておきましょう

カードローンの利息、いくらになる?

次に、カードローンの利息の計算方法について、解説します。

カードローンの利息、計算方法は?

カードローンの利息は、「借入金額」「適用金利」「借入の日数」の3つの要素で計算できます。

この3要素のどれか1つでも大きくなると、利息の金額も高くなります。


カードローンの利息の大まかな計算方法は、以下の通りです。

利息の計算式

たとえば、20万円を金利18%で1か月借りた場合、利息の金額は、以下のように求められます。

借入20万円、金利18%,利息

ここで紹介した計算方法は、カードローンの利息を大まかに捉えるのに役立ちます。
ですが実際の返済では、毎月の残高に応じて利息の金額が決まるので、考え方はもっと複雑になります

利息の大きさを決めるのは、金利と返済期間

利息の大きさを決めるのは、金利と返済期間

上の式から分かる通り、同じ金額を借りた場合、金利が高いほど、利息の金額も大きくなります。

また借り入れの日数(=返済期間)の長さも、利息の金額を決める重要なポイントです。


下の表では、返済期間ごとの返済額と利息額を比較しています。


<借入20万円、金利 年18.0%の場合>

返済期間 毎月の返済額 利息額 総支払額
6か月 35,105円 10,627円 210,627円
12か月 18,335円 20,027円 220,027円
24か月 9,984円 39,627円 239,627円
36か月 7,230円 60,280円 260,280円

表を見ると、返済期間が長引くほど、利息の金額が大きくなることが分かります。

カードローンの利息を抑えるためには、返済期間を短くする事が重要です。

返済期間を短くすると、1か月あたりの返済額が増える点には注意してくださいね

カードローンの利息を計算してみた!

せっかく利息の考え方が分かったところで、いくつかのパターンで、利息額のシミュレーションをしてみましょう。

以下、借入額10万円・30万円・50万円の場合について、利息額を計算した結果を表にまとめました。


<10万円借りた場合>
・借入額:10万円
・毎月返済額:4,000円

金利 返済期間 利息額
年 15.0% 31か月 20,634円
年 18.0% 32か月 26,260円


<30万円借りた場合>
・借入額:30万円
・毎月返済額:11,000円

金利 返済期間 利息額
年 15.0% 34か月 69,150円
年 18.0% 36か月 88,683円


<50万円借りた場合>
・借入額:50万円
・毎月返済額:13,000円

金利 返済期間 利息額
年 15.0% 53か月 185,852円
年 18.0% 58か月 251,057円


今回のシミュレーションでは、50万円の借り入れで、約20万円の利息が発生することが分かりました。

借入金額や金利によって変わりますが、カードローンの利息の負担は決して軽くありません。


カードローンの利息を減らしたい!方法は?

カードローンの利息を減らしたい!方法は?

では、カードローンの利息の負担を減らすために、どのような方法があるでしょうか?

1.低金利の銀行カードローンを選ぶ

利息を決める最も重要な要素は、金利です。

上の表でも見た通り、同じ借入金額でも、金利が少し違うだけで、利息の金額には大きな差が出ます。


申込先に迷ったら、少しでも金利が低いカードローンを選ぶと良いでしょう。

特に銀行カードローンは、消費者金融に比べて金利が低めです。

<関連記事>:【元銀行員が解説】低金利カードローンのおすすめランキング

低金利カードローンの選び方については、上の関連記事を参考にしてください

2.消費者金融の無利息サービスを活用する

一部の消費者金融では、一定期間の無利息サービスを展開しています。

たとえばプロミスの場合、初めての利用なら、30日間の利息が0円です。


短期間の借り入れであれば、低金利の銀行カードローンよりも利息を減らせる可能性があります。

<関連記事>:無利息期間のあるカードローンの注意点は?

3.借入枠を増やして金利を下げる

カードローン金利が借入枠によって変わるのは、上で説明した通りです。

そのため契約時の金利が高くても、借入枠を増やして、あとから金利を下げる事が可能です。


場合によっては、カードローン会社から「借入枠を増やしませんか?」という案内が来るケースもあります。


なお増枠にも審査があり、契約後すぐの申し込みは審査に通りません。

半年程度はきちんと返済を続け、信用力を上げてから申し込むようにしましょう。

<関連記事>:カードローンの金利を下げる4つの方法は?

4.なるべく早く返済する

返済期間を短縮するのも、利息を減らすのに効果的です。

なるべく早く返済を終えるため、繰り上げ返済を積極的に行うことをオススメします。


とは言え、生活費を削ってまで、無理に繰り上げ返済を行う必要はありません。

無理な返済計画は、かえって返済不能に陥るリスクを高めます。


なお返済が遅れると、ペナルティとして、通常の金利よりも高い利率の「遅延損害金」が発生する点に注意しましょう。

ボーナスや退職金などのまとまった収入があり、お金に余裕があるタイミングが、繰り上げ返済のチャンスです


以上、カードローンの金利の決まり方と、利息の計算方法について解説しました。

金利や利息の仕組みを理解していれば、少しの工夫で、支払の負担を軽くする事も可能です。

今回の内容を参考に、カードローンを賢く活用しましょう。

この記事のまとめ

  • カードローンの上限金利は、「利息制限法」と「出資法」で定められている
  • カードローンの借入枠が大きくなるほど、適用される金利帯は下がる
  • カードローンの利息は、「借入金額」「適用金利」「借入の日数」の3つの要素で計算できる
  • 利息の負担を減らすには、低金利の銀行カードローンを選ぶ
  • 繰り上げ返済で返済期間を短くするのも、利息の軽減に効果的

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング