カードローンの解約って返済とは違うの?

カードローンで借りたお金を全て返済し終わって、安心している人もいるのではないでしょうか。カードローンの返済が終わったから契約も終了したと勘違いして、そのままにしておく人を多く見かけます。


しかし、それは間違いです。返済が終わってもカードローンの契約は残っています。このカードローンの借入を残したままだと、他の借入審査で影響が出る可能性もあります。


ここでは、カードローンの「解約」と「返済」の違いについて見てきます。


カードローンの「解約」と「返済」の違いとは?

カードローンの解約と返済は、どのような点が違うのでしょうか?

返済について

カードローンの返済とは、決められた返済日に(決められた額以上の)借りたお金を返すことです。


カードローンは、借入枠での契約です。借入残高を全て返済したからといって、そこで契約が終わるわけではありません。返済が終わっても、借入枠は残っているので、限度額内なら何度でも借りることができます。

解約について



解約は、カードローンの契約を解除することをいいます。カードローンの解約をするには、借入残高を全て返済する必要があります。


ですので、借入残高が残っていると解約することはできません。


解約しないと借入枠は残ったまま

先ほども書きましたが、カードローンの返済が全て終わっても、契約は続いています。契約が続いているということは、借入枠が残ったままなので、いつでも借入ができる状態です。



解約の手続きを行わない限り、カードローンの契約は終わったことにはなりません。

完済するには借入残高の端数分も返済する

カードローンの解約を行う前に、自分が借りたお金を完済しているか確認しておきましょう。借入残高が残っていると、解約ができません。

たとえば1000円以下の端数がある場合、自社のATMまたは提携ATMを使って1円単位から返済することもできます。


ですが、対応していないATMもあるので、その場合は端数を切り上げて返済するか、切り捨てて返済するか2つのパターンがあります。

切り上げて返済する場合は、返済額よりも多めに支払い、おつりは次回の返済にあてることができます。希望があれば、振り込みまたは店頭でおつりを返金してもらえます。


切り下げて返済する場合ですが、残った端数分は利息がつかないので、次の返済と合わせて返すことになります。この端数を「無利息残高」と呼びます。

無利息残高は名前の通り、利息が付かないので焦って返済する必要はありません。しかし、カードローンの解約をしたいなら、無利息残高が残っていると完済したことにはなりません。


無利息残高も全部返済して「完済」となるので、注意して下さい。

カードローンの解約方法



カードローンの解約方法ですが、各社とも基本的に店頭窓口または、コールセンターに電話をして解約の手続きを行います。

解約をするなら電話での方法が便利です。店頭窓口ですと、わざわざ足を運ぶことになって面倒ですし、解約の手続きに印鑑や身分証明書が必要になる場合もあります。


その点、電話なら店舗まで行く必要もありませんし、オペレーターの指示に従い手続きをすれば簡単に解約することができます。

<関連記事>
カードローンの一括返済で絶対気を付けたいこと


カードローンの解約のメリット

カードローンの解約をすると、どんなメリットがあるのでしょうか。

信用力が上がる

使わなくなったカードローンの解約をすれば、その分だけ信用力が上がり、他社の借入審査も有利になります。

金融機関の審査では、他社からの借入件数もチェックしています。利用していないカードローンでも、借入枠が残っている状態であれば、借金していることと同じになります。


利用していなくても、借入枠があることは他社からしたら、印象は良くありません。ですので、返済が終わり利用しないカードローンがある場合は、解約しておきましょう。

借り過ぎる心配がなくなる

上でも書いたように、返済が終わっても借入枠がなくなるわけではありません。カードローンは、限度額内なら何度でもお金を借りることができます。

急な出費がある時は便利ではありますが、その分使い過ぎてしまうこともあります。


完済後にカードローンを解約しておけば、利用できなくなるので、借り過ぎる心配もありません。

今後も利用する予定がある人は解約する必要はありませんが、計画を持って使い過ぎには注意して下さい。


カードローンの解約のデメリット

次に、カードローンの解約をするデメリットについて見ていきます。

再契約する場合は、初めから申し込みし直す



一度カードローンの解約をしてしまうと、再契約をしたい場合、初めから申し込み手続きをする必要があります。以前も利用していたからといって優遇されることはないので、必要書類の準備や審査を行うため、手間がかかります。


また、一度利用したことがあっても、必ず審査に通るとは限りません。解約しても以前の利用履歴が残っているので、信用情報に問題があるとそれが原因で審査に通らないこともあります。

金利や借入限度額がリセットされる

長い期間カードローンを利用し、きちんと返済していれば返済実績が認められ、借入限度額を増額してもらえたり、金利を下げてもらえることもあります。

しかしカードローンを解約し、また再契約をすると前回の条件を引き継ぐことができません。ですので、金利や借入限度額の条件がリセットされることもあります。


今後もカードローンを利用する予定がある人は、解約せずにそのまま契約を続けた方が良いでしょう。完済のたびに解約をして、また契約をするのは面倒です。

<関連記事>
カードローンの借入限度額、いくらまで借りられる?


住宅ローンの申し込みを考えている人は解約を!



これから住宅ローンの利用を考えている人は、完済後すぐに解約をしましょう。カードローンの借入は、住宅ローンの審査に影響する可能性が高いからです。

カードローンは住宅ローンの審査に不利

住宅ローンは借入額が大きいので、審査もそれなりに厳しくなります。少しでも、申し込み者に不安要素が見つかれば、審査に通りません。

何度が書きましたが、借入していたお金を完済し終わっても、解約しない限り借入枠は残った状態になっています。


借入枠が残っているということは、またお金を借りることができると判断され、住宅ローンの審査に通らない可能性が出てきます。

住宅ローンを検討しているなら、完済後はすぐにカードローンの解約をオススメします。


もしカードローンの完済・解約が難しい方は、せめてカードローン残高を減らしましょう。借入残高が100万円程度なら、住宅ローンに通ったという報告もあります。

<関連記事>
カードローンの借入があると住宅ローンは不利?

返済の延滞履歴がある場合も注意

カードローンの返済で、延滞や債務整理があると住宅ローンに通らない可能性があります。完済していても、延滞や債務整理の記録が5年間は残るため、審査の時に分かってしまいます。


住宅ローンの利用を検討している人は、一日も早くカードローンの返済をするようにしましょう。完済しカードローンの解約をしている人も、延滞履歴が消えてから住宅ローンの申し込みをするようにしましょう。



以上、カードローンの解約と返済の違いについて見てきました。


借金を返済できたからと、安心するのは早いです。そのまま放っておくと、他のローン審査に影響することもあります。

この先利用しないようなら、早めにカードローンの解約をオススメします。


カードローンの解約って返済とは違うの?のまとめ

  • 返済は借金を返すこと、解約は契約を終わらせること
  • 端数分も残らず全部返済することで「完済」となる
  • カードローンの返済方法は、店頭窓口・電話連絡が基本である
  • 返済が終わっても、契約は続いているので借入枠は残ったままになる
  • 借金を全て返済し終わっても、利用履歴が5年間は残るので注意が必要
  • 住宅ローンを検討している人は、完済したら早めにカードローンの解約をすること


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。