【元銀行員が解説】カードローンの金利を下げる方法は?

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ低い金利で利用したいですよね。

少し金利が下がるだけでも、返済にかかる負担は大きく変わってきます。


では金利を下げるには、どんな方法があるのでしょうか?

今回は、金利を下げる方法と注意点について、詳しく解説します。

カードローンの金利について

そもそも、カードローンの金利はどのように決まっているのでしょうか?

まず初めに、カードローン金利の決まり方を見ていきましょう。

金利の上限は法律で規制されている

カードローン金利,利息制限法,出資法

カードローン金利の上限は、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律で定められています。


まず利息制限法とは、お金の貸し借りについて、利息に制限を設けた法律です。

借入金額に応じて上限金利を定めており、違反した貸金業者は行政処分の対象となります。


一方の出資法(「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」)も、貸金業者に対して上限金利を定めています。

出資法には罰則規定が設けられ、違反した貸金業者は刑事罰の対象になります。


利息制限法と出資法、それぞれの上限金利は以下の通りです。

借入額 上限金利(年)
利息制限法 出資法
10万円未満 20% 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローン金利はどう決まる?利息の計算方法

正規の業者であれば、カードローン金利が20%を超える事はありません

借入枠によって金利は変わる

カードローン,借入枠,金利

カードローン各社の金利は、「年3.0&~18.0%」のように、上限と下限の間に大きな幅があります。

借入枠(=借入限度額)の大きさに応じて、適用金利を変えているためです。


たとえば銀行カードローン大手の、三井住友銀行カードローンの場合を見てみましょう。

借入限度額 金利(年)
10万円以上100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 4.0%~4.5%

上の表を見ると、借入枠が小さいほど金利が高く、借入枠が大きいほど金利が低くなる事が分かります。

つまり同じ会社で同じ金額の借り入れをしても、借入枠が大きい人ほど低金利で借り入れが可能です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローン25社の金利を比較してみた!

カードローン金利は審査で決まる!

カードローンの借入枠の大きさや適用金利は、審査で決まります。

審査では、申込者の情報を点数化する「スコアリング」という手法が使われます。


審査で見られるのは、申込者の年齢や勤務先、年収などの属性情報と、他社の借り入れ状況や過去の返済履歴などの信用情報の2種類です。

過去の統計データなどで各項目に点数が付けられ、評価が高いほど金利は下がります。


とは言え、初めての利用の場合、借入枠は50万円ほどで、上限かそれに近い金利が適用されるケースがほとんどです。

<関連記事>:【5分で分かる】カードローン審査のすべて

なお消費者金融の場合、総量規制の影響を受けるため、借入枠は年収の1/3までです

カードローン金利を下げる!3つの方法

カードローン金利を下げるには、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

ここでは、3つの方法を紹介します。

1.限度額を引き上げる

カードローン金利,限度額

金利を下げる方法として最も一般的なのが、借入限度額の引き上げです。

上でも書いた通り、借入枠が大きくなるほど適用される金利帯は低くなります。


借入限度額を引き上げる方法は、以下の2つです。


<カードローン会社からの案内を待つ>
きちんと返済を続け長期間利用していると、カードローン会社から「借入枠の増枠をしませんか?」と案内が来るケースがあります。

借入枠が大きくなれば、利用者が借りる金額が増えて利息収入が増えるため、カードローン会社にとってもメリットが大きいためです。


なおカードローン会社から案内が来るのは、返済を遅れずに続け、「優良顧客」と認められた場合に限られます。

案内方法は各社で異なりますが、電話やメールでの連絡が一般的です。


<自分で増枠を申し込む>
カードローン会社からの案内以外に、自分で増枠を申請する事が可能です。

サポートセンターへの電話や自動契約機、会員専用ページなどで申し込みます。


増枠の申し込み方法は各社で異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】初めてのカードローン!知っておきたいポイントは?

詳しくは後で説明しますが、自ら増枠を申し込む方法は、カードローン会社から案内があった場合に比べて、条件は厳しくなります

2.信用力を上げて担当者に交渉する

カードローン担当者に相談するのも、金利を引き下げる方法の一つです。

年収が上がったり、返済の実績ができて信用力が上がると、金利が下がる可能性があります。


しかし、必ずしも相談に乗ってもらえる訳ではありません。

実際には、この方法で金利を下げるのはハードルが高いと言えます。

3.低金利のカードローンに借り換え・おまとめ

低金利,カードローン,借り換え,おまとめ

利用中のカードローンの金利を下げるのが難しい場合、低金利の「借り換えローン」や「おまとめローン」も検討しましょう。

借り換えローンとは、その名の通り、1社分の借り入れを他の業者に乗り換えるためのローンです。


一方おまとめローンは、複数の借り入れを1社にまとめるためのローンです。

どちらの場合も、より金利の低いカードローンで借りて、その借入金で既存の借り入れを完済します。


一部の銀行や消費者金融では、借り換えやおまとめ目的のための、専用ローンを用意しています。

また現在、消費者金融で借り入れがある場合、低金利の銀行カードローンへの借り換えで、金利を下げる事が可能です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】おまとめローンでNGなこと・審査上の注意点

借り換えやおまとめ専用のローンは、一般的なカードローンよりも低めの金利設定になっていることが多いです

カードローン金利の引き下げ、注意点は?

カードローン金利,下げる,注意点

利息の負担が減るのは、金利を下げ利事による大きなメリットです。

しかしその一方で、金利の引き下げには、いくつか注意すべき点もあります。

限度額引き上げには審査がある

借入限度額の引き上げは、誰でもできる訳ではありません。

希望の金額に対して十分な返済能力があるか、あらためて審査を受ける必要があります。


過去に延滞した記録が残っていれば、審査には通らず、借入限度額の引き上げはできません。

またカードローンの契約直後の増枠申請も、審査に落ちてしまいます。


審査に通るためには、半年から1年間は、きちんと返済した実績を作っておくことが重要です。

カードローン会社から増枠の案内があった場合は、スムーズな限度額UPが期待できます

金利を下げても利息が減らないケースもある

せっかく金利が下がっても、返済の仕方によっては、利息の負担が減らない恐れがあります。

そもそもカードローンの利息は、以下の計算方法で求められます。

カードローン,利息,計算方法

ここで注目したいのが、借り入れの日数(=借入期間)です。

金利を少し下げたとしても、借入期間が長引けば、利息はどんどん膨らんでしまいます。


借入期間が長引く原因として考えられるのが、毎月の返済額を抑えすぎる事です。

毎月返済額が少なければ、月々の返済は楽になります。


しかし返済1回あたりに支払う元金が少ないので、なかなか借金が減りません。

特に借り換えを行う場合は、毎月の返済額とトータルの支払額を、きちんとシミュレーションしておく事をオススメします。

<関連記事>:【元銀行員が教える】カードローン返済の上手なコツは?

借り過ぎに要注意

上では、金利を引き下げるにあたって、借入限度額を増やす方法があると説明しました。

限度額が上がると、気が大きくなって、ついつい借り入れを増やしてしまう人が多いです。


しかし借り過ぎれば、利息の負担が増え、せっかく金利を下げた意味が薄れてしまいます。

借り過ぎを防ぐためには、むやみに借入限度額額を上げてはいけません。

支払の負担を増やさないために、借り入れは必要最低限に抑えましょう


以上、金利を下げる方法と注意点を解説しました。

金利が少し下がるだけでも、支払いの負担は変わります。

今回の内容を参考に、カードローンを賢く活用しましょう。

この記事のまとめ

  • カードローン金利の上限は、「利息制限法」と「出資法」で定められている
  • 審査によって、カードローンの限度額と金利が決まる
  • 借入限度額を引き上げる事で、カードローン金利を下げられる
  • きちんと返済の実績を作って信用力を上げれば、金利を下げてもらえる可能性がある
  • 金利が下がっても、返済が長引くと利息の負担は減らないので注意

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング

 

 

 

 

 

その他カテゴリー