収入証明書が不要のカードローンってあるの?

カードローンの申し込みでは、収入証明書の提出が必要になる場合があります。

収入証明書を用意するのに時間や手間がかかるので、すぐにお金を借りたい、収入証明書なしでカードローンを利用したいと考える人もいるでしょう。


収入証明書不要でカードローンを借りることはできるのでしょうか?以下で見ていきましょう。


収入証明書とは



収入証明書とは、自分の収入を証明する書類のことです。カードローンの申し込みの時に、提出を求められることがあります。

収入証明書の種類

収入証明書は、いくつか種類があります。

源泉徴収票
源泉徴収票は、給与や社会保険料などの情報を元に、年間の所得税を計算してまとめたものになります。

会社から年末年始に配布される書類です。手元に残してあれば手間なく用意できますが、処分してしまう人も中にはいます。


その場合は、会社で再発行してもらう必要があります。


給与明細書
毎月発行される書類で、毎月の勤務日数や基本給など記された書類です。一番準備がしやすく時間もかかりません。

カードローン会社によっては、1~2ヶ月分の給与明細書の提出が必要な場合があるので注意して下さい。


課税証明書
課税証明書とは、一年間に所得する住民税を証明するための書類です。役所に行けば用意できます。

給与明細書や源泉徴収をなくして手元にない人は、課税証明書でも収入証明書として利用できます。


他にも所得証明書や確定申告書なども、収入証明書になります。

書類によって、発行した期限で適用できるか決められているので、申し込みの前に確認しておいきましょう。


せっかく用意しても、利用できない書類では意味がありません。収入証明書は用意するのに時間がかかりますし、書類に不備があればカードローン審査に通りません。

<関連記事>
カードローンの申し込みからキャッシングまでの手順

なぜ収入証明書が必要なの?



収入証明書の提出が必要なのは、申し込み者の返済能力を確かめるためです。カードローン審査に通るには、安定した収入が条件の1つとなっています。

ちゃんと職についており、安定した収入があることを証明するためにも、収入証明書を提出します。こうした審査上の理由に加えて、法律の義務として提出が必要な場合もあります。


総量規制の規定により、消費者金融カードローンでは年収の3分の1までしか借入ができません。申し込み者の年収を確認するためにも、収入証明書が必要です。

銀行カードローンは規制の法律が違うので、収入証明書を提出する法律上の義務はありません。


とはいえ銀行カードローンでも、一定額を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。

<関連記事>
【重要】銀行カードローンの審査落ちた原因はコレ!

収入証明書の提出が必要な条件は?

消費者金融カードローンは、法律によって収入証明書の提出が義務付けられています。

借入額が50万円を超える場合または、他社からの借入総額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。


銀行カードローンにこうした規制はありませんが、最近は銀行カードローンでも、50万円を超える借入額の場合は、収入証明書の提出を求める会社もあるので注意して下さい。

専業主婦でも収入証明書不要で借りられる?

収入のない専業主婦でもカードローンでお金を借りることができるのでしょうか?

専業主婦の場合、消費者金融での借入はできないと思って下さい。配偶者の同意があれば借入ができる場合もありますが、対応している会社はほとんどありません。


一部の銀行カードローンなら、専業主婦でも借入が可能な会社があります。

とはいえ専業主婦は収入がないので、借入額は30~50万円までとなっています。この借入額なら、収入証明書の提出なく借りることができます。


収入証明書を提出したくない人はどうすればいい?

収入証明書を提出しないで、カードローンの借入をしたい人はどうしたらいいのでしょうか?

50万円以下の借入にすること



上でも書いたように、収入証明書の提出が必要になるのは、借入額が50万円を超えるか他社との借入総額が100万円を超える場合です。

ですので、50万円を超える借入をしなければ、収入証明書の提出は必要ありません。


ちなみに、消費者金融カードローンですと、初めての借入では利用限度額が少額となるケースが多いので、初回から収入証明書が必要な場面は少ないかもしれません。

<関連記事>
消費者金融カードローンのメリット・デメリットを教えます!

銀行カードローンを利用すること

銀行カードローンは消費者金融と法律が異なるため、法律上は50万円を超える借入でも収入証明書の提出は必要ありません。


しかし先ほど上でも書いたように、最近の銀行カードローンでも借入額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になっているので注意して下さい。


収入証明書不要でオススメのカードローンは?

次に収入証明書不要で借りられる、オススメのカードローンについて見ていきます。

プロミス

プロミスは50万円を超える借入でなければ、収入証明書は不要です。

初めてプロミスを利用する人には、30日間無利息サービスが適用されるので、その期間中は利息なしで借入ができます。少しでも利息を抑えて安く借りたいと考えている人にはオススメです。


他にも、プロミスはweb完結に対応しているので、ネット(スマホ)で申し込みからキャッシングまで行えます。郵送物も自宅に届く心配がないので、家族や知り合いにバレることなく安心して利用できます。


即日融資にも対応しているので、すぐにお金を借りたい人にも便利です。

ただし、web完結で即日融資を受けたい場合は、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの特定の銀行口座が必要になります。


また、平日14時までに契約が完了していないと、その日のうちに銀行振込みが間に合わなくなります。審査の時間もあるので、13時~13時半までには申し込みを完了させておくと良いでしょう。


以上で、収入証明書が不要のカードローンについて見てきました。


50万円を超える借入をしなければ、収入証明書の提出は必要ありません。収入証明書の用意が面倒なら、少額で申し込むと良いでしょう。


収入証明書が不要のカードローンってあるの?のまとめ

  • 収入証明書は、申し込み者の収入を証明する書類
  • 申し込み者に返済能力があるかを確認するために、収入証明書の提出は必要
  • 収入証明書の提出が必要な条件は、50万円を超える借入をする場合
  • 50万円以下の借入の場合は、収入証明書は必要ない
  • 収入証明書不要でオススメのカードローンは、プロミス