学生でも借りられるカードローンってあるの?

学生でも急な出費でお金が必要になることは多いはずです。こんな時、社会人であればカードローンを利用するところですが、学生でもカードローンの申し込みはできるのでしょうか?


結論から言えば、学生でもカードローンでのキャッシングは可能です。ただし、誰でもできる訳ではありません。

以下では、学生がカードローンを利用できる条件や、キャッシングにあたっての注意点などを見ていきます


学生でもカードローンでお金を借りられる?

学生がカードローンを申し込むためには、どのような条件を満たしている必要があるのでしょうか?以下では、学生がカードローンに申し込むために必要な条件を見ていきます。

20歳以上であれば申し込みOK


学生がカードローンの申し込みをする場合、年齢が20歳に達している必要があります。

これは、消費者金融系・銀行系を問わず、どのカードローン会社にも共通する条件です。

学生でなく社会人の立場であっても、20歳に満たない年齢の場合はカードローンの申し込みをすることができないので注意しましょう。

安定収入は必須

カードローン審査では、収入の安定性が特に重視されます。学生の場合の安定収入とは、長期のアルバイトから得る収入を意味します

そのため、一日だけの単発アルバイトや、ほんの数ヶ月間だけの短期アルバイトしかしていない状況では、審査を通過することは難しくなります。

あまりバイトをしていない学生さんは、まず長期のアルバイトを始めてからカードローンを申し込みましょう。

また、親からの仕送りは、たとえ毎月振り込まれるものであっても安定収入とはみなされないので注意が必要です。

親の同意・保証人は基本的に不要

カードローンの申し込みでは、親の同意や保証人は不要であるのが一般的です。

しかし、一部の銀行系カードローンでは、20歳を超えていても学生である限りは親権者の承認が必要となるケースもあります。

詳しくは、申し込みを検討しているカードローン会社に確認してみましょう。


学生がカードローン審査に落ちる条件って?

カードローンは、20歳以上であれば申し込みできます。しかし、同じ学生でも審査を通過できない人もいます。その条件を以下で見ていきましょう。

安定収入がない

先ほど紹介した通り、安定収入があることは、カードローン申し込みの際に絶対必要な条件です。

もし安定収入がない状態で申し込めば、カードローン会社にとって「返済が見込めない客」ということになり、貸し付けは難しいと判断されるでしょう。

学生でも社会人でも、安定収入がなければ審査に通過することはできません。

ですので、現時点で安定収入がない場合は、まず長期のアルバイトを探すことを優先しましょう。

過去の支払い延滞


カードローン会社は、申し込み者の信頼性を厳しくチェックしています。そのため、「延滞」については特に厳しい傾向にあります。

たとえ申し込みした会社とは別のカードローン会社であっても、過去に支払いを延滞していれば、会社側はその記録を照会できます。


また、支払いの延滞履歴が問題視されるのは、カードローンだけではありません。

スマホ料金やクレジットカードの支払い遅れなど、その他の延滞履歴も審査でマイナスになることを頭に置いておきましょう。

カードローン会社の信頼を得るためには、日頃からすべてにおいて延滞を避けることが重要です。

高額な借り入れ申し込み

カードローン会社から借りられるお金には、会社で設定している上限のほか、法律で定められた上限があります。

消費者金融系カードローンの場合は貸金業法という法律(特に総量規制)により借り入れ可能額が「最大で年収の3分の1まで」と決められているのです。


銀行系カードローンは総量規制の対象外ですが、近年は審査が厳しくなっていることもあり、やはり年収の3分の1以上の借り入れは難しいのが現状です。

審査を無事に通過するためにも、希望の金額はできる限り少なめに申請しましょう。

直近で複数のカードローンに申し込んでいる

審査結果に関わらず、カードローンの申し込みをすると、その情報が個人信用情報に記録されます。カードローン会社は審査の際、その情報を必ず確認します。

一度に複数のカードローン会社に申し込むという行動は、審査する側に「とてもお金に困っている印象」を与えます。

ですので、一度に申し込むのは最大でも3社までにしましょう。


親にバレないための注意ポイントは?

学生がカードローンを申し込む場合、何よりも心配なのが親にバレることではないでしょうか?

一人暮らしなら問題ないでしょうが、実家暮らしの学生さんでカードローンのことを親に知られたくない人も少なくないはずです。

以下では、親にバレないための注意点を見ていきます。

自宅への郵便物でも意外にバレない


学生がカードローンを利用した場合、親にバレるのではと心配になる要因の一つが家に届く郵便物です。

特に実家暮らしの方でしたら、親にカードローン関係の郵便物が見つかってバレてしまうのでは、と心配になる人もいるかもしれません。


まず、カードローンの郵便物だけで親にバレるリスクはそこまで高くありません。消費者金融の場合は郵便物に社名が記載されていないこと、銀行カードローンの場合は銀行名しか記載されていないためです。

親が勝手に郵便物を開封する家庭なら話は別ですが、そうでないなら郵便物だけでバレる危険性は高くありません。

郵便物を自宅に届けないようにするには?

とはいえ、万一のこともあり、できれば郵便物を送ってほしくない人もいるはずです。では、どうすればよいか?方法は2つあります。

一つはローン契約機で、カードと契約書類を受け取る方法です。こうすれば、自宅に郵便物が送られてくることはありません。


もう一つは、ネット完結型のカードローンを選ぶことです。ローンカードや契約書類の受け取りなしでカードローンを利用できるため、親にバレるリスクを大幅に減らすことができます。

その他、ネットの管理画面で利用明細を送付しない設定にしておけば、その後の郵便物が送られてくる心配もなくなります。

<関連記事>
スマホ・ウェブ完結のカードローンを利用する際の注意点は?

連絡先は自分の携帯にする

至急の連絡がある場合、カードローン会社は電話をかけてきます。

カードローン申し込み時の書類に親の電話番号を記入すると、何かあった場合、自分ではなく先に親へ電話連絡が行ってしまいます。


そのため、カードローン会社に申告する電話番号は、必ず自分の携帯電話番号にしておきましょう。

そうすることで、万が一の場合も自分自身で一番に電話を受けることができ、安心です。

返済日を守る

返済がかなり遅れると、カードローン会社から自宅へ返済を促す電話や郵便物が来るようになります。

返済が多少遅れても、最初のうちはカードローン会社も気を使って、携帯に連絡をしてきます。ですが、返済が大幅に遅れたら話は別です。


これは、避けることはできません。これを防ぐ一番の方法は、きちんと毎月返済することです。

返済日を守っていれば返済を迫られることはなく、家族にカードローンのことがばれる心配もありません

店舗ではなくコンビニを利用

学生がカードローンを利用する場合、知り合いにバレることを不安に思う方も多いはずです。

実は、店舗に出入りする場面を知り合いに目撃されてしまうケースも意外と多いことをご存知でしょうか?このようなバレ方をしないためには、コンビニATMの利用がオススメです。


コンビニATMは、日頃から銀行の取り引きに使われることも多く、操作していてもカードローンだとはバレにくいので安心です。

また、カードローンの店舗よりも圧倒的にコンビニの数の方が多く、24時間利用できる点がコンビニATMの長所です。

<関連記事>
コンビニATMでキャッシングできるカードローンは?


学生のカードローン申し込みで、やっておきたいこと

審査通過が難しいイメージのある学生のカードローンですが、ほんの少しのことに気を付けるだけで審査通過の確率を上げることができます。

どんなことをすればよいか、以下で見ていきましょう。

給与明細は保管しておくこと

アルバイトの給与明細は、カードローンを申し込む際に「収入証明書」の提出が必要な場合があります。捨てずに手元に残しておきましょう。

利用するカードローン会社ごとに違いはありますが、一般的に直近2~3ヶ月分の給与明細が必要となります。

<関連記事>
収入証明書が不要のカードローンってあるの?

1年以上、同じ勤務先で働いている方が審査に有利

カードローン会社は何よりもまず「安定感」を重視します。収入の安定はもちろん、ひとつのアルバイト先に安定して長く在籍している方が審査には有利です。

できれば1年以上、最低でも半年は同じアルバイト先に勤務してから申し込みをするとよいでしょう。

これは学生に限らず、社会人にも同じことが言えます。

身分証明書は用意しておくこと

運転免許証や保険証、パスポートなどの身分証明書はカードローンの申し込みに必ず必要なので、事前に用意しておきましょう。

もし、これらの身分証明書を持っていない場合は、住民基本台帳カードなどでも受け付けてもらえる場合があります。

申し込みをする前にそのカードローン会社がどのような身分証明書に対応しているかを確認しておけば安心です。

なお、学生証は身分証明書の代わりにならないので、ご注意ください。

留年で審査NGとならないよう学業も頑張ること

カードローン会社では、申し込み者の信頼性を厳しくチェックしています。

そのチェック内容には、金銭の延滞はもちろん、社会人の場合であれば頻繁に転職を繰り返していないかという点なども含まれます。

学生の場合は、本業が学生であるため、社会人とはチェック内容が若干異なります。


学生がカードローンを申し込む場合、会社によっては留年していることで審査NGとなるケースもあります。

金銭管理やアルバイトを頑張ることも重要ですが、学生の本業である学業にも手を抜かないよう、日頃から心がけましょう。


以上で、学生のカードローン審査について見てきました。

学生ですので多額のキャッシングはできませんが、それでも身の丈に合わない借り入れをしたら、その後の生活が苦しくなります。

毎月の収入も考えつつ、無理のない範囲でカードローンを利用しましょう。


学生のカードローン利用について まとめ

  • 申し込み条件は20歳以上で、バイトなどで安定収入があること
  • 同じアルバイト先に1年以上勤務している方が審査には有利
  • 携帯電話料金などの延滞があると審査では不利になる
  • 親にバレないためには、ローン契約機での書類受け取りが便利
  • バイトの給与明細は、きちんと保管しておくこと
  • スマホ申し込み、コンビニ利用なら知人にばれづらくオススメ


人気の消費者金融は?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング