【元銀行員が解説】カードローンの電話申し込みで注意すべきこと

カードローンを申し込む方法の一つに、「電話申し込み」があります。

来店しなくても担当者と話しながら手続きが進むので、分かりやすい申し込み方法です。


ただしカードローンを電話で申し込む場合、注意すべき点もあります。

今回は、カードローンの電話申し込みについて、注意すべきポイントを解説します。


カードローンの電話申し込み、メリット・デメリットは?

カードローンの電話申し込み、メリット・デメリット

スマホが普及した現在は、Web上での申し込みが主流です。

スマホ申し込みなら、いつでもどこでも手続き可能なので、忙しい現代人にピッタリの方法と言えます。


それに対して、電話申し込みにも、スマホ申し込みとは違った特徴があります。

(メリット1)疑問点が出てきたら、すぐに質問できる

電話申し込みの最大の特徴はオペレーターとリアルタイムにやり取りできる点です。

必要書類や審査の流れなど、疑問が出てきた場合に、すぐに質問できます。


カードローンの中には、チャットサービスを提供している会社もあり、スマホでもリアルタイムのやり取りは可能です。

ですが、質問の度に入力が必要なので、電話に比べると少し不便ですね。

(メリット2)審査について相談できる

審査について不安な点がある場合も、電話申し込みなら、その場でオペレーターに相談できます。

たとえば、どうしても勤務先に電話が来るのが嫌な場合、収入証明書の提出で在籍確認を免除してもらえるケースがあります。


また急ぎで借り入れしたい時には、事情を伝えれば、審査を早めてもらえる可能性もあります。

ただし、審査の状況によっては対応してもらえない事もあるので、その点はご了承ください。

<関連記事>:【5分で分かる】カードローン審査のすべて

(デメリット1)申し込みに時間がかかる

電話申し込みは、入力するだけのスマホ申し込みに比べて、手続きに時間がかかります。

一つ一つの質問に口頭で答えていく形式なので、聞き間違いのないよう、丁寧に確認するからです。


電話申し込みをする際は、1時間ほどの時間を見込んでおきましょう。

もし即日で(もしくは急いで)お金を借りたいなら、電話申し込みは止めた方が良いかもしれません。

(デメリット2)受付時間が限られている

24時間いつでも申し込めるスマホに対して、電話申し込みの場合、カードローン会社の営業時間内に電話をしなければなりません。

多くのカードローンは9時から21時頃を受付時間としているので、日中帯に仕事をしている人は、電話をかけるタイミングが難しいですよね。


以下の表では、大手カードローンの電話受付の時間をまとめました。

カードローン 受付時間 備考
プロミス 9:00~22:00 土日祝 申込可能
SMBCモビット 9:00~21:00 土日祝 申込不可
アコム 24時間365日 18時以降 翌日回答
アイフル 9:00~21:00 土日祝 申込可能
三井住友銀行カードローン 9:00~21:00 土日祝 申込可能
三菱UFJ銀行 バンクイック 平日/9:00~21:00
土日祝/9:00~17:00
土日祝 申込可能

なお即日融資を希望する場合、受付時間に関わらず、平日の13時までに申し込み、14時頃までに必要書類を提出する必要があります。



カードローンの電話申し込み、どうやって進む?

カードローンの電話申し込みについて、メリット・デメリットを確認しました。

では実際に、カードローンの電話申し込みは、どのような流れで進んで行くのでしょうか。

電話申し込みから借り入れまでの流れ

カードローンを電話で申し込んだ場合のフローは、以下の通りです。

電話申し込みフロー

では、詳しく見ていきましょう。


(1)電話をかける/申し込み
申し込み専用ダイヤルに電話をすると、オペレーターにつながります。この時、女性オペレーターであることが多いです。

オペレーターが申し込みに必要な情報を質問するので、正確に答えていきます。


(2)必要書類の提出
電話での申し込みが終わったら、必要書類を提出します。

店頭や契約機のほか、FAX・郵送でも提出が可能です。


(3)審査・在籍確認
申し込みの内容をもとに、カードローン会社が審査を行います。

また申告された勤務先に在籍しているか確認するため、勤務先に在籍確認の電話が来ます。


(4)審査結果の通知
審査が完了すると、電話で審査結果の連絡が来ます。

審査を通過した場合のみ、契約手続きに進みます。


(5)契約/書類・カードの受取
電話申し込みの場合、契約手続きの方法は以下の2つです。


・郵送で契約書類を受け取って契約する

・契約機まで行って契約する


郵送を選択すると、後日、契約書類やカードが自宅に届きます。

郵送でのやり取りなので、借り入れできる状態になるには数日かかります。


しかし契約機まで行って契約すれば、すぐにカードを受け取れるので、その場で借り入れが可能です。


(6)借り入れ
カードを受け取ったら、スマホやコンビニATMで借り入れが出来るようになります。

提携のコンビニATMなら、24時間いつでも入出金が可能なので、仕事で遅くなっても慌てる必要はありません。

電話申し込みでは何を聞かれる?

電話申し込みを検討している方の中には、「オペレーターからどんな質問をされるのか不安で、電話できない」という人がいるかもしれません。

電話申し込みでも、聞かれる内容は、スマホから申し込む場合と同じです。


申し込み時の質問事項は、「本人について」「仕事について」「借り入れについて」の3つのカテゴリに分けられます。

具体的には、以下のような内容があります。


(1)本人について・・・氏名、生年月日、家族構成、居住形態(持ち家か借家か)など

(2)仕事について・・・勤務先、勤続年数、年収など

(3)借り入れについて・・・希望借入額、他社からの借り入れ件数・金額など


質問内容は、カードローン会社によって多少異なります。

しかし上記の内容は、どのカードローンでも共通して聞かれる内容なので、準備をしておきましょう。

<関連記事>:カードローンの審査基準を教えます!



カードローンの電話申し込み、注意するポイントは?

カードローンの電話申し込み、注意するポイント

電話申し込みの流れが分かりましたが、実際に申し込む時は、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

カードローンの電話申し込みについて、注意すべきポイントを紹介します。

「伝え間違い」に注意

電話申し込みは口頭でのやり取りなので、他の方法に比べて、伝え間違いのリスクが高くなります。

間違った情報を伝えてしまうと、審査の時に「虚偽の申告をした」と判断され、審査に影響を及ぼす危険があります。


勤務先についてなど、質問されそうな事項については、電話をかける前に確認しておくと良いでしょう。

また答えが分からない質問があったら、即答する必要はありません。


焦って適当に答えるのではなく、確認してから、正確に回答するようにしましょう。

<関連記事>:カードローンの審査で嘘を付くのはヤバイ?

余裕をもって電話をかける

上にも書いた通り、カードローンの申し込みには受付時間が設定されています。

ですが、受付時間ギリギリに電話をかけると、審査を翌日に回される事があります。


その日のうちに審査をしてもらうには、受付終了の2時間前までに電話をするのが理想的です。

書類提出前には、必ず不備チェック

電話申し込みの場合、FAXや郵送での書類のやり取りをするケースが多く、書類に不備があると、余計な手間と時間がかかってしまいます。

また契約機での契約の場合も、必要書類に不足があると、せっかく足を運んだのに、書類を取りに帰らなければなりません。


スムーズに契約手続きを行うため、書類を提出する前に、不備がないかを必ずチェックしましょう。

<関連記事>:カードローン審査で必要な書類は?

できればスマホ申し込みを検討しよう

電話申し込みは、オペレーターとのやり取りや書類の受け渡しに、どうしても時間がかかってしまいます。

一方スマホ申し込みなら、24時間いつでも手続き可能な上、必要書類もスマホ上で提出できるので、時間も手間もかかりません。


「審査について疑問がある」、「審査のスピードを早めて欲しい」という場合は、スマホで申し込んでから、専用ダイヤルに問い合わせる方法もあります。

忙しくてなかなか電話が出来ない人や、時間をかけずに申し込みたい人は、スマホ申し込みを検討すると良いでしょう。

<関連記事>:スマホ・ウェブ完結のカードローンを利用する際の注意点は?


以上、カードローンの電話申し込みについて、注意すべきポイントを解説しました。

電話申し込みには、「オペレーターと話しながら手続きできる」というメリットがある一方、「時間がかかる」などのデメリットもあります。


それに対して、スマホ申し込みなら、電話のように質問しながらは不可能ですが、自分の好きなタイミングで、短時間で手続きできます。

それぞれのメリット・デメリットを見極めて、自分に合った申し込み方法を選択してください。


カードローンの電話申し込みで気を付けるべき点は?まとめ

  • 電話申し込みのメリットは、オペレーターとリアルタイムでやり取りできる点
  • 「スマホ申し込みと比べて時間がかかる」などのデメリットもある
  • 電話申し込みで聞かれる内容は、「本人について」「仕事について」「借り入れについて」の3つ
  • 電話申し込みの場合、伝え間違いが起こりやすく、審査結果に影響する可能性がある
  • スマホ申し込みを選択した方が、時間と手間を節約できる

人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング