【元銀行員が教える】カードローン返済の上手なコツは?

カードローンでお金を借りれば、必ず返済が必要になります。

しかし、ひと口に「返済」と言っても、返済の仕方によっては大きく損をしてしまう場合もあることをご存知でしょうか?


お金を借りれば当然カードローン会社へ利息を支払う必要がありますが、工夫次第ではこの利息を軽減することも可能なのです。

ここでは、利息を軽減し、カードローンを上手に返済するためのコツを見ていきます。


カードローンの返済方法を見直すべき人とは?



カードローンの返済のコツは、これからカードローンを利用する人にとって大変重要です。

また、現在すでにカードローンの返済を行っている人の中にも、これまでの返済方法を見直したほうがよい人もいます。


ここでは、どのような人が返済方法を見直すべきかを見ていきます。

返済しているのに借金が減らない人

「返しても返してもなかなか借金が減らない。」そんなふうに感じている人は、返済方法の見直しをすべきかも知れません。

借金が減らないのが気のせいではなく本当であれば、その原因は「利息ばかりを返済している」ことにあることが考えられます。


カードローンには借入残高に応じた「最低返済額」があり、毎月その金額さえ返済してれば文句は言われません(「最低返済額」については、知っておきたいカードローンの返済方式についてをご覧ください)。


ですがこの返済方法ですと、利息ばかり返済していることになり、元本の返済がなかなか進みません。

そのため 、ずっと返済しているのに借金が減らないという状況に陥ってしまうのです。

返済に苦労している人

なんとか返済しているものの、返済に充てるお金を用意することに毎月とても苦労している。

そのせいで日々の生活がとても苦しいものになっている。


そんな方もここで一度、返済方法を見直してみましょう。

返済方法を見直すことで、これまでどおりに返済を続けながら「もう少し余裕のある生活」を送ることができる可能性があります。

返済を滞納している人

返済を滞納している人は、今すぐ返済方法を見直しましょう。

滞納している=明らかに無理な返済プランを組んでいるということです。


その通りに支払えないということであれば、現状で支払い可能な返済プランに変えるしかありません。

返済プランの変更はカードローン会社に電話することで相談できます。


滞納している間にも利息は発生しますし、滞納が長期化すると自宅や職場に電話が来たり、最悪の場合、カードローン会社から裁判を起こされる可能性もあります。

このような事態を避けるためにも、速やかに返済プランの変更を行いましょう。

<関連記事>
カードローンの返済遅れ・延滞って、やっぱりNG?


カードローンの返済に行き詰まった時の対処法は?



カードローンの利用に慣れてくると、気が緩んでつい必要以上に借りすぎてしまうケースは少なくありません。

また、しっかり計画どおりに利用できていても、返済の途中で突然失業するなど、想定外のことが起きて返済不能になる可能性は誰にでもあります。


ここでは、カードローンの返済に行き詰まった時、どのような方法を取ればよいかを見ていきます。

1.返済計画を変更する

カードローンの返済が難しい状況になった場合、まずは利用しているカードローン会社へ「返済計画の変更が可能であるか」を相談することが大切です。

相談したからといって必ず自分の希望が通るとは限りませんが、毎月いくらであれば必ず返済できるかを伝えればその金額に変更してもらえる可能性があります。


毎月の返済額が高くて返せないと悩む前に、まずはカードローン会社へ相談してみましょう。

2.副業で収入を増やす

返済計画を変更する・しないに関わらず、収入を増やす方法を考えることも重要です。

可能であれば「副業」で少しでも多くのお金を稼ぐことを考えましょう。


また、副業と同時に、身のまわりの不要な物を売ってお金を作るとよいでしょう。

3.弁護士・司法書士に相談する

カードローン会社に返済額の変更を相談してみたものの、あまりに低い金額を提示したために断られたり、業務上の都合で副業が難しい場合もあります。

そうなると、「もう打つ手がない」と絶望的な気持ちになるかもしれませんが、まだ最後の手段があります。


自力での解決が無理になった時には、弁護士や司法書士など、法のプロに相談をして、法的手段で借金問題を解決しましょう。

法的手段を取ることにためらいを感じる方は決して少なくないと思います。


しかし、借金の返済で1番避けなければいけないのは「返済できないから」とカードローン会社の連絡から逃げたり、音信不通になることです。

返済不能な状態になってしまった時は、迷わず専門家に相談しましょう。


カードローンの返済をより効率的に行うには?



上では、カードローンの返済方法を見直した方がよい人と返済に行き詰まった時の対処法について見てきました。

ここでは、カードローンの返済を効率的に行うための方法を見ていきます。

1.金利の低いカードローンに変更する(=借り換え)

カードローンの返済では、利息が少ないほど毎月の返済額を少なく抑えることができます。

ですから、「いかに金利を抑えるか」が順調な返済の鍵になると言えます。


しかし、いくら金利を下げたいと言っても、カードローンの利息は自分で交渉して下げられるものでありません。

そのため、今よりも低い金利を希望する場合は低金利なカードローンへの借り換えを行うしかありません。


借り換えを上手に行って金利が低くなった場合、これまでよりもやや少ない金額で返済しても以前と同じペースで借金を減らしていくことが可能です。

2.繰り上げ返済を活用して、利息と手数料を軽減する

他社への借り換えを行わずに利息を軽減する方法もあります。

その方法とは、「毎回、できるだけ多くの金額を返済に充てること」です。これを「繰り上げ返済」と言います。


できるだけ急いで借金を完済することは、長い目で見ると無駄な利息のカットにつながります。

また、多くのカードローン会社ではコンビニATMや銀行振込で返済を行うたびに手数料がかかります。

しかし、この「手数料」に関しても、完済が早まればその分利用する回数が減るため、余計に支払わずに済むことになるのです。

繰り上げ返済について詳しくは、カードローンの繰り上げ返済を上手に活用しよう!をご覧ください。

3.おまとめローンで、複数のカードローンを1つにまとめる

複数のカードローン会社からの借入がある場合は、その借入を1社にまとめて借り換える手もあります。

これを「おまとめローン」と言います。


借金を一本化することで利息の軽減が期待できるだけでなく、返済日や借入残高の管理もとてもラクになり、精神的な負担も軽くなるでしょう。


返済方法を改める前に知っておきたいデメリットは?



ここまで、カードローンを順調に返済するためのコツを見てきました。

無駄な利息はできるだけカットし、余裕があれば多めに返済することや、返済が厳しい場合はカードローン会社へ相談して返済額を少なく組み直すことなど、いくつかのポイントがありました。


上記を踏まえたうえで、以下では、「返済方法を改める前に知っておきたいデメリット」を見ていきます。

返済額を少なくすると完済が遅くなる

返済に苦労している方の中には、低金利なカードローンへの借り換えを行わず、これまでのカードローン会社を利用したままで毎月の返済額を見直すことを考える方もいるでしょう。

先でも書いたとおり、毎月の返済が厳しいということであれば、今よりも少ない金額で返済できるようにプランを変えた方がよい場合もあります。


しかし、少額づつ返済するということは、そのぶん完済が遅くなるということでもあります。

また、完済が遅くなるということは、それだけ利息も多くかかってきますし、返済時のATM手数料なども増える計算になります。


「毎月の返済が少なく済んで余裕ができる」と目先のことだけを考えるのではなく、長い目で見て本当にそれでよいのかを十分に考えてから行動しましょう。

無理な返済で生活に困る可能性も

毎回は難しくても、可能なときにできる範囲で多めの金額を返済できれば、そのぶん早く完済に近付くことができます。

とはいえ、日常生活を送るのが困難になるほど切り詰めて体を壊したりしては元も子もありません。


また、給料のほぼすべてに近い金額を返済に充てるなど、あまりに極端なことをしすぎて、またすぐにお金を借りる事態になっても意味がありません。

返済は、無理の無い範囲で行いましょう。

借り換え審査に通るとは限らない

先で書いた返済のコツに、「低金利なカードローンに借り換える」「複数の借金を1社で一本化する」というものがありました。

しかし、これにも重要なポイントがあります。


これらのカードローンにも、審査があるということです。

自分が利用したいと思っても審査に通らない可能性もあるので、早まって行動せず、まずは借り換えの審査を受けてみるとよいでしょう。

<関連記事>
カードローンの審査基準を教えます!


返済をスムーズに行うためのポイント



最後に、カードローンの返済をスムーズに行うためのポイントをまとめて見ていきましょう。

借り換えは金利に注意

先でも書いたとおり、いま利用しているカードローンよりも金利を低くするためには、別のカードローンへ借り換える必要があります。

しかしこの時、よく金利を調べてから借り換えを行わなければ、金利がほとんど変わらなかったり、むしろ以前よりも高くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。


金利の確認は事前に十分に行いましょう。

複数の借入は返済の優先順位を考える

複数の借り入れがある場合、どの会社にも毎月少額づつの返済を続けていると、いつまでたってもどのカードローンも完済できないという状態に陥ってしまいがちです。

これでは長い時間無駄な利息を払い続けることになってしまうので、「1社だけでも早く完済すること」を考えましょう。


返済のスピードを上げるためには、まずは金利の一番高いカードローンを完済することに集中するとよいでしょう。

カードローンの金利については、【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!も参考にして下さい。

一括返済ができればベスト

早く完済するためには、毎月できるだけ多めの金額を継続して返済するのが理想的です。

さらに、借入金を「一括返済」できれば返済にかかる利息や手数料を大幅にカットできるため、ボーナスや大きな臨時収入が入ったときなど、無理なく一括返済できそうであればぜひ検討してみるとよいでしょう。


以上、カードローンの返済のコツについて見てきました。

カードローンは急な出費にお金を借りられる便利なサービスですが、返済の仕方を間違えると後々苦しむことになります。返済に困っている方は、是非参考にしてもらえたらと思います。


元銀行員が教える カードローンの返済のコツは?まとめ

  • カードローンの返済に行き詰ったら、会社や専門家に相談すること
  • 返済を効率よく進める方法として、借り換え・繰り上げ返済・おとまめローンがある
  • 返済計画を見直すことで目先の返済負担が重くなることもある
  • 毎月の返済負担を減らせば、その分だけ返済期間が伸びるので注意
  • 借り換え・おまとめローンは、審査次第で使えない場合もある
  • 複数の借り入れがある場合、返済の優先順位を考えること


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング