【元銀行員が解説】無人契約機でのカードローンの申込手順と注意点

無人契約機は、その名の通り「人がいない(=無人の)契約機」です。

街中でよく見かけますが、初めての利用では、仕組みが分からず不安ですよね。


今回は、無人契約機でのカードローンの申込手順と注意点を解説します。

無人契約機でのカードローン申込、その方法は?

無人契約機,カードローン申込の方法
カードローンの無人契約機を利用する場合、どのような手順で申し込むのでしょうか?

申し込みから借り入れまでの手続きの流れを、順に確認していきます。

申し込みから借り入れまでの流れ

下の図は、無人契約機を使ったカードローン申込の流れを表したものです。

無人契約機,カードローン申込の流れ

以下、一つずつ見ていきましょう。


<1.無人契約機で申し込み>
多くの無人契約機は、タッチパネル方式になっています。

入力方法などで分からないことがあれば、備え付けの電話でオペレーターに相談することも可能です。


中には、オペレーターと会話しながら手続きを進めていくカードローンもあります。

たとえばアイフルの「てまいらず」では、専用の電話BOXで、オペレーターと電話をしながら申込書を記入します。


<2.必要書類の提示>
申込内容の入力が終わったら、契約機で必要書類をスキャンします。

詳しくは後ほど触れますが、カードローン申込で必要となるのは、免許証などの本人確認書類です。


借入希望額や審査の状況によって、収入証明書も求められる場合があります

<3.審査/在籍確認>
申し込みが終わったら、いよいよ審査です。

無人契約機で申し込んだ場合、審査中は契約機の中で待つことになります。


審査にかかる時間は、30分~1時間が一般的です。

この間、審査の一環として、審査担当者が勤務先に電話をかける「在籍確認」も行われます。

<関連記事>:カードローンの在籍確認で絶対抑えておくべきポイントは?


<4.その場で契約・カード受取>
審査が終わると、備え付けの電話で、オペレーターから結果の連絡が来ます。

審査に通っていれば契約の案内があるので、その指示に従って手続きを行いましょう。

契約が完了したら、すぐにカードが発行されます。


<5.ATMで借り入れ>
カードを受け取れば、すぐに借り入れできる状態になっています。

無人契約機にはATMが備え付けられているので、その場ですぐに借り入れできます。

申し込みから借り入れまで、トータルで2時間程度は見ておきましょう

無人契約機で申し込む場合の注意点

無人契約機で申し込む場合、注意すべき点があります。


<遅くとも20時には申し込む>
無人契約機の営業時間ギリギリに申し込むと、審査を翌日に回されます。

カードローン各社とも、審査時間は21時までだからです。

審査にかかる時間を考えると、遅くとも20時には申し込みを完了させたいところです。


<必要書類は事前にチェック>
免許証がない場合は、健康保険証やパスポートを用意しましょう。

ただし会社によっては、免許証以外の書類を提示する場合には、住民票も求められます。


また申込内容によっては、「収入証明書」の提出が必要になるケースがあります。

「収入証明書」とは、源泉徴収票や確定申告書、給与明細(直近2ヶ月分+賞与1年分)などです。


必要書類は会社によって異なるので、事前に確認しておきましょう

<関連記事>:収入証明書が不要のカードローンってあるの?

各社の無人契約機の台数・営業時間をまとめてみた!

カードローン申込で確認したいポイントが、無人契約機の台数と営業時間です。

台数が多く営業時間が長いほど、利便性が高いと言えます。


以下の表は、大手カードローンの無人契約機について、設置台数と営業時間をまとめたものです。

設置台数(推定) 営業時間
プロミス 1800台超 9:00~22:00
(※契約機によって異なる)
SMBCモビット 1100台超 9:00~21:00
(※契約機によって異なる)
アコム 1000台超 8:00~22:00
アイフル 800台超 8:00~22:00
三井住友銀行カードローン 700台超 9:00~21:00
(※契約機によって異なる)
バンクイック(三菱UFJ銀行) 600台超 平日:9:00~20:00
土曜・祝日:10:00~18:00
日曜:10:00~17:00

大手カードローンは、多数の無人契約機を全国各地に設置しています。

一方、中堅の消費者金融の契約機は、多くても十数台です。


また大手カードローンの多くは、無人契約機の営業時間を21時または22時までに設定しています。

仕事帰りや休日にも利用できるので、急いでお金を借りたい時の強い味方ですね


無人契約機でのカードローン申込、3つのデメリット

無人契約機でのカードローン申込,3つのデメリット

無人契約機でのカードローン申込には、大きく分けて3つのデメリットがあります。

以下、一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.移動の手間・交通費がかかる

スマホ申込なら、自宅や外出先から申し込み可能です。

ですが無人契約機を利用する場合、移動の手間や交通費がかかってしまいます。


万一、申込時の必要書類に不備があれば、せっかく契約機まで行ったのに、自宅に取りに帰らなければなりません。

スマホ申込の場合、必要書類を写真に撮ってアップロードするだけなので簡単です

2.申し込みできる時間に制限がある

上でも触れましたが、無人契約機の営業時間は21時または22時までのケースが多いです。

営業時間内に手続きを完了させるため、早めに申し込みを行う必要があります。


一方スマホ申込なら、24時間いつでも申し込み可能です。
 

3.待ち時間が長い

無人契約機に到着しても、前の人が利用中であれば、順番が来るまでの待ち時間が発生します、

また申し込みが完了しても、審査の間はその場で待つことになります。


基本的に、席を外すことはできません。

審査は、スマホ申込なら最短30分ですが、契約機では1時間程度かかるケースが多いです


無人契約機のデメリットを回避するには?

無人契約機のデメリットを回避する方法

では無人契約機を利用する場合に、デメリットを回避する方法はないのでしょうか?

「スマホ申込+契約機で契約」がおすすめ

スマホ申込と併用することで、契約手続きだけを無人契約機で行うことも可能です。

「スマホ申込+契約機で契約」なら、メリットはそのままに、デメリットを回避できます。


審査に通ってから契約機に向かえば良いので、「せっかく交通費をかけて来たのに、審査に落ちてしまった」という心配はありません。


また無人契約機の中で長時間で待つ必要もなく、スムーズに手続きできます。

スマホと契約機の併用、借り入れまでの流れは?

「スマホ申込+契約機で契約」の場合、借り入れまでの流れは下図の通りです。

スマホ申込,無人契約機,併用した場合の流れ

スマホ申込でも、無人契約機で契約すれば、その場で書類・カードの受取が可能です。

カードを受け取れば、併設のATMを利用して、その場で借入れできます

土日の即日希望なら「スマホ+契約機」が最適

土日祝日に即日融資を受けたい人も、スマホ申込と無人契約機を併用しましょう。

たとえばスマホ完結の場合、融資方法は振込になります。


土日祝日は銀行が休業日なので、振込では基本的に即日融資を受けられません。

一部、土日祝日の振込キャッシングに対応しているカードローンもありますが、特定の銀行口座が必要です。


一方、無人契約機での契約なら、営業時間内に契約手続きが完了できれば、銀行口座なしで即日融資を受けられます。

即日希望の場合、スマホから20時過ぎに申し込み、21時頃までに無人契約機で契約を完了させましょう。

<関連記事>:【元銀行員が解説】土日の即日融資カードローン、おすすめは?

ただし、銀行カードローンは即日融資に対応していません。即日希望の場合は、消費者金融を選ぶ必要があります。


おすすめのカードローンは?

無人契約機を利用する場合、注目すべきは設置されている台数です。

申込先を決める際は、無人契約機の台数が多い、大手カードローンの中から選ぶと良いでしょう。


以下では、その中でも特におすすめのカードローンを紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスの魅力の一つが、業界No.1を誇る、無人契約機の多さです。

プロミスの契約機に加えて、三井住友銀行のローン契約機も利用できます。


銀行内に設置された契約機なら、消費者金融に抵抗がある人でも安心して使えます。

また即日融資に対応しており、最短30分で審査結果が出ます。


プロミスは、急いでお金を借りたい人にピッタリです。

 はじめて「プロミス」を利用する方はこちら

三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行バンクイック

バンクイックの無人契約機は、「テレビ窓口」という名称です。

テレビ窓口は、カードローン申込以外にも、口座開設などの各種手続きで利用されます。


そのため入る姿を知り合いに見られても、カードローン利用がバレるリスクは低いでしょう。

さらに銀行カードローンなので、消費者金融(上限金利18%)に比べて、金利は低めです(上限金利14.6%)。


少しでも利息の負担を抑えたい人には、「バンクイック」をおすすめします。

 「バンクイック」の審査について知りたい方はこちら



以上、無人契約機でのカードローンの申込手順と注意点を解説しました。

スマホ完結の登場で、無人契約機の出番は以前より減ってきました。


ですが即日融資を希望する場合など、無人契約機が有利になるケースもあります。

今回の内容を参考にして、無人契約機を上手に活用しましょう。


この記事のまとめ

  • 無人契約機でも、分からない点はオペレーターに専用電話で相談できる
  • 無人契約機なら、契約後、その場で書類・カードを受け取れるので、自宅への郵送がない
  • 無人契約機で申し込むと、審査の間(約1時間)、その場で待つ必要がある
  • スマホ申込と無人契約機を併用すれば、待ち時間なくスムーズに手続きできる
  • 土日祝日の即日希望なら、20時までにスマホで申し込み、21時には無人契約機で契約を完了させる

人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング